Tag Archives: delicatessen

Franzé & Evans Italian Deli @ Redchurch Street

ブリックレーンの北、Redchurch Streetにあるイタリアン・デリ、Franzé & Evans。名前がイタリアンっぽくないので、メニューを見るまでイタリアンだとは気づかなかった。入口近くの大きな棚には、オリーブオイルやバルサミコ酢、パスタ、パッサータ(トマトを裏ごししたピューレ)等のイタリアの食品がきれいにディスプレイされ、デリカウンターのショーケースには、サラミやチーズ、そして手作りのパスタソースややケーキ類が並ぶ。パスタを中心に、イートインもテイクアウトもできる週変わりのランチメニューは、なかなかボリュームがあり、味も満足点。ステンレス製の椅子やオセロ風の白黒の床など、インテリアはちょっと時代遅れの感が否めないけれど、カジュアルに美味しくランチできるイタリアン・デリは、チェルシー&ケンジントンやロンドン西部には多いけれど、イースト・ロンドンにはあまりない貴重な存在。この辺りは、Pizza EastAlbion Cafe等、いろいろいいお店もあるので、どこでランチするか迷ってしまう(でもブリック・レーンのカレー屋は、客引きが押しが強くてしつこいし、材料や衛生状態等あんまり信用できなさそうなので行かない)。

Franzé & Evans is an Italian deli on Redchurch Street, just the north of Brick Lane. Their name doesn’t sound like Italian, so we didn’t recognize it is an Italian deli until we saw their menu. Italian groceries such as olive oils, balsamic vinegar, dry pasta, and tomato passata, are neatly displayed on the large black shelves, and you see salamis and cheese, as well as handmade pasta sauces and cakes, in the showcases at the deli counter. Weekly lunch menu that you can eat-in or take-out, mainly pasta dishes, is fairly large and good. Although the interior is a bit outdated, like silver steel chairs and black & white floor, but a casual+fast Italian eatery is rarity in East London, although there are many in the West. There are some nice places for lunch in the area, such as Pizza East and Albion Cafe, and sometimes we can’t decide where to go! (but we don’t go to curry houses in Brick Lane – their touters are pushy and naggy, and we are not sure if we can trust their hygiene and choice of ingredients…)

Reblog this post [with Zemanta]

L’eau à la Bouche deli & cafe @ Broadway Market

L'eau à la BoucheL'eau à la Bouche

イーストロンドンのBroadway Market(ブロードウェィ・マーケット)にある、l’eau à LA BOUCHE (ロアラブッシュ)delicatessen & caféが、元の場所の数件先に、最近リニューアルオープンした。以前は、狭い店の中と外にいくつかテーブルと椅子があるだけだったが、新しい店はゆったりとしたスペースで、カフェ部分もずいぶん大きくなった。が、いつも混んでいて、座る場所を確保するのが大変だ。客層は、イーストロンドンの典型的人種・リベラル左派や若者、クリエイター、子供連れのママたち。新聞はもちろん、左寄りのガーディアンだ。店名の「l’eau à LA BOUCHE」はフランス語で「唾が出るほど」、唾が出るくらい美味しそう、というような意味。ちなみに同題のフランス・ヌーベルバーグの映画の邦題は「唇(くち)によだれ」と、ちょっと官能的なタイトルになっている。フランス人がオーナーのこのお店は、セレクトされたヨーロッパ・イギリスの食品が並んでおり、注文してから作ってくれるサンドイッチもとても美味しい。ただ、いつも混んでいて、席がなかったり、サンドイッチが売り切れてしまってる事もあるのが、玉にきず。でもこのリニューアルのおかげで、以前に書いたLock 7にはあまり行かなくなってしまった。せっかくブログに書いたのに、ごめんなさい。。。

l’eau à LA BOUCHE delicatessen & café recently moved to a new place few meters away on the same street, Broadway Market in East London. Previously, there were only few tables and chairs in a small shop, but new place is more spacious and comfortable, and now it has much bigger cafe space with light coming through its big windows. But of course everyone want to come to this nice place, and you always have to fight for a seat, like a ‘musical chairs’. People who come to the cafe are typical East London habitants – ‘liberals’, young people, creators, and young mums with buggies. Newspapers at the cafe is, of course, lefty the Guardian. The name ‘l’eau à LA BOUCHE‘ is ‘mouth waters’, and the same name of a French New Wave movie by Jacques Doniol Valcroze, and the theme song by Serge Gainsbourg. This French-own deli/cafe offers a carefully chosen selection of Continental and British food, and their ‘made to order’ sandwiches are delicious. The problem is the shop is so popular that you cannot find a seat or their sandwiches is sold out sometimes. After the renewal of l’eau à LA BOUCHE, we don’t go as much to Lock 7 (I wrote before) anymore… Sorry, Lock 7!!