Tag Archives: Commonwealth

Migrations: Journeys into British Art @ Tate Britain

テート・ブリテンで1月31日から開催中の展覧会「Migrations: Journeys into British Art」(8月12日まで)に行った。イギリスにおける交通、政治、経済の発展は、多くの外国人アーティストたちを惹き付けてきた。この展覧会は、1500年代から現在まで、これらの「migrant(移住)」アーティストたちがイギリスのアート界に及ぼした影響を探求している。

16世紀に宗教改革八十年戦争等の混乱を避けてイギリスに移り住んだ、フランドルやオランダの風景・静物画家は、新しいスタイルの肖像画法をもたらし、北ヨーロッパからやってきた17世紀アーティストたちは、海や風景画といった新しい絵画のジャンルを導入した。18世紀には、イタリアで学び新古典主義を確立した様々な国のアーティストたちがロンドンに定住、1768年のRoyal Academy of Arts(ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツ)設立にも貢献した。19世紀には、多くのイギリス人や、ジェームズ・マクニール・ホイッスラーといったアメリカ人アーティストが、パリでアートを学んだが、その後彼らはパトロンを求めてロンドンに移り住んだ。また同時に、普仏戦争から逃がれてきたフランス人アーティストたちも多かった。20世紀初期には、ユダヤ人アーティストやユダヤのアートが話題を呼び、1930〜40年代には、モンドリアンモホリ=ナジ・ラースローナウム・ガボなど、ナチスドイツを逃れてヨーロッパ中からやってきた人々がモダニズム主義を持ち込んだ。50〜60年代には旧植民地の国々からアートを学びにやってきたアーティストたちがモダニズムに傾倒、概念的アプローチを取り、カウンターカルチャーの一翼を担った。80年代はBlack Audio Film Collectiveなど、移民のバックグラウンドを持つアーティストたちが、アートを通して、人種的マイノリティとしての自分と、イギリス人としてのアイデンティティの模索を行った。Zineb SediraSteve McQueen(俳優のスティーブ・マックィーンと同姓同名のイギリス人アーティスト/映画監督)といった現代アーティストたちは、映像を使って現実をドキュメントし、またそのリアリティに疑問を投げかけている。

500年間に渡って、違う文化を持つアーティストたちとの交流によって形作られてきたイギリスのアートの変遷と、その背景にあるイギリス・世界の歴史を知ることができる面白い展覧会だと思うが、テートにしては、ちょっと小粒というかインパクトがないというか、あまり心に残らないのが残念。

写真:ガーディアン紙フォトギャラリー

We saw a Tate Britain‘s exhibition, Migrations: Journeys into British Art (January 31 –  August 12). Developments in transport, artistic institutions, politics and economics have attracted artists to come to Britain, and the exhibition exploring how British art has been shaped by migrant artists from abroad from 1500 to the present day.

In the 16th century, Flemish and Dutch landscape and still-life painters  including Anthony van Dyck, came to Britain through moments of political and religious unrest and  introduced a new style of portraiture. 17th century European migrants brought new genre, such as marine and landscape painting, to UK. During the 18th century, artists from different countries who studied in Italy and developed a neoclassical style, settled in London and contributed in founding of the Royal Academy of Arts in 1768. Many 19th-century British and American artists, such as Whistler, studied in Paris and established themselves in London for patronage, as well as French artists who also escaped the Franco-Prussian war and its political aftermath. In the early 20th century, Jewish artists and Jewish art were explored in Britain. In the 1930-40s, European artists such asMondrian, Naum Gabo and Laszlo Maholy-Nagy, escaped from Nazi Germany and brought modernist principles. In the 50-60s, artists from the Commonwealth countries came to study and engaged with modernism. They took a conceptual approach and became a part of a counterculture. In the 80s, British artists of immigrant backgrounds, such as the Black Audio Film Collective, explored race and national identity. Present time contemporary artists, including Zineb Sedira and Steve McQueen, use moving image for both documenting and questioning reality,

Migrations is an interesting exhibition, showing us the development of British art over 500 years, interacting with people from different cultures from time to time, as well as a bit of British and world history. But it lacks of punch in some way, and didn’t give me something that remains in my heart.

→more photos: Guardian photo gallery

Advertisements

Christmas Day in UK

今日はクリスマス。イングランド北部やスコットランドなどでは雪が降り、ホワイトクリスマスになった。イギリスでは、少数のお店やレストランをのぞき、クリスマス当日はどこもかしこも閉まってしまうので、まるでゴーストタウンのようになる。主だった観光地はすべてお休みなので、クリスマス休暇でロンドンにやって来た観光客は、いったいどうしているのだろうと心配になる。

イギリスでのクリスマスの1日は、朝起きてプレゼントを開けることから始まる。イングランド国教会2007年度統計によると、クリスマスイブ/クリスマス当日に教会に行くのは、人口約6千万人のうち266万人だけらしい。

その後、メイン・イベントである、Christmas dinner(クリスマス・ディナー。クリスマスの日の昼食)の準備が始まる。日本ではディナー=夕食であるが、英語で「dinner」は、「1日の中心的な食事」で、昼食または夕食を指す。ちなみに、こちらでは学校給食は「School dinner(スクール・ディナー)」と呼ばれる。伝統的なクリスマス・ディナーのメニューは、詰め物をしたローストターキー(七面鳥の丸焼き)に、付け合わせのポテト、人参、芽キャベツ等(蒸すかゆでる)。そして、デザートにはブランデー・バターとともにクリスマス・プディングChristmas pudding、イギリスではプディングはデザートの同義語)が出される。七面鳥はぱさぱさしているし、蒸し野菜・茹で野菜は嫌いだし、プディングは甘くて重たいので、私はこちらのクリスマス・ディナーはちょっと苦手だ。食事が始まるのが遅めなので、その間はミンスパイやマグカップに入ったMulled Wine(マルド・ワイン、スパイスを加えたホット・ワイン)を口にしながら待つ。テーブルには、クリスマス・クラッカーChristmas Cracker)。日本のクラッカーとは形が違い、ラッピングペーパーのような光沢のある紙で包まれている。片方を一人が、反対側をもう一人が握り、互いが引っ張ると、「パン!」と割れて、中からおもちゃやジョークの書かれた紙、紙製の王冠が出てくる。クリスマス・パーティや誕生パーティで、大の大人が嬉しそうに、この紙の王冠を冠っているのを良く見かける。

お腹いっぱい食べた後は、リビングで団らん。おしゃべりやゲームをしたり、テレビを見たりして過ごす。午後3時には、1932年から続く、恒例のエリザベス女王のクリスマス・スピーチがテレビで放送され、約27%のイギリス人が見るという。女王が今年起こった出来事を振り返るこのスピーチでは、アフガニスタンで亡くなった戦士の追悼と感謝、経済不況、英コモンウェルスの意義、そして未来への希望を語られ、イギリス国内はもちろん、コモンウェルス各国でも放映された。

On the Christmas Day today, snow has fallen in parts of the UK, and it has become a white Christmas in Scotland and northern England (London was sunny). Nearly 100% of businesses close today, except very few non-Christian stores and restaurants, and the the city looks like a ghost town. I always wonder what all the tourists do on the Christmas day – it’s very cold, major tourist sights are closed, and very few restaurants are open (and could be very expensive with the special Christmas menu in hotel restaurants).

The Christmas Day in UK starts with opening Christmas presents. After the excitement (and disappointment)  of this ritual, preparation of Christmas Dinner, the main event of the day, starts. According to statistics by the Church of England, only 2.66 million people, among population of 60 millions, went to church services on Christmas Eve or Christmas Day in 2007.

Typical menu of the day is roast turkey with stuffing or other meats, and some boiled or steamed vegetables such as potatoes, brussels sprouts, and carrots. After the meal, a dessert of Christmas pudding (or plum pudding) is served with brandy butter. The turkey is tend to be dry, I hate steamed or boiled vegetables, and the pudding (refers to any desert in UK) is very sweet and heavy, so I am not really crazy about British Christmas dinner. Since the Christmas dinner starts in the afternoon, mince pies and a mug of mulled wine are often served while waiting. During the meal, Christmas crackers, containing toys, jokes and a paper hat, are often pulled – one person holds one side and another person grips the other side, and pull together. I often see a grown-up adult wearing this paper crown, but looking a bit stupid (cute for kids, though), in a Christmas or a birthday party.

After the big meal, people move to a living room, and spend the afternoon chatting, relaxing, watching TV, or playing games. At 3pm, some people watch annual Royal Christmas Message, started in 1932, by the Queen made to the Commonwealth. In this year’s speech, the Queen expressed sadness at the death toll among British troops in Afghanistan, referred to the Commonwealth as “strong and practical force for good”, and ended her speech with her hope for a better future.

Vodpod videos no longer available.

Reblog this post [with Zemanta]

Remembrance Sunday: National Commemoration @ Whitehall

CenotaphPoppy Appeal @ Oxford Circus

今日11月8日はRemembrance Sunday(休戦記念日曜日)、Remembrance Day(リメンバランス・デー/戦没者追悼記念日)の記念式典が行われた。Poppy Day(ポピーの日)、Armistice Day(第一次大戦の休戦記念日)、Veterans Day(退役軍人の日)とも呼ばれるRemembrance Dayは、第一次世界大戦とその後の戦争の死者を追悼する日で、1918年11月11日に連合国ドイツ帝国の間で休戦協定が締結されたことに因み、11月11日と定められている。当日11月11日にも2分間の黙祷が捧げられるが、通常、Remembrance Sundayと呼ばれる11月の第2週目の日曜日に、ロンドンのWhitehallホワイトホール)にあるCenotaph(慰霊碑)前で、王室関係者や政府要人が参加して行われる国の追悼式典のほか、各地の戦争記念碑(war memorials)で慰霊祭が行われる。

今日の追悼式典では、小雨まじりの曇り空の中、20分の宗教儀式の始めに、コモンウェルス(イギリス連邦)高官、首相、世界の宗教代表、軍隊のリーダーたちが見守る中、エリザベス女王を筆頭にポピーの花輪が次々と捧げられた。そして午前11時に2分間の黙祷。その後7500人もの退役軍人と1600人の一般人が、慰霊碑前でパレードを行った。→BBCニュース

この時期、イギリスでは、胸に紙製の赤いポピーの花をつけている人を多く見かける。これは、1921年にRoyal British Legion(英国在郷軍人会)が、戦没者への募金を集めるために赤いポピーを売ったのが始まりで、第一次世界大戦の激戦地・西部戦線(フランドル戦線)のあった、フランダース地方に多く生えている赤い芥子の花(フランダース・ポピー)に由来しており、赤い色は戦争で流された血を意味する。この紙製のポピーは、退役軍人によって作られており、英国在郷軍人会の名の下で、街角での募金活動やスーパーなどの店頭で販売され、収益は退役軍人のサポートに当てられる。上の写真はオックスフォード・サーカスの街角での募金活動。下の写真は、Angel(エンジェル)の街角で、赤いタータンチェックのキルトに身を包んで、道行く人と楽しそうに話しながら募金活動していたおじいさんをスーパーで発見、こっそり撮影させていただきました。

Today is Remembrance Sunday and the Remembrance Day national commemoration was held in London’s Whitehall. The remembrance day, also known as Poppy Day, Armistice Day (the event it commemorates) or Veterans Day, is a day to commemorate the sacrifices of members of the armed forces and of civilians in times of wars since the First World War. It is observed on 11 November to recall the end of World War I on that date in 1918, when German signed the Armistice. Although two minutes of silence are observed on 11 November itself, but on Remembrance Sunday (the second Sunday of November), ceremonies are held at local war memorials nationwide, and the national commemoration is held at Cenotaph in Whitehall to remember those men and women who have died in action serving their country.

Under the gray sky at the this year’s national commemoration in Whitehall, the Queen Elizabeth laid the first wreath of poppy flowers at the start of a 20-minute religious service, in front of the prime minister, military leaders, representatives of the world’s religions, and Commonwealth representatives. After two-minute silence at 11 am, 7,500 ex-service personnel and 1,600 civilians marched past the Cenotaph. →BBC news

Around the Remembrance Day, you see many people wearing red poppy flower made of paper, as a sign of remembrance. The poppy emblem was chosen because of the poppies (Flanders poppy) that bloomed across one of the worst battlefields of Flanders in World War I, with their red color which is an appropriate symbol for the bloodshed of trench warfare. This artificial poppies are made by veterans and are sold on behalf of the Royal British Legion on the street by volunteers or at the stores. The sale go towards supporting former soldiers. The photo above is the fund raising at the junction of Oxford Circus. The photo below is the old gentleman in red tartan kilt, who sold the poppies at the street corner of Angel and enjoyed chatting with a passerby. I happened to have a chance to take a picture of him (secretly) at the Waitrose supermarket.

Poppy Appeal


Reblog this post [with Zemanta]