Tag Archives: Cornwall

Olympic Torch Relay Started on May 19 / How Was the Olympic Flame Carried?

ご無沙汰しています!長らくお休みしていたので、どうも今一つやる気が出ないのですが、今日から重い腰を上げてブログを再開します。

オリンピック開催まで後2ヶ月余り。オリンピック聖火が18日、特別に彩色されたブリティッシュ・エアウェイズ機「Firefly(ホタル)」によってアテネから運ばれ、イギリス南西部・コーンウォールにあるRoyal Naval Air Station(英海軍航空基地)に到着。その後の歓迎式典で、スポーツ選手というよりファッションデザイナーのごとき風貌になったサッカーのイングランド代表元主将、デービッド・ベッカムにより、特設小型聖火台に聖火が点された(参照:Daily Mail)。翌19日、ランズエンド岬(Land’s End:地の果て)をスタート地点に、オリンピック聖火リレーがスタート。栄えある第一走者は、セーリングで3つのオリンピック金メダルを獲得したコーンウォール出身のBen Ainslie(ベン・エインスリー)選手(参照:Daily Telegraph)。聖火は約8000人の聖火ランナーの手で、70日かけて、イギリス全土とアイルランドの一部約8000マイル(12,800 km)を旅し、7月27日の開会式で、ロンドンのオリンピックスタジアムの聖火台に点される(聖火リレールート)。

オリンピックの聖火はどうやってアテネから運ばれたのか?ブリティッシュ・エアウェイズの機内誌「high life」でその謎を発見した。聖火は、「symbolic flame(象徴としての炎)」として、特別許可を得て機内に持ち込むことができるとのこと。ギリシャのオリンピアにあるヘーラー寺院で「太陽光を利用して採火された」聖火は、ギリシャ国内での8日間のリレーを経て、5月17日にアテネのパナシナイコスタジアムでの式典でロンドンオリンピック委員会に手渡された。4つの儀式用ランタンに入れられた聖火は、特別仕様の受け台と共に、シートベルトとVelcro(マジックテープ)によってビジネスクラス座席1A・1Bの2席にしっかり固定、お目付役に見守られて4時間の空の旅を無事終えた。

After having long break, I restart my blog today, though I am a bit rusty in writing.

2 months+ to go to the London Olympic 2012. On May 18th, specially decorated British Airways flight “The Firefly” brought Olympic Flame from Athen to Royal Naval Air Station in Cornwall, south west of England. After arrival, the London 2012 torch was lit from the Flame at the welcome ceremony and was passed to former England football team captain David Beckham who lit a cauldron where it burned overnight (Daily Mail). The next day on 19th, the Olympic Torch Relay started from Land’s End, carried by the first torchbearer Ben Ainslie, three-times Olympic gold medallist in sailing from Cornwall (Daily Telegraph). The Flame will travel about 8,000 miles in 70-day around the UK (and a bit of Ireland), carried by 8,000 torchbearers, to the final destination, London’s Olympic Stadium, on the opening ceremony on July 27th (Olympic Torch Relay Route).

I happened to find the information of how to bring the Olympic Flame on the British Airways inflight magazine “high life“. The Olympic Flame is classified as a symbolic flame so it is permitted to be carried on board an aircraft subject to special authorisation, according to the article. After being lit by the “power of the sun” at a ceremony at the Temple of Hera in Olympia, following an 8-day relay tour of Greece, the Flame was handed to London 2012 delegates in the Handover Ceremony at the Athen’s Panathinaiko Stadium on May 17. Then the Flame traveled in a set of four ceremonial lanterns that are secured in a specially designed cradle, firmly fixed to the business class seats 1A and 1B with a seat belt and Velcro strap, accompanied by an Olympic Flame Minder.

聖火運搬という重要任務を果たしたブリティッシュ・エアウェイズの「Firefly」/ “The Firefly”BA’s special airplane that carried the Flame

ビジネスクラスに固定された聖火 / Olympic Flame, securely fixed to the business class seats

Neal’s Yard Dairy @ Covent Garden

Neal’s Yard(ニールズ・ヤード)は、モンマス・ストリート(Monmouth Street)、ショーツ・ガーデンズ(Shorts Gardens)、ニール・ストリート(Neal’s Street)に囲まれた、コベント・ガーデンの隠れ家的エリア。王立造幣局局長(Master of the Mint)であったThomas Neale(トーマス・ニール)の名を冠した、この「ヤード(囲い地)」で、70年代初期に「alternative London(オルタナティブ・ロンドン)」のリーダーであったNick Saundersがイニシアティブを取り、「コミュニティ」の再生を目指して、政府の補助金を頼りにしないニューエイジ系ビジネスを次々に設立した。今でもそのコンセプトが引き継がれ、日本でも人気のNeal’s Yard Remediesニールズヤード・レメディーズ)、チーズ専門店のNeal’s Yard Dairy、そしてベジタリアン・カフェのWorld Food Cafeなど、自然食品やオーガニックフード、オルタナティブ・メディシン(代替医療)のメッカとして、いつも観光客でにぎわっている。

その一角にあるNeal’s Yard Dairy(ニールズヤード・デイリー)は、1979年にオープンした乳製品専門店で、高品質のイギリス産チーズを取り扱う。元々アイスクリームやギリシャ風ヨーグルトを販売していたが、冬場は閑古鳥が鳴くので、チーズを売り始めたのだそうだ。そして代々チーズを生産し続ける各地の小規模家族経営のチーズ製造業者を訪問するうちに、イギリス製チーズを専門に取り扱う事を決意。今や、ロンドンでチーズと言えばニールズヤード・デイリー、と言われる程の有名店に成長。コヴェントガーデンとバラ・マーケットに自社店舗を所有するほか、大手高級スーパーや高級食料品店でもその製品を取り扱っている。

コヴェント・ガーデン店は、10人も入れば身動きできなくなるほど小さな店だが、イギリス各地から集められたチーズがうずたかく積まれており、前を通りかかると、強烈なチーズの匂いが漂う。試食もでき、いつもチーズ愛好者で賑わっている。今日は通りがかりにその匂いにつられ、試食したコーンウォール産のチーズ、Cornish Yargが美味しかったので購入。防水加工された紙のシンプルな包装、同じくシンプルなロゴ入りのショップのビニール袋もいい。

Neal’s Yard is a queit courtyard in Covent Garden, surrounded by Shorts Gardens, Monmouth Street, and Neil Street. Taking its name from Thomas Neale, Master of the Mint, Neal’s Yard, is a wholefood haven and a center of ‘alternative’ Covent Garden. The idea of Neal’s Yard was conceived in the early ’70s by Nick Saunders, who is known as one of the leaders of ‘alternative London’ movement. Aiming to  revive a sense of village community and he set up a series of businesses without government subsidy, which most of them are still going today. Neal’s Yard contains some well-known shops such as Neal’s Yard Remedies, Neal’s Yard Dairy and vegan restaurant World Food Cafe, as well as other health food shops, cafés and new age retailers, and is a popular destination for tourists as well.

Established in 1979, Neal’s Yard Dairy is the Dairy specialises in providing high quality and unusual British cheeses from small and often family run producers in the British Isles. It sold ice cream and Greek style yoghurt produced in the shop in early days, but in winter trade was poor so the Dairy started selling cheese. On visiting their suppliers, they discovered many producers that had been making cheese for generations, and decided to sell and supply specialty British cheeses. Now the Dairy has grown to be one of the top quality cheese retailers in UK, and has two own shops in Covent Garden and Borough Market, as well as its products are sold at large wholefood supermarkets and quality food shops.

The Neal’s Yard Dairy’s Covent Garden shop is so tiny that probably no more than 10 people can fit inside. There are many kinds of cheese piling up in such small space and you can smell the cheese very strong from outside.  You can sample any of the cheese available in the store, and always the shop is packed with cheese-lovers. We were also lured by the smell and tried some of the cheese. We liked Cornish Yarg from Cornwall, and purchased some. Its simple wrapping with white waterproof paper and transparent plastic bag only with their logo is nice as well.

Enhanced by Zemanta