Tag Archives: Damien Hirst

BP Walk through British Art @ Tate Britain

5月14日から始まったテートブリテンのBP Walk through British Artは、1500年代から現代に至るイギリス・アートのナショナルコレクションで、過去500年に制作された500以上の作品を20以上のギャラリールームに時系列に配している。Francis Baconフランシス・ベーコン)、John Constableジョン・コンスタブル)、William Hogarthウィリアム・ホガース)、 Thomas Gainsboroughトマス・ゲインズバラ)、 George Stubbsジョージ・スタッブス)、J.M.W. Turnerジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー)、Gwen JohnStanley SpencerL.S.LowryJohn Everett Millaisジョン・エヴァレット・ミレー)、Bridget RileyDamien Hirstダミアン・ハースト)、 David Hockneyデイヴィッド・ホックニー)、Rachel Whitereadなど、イギリスの名だたるアーティストの作品を含む膨大なコレクションには圧倒される。

時系列展示以外に、一つの作品 / アーティスト / テーマをより深く掘り下げるBP Spotlightコレクションシリーズの新しいディスプレイも見物。現在、コンスタブルThe CornfieldImage of the British SchoolMoving Images: Painting and Early Film、アート教育におけるBasic Design展のほか、Keith ArnattRose WylieDouglas Gordonなど近代アーティストのコレクションを見ることが出来る。イギリス人アーティストたちが描いた風景画を集めたLooking at the View展を含むと、テートブリテンだけで膨大な量のイギリスアートが楽しめるのだが、これを全部見て回るのは、なかなか目も頭も足も疲れる。途中でワインの一杯でも飲んで、ゆっくり見て回るのがお薦め。

BP Walk through British Art (from May 14) is a new chronological presentation of the national collection of British art in a chronological display – a walk through time from the 1500s to the present day. This massive collection of British art over the past 500 years comprises around 500 artworks in over 20 galleries, and includes works by major British artists such as Francis BaconJohn ConstableWilliam HogarthThomas GainsboroughGeorge StubbsJ.M.W. TurnerGwen JohnStanley SpencerL.S.LowryJohn Everett MillaisBridget RileyDamien HirstDavid Hockney, and Rachel Whiteread (more details on the press release).

Alongside this chronological circuit, Tate Britain hosts a new series of seasonal BP Spotlight collection displays, which offer more depth on particular artworks, artists or themes: current displays include Constable’s The Cornfield, Image of the British SchoolMoving Images: Painting and Early Film, and Basic Design in art education, as well as on recent artists including Keith Arnatt, Rose Wylie and Douglas Gordon. Together with Looking at the View” which explores the ways British artists have framed the view in their work, you can spend all day immersing yourself in British Art. Very interesting to see the British art all at once, but bit draining – I need a glass of wine in between.

ヘンリー・ムーアの作品を集めた新しい常設展

New permanent gallery devoted to Henry Moore with substantial display of his work

BP Spotlights on Rose Wylie

Advertisements

Damien Hirst @ Tate Modern

イギリス現代アート界の風雲児、ダミアン・ハーストの大規模回顧展「Damien Hirst」が、9月9日までテートモダンで開催中だ。90年代に台頭したヤング・ブリティッシュ・アーティスト(YBAs)の第一人者である彼は、大手広告代理店サーチ・アンド・サーチ社長/美術コレクター/サーチ・ギャラリー創設者である Charles Saatchi(チャールズ・サーチ)氏に、その才能を見いだされ、動物のホルマリン漬けや腐乱死体など「死」をテーマにした作品でアート界に衝撃を与えた。これらの作品に対する評価は賛否両論。それでも現代美術の数々の賞を受賞し、世界にその名を轟かせた。1999年以来、盗作疑惑も取りざたされたりもしたが、トップアーティストの地位を確立、現在彼の作品はコレクションのみならず投資のターゲットとして億単位で売買されている。総資産額(2010年調べ)はなんと2億1500万ポンド。イギリスで最も金持ちのアーティストでもある。

展覧会では動物死体のインスタレーションの他、白いキャンバスに様々な色の水玉を規則的に配置した「spot paintings」、回転する円形のキャンバスに描いた「spin paintings」、そして薬局を再現した「Pharmacy」、蝶をモチーフにしたカラフルな絵画、タバコの吸い殻を使ったインスタレーション等々、ハーストの代表作が一挙展示されている。ユニークなのは、たくさんの生きた蝶を展示室内に放したインスタレーション「In and Out of Love (White Paintings and Live Butterflies)」(1991年)。展示室は温室になっており中は蒸し暑く、蝶が飛び交っている。でも、死んでいる蝶もいて、ちょっと可哀想。

ダミアン・ハーストの作品はあちこちで目にするので食傷気味、大きな期待をせず見に行ったけれど、これだけの数の作品が一堂に揃っているとやはり圧巻。大きな作品も多く見応えがある。ただ、動物愛護主義者じゃないけれど、牛や羊、サメのホルマリン漬け(科学博物館じゃないんだから)やハエがたかった動物の死体(かなり生臭いので、鼻の利く人は注意)、煙臭い吸い殻の展示は意味不明でいただけない。残念だったのは、待ち時間が長過ぎて、地上階の小室に置かれた「For the Love of God」を見られなかったこと。しばらく前、この作品に似た、ダイアモンドっぽい石で飾られた頭蓋骨がガラスケースに入れられて、オールドストリート近くの建物から運び出されるのを見た。警備員も付いていなかったので本物じゃないとは思うけど。

The most prominent member of the Young British Artists (YBAs) and best known British modern artist, Damien Hirst‘s major retrospective, ‘Damien Hirst‘ is currently running at Tate Modern until September 9th. His talent was founded by  Charles Saatchi, a co-founder of global advertising agency Saatchi & Saatchi and famous art collector who opened the Saatchi Gallery. He became famous for a ‘death’ theme series of preserved dead animals, which caused the sensation to the world of modern art. Some people love him, and some others hate him – but he won some prestigious art prizes and now he established a status of one of the world’s leading artists whose works are in high demand, both for collections and for investment, and are sold for millions of pounds (though he has been accused of plagiarising several times since 1999). His wealth was valued at £215m in the 2010 Sunday Times Rich List, which made him Britain’s wealthiest artist.

The exhibition gathers Hirst’s major artworks together with above mentioned “dead animals”, such as “spin paintings” created on a spinning circular surface, “spot paintings” with rows of randomly coloured circles, installation of pharmacy recreation, colourful paintings with butterfly motif, and installation of cigarette butts. The unique one is “In and Out of Love (White Paintings and Live Butterflies)” (1991), a temperature-controlled room (hot & humid) with dozens of live butterflies flying all over. It was sad to see some dead butterflies, though.

Before going the exhibition, I didn’t expect much as I saw his works everywhere and thought it was too much. However, seeing a large amount of his works in one place was quite impressive and actually I enjoyed the show – though I hate the smell of cow head full of flies (really nauseating!) and believe that installations of stinky cigarette butts as well as dead animals like shark, sheep and cow in immersed in formaldehyde (it’s not a science museum!) are bad taste and pointless. One regret is that I missed to see “For the Love of God exhibited in a small hut located on the ground floor, because of a long queue. A while ago (few years ago?), I saw someone carrying similar looking diamond-decorated human scull in a glass case, out of one building near Old Street. I am not sure if that was ‘it’, but I doubt as there was no security guard around…

British Design 1948–2012: Innovation in the Modern Age @ V&A

「Austerity Games(緊縮オリンピック)」と呼ばれた第二次世界大戦後直後の1948年ロンドンオリンピックから再びロンドンでオリンピックが開催される2012年まで、約60年間のイギリスのデザイン300点以上を集めた、ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館の目玉展「British Design 1948–2012: Innovation in the Modern Age」が、3月31日から始まった(オリンピック最終日と同じ、8月12日に終了予定)。

展覧会は、「tension between tradition and modernity(伝統と近代性の葛藤)」「subversion in British culture(イギリス文化における破壊)」 「design innovation and creativity(デザインの革新と創造)」の、3つのテーマに分かれている。戦後のイギリス・デザインは、戦争の痛手からの再生に始まる。急進的な未来のビジョンを提示した1951年のFestival of Britainや、イギリスの伝統的価値を世界に見せた1953年のエリザベス女王の戴冠式が同じ時期に行われという、伝統と現代性が共存した時代を経て、1960〜70年代にデザインにおける「革命」が始まる。スウィンギング・ロンドンパンクが興り、ファッション、音楽、インテリア、映画など様々な分野で新しく台頭したデザイナーたちが、イギリス文化を根底から変え、その流れが1990年のCool Britannia(クール・ブリタニア)で結実した。また、産業デザインやテクノロジーのパイオニアであったイギリスのデザインが、過去半世紀の間に、伝統的製造業から、金融、小売、クリエーティブ産業など革新的な分野に舵を切ったことも見て取れる。

シンプルだけれど印象に残る交通標識、キッチュな家具や壁紙、パンクミュージックのレコードカバー、奇天烈なファッション、ミニクーパー、コンコルド、モダン建築の模型、果ては90年代以降のイギリス・アート界の寵児、ダミアン・ハーストの作品まで、有名なイギリスのモダンデザインがここに勢揃いしている。何でもありでまとまりがなく、各デザインの説明が簡単すぎるのが短所だけれど、デザインを通じて過去約60年間のイギリス社会の急激な変化と変遷が一目で分かる。イギリス人のみならず外国人でも楽しめる展覧会だと思う。

写真参照サイト:Financial Times / Mirror

British Design 1948–2012: Innovation in the Modern Age” is a new exhibition of Victoria & Albert Museum, showing over 300 British post-war designs over 60 years, from 1948 ‘Austerity Games’ to 2012 London Olympics (Mar 31 – Aug 12: the same day of the last day the Olympics).

The show explores three themes: the tension between tradition and modernity; the subversion in British culture; and design innovation and creativity. Post-war British designs started as reconstruction from the devastated war, embracing both progressive view of the future, presented at the Festival of Britain in 1951, and the traditional values shown at the Coronation of Queen Elizabeth II in 1953. Then revolution in design occurred in 1960s–70s; new talents in fashion, music, interiors and film, manifested in such as ‘Swinging London’ and Punk, transformed the cultural landscape in UK, which has led to ‘Cool Britannia’ in the 90s. The show also explains the change in British design culture which was a pioneer of industrial design and technology, from traditional manufacturing to innovative financial, retail and creative services over the last half century.

Simple but well-designed traffic signs, kitsch furniture and wallpapers, Punk record jackets, eccentric clothing, Mini, Concorde, architectural models, and even works by Damien Hirst of YBA – popular post-war British designs are all there. Although the exhibition looks a bit chaotic and doesn’t show us each design in depth, it is still exciting, not only for British but also for foreigners as well. Through designs in different areas, “British Design 1948–2012” gives us a glimpse of rapid transition and transformation of British society since the WWII.

See more photos:Financial Times / Mirror

Newspeak: British Art Now @ The Saatchi Gallery

Duke of York Squareに行った時に、隣接するDuke of York’s HQにあるSaatchi Galleryサーチ・ギャラリー)で、「Newspeak: British Art Now Part II」展(〜4月30日)を観た。このギャラリーは、広告代理店「サーチ・アンド・サーチ」(Saatchi & Saatchi)の共同創業者で、アート・コレクターのチャールズ・サーチ氏が、自らのコンテンポラリー・アート・コレクションを公開するために、1985年に北ロンドンのSt John’s Wood(セント・ジョンズ・ウッド)に設立したもの。その後、2003年にサウスバンクの旧ロンドン市庁舎(カウンティ・ホール)に移転、そして2008年にはDuke of York’s HQに再移転。そのオープニングには、「The Revolution Continues: New Chinese Art(革命は続く:新しい中国アート)」と題した中国の現代アーティスト展を開催し、話題を呼んだ。サーチ・ギャラリーはその25年間の歴史の中で、ダミアン・ハーストやトレイシー・エミンを代表とするYBA(ヤング・ブリティッシュ・アーティスト)をはじめ、無名の新進アーティストを発掘・作品の発表の場を提供、数々の論議を巻き起こしながらも、イギリスのアート界に大きな影響を与え続けてきた。昨年7月、サーチ氏は200以上のコレクションとギャラリーを政府に寄贈することを発表、「Museum of Contemporary Art for Londonとなるのだそう(BBCニュース)。なんて太っ腹な。

オープンから約1年半経つのというのに、この新しいギャラリーに来たのは、実は今回が初めて。今回観た、イギリスの現代アートを紹介する「Newspeak: British Art Now Part II」は、強烈な印象を持つ作品や心に残る作品が見当たらない、少し小粒な展覧会だったけれど、4フロア計13室の新しいギャラリーは以前の少し薄暗い建物に比べ、明るく広々としていて、気持ちがいい。入場料も無料なので、気軽に足を運べるのも嬉しい。ただ、ギャラリー前の公園は立ち入り禁止なのが残念。アート鑑賞後、リラックスするのに最適の場所なのに。

When we went to Duke of York Square, we also saw  “Newspeak: British Art Now Part II” exhibition (– April 30) at the Saatchi Gallery at nearby Duke of York’s HQ. Charles Saatchi, an art collector and the co-founder of global advertising agency Saatchi & Saatchi, opened the gallery in 1985 in order to exhibit his contemporary art collection to the public in St John’s Wood, North London. The gallery moved to County Hall on the Southbank in 2003, then to Duke of York’s HQ in 2008 with inaugural exhibition of “the Revolution Continues: New Chinese Art,” showcasing emerging contemporary Chinese art. The gallery has discovered many unknown artists including Damien Hirst and Tracey Emin as well as other YBAs and brought them to stardom, but also often caused media controversy, but it has been giving a big impact on British art throughout 25 years of its history. Last year, it was announced that more than 200 works and the gallery would be given to the British public, becoming the Museum of Contemporary Art for London (BBC news) – how generous of Mr. Saatchi!

It was the first time for us to visit the gallery in this new location, though it reopened a year and half ago. “The Newspeak: British Art Now Part II“, exhibiting emergent British contemporary art, didn’t offer us much without any strong impression nor eye-opening experience, but new gallery space with total of 13 rooms on four floors is bright and airy, and pleasant place to enjoy art, with a big incentive of free admission. It is a shame that we couldn’t relax in the park in front, which was off limit, after stroll around this large gallery.

Ximena Garrido-Leccaの作品「The Followers」。花や写真、さまざまなオブジェで飾られた、母国のペルーの「nichos(ニチョス)」と呼ばれる壁墓(イタリアもそうだけれど、近年は場所の節約のため、壁にお墓が埋め込まれている)を再現した、キッチュな作品。

The Followers” by Ximena Garrido-Lecca is a reproduction of a burial wall “nichos” from her native Peru, where it is customary to adorn graves with flowers, photographs and objects. Very kitsch.

私のお気に入りの作品、イギリス人アーティスト・Richard Wilsonの「20:50」。サーチ・ギャラリーで唯一のパーマネント・インスタレーションで、1991年からずっと展示されている。展示室13の床は、タイトルである「20:50」と呼ばれる、厚くて真っ黒なリサイクルされたエンジンオイルで覆われ、部屋の構造を映し出す。最初は床が黒い鏡でできているのかと思った。

My favorite work in the gallery, “20:50“, created by British artist Richard Wilson. This is the only permanent installation at the Saatchi Gallery and has been continuously shown in each of the gallery’s venues since 1991. The room 13 is entirely flooded in thick and pitch black oil, which the title “20:50” takes its name from the type of recycled engine oil used – it reflects the architecture of the room. Thought the floor was made of black mirror – great idea.

地下にあるショップ。

The museum shop on the lower ground floor.

どうやら、オーナーであるサーチ氏を偶然撮影してしまったらしい。カメラを構えている時は気づかなかったけれど、後からMに「あれは絶対彼だよ」と言われた。サーチ氏に似ているけれど、本当かな?

It seems that I happened to take a photo of Mr. Saatchi. I didn’t notice when I held my camera up, but M told me he believed it was him. Isn’t it him for real?!

**********

↓ 東日本巨大地震チャリティ情報 / Japan Earthquake & Tsunami Charity Information

“Trash” Britannia Souvenir Shop @ Piccadilly Circus

クール・ブリタニアCool Britannia)は、20世紀の半ばから後半にかけて、イギリスの現代文化を描写するために使われたメディア用語で、イギリスの愛国歌「ルール・ブリタニア」(”Rule, Britannia”: ブリタニアよ世界を治めよ)をもじったもの。1967年に、ボンゾ・ドッグ・バンド(the Bonzo Dog Doo-Dah Band)の曲のタイトルとして、初めてこの言葉が使われたが、1990年代に再び使われるようになり大流行。トニー・ブレア首相(当時)率いる労働党政権が打ち出した、「第三の道/ニュー・レイバー」路線の初期の頃と密接に関連づけられている。90年代は経済も好調、社会が勢いづいていた時代で、ブラーオアシス等のブリット・ポップはヒットチャートを賑わし、ダミアン・ハーストやトレイシー・エミン等のヤング・ブリティッシュ・アーティスト(YBA)はアート界に新風を吹き込んだ。ジョン・ガリアーノアレキサンダー・マックイーン(今日のニュースで、自殺による死が報道された)等の若手ファッションデザイナーも、世界のメジャーなファッションショーで注目を浴びていた。かくいう私たちも、シンプルだけれど洗練されたイギリスのグラフィック・デザイン、そしてこの「クール・ブリタニア」のエネルギーにつられて、1997年にイギリスに引っ越してきたのだ。1997年に総選挙に勝利して、44歳で首相となったブレアは、このトレンドを政策にも取り込み、国家戦略として、「クールでかっこいい」イギリスを世界に売り込もうとした。

しかし!今日、ピカデリー・サーカスで、この言葉を冒涜する輩を発見した。それが、この「Cool Britannia」という土産物店。店の真ん中には、ルーフにイギリス国旗がルーフに描かれたミニ・クーパーが置かれ、ビーフィーターの格好をさせられたおじさんが、観光客と記念撮影している。店名から、イギリス・ブランドやスタイリッシュな商品を扱っていると思いきや、中は「クール」とはほど遠い、安物の中国製品で溢れ返っている。結構旅行者で賑わっていたのが悲しい。以前から思っていたのだが、ロンドンには、素敵な土産物屋さんが少なく、南アジア系の人たちが経営しているチープで粗悪品を売る土産物屋が氾濫している。それで、「Cool Britannia」を初めて見た時に、やっとまともな土産物屋ができたのかと思ったら、このざま。。。

ロンドンでお土産を買う時は、デパートか専門店、または美術館や博物館のミュージアム・ショップで。割高だけれど、品質もデザインも格段に上。もし予算に限りがあるなら、スーパーマーケットやドラッグストアで。素敵なパッケージのお手軽な商品が手に入ります。

Cool Britannia is a media term that was used during the mid-to-late 20th century to describe the contemporary British culture.  It is a pun on the title of the British patriotic song Rule, Britannia!, and the phrase “Cool Britannia” was first used in 1967 as a song title by the Bonzo Dog Doo Dah Band. The term was commonly used during the 1990s, when the country was enjoying growing economy and good vibes. Britpop groups such as Blur and Oasis hit the world’s charts, and Young British Artists (YBAs) like Damien Hirst and Tracey Emin created a new wave of unconventional contemporary art (although personally I don’t fancy them). Young fashion designers like John Galliano and Alexander McQueen (whose sudden death, possibly suicide was reported today) grabbed the spectator’s attention on catwalks around the world. M and I also attracted to the simple but stylish British Graphic Design and the energy of “Cool Britannia”, and decided to move to London. Cool Britannia was closely associated with the early years of “New Labour” under Tony Blair, who won the election in 1997 and became a prime minister. Blair tried to incorporate the trend in his policy and launched  the Creative Industries Task Force, intending to sell ‘Cool’ Britain to the world.

But!! Today I found a shop which completely misuse the concept of “Cool Britannia” in the center of Piccadilly Circus. In the middle of the shop, you see a Mini with British flag on its rooftop and a sad-looking man in Beefeater costume, being photographed by some tourists. You may get an impression that the shop carries full of cool British brands and hip products, but in fact there is full of cheap trash made in China. It is sad to see some tourists were shopping around quite happily. There are not many decent souvenir shops in London, but lots of South Asian (look like) owned shops selling cheap, bad quality and terrible designed goods. So when I saw the “Cool Britannia” shop at first, I thought finally I found a nice place to buy a souvenir….

When you want to buy a souvenir in London, ignore these trashy shops, and go to department stores, specialty stores, or museum shops – more costly, but much better quality and design. If you only have a small budget, go to supermarkets and drugstores. You can find products in nice packages with small price tags.

これが「クール・ブリタニア」ルック???あり得ません!

Is this “Cool Britannia” fashion??? Impossible!!

Reblog this post [with Zemanta]

POP LIFE: Art in a Material World @ Tate Modern

POP LIFEPOP LIFE

10月1日より、テート・モダンの新しい展覧会「POP LIFE: Art in a Material World」が始まった。アンディ・ウォーホルは在りし日、「Good business is the best art.(よいビジネスは、最高のアート)」とのたまったが、「POP LIFE」は、1980年代から現在まで、商業とメディアを巻き込み、自身を「ブランド」として確立したアーティスト達に注目。ポップ・アーティスト元祖のウォーホルから始まり、キース・ヘリングジェフ・クーンズ等のアメリカ人アーティスト、ヤング・ブリティッシュ・アーティスト(YABs)の代表のダミアン・ハーストトレイシー・エミン、そして日本代表・村上隆と、マスコミ露出とセンセーショナルな作品で名を売ったアーティストたちの、カラフルで派手、良い意味でも悪い意味でも「POP(大衆的)」な作品が、一堂に展示されている。ブルック・シールズが10歳だった頃に撮影されたヌード写真が、当局によって「わいせつ物」として撤去されたとのエピソードや、一卵性双生児を自身の作品の前に2人揃って座らせるというダミアン・ハーストのアイデアも、ニュースになった。

露骨な性描写あり、動物のホルマリン漬けあり、馬の死体あり、巨乳のフィギュアヒロポン)あり、映画の中のナチスドイツ将校のポートレートありと、挑発的な作品のオンパレード。サーペンタイン・ギャラリーで行われた「ポパイシリーズ」の可愛いキャラクターものと打って変わった、クーンズの、自身と元妻&元ポルノ女優チッチョリーナの絡みの巨大な彫刻と写真で一部屋を埋め尽くした「アート」は、アートと呼べるのか?「ポップ」にリタッチされた以外は、ポルノ以外の何者にも見えない。マスコミお騒がせアーティスト、エミンの作品は、私生活暴露とアートの境界があやふやで、露出狂&悪趣味の代表格。村上の作品は、外国人の「奇妙な日本人」のステレオタイプを増幅するだけ。メイドカフェとか原宿のゴスロリ系の少年少女たちのおかげで、悲しいかな、イギリスでは日本と言えば「変な国」のイメージがかなり定着してるのだ。この展覧会では、ウォーホルの作品が、至極まっとうに見える。子供連れの方はご注意を!

と偉そうに言っている私も恥ずかしながら、アーティストの罠にはまり、密かに展覧会を楽しんだ、ゴシップや下世話なことが好きな大衆の一人なんである。

A new exhibition of Tate ModernPOP LIFE: Art in a Material World” started from today. Andy Warhol claimed “Good business is the best art.” – Tate Modern brings together artists from the 1980s onwards who have embraced commerce and the mass media to build their own ‘brands’. The exhibition includes; American pop artists Andy Warhol, Keith Haring, and Jeff Koons; YBAs (Young British Artists) Damien Hirst and Tracey Emin; and the Japanese king of pop Takashi Murakami and more – who have created sensational ‘arts’ and their own styles, have happily exposed themselves to media, and as a result, have sold their works for millions. Their artworks are colorful, loud, and ‘pop’ in good ways and bad ways. There were some episodes hit the news: a nude photograph of Brooke Shields when she was 10 years old was withdrawn after a warning from Scotland Yard that it could violate obscenity laws; and Damian Hirst was looking for identical twins to let them sit in front of his painting.

Bald sex scenes, a female figurine with big breasts,  a baby cow immersed in formaldehyde in a vitrine, dead horse, Nazi officers in movies – full of provocative works there. On contrary to his funny & cute “Popeye series” at Serpentine Gallery, Koons’ huge sculpture and photographs of himself having sex with his ex-wife and ex-porn star Cicciolina, filled in one entire exhibition room – are these ‘arts’? For me these are mere pornography other than the fact that they were retouched to look ‘kitsch’ to moderate its obscene nature.  Scandalous artist Emin’s works are exhibitionistic and vulgar. Murakami sadly reinforce the stereotypical image of eccentric Japan – unfortunately many British have a image of Japanese as ‘weirdos’, thank to Maid cafes and girls & boys in gothic lolita fashion in Harajuku, often seen in the British media. In “POP LIFE”,  Warhol’s works look the most decent among all others, after all. Be aware, if you have small children with you!

Sounds very critical, but I am one of the masses who like gossips and craps, and I fell the artists’ trap and quite enjoyed the exhibition, pretty embarrassed to say,…

POP LIFE

Reblog this post [with Zemanta]