Tag Archives: culture

Michael Rakowitz @ Tate Modern Level 2 Gallery

テート・モダンLevel 2 Gallery(テムズ川に面した入口の外にある)で22日に始まった展覧会「The worst condition is to pass under a sword which is not one’s own(最悪の状況は、自分のものではない刀の下を通り過ぎること)」。アメリカ人アーティスト・Michael Rakowitz(マイケル・ラコヴィッツ)が、サダム・フセイン政権下、彼が好んだジュール・ヴェルヌの小説や映画スター・ウォーズG.I.ジョーワールド・レスリング・フェデレーション(World Wrestling Federation)等の西欧のSFやファンタジーと、イラクのモニュメントや軍や科学活動のつながりを描き出している。

入口は、壁一面が、バグダッドの「Swords of Qādisiyyah/Hands of Victory(勝利の手)」モニュメント前で、米軍兵士や関係者がポーズを決める写真で、埋め尽くされている。次の部屋は、真ん中に日本の兜、第一次世界大戦のドイツ軍ガスマスク、ダース・ベイダーのヘルメット、サダム決死隊(フェダイン・サダム)のヘルメットが並んでウィンドーに飾られており、その周りには、スターウォーズや西洋文化がサダムやイラク軍に与えた影響を示す、手書きの文章が添えられた鉛筆画の展示。次の部屋には、Swords of Qādisiyyahをモチーフとした大型作品「Victory Arch (Strike the Empire Back Series) 」(1980年のスターウォーズのポスターに酷似)が鎮座。足元には、G.I.ジョーのパーツが埋め込まれた、透明のプラスチックでできたサダム決死隊のヘルメットが転がっている。

私はSFには興味がなく、ジュール・ヴェルヌも読んだことがないし、スター・ウォーズも観ていない。プロレスも、子供の頃父親が家のテレビを独占してみていたせいか、大嫌い。G.I.ジョーも、小さい頃に親しんだMに聞くまで知らなかった。伝えようとしていることは分かるけれど、なにぶん興味がない分野なのであんまり心に響かない。でも、アメコミっぽい彼の鉛筆書きのイラストは、なかなかいい味出している。

American artist, Michael Rakowitz‘s new exhibition at Tate Modern Level 2 Gallery (located outside of the entrance facing the Thames river), “The worst condition is to pass under a sword which is not one’s own” started on 22 January. This exhibition investigates the Sadam’s fascination with western science fiction and fantasy, including Star Wars, Jules Verne, World Wrestling Federation and GI Joe, and its influence on Iraqi military and scientific activities during the Saddam regime, according to Tate.

One wall at the entrance is covered with the photos of posing American soldiers and others, taken in front of Swords of Qādisiyyah (Hands of Victory) in Bagdad. In the next room, Fedayeen Saddam helmet together with Japanese samurai helmet, WWI German gas mask, Darth Vader mask are displayed in a show case in the center of the room, surrounded by Rakowitz’s pencil drawn illustrations with handwritten texts, representing the links between Iraq and modern Western culture. The third room hosts “Victory Arch (Strike the Empire Back Series) ” which is resemble to the Swords of Qādisiyyah monument and 1980 Star Wars poster, with Fedayeen helmets made of clear urethane plastic with colorful plastic GI Joe parts.

I am no fan of Si-Fi, and have never read Jules Verne or seen Star Wars. I hate professional wrestling, probably because my father always monopolized only one TV in the house, watching pro wrestling when I was a child. I’ve never heard of GI Joe until M told me about it – he used to play with it. I understand what he is trying to do, but it doesn’t impress me because of the subject matter I am not into – but I like his American comics-style pencil drawn illustrations.

Reblog this post [with Zemanta]

Robert Kusmirowski: Bunker @ Curve Art, Barbican Centre

バービカン・センターのCurve Artで開催中の、ポーランド人アーティスト・Robert Kusmirowskiの作品「Bunker(塹壕)」(9月30日〜1月10日、入場無料)を観た。1973年生まれのKusmirowskiは、戦争体験者ではないが、世界大戦や冷戦等、「過去」にこだわった作品を作り続けており、Bunkerは使われなくなった、第二次世界大戦中の塹壕を再現した作品。「Curve」という名の通り、ギャラリー全体がゆるやかにカーブしていて、先に何があるか見えないので、何が待ち構えているか分からないスリルを感じる。薄明かりの中、腐食した水道管やボイラー、錆びた発電機や古い機械類、古びた缶や食料、そしてサバイバルのための道具等の中を歩いていく。使われなくなった線路がギャラリー端から端まで貫いており、寝室やトイレ、交信室や事務室なども妙にリアルだ。年代が経っているような効果を出すため、彼の膨大なコレクションからの古い品物に加え、ゴミ捨て場や解体場等で見つけたオブジェを使用。塹壕を見学したり、写真書類等を調べて、細部にまでこだわって再現したそうだ。この空間にいると、タイムスリップし、戦時中の落ち着かない、常に死と隣り合わせの恐怖を感じ、不安になる。良くできた作品だけれど、長くいると気分が滅入る。

We went to see “Bunker” by Polish artist Robert Kusmirowski at Curve Art in Barbican Centre (Sep 30 to Jan 10, entrance free).  Bunker is an recreation of a disused WWII era bunker. Although Kusmirowski was born in 1973 and had never experienced World War II, he obsesses with the ‘past’ and have created installations based on WWII and the following cold war. As its name suggests,  Curve Art gallery doesn’t have any straight line, and I was thrilled as I couldn’t see what was waiting ahead. In dim light, we walked through corroded pipes and boilers, rusted generators, electrical gauges and other obsolete machines as well as old cans and survival supplies. Abandoned rail track runs through entire gallery, and bedroom and toilet, communication room look very real. In order to create decay and aging effects, Kusmirowski has used found objects from his own large collection, as well as items collected from junkyards and demolition sites. He visited existed bunkers and studied documents and photography to ensure that smallest details are realistic. In the gallery, I felt as if I had been transported through time to WWII period when people were constantly facing fear of death, and it made me nervous. Bunker is well-done artwork, but it is quite creepy.

Bunkerは、200以上のイベントを企画し、ポーランドの文化をイギリスに紹介する、「POLSKA! YEAR」の一環のアート作品。「POLSKA(ポルスカ)」は、ポーランドの国名で、野原を意味するそうだ。POLSKA! YEARは、2009年春から始まって、2010年まで続く。このブログを書くにあたって、初めてこのイベントの存在を知った。そう言えば、テート・モダンで開催中の「How It Is」も、ポーランド人アーティスト・ミロスワフ・バウカの作品だった。

2004年に東欧諸国10カ国が欧州連合(EU)に加盟してから、イギリスはアイルランドとともに、東欧の新加盟国からの移民を無制限に受け入れたので、ポーランドを中心に東欧からの移民が大量に流れ込み、現在ポーランド生まれのポーランド人は約50万人にものぼるという(古くからのポーランド系イギリス人を含むと約100万人)。ポーランドの食材店やバー等も見かけるし(でも何故かあんまりレストランは見かけない)、スーパーにもポーランド食品のコーナーもある。うちの近所にも、ポーランド人の教会があり、日曜のミサの後は、ここはポーランドか?と思う程たくさんのポーランド人が出てくる。近年の不況のせいで、人口流入のスピードはダウンしているというけれど、今でも年々たくさんのポーランド人がやってくる。働き者で知られた彼らの労働力や、彼らの購買力なしでは、イギリスはもう機能しないかもしれない。

Bunker is a part of POLSKA! YEAR in the UK, which comprises over 200 projects presenting the most interesting achievements of Polish culture to British public. ‘Polska’ is Poland in Polish, and is derived from the word Polanie or “people of the fields.” POLSKA! YEAR started in spring 2009 and continue through 2010. I have never heard of this event until I started to do a little research about this blog entry. I guess “How It Is” by Polish artist Mirosław Bałka at Tate Modern is also a part of it as well.

Since the 2004 EU enlargement, there has been an massive influx of migration from 10 new member states of former eastern bloc to UK and Ireland, due to its liberal immigration policies and restrictive policies adopted elsewhere, and Polish is the biggest in number among others. Currently the Polish-born population in the UK is around half a million, and the total of Polish British is estimated about 1 million. Now I see many Polish grocery stores and bars (but not many restaurants), and supermarkets has a large corner of Polish foods. There is a Polish church in our neighborhood, and the area looks like a Polish town after the Sunday mess. Although east European immigration levels falling due to the recent economic downturn, but still large number of Polish are coming every year. Polish are known as a hard worker and now are a big consumer power as well, and British economy may not function without them anymore.

Reblog this post [with Zemanta]

New Medieval & Renaissance Galleries opens @ Victoria & Albert Museum

Vodpod videos no longer available.

7年もの年月と3170万ポンドをかけてようやく完成した、ヴィクトリア&アルバート博物館(V&A)の新しいMedieval & Renaissance Galleries中世ヨーロッパルネサンス・ギャラリー)が今日12月2日にオープンした。私は、華やかでいて素朴なタッチの、この時代のアートが好きなので、このギャラリーのオープニングを楽しみにしていた。計10室のギャラリーには、ローマ帝国の没落からルネッサンス時代の終わりまで、紀元300年から1600年頃までの美術品約1800点を展示。繊細な彫刻や本等の小さなものから、教会の内部、ステンドグラスや階段等、イングランドで作られた美術品からスペイン、フランス、ドイツ、イタリア等の芸術品まで、幅広いコレクションからは、当時のヨーロッパの芸術と文化を垣間見ることができる。ゆっくり観ていると一日がつぶれそうな、見応えたっぷりのギャラリーだ。ルネサンス時代の芸術はよく知られているけれど、文化が停滞した「暗黒時代(the dark ages)」と呼ばれる中世にも、宗教美術等を中心に、素晴らしい芸術が存在していたのだなと感心。

The Victoria & Albert museum (V&A) opens its new Medieval & Renaissance Galleries today, after spending 7 years and £31.7m of cost. I was looking for its opening, as I like lavish but realistic and simple medieval art.  The 10 galleries occupying 2 floors are filled with more than 1,800 objects from AD300 to 1600; the fall of the Roman Empire to the end of the Renaissance period. From small objects like sculptures and books to large artifacts such as church interiors, stained glasses and staircases, a wide variety of the collection range from the objects from Spain, France, Germany and Italy, to abundant works of art made in England, and it tells the story of European art and culture of the periods. You can spend many hours just looking at these beautiful masterpieces in the gallery. Renaissance art is widely known but I was impressed that magnificent artworks and crafts, especially religious art, also existed during the middles ages, often called “the Dark Ages,” – a period of cultural decline.

9月頃、まだ工事中だったギャラリーを見学する機会があった。既にいくらか展示品が置いてあったものの、まだ足場や木枠がそこら中に置いてあって、こんなに素晴らしいギャラリーに仕上がるとは全然予想できなかった。さすがV&A、イギリスを代表する美術館の一つだけあって、素晴らしいギャラリーに仕上がっている。1,800もの美術品が置かれているのに、すっきりレイアウトされていて広々としており、心が落ち着く。他の多くのイギリスの美術館・博物館のように、このギャラリーも入場料無料。Heritage Lottery Fund(歴史的建造物等の国民的遺産を保護するための、宝くじ収益金)から£975万ポンドの援助があった他は、全て寄付金でまかなわれたそうだ。さすが、芸術や歴史的遺産の保護に熱心な国民性だけある。本当に素晴らしいギャラリーなので、中世やルネッサンス美術に興味がなくても、機会があればぜひ行ってみてください!

We had a chance to observe the galleries under construction in September. There were some works already there but there are wooden frames and construction materials all over, and I never thought it would be transformed to such a magnificent and elegant galleries. That’s V&A – everything they do is always impressive! It is amazingly spacious, though the galleries contain almost 2,000 artifacts, and truly tranquil. And the admission is absolutely free (though some amount of donation is suggested), as many other British museums and galleries! Other than £9.75m grant from the Heritage Lottery Fund, the cost of making the galleries was covered by donations. It is highly recommended to visit the gallery, no matter if you are interested in Medieval & Renaissance art or not – it is spectacular, and I liked it a lot!

Reblog this post [with Zemanta]

Monocle Magazine March 09

Monocle March 2009

Mが、Monocleモノクル)3月号を買った。モノクルは、カナダ人編集長Tyler Brûlé(タイラー・ブリュレ)が、2007年2月にロンドンで創刊した雑誌(年10冊発行)で、この号が2周年記念号とある。洗練された国際派ビジネスマンや起業家、知識人を主なターゲットとし、国際情勢・カルチャー、デザイン、ファッション等幅広いトピックを扱う。タイラー・ブリュレは、もともとBBCのジャーナリストだったが、1996年に「90年代で最も影響力のあるライフスタイル・マガジン」と呼ばれたイギリスの雑誌・Wallpaper*を創刊。一躍時の人となった。また、英ファイナンシャル・タイムズやニューヨーク・タイムズ等、メジャーなメディアのコラムニストとしても活躍する。

モノクルは、タイラー・ブリュレが編集長だけあって、スタイリッシュにデザインされている。紙も手触りがよいし、グラフィック、写真も充実している。主なメディアがあまり記事にしない国の話題も多く取り上げるが、イギリスやロンドンに対しては時に批判的で、あまり話題に上らないのがちょっと悲しい。それに、世界中のトピックを取り上げるのはいいが、ちょっとマイナーすぎて退屈だったり、表面的になってしまうのが難しいところ。取り上げるファッションや商品はちょっと保守的、質はいいが高くて庶民にはちょっと高嶺の花のものが多い。ウェブサイトも充実していて、ビデオやオーディオ、スライドショー等、インタラクティブなものとなっている。行ったことはないが、最近、The Monocle Shopも、洗練された店が並ぶMarylebone High street近くにオープンした。すごく小さなストアらしいが、編集者が世界から選りすぐった、文房具やかばん、ニット製品、CD等を扱っている。日本のBeamsとタイアップして、吉田かばんのPorterブランドのカバンもここで買える。

The Monocle Shop
2A George Street,
Marylebone,
London W1U 3QS

M bought Monocle March 2009 issue. Monocle is a London-based magazine, founded in February 2007, by Canadian born Tyler Brûlé. Monocle comes out 10 issues a year, and this one is a second anniversary issue. The magazine, targeting ’sophisticated’ jet setters and cosmopolitan urban settlers, talks about global affairs, business, culture and design. Tyler Brûlé, originally a BBC journalist, is a founder of  ‘most influential life style magazine in 90’s’ Wallpaper*, and a columnist for major medias such as Financial Times and International Herald Tribune etc.

Monocle is stylishly designed, with nice paper and plenty of graphics and photos. The magazine deals with all kind of issues from the countries that other media rarely talks, but Brûlé is often critical about UK and London and hardly mentions (which I think it is not fair for London). The intention to cover all over the world is good, but articles are sometimes too minor, boring, and superficial. The fashion and products in the magazine is often conservative, good quality and expensive, and not for everyone – you can tell who is the target reader. The website, focusing on broadcasting with films, slide shows and audio reports, is also cool as well. Recently Monocle open its first store near Marylebone High street. The store stocks a selection of curated, crafted products, such as stationery, bags, knitwear, and CDs etc, that their editors have found in the world.

The Monocle Shop
2A George Street,
Marylebone,
London W1U 3QS

Reblog this post [with Zemanta]

Movies + Gallery @ ICA

ICA galleryICA membership
最近、ICA通いが続いている。バッキンガム宮殿やトラファルガー広場の近くに位置する、Institute of Contemporary Arts (ICA)は、小さいながらも、現代美術ギャラリー、映画館(2スクリーン)、ブックストア、バーが併設された、文化施設。トークショー、ライブ、クラブナイトなど、多彩なプログラムを展開する。

ICAへは映画を見に行く事が多い。ICAでは、インディペンデント系や外国映画を上映していて、日本映画もよくやっている。最近ではさくらん東京ソナタ、また今日終了した国際交流基金(The Japan Foundation)の企画した「Reality Fiction: Japanese Films Inspired by Actual Events」では、実際の出来事に触発された新旧の日本映画6点が上映された。日本映画は、通常の映画館ではあまりやっていないのでありがたい。しかし、最近の日本映画は、映像的にはきれいだけれど、50、60年代のような、社会問題に切り込んだ迫力のある作品がなく、少し物足りないなと思う。日本の映画黄金時代の作品は、時折、BFI Southbankで、黒澤明小津安二郎大島渚今村昌平等の大監督の作品を上映している。

ギャラリーでは、現在、アメリカ人映像作家・ショーン・スナイダーのイギリスでの初めての個展、「Sean Snyder, Index」を開催中。冷戦からイラク戦争まで、日常生活をドキュメントしたビデオ、写真が展示されている。ウクライナの村立美術館の様子を撮影したソビエト映画のビデオインスタレーションは興味深かったが、後の作品は少しインパクトがなかった。

I had several chances to go to ICA recently. Institute of Contemporary Arts (ICA), located near Trafalgar Square and Backingham Palace, is a small cultural complex containing modern art gallery, cinema, book store, and bar. ICA has a variety of cultural activities such as talk show, live, and club night. 

I sometimes go to see a movie to ICA. ICA cinema with 2 screens shows independent, art-house, and foreign movies, including Japanese movies. Recently, I saw Sakuran, Tokyo Sonata, and some of the ‘Reality Fiction: Japanese Films Inspired by Actual Events‘ series organized by the Japan Foundation. Recent Japanese movies are well shot and atomospheric, but don’t have much impact nor analyze social problems, like Japanese movies in 50’s and 60’s. You can see movies in the golden times at BFI Southbank, such as Kurosawa, Ozu, Nagisa Oshima, or Shohei Imamura etc.

At the gallery, first solo exhibition in a British institution of the American Artist Sean Snyder, ‘Sean Snyder, Index‘, just opened. The exhibition includes video installation and photos, documented the daily life from the Cold War to the Iraq War. The video installation about the village museum in Ukraine, filmed by Soviet Union, was fascinating, but the other works are something we have seen already, and have less significant, to my eyes.