Tag Archives: Dada

Schwitters in Britain @ Tate Britain

Tate Britainで開催中のSchwitters in Britain (1月30日〜5月12日)は、ダダイスム構成主義シュルレアリスムなど近代芸術運動で活躍し、詩、サウンド、絵画、彫刻、グラフィック・デザイン、タイポグラフィ、そして後にインスタレーションと呼ばれる様々な手法を用いたヨーロッパ・モダニズムの巨匠でドイツ人アーティスト、Kurt Schwittersクルト・シュヴィッタース)の展覧会。Schwitters in Britain展では、戦争避難民として1940年にイギリスに到着してから1948年の彼の死まで、イギリスで活動していた期間の作品を主に、商品パッケージや新聞の切れ端などありふれた素材を使った150以上のコラージュや、彫刻作品、絵画などが展示されている。シュヴィッタースは、芸術目的のため、想像しうる全ての物を組み合わせる「メルツ」という概念を生み出し、found object(偶然見つけたもの)や日常生活の中にあるものを抽象的コラージュ、インスタレーション、詩、パフォーマンスに用いるスタイルを確立。彼の作品は、リチャード・ハミルトンエドゥアルド・パオロッツィダミアン・ハーストなど、後のイギリス人アーティスト達にも大きな影響を与えた。

シュヴィッタースは、自身の作品がナチス政府に「退廃芸術」との烙印を押されたことにより、1937年にドイツを離れ、最初の3年は息子が居たノルウェーに滞在。ナチスのノルウェー占領を機に、1940年にイギリスに渡ったが、敵国国民として1941年に解放されるまで各地の収容所で過ごした。その後、ロンドンのアート界で活躍、イギリス人アーティストや美術批評家と交流を深めた。1945年に湖水地方に移住、自然の素材を作品に使い始めた。また、出身地・ハノーファーで作り上げた建築的大規模構成作品・Merzbau(メルツ建築/メルツバウ)と呼ばれる作品の一環として、ここでもMerz Barn(メルツ小屋、物置)を制作した。展覧会は、シュヴィッタースの遺志を受け継いで、アーティスト・Adam ChodzkoとLaure Prouvostが制作した委託作品で締めくくられている。

戦時のムードや彼の避難民としての経験を反映してか、シュヴィッタースの抑えた色調の作品は、控えめで少し陰鬱な印象で、先日書いたリキテンスタイン展とは正反対。多くの人は、偉大なアーティストでモダンアートのパイオニアであるシュヴィッタースの作品に感銘を受けているのであろうが、私は何故か彼の有名なコラージュ作品群を見ても何とも感じないのだ。彼の正統派作品のポートレートや風景画(参照:FT / Guardian)は悪くないのだが、ただ単に私の好みじゃないのですよ。。。

→展覧会の写真:Guardian

Schwitters in Britain (January 30 – May 12) at Tate Britain is the major exhibition to examine the late work of German artist Kurt Schwitters, one of the major artists of European Modernism, who worked in several genres and media including DadaConstructivismSurrealism, poetry, sound, painting, sculpture, graphic designtypography and installation art. Focusing on his British period from his arrival in Britain as a refugee in 1940 until his death in 1948, the exhibition showcases over 150 collages, often incorporated fragments from packaging and newspapers, as well as sculptures and paintings. Schwitters invented the concept of Merz, ‘the combination, for artistic purposes of all conceivable materials’, and pioneered use of found objects and everyday materials in abstract collage, installation, poetry and performance. His work has influenced later British artists such as Richard HamiltonEduardo Paolozzi and Damien Hirst

Schwitters was forced to flee Germany in 1937, when his work was condemned as ‘degenerate’ by Nazi government and first settled in Norway for  three years. He escaped to Britain in 1940 after the Nazi occupation of Norway but had been detained as an enemy alien until his release in 1941. Then he became involved with the London art scene, engaging with British artists and critics such as Ben Nicholson and Herbert Read. In 1945 Schwitters relocated to the Lake District, and began to incorporate natural objects into his work. The move also culminated in the creation of his sculpture and installation, the Merz Barn, a continuation of his Hanover architectural construction MerzbauThe exhibition ends with commissions by artists Adam Chodzko and Laure Prouvost made in collaboration with Grizedale Arts to explore the Schwitters’ legacy.

Schwitters work using muted colours is rather understated and somehow gloomy, probably reflected the atmosphere of the war time and his life experience as a refugee. Completely oposite to the ambience of the Lichtenstein exhibition. He must be a great artist and a pioneer of modern art, and probably many people love the exhibition, but I don’t feel anything by looking at his famous collages, though I like his conventional portraits and landscape paintings (such as in FT and Guardian). His work is just not my cup of tea…

→See more photos: Guardian

Advertisements

Bruno Munari: My Futurist Past @ Estorick Collection of Modern Italian Art

イズリントンにあるEstorick Collection of Modern Italian Artで12月23日まで開催中の「Bruno Munari: My Futurist Past」は、多彩な才能を発揮したイタリア人アーティスト&デザイナー、ブルーノ・ムナーリの、初期から戦後にかけての作品を集めた展覧会。

ムナーリは、「Futurist past」と呼び自身のルーツとする、未来派ムーブメントの中でキャリアをスタート。未来派は、絵画に留まらず、モンタージュ写真、彫刻、グラフィックス、映像、アート理論など、手法や分野を超えたムナーリの作品作りにインスピレーションを与えた。彼の作品は、未来派に留まらず、構成主義ダダイスムシュルレアリスムなど様々なアートムーブメントの影響も見て取れる。またムナーリは、イタリア抽象芸術の発展を促し、アートとテクノロジー、創造性、機能性を融合させる「synthesis of arts(アートの統合)」を希求するため、1948年にミラノで興ったイタリアの具体芸術ムーブメント・Movimento Arte Concreta(MAC)の創立メンバーの一人でもある。

この展覧会では、工業的なモビールやオブジェ、おもちゃの猿「Zizi(ジジ)」、戦闘機や産業をテーマにしたモノクロのモンタージュ写真、ボールペンやローマ・オリンピックのポスター、カラフルな壁紙やテキスタイル・デザイン、コラージュ、絵画等々、ムナーリの大いなるクリエイティビティを反映した多種多様な作品を見る事が出来る。それらの作品は、今見てもモダンで遊び心があり、全然時代遅れになっていない。小規模だけれど、お薦めの展覧会。

Bruno Munari: My Futurist Past” (until December 23, 2012) at Estorick Collection of Modern Italian Art in Islington, is the exhibition that traces multi-talented Italian artist and designer, Bruno Munari‘s career from its early years up to the post-war period.

Munari began his career within the Futurist movement, and the roots of his work lay in what he termed his ‘Futurist past’. The movement inspired him to work across a range of media and disciplines from painting to photomontage, sculpture, graphics, film and art theory. Yet his influences were varied, also reflecting the aesthetics and sensibilities of movements such as Constructivism, Dada and Surrealism. He was also a founding member of the Movimento Arte Concreta (MAC), the Italian movement for concrete art established in Milan in 1948. This acted as a catalyst for new developments in Italian abstraction, and aspired to bring about a ‘synthesis of arts’, demonstrating the possibility of a convergence of art and technology, creativity and functionality.

The exhibition shows us that Munari’s multi-faceted creativity in diverse works from industrial-looking mobiles and sculptures to “Zizi the Monkey” child toys, from photomontages of war planes to biro or Rome olympic posters, as well as wallpapers, textile designs, and playful collages, and colourful paintings. And his works are modern, inspiring, fun and not obsolete still now. Recommended.

猿の人形Zizi(ジジ / 1952)。ポリウレタンのボディに針金が入っていて、手足を自由に曲げられてポーズを変えられる。

Zizi the Monkey (1952). It is made of polyurethane foam with a twisted wire core, and uou can change a posture as you like.

Concave-convex(「凹凸」/ 1946)。金属製メッシュを使用し注意深く形成した、ムナーリの最初の空間環境作品で、イギリス初公開。

Concave-convex (1946). Munari’s first spatial environment based around a hanging object made of carefully moulded metallic mesh, which is presented for the first time in the UK.

Van Doesburg and the International Avant-Garde @ Tate Modern

テート・モダンの「Van Doesburg and the International Avant-Garde」は、ヨーロッパにおけるアバンギャルドの重要人物であるオランダ人アーティスト、テオ・ファン・ドースブルフをテーマとした、イギリス初の大規模な展覧会。デ・ステイルの発起人でもあるファン・ドースブルフは、アート、デザイン、著作活動、詩、建築等多方面で活躍した。アーティスト、建築家、デザイナーたちが参加したこのアート・ムーブメントは、第一次大戦後のヨーロッパに、精神的ハーモニーと秩序を打ち立てると言う新しいユートピア的な理想を追求、垂直と水平という厳密な幾何学をベースにしたインターナショナル・スタイルを押し進めた。この展覧会は、ファン・ドースブルフのオランダ新造形主義の推進者的役割、彼のダダイスト的パーソナリティ、バウハウスへの影響、国際構成主義とのつながり、そして「コンクリート・アート」グループの創設にスポットを当てている。ジャン・アルプコンスタンティン・ブランクーシモホリ=ナジ・ラースローピエト・モンドリアンフランシス・ピカビアヘリット・リートフェルトクルト・シュヴィッタースゾフィー・トイバー等の350点以上の作品の他、ファン・ドースブルフの、ストラスブールにあるCafé Aubetteの絵画とデザイン、家具、タイポグラフィー、雑誌、ステンドグラス、映画、音楽、彫刻等を展示している。

ドースブルフのアート自体は、少し暗い感じで線も弱く、特段印象に残っていないのだが、計11室に渡る、デ・ステイルに影響を受けた、偉大なアーティストたちの多彩な作品群には圧倒される。当時のライフスタイルと考え方にに大きな影響を与えたアートムーブメントに連なる、シンプルだけれどカラフルで、インパクトのある作品たちは、80年以上近くも前のものと思えないほどモダンで、古さを感じない。第一次世界大戦と第二次世界大戦の合間という激動の時代の最中にあって、新たな理想を打ち立てたアーティストやデザイナー、建築家たちの強いエネルギーと情熱が、今でも強く感じられる。ファン・ドースブルフは、モンドリアンをはじめとする仲間と比べて、アーティストとしてはさほど高い評価を受けていないけれど、リーダーシップを発揮し、彼の理想をヨーロッパ中に広め、ムーブメントの成功につなげたことが、彼の偉大な功績だと言えるだろう。

Van Doesburg and the International Avant-Garde” at Tate Modern is the first major UK exhibition, devoted to the Dutch artist Theo van Doesburg, pivotal figure of the European avant-garde. Van Doesburg, who practiced in art, design and writing, poetry and architecture, founded the movement and magazine De Stijl. This artistic movement of painters, architects and designers sought to build a new utopian ideal of spiritual harmony and order in the aftermath of World War I, advocating an international style of art and design, based on a strict geometry of horizontals and verticals. This exhibition explores van Doesburg’s role as promoter of Dutch Neoplasticism, his Dada personality, his efforts to influence the Bauhaus, his links with international Constructivists, and his creation of the group Art Concret. Including over 350 works by key artists as Jean Arp, Constantin Brancusi, László Moholy-Nagy, Piet Mondrian, Francis Picabia, Gerrit Rietveld, Kurt Schwitters and Sophie Taeuber, the exhibition features van Doesburg’s Counter-Composition paintings and designs for the Café Aubette in Stasbourg, as well as furniture, typography, magazines, stained glass, film, music, sculpture etc.

Van Doesburg’s works are kind of gloomy and weak, and I was not so impressed. But the exhibition includes a variety of works by great artists and designers who were influenced by the movement, is quite spectacular. Simple, colorful, and powerful works are still modern and strong, after more than 80 years – I can still feel the energy, and passion of the artists and designers of the art movement that affected the lifestyle and values during the period in turmoil between WWI and WWII. Although van Doesburg had never gained high recognition as an artist in compare to his fellowmen such as Mondrian, but his leadership and efforts to spread his ideal to whole Europe, which led the movement to great success, are the significant achievement that deserves great recognition.

*今日は、カメラのレンズが汚れていて、綺麗な写真が撮れませんでした。すみません!

*I didn’t notice that the lens of my camera was dirty, and I couldn’t take a good picture today…sorry!

Reblog this post [with Zemanta]