Tag Archives: Digital art

Cory Arcangel: Beat the Champ @ Curve Barbican Art Gallery

Vodpod videos no longer available.

Archipelago」(昨日のブログ参照)を見た帰りに、同じくバービカン・センターにあるCurve (カーヴ)Art Galleryで開催中の「Cory Arcangel: Beat the Champ」展(2月10日〜5月22日)を見た。コリー・アーケンジェルは、ニューヨーク・ブルックリンを拠点とするデジタル・アーティスト。「Beat the Champ」展では、1970年代から2000年代のボーリングのコンピュータ・ゲーム14本を、それぞれのコントローラにコンピュータ・チップをつけて、自動的にプレーさせている。「チャンピオンを負かせ」とタイトルは勇ましいけれど、チップでプレーさせているため、プレーヤーはヘタクソ、ガーターのオンパレード。古いソフトほど荒っぽくて画質が悪く、ガーターを出したプレーヤーが悔しがる姿が、妙にカクカクしていて可笑しい。原色で安っぽい画面といい、うるさいサウンドといい、大昔友人たちとゲーセンに行った時の事を思い出し、ふと懐かしい気分になった。

After we saw the movie “Archipelago” (see yesterday’s entry), we stopped by the Curve Barbican Art Gallery to see “Cory Arcangel: Beat the Champ” (Feb 10 – May 22). Cory Arcangel is a Brooklyn-based American digital artist. “Beat the Champ” is an installation featuring 14 bowling video games from the 1970s to the 2000s. Using custom manufactured electronics, each video game console has a small computer chip attached, and video games are automatically played in real time. Since computer chips are ‘playing’ bowling, the bowlers fail to score, with garter after garter. Older games have jagged images, and it is quite funny to look at the bowlers stamping their feet with awkward movements. Those games’ cheap and prime colored screens and the annoying mechanical sounds brought back my memory of hanging around (though not many times, for my honor) at a game arcade with friends – long long time ago.

ギャラリーの奥に設置された、14台のコンピュータ・ゲームのコントローラ。

Video game consoles with a small computer chip attached are displayed at the end of the gallery.

**********

↓ 東日本巨大地震チャリティ情報

↓ Japan Earthquake & Tsunami Charity Information

* Thank you for your support & encouragement – always making my heart warm!

Decode: Digital Design Sensations @ V&A

ヴィクトリア&アルバート博物館(V&A)で8日から始まった、Decode: Digital Design Sensations(〜2010年4月11日)。デジタルアーツ複合組織で、クロスメディアの製作会社であるonedotzero(ワン・ドット・ゼロ)と共同企画された「Decode(解読)」は、Daniel Brown(ダニエル・ブラウン)、 Golan Levinゴラン・レヴィン)、 Daniel Rozin(ダニエル・ローズィン)、 Troika(トロイカ)、 Karsten Schmidtカーステン・シュミット)など、国際的に有名なアーティストやデザイナーの、小さなスクリーンのグラフィック作品から大規模なインタラクティブ・インスタレーションまで、最新のデジタルアートやインタラクティブ・デザインを展示。作品は、コンピュータのコードを使って創り出された「Code(コード)」、ビジターの動きや仕草に反応して変化する「Interactivity(インタラクティブな双方向的コミュニケーション)」、そして最新のテクノロジーや日常生活のコミュニケーションで使われるネットワークシステム(インターネットやメール等)を利用した「Network(ネットワーク)」の3つのテーマに分かれている。

現代のテクノロジーを駆使した作品を集めたこの「Decode」は、先週のオープンした何百年も前の美術品のコレクションであるMedieval & Renaissance Galleriesと対照的だ。まあ好き嫌いはあるとしても、私は結構好き。「Network」の作品はずっと見ていたら頭がクラクラしそうなものもあるし、「Code」はカラフルすぎたり、コンピュータオタクが気合い入れて作りました的な作品が多いけれど(でもTroikaDigital Zoetrope/デジタル式回転のぞき絵は好き)、「Interactivity」の作品はかなり楽しめる。大の大人が前で飛んだり跳ねたり、カメラの前で変な顔をしたり、人を見ているだけでも面白い。私のお気に入りは、前にいる人のシルエットが映るダニエル・ローズィンの「Weave Mirror(編まれた鏡)」(後ろついているたくさんのワイヤも見えるようになっている)や、先っぽについた電球が花のように見えるDaan Roosegaardeダーン・ローズガールデ)の「Duneです

New exhibition of Victoria & Albert Museum, Decode: Digital Design Sensations (Dec 8.09 – Apr 11.10). Curated in collaboration with leading digital arts organization onedotzero, Decode displays the latest developments in digital art and interactive design, from small screen graphics to large-scale interactive installations, by prominent international artists and designers such as Daniel Brown, Golan Levin, Daniel Rozin, Troika and Karsten Schmidt. The exhibition explores three themes: Code presents pieces that use computer code to create new designs; Interactivity shows works that are directly influenced by the viewer and visitors can interact with the displays; and Network focuses on works made by means of advanced technologies and ‘networks’, everyday communications such as internet and e-mails.

This exhibition which is dedicated to modern technology makes a big contrast with last week’s opening of new Medieval & Renaissance Galleries. You may like or not, I was quite impressed: some works in the Network section made me dizzy with lines, dots and stuffs, and the Code themed pieces were too colorful and geeky (Digital Zoetrope by Troika is pretty cool, though), but the Interactivity part was pretty fun. I also enjoyed looking at grown-up adults jumping up and down or making funny face in front of the camera. My favorite works are Weave Mirror by Daniel Rozin; silhouettes of the people in front of it reflects on weaved shiny plates – you can see hundreds of wires on the back of it,  and Dune by Daan Roosegaarde, which looks like a lot of flowers gleaming in the dark – very superb.

Vodpod videos no longer available.

Reblog this post [with Zemanta]