Tag Archives: Diner

Rotary Bar & Diner @ Old Street

Old Street駅の上のロータリーのすぐ南に位置するこの商業スペース、駅から至近距離という一等地にありながら、ここ何年間の間に何回もテナントが変わっている。私たちがお気に入りだったピザレストラン・Meter(写真下3枚)が数ヶ月でクローズした後、今年2月には、Rotaryというバー&レストランがオープンした(地下のRotary Roomはメンバー制)。でもRotaryも今年末までという期限付き営業なので、来年にはまた違う店になっているんだろう。

クラーケンウェルにある姉妹店・Giant Robot同様、Rotary(アメリカ英語。イギリスではroundaboutという)もアメリカンスタイルのお店で、インテリアは70代風のキッチュなアメリカを体現し、ハンバーガーやチキンウィング、バーベキュー(近日提供予定)など典型的なアメリカ料理がメニューに並ぶ。私たちは、希少種の牛肉、ベーコン、チーズ、タマネギの入ったRotary burger(フライドポテト付きで£10 / 写真上)を注文。写真からも分かるように、色んなものをバンズに挟んでいるので崩壊寸前、しかもソースが多すぎるため、下のパンがソースを吸ってべたべたになっている。ミディアムの焼き具合の筈のパテは、80%が赤身で生肉を食べているよう。はっきりいって合格点以下。Meterの本格ピザ(写真下)が恋しい。。。

Tenants of a commercial property just south of Old Street roundabout have changed several times during the last few years, despite of its premium location with proximity to busy Old Street Tube station. After our favorite pizza restaurant Meter (3 photos below) had closed just after several months in business, this all-day until late-night bar & diner Rotary came in this location this February, with members-only Rotary Room downstairs. Rotary is a temporary venue and will close at the end of this year, so next year the place will be under someone else’s hand again.

Like their sister venue in Clerkenwell Giant Robot, Rotary (American word of roundabout) is also US style bar with the ambience of 70s American kitsch, serving American favorites such as burgers, chicken wings, and BBQ (coming soon). We had Rotary burger (£10 / photo above) with rare breed beef, bacon, cheese, onions, bun sauce, coming along with chips. As you can see in the photo it was falling part as so much stuffs between the buns, and the bottom bun was immersed with too much sauce. The meat should be medium cooked but was undercooked and 80% red. Disappointing. We miss the Meter’s yummy pizza (photo below)…

 

Meat Market @ Covent Garden

懐かしの味、アメリカのファスト・フードを無性に食べたくなる時がある。ハンバーガーは、すっかりイギリスに定着した高級ハンバーガー店(私たちはByronがお気に入り)や普通のレストランで美味しいものが食べられる。ブリートは不味いところも多いけれど、アメリカから上陸したChipotleがいける。しかし、シンプルなホットドッグ、そしてもっとマニアックなPhilly Cheesesteak(フィリー・チーズステーキ:フィラデルフィア名物薄切り牛肉とチーズのサンドイッチ)となると、なかなかこれという一品に巡り会えない。その中一縷の望みを抱いて、最近オープンしたMeat Marketに行ってみた。

場所はヨーロッパからの修学旅行生で溢れ返る、チープな土産物屋の並ぶJubilee Market(ジュビリーマーケット)の、薄暗くて狭い2階部分。雰囲気はLAの移民街のフードコートといった佇まいで、少し期待が高まる。ファーストフード店でテーブルサービスでもないのに、値段はハンバーガーが£7.50(1000円弱)、ホットドッグが£7.00(900円弱)と超強気の設定。客層は主に30代男性で、下にわんさかいるガキたちには手の出ない値段だ。

注文したPhilly Cheesesteak(£8.00)とRipper(ベーコンを巻いたソーセージとオニオン、レリッシュの入ったホットドッグ)は、手に持って食べられるというファストフードの鉄則を覆す巨大さで、生まれて初めてフォーク&ナイフ(プラスチック製)で食べる。ちなみに、少なからぬイギリス人はハンバーガーやブリトーでさえナイフとフォークを使って食べるが、バンズをもナイフとフォークで食べるのには妙に違和感を感じる。ホットドッグは、バンズもソーセージも味は悪くはないが、問題は大量のマスタードとオニオン。量が多すぎてオニオンはぽろぽろ落ちるし、辛過ぎてホットドッグ自体が充分味わえない。ピクルスのトッピングも不要。アメリカのお店でよくあるように、客が自分で好みのトッピングと調味料を加えるシステムにしたらいいのにと思う。それ以上にヒドかったのはPhilly Cheesesteak。肉は薄切りじゃなく細切れ、それもドライでパサパサ。チーズと上手く絡み合っていないし、ピーマンも入れ過ぎ。カウンターの鉄板でオニオンと共に炒められた肉汁たっぷりのジューシーな牛肉ととろけるチーズが絶妙のハーモニーを奏でる、本場フィラデルフィアの一品とは全く別物。£8.00でこのお粗末な味では始末に負えない。

Once in a while, we get an urge for American fast foods that we used to enjoy. We can have good burgers at any decent restaurants and premium burger chains (our favorite is Byron) now in UK. Good burrito is a bit harder to find, but American chain Chipotle is the best & safe place to eat it. However, simple hot-dog (except the take-away only vender) and more uncommon Philly Cheesesteak are almost impossible to find good ones, even in London. We had some hope to find THE one and tried newly opened Meat Market in Covent Garden.

The location is on the dark and small space of the 2nd floor of shabby shopping arcade, the Jubilee Market, where are full of cheap souvenir shops and European kids on school trips. Looking like a typical food court in LA’s Latino district – it heightened my expectation. It’s funky yet it is still a fast food shop, but, they charge a restaurant price; burger costs £7.50 and hot dog is £7.00! I believe most kids downstairs cannot afford and in fact, most customers were 3o+ men.

Our Philly Cheesesteak and Ripper (deep fried bacon-wrapped pork hot dog with mustard, onions, danish sauce, spicy relish) were huge, and for the first time in my life, I ate hot dog with knife & fork (plastic). I see sizeable British eat hamburger or burrito with knife & fork but always think it is a bit awkward – you don’t eat bread with cutlery! Sausage and bread of my hot dog were satisfying, but came with too much toppings; Onions fell all over, and it was so spicy that I couldn’t barely taste  hot dog itself. Pickles were unnecessary. Why don’t they use a system, like in US, that customers can add topping and condiments by themselves. Philly Cheesesteak was even worse – beef was not thin-sliced as in the traditional recipe, and very dry. It didn’t mix well with melted cheese, and had too much peppers – no comparison to what I had in Philadelphia; juicy beef, sautéed with onions on the hot griddle at the counter in front of me, and served with melted cheese in perfect harmony!

Philly Cheesesteak and Ripper

Meat MarketからのJubilee Marketの眺め / View of Jubilee Market from Meat Market

Spuntino @ Rupert Street, SOHO

ソーホーのSex Shopの集まるエリアに3月にオープンしたばかりのSpuntino(スプンティーノ)に行った。オープンから間もないのに、既に多くのブロガーが取り上げている(Urban Spoon参照)。それもそのはず、同じくソーホーにある「bacaro(バカロ:ベニス風ワインバー/タパスバー)」の人気店・PolpoPolpettoのオーナーの3番目の店なのだ。スナックやおつまみという意味のイタリア語「Spuntino」という名の通り、小皿料理を出すのは最初の2店と同じだが、違いはSpuntinoはアメリカン・ダイナーだということ。といっても、アメリカの田舎町のダイナーというより、ニューヨーク辺りにありそうな洒落た感じのバー&レストランだ。店内は狭く、十数席のカウンター席、そして5〜6人座れば一杯になる奥の小部屋だけだ。

店のウェブサイトは、名前が小さく刻まれた錆びついたその外観と同じく、住所と開店時間、そして「No telephone, no reservations(電話無し、予約不可)」とあるだけの、味も素っ気もないものだけれど、店の中に入ると、フレンドリーなスタッフと、食事とお喋りを楽しむ人々で賑わっている。

料理は生粋のアメリカンというより、イタリア料理とのフュージョンで、もう少し洗練された感じ。シンプルでレトロな食器も店の雰囲気にマッチしている。今回はマカロニ&チーズ(£8)、スパイシー・ソーセージとレンティル豆、ラディッキオを煮たもの(£7)、それとサイド・ディッシュの「Greens(何の野菜だろう?)」(£5)。上にパン粉をのせて焼いた熱々のマカロニ&チーズ。ソーセージのスパイシーさとレンティル豆のあっさりした味の絶妙なハーモニー。ソテーされた新鮮な野菜も、ちょうど良い歯ごたえ。どの料理もうまく出来ている。美味しい。道理でブロガーたちの評判もいいはずだ。

ただ、カウンター椅子の座り心地の悪さが難点。長居は出来ない。人気店なので、飲食の済んだお客さんに退散してもらうための店側の策略か?アメリカン・ダイナーらしく、フィルター・コーヒーのみで、イタリアン・コーヒーがないのも、Mは残念そう。

We went to Spuntino, just opened in March in the middle of SOHO’s sex shops. Many food bloggers already talked about this small bar & restaurant (see Urban Spoon), simply because Spuntino is the third project of the owner of SOHO’s popular ‘bacaro’ (Venetian wine bar or tapas bar), Polpo and Polpetto. All three venues serve small plates, but as the name of the shop ‘spuntino (snacks in Italian)’ suggests, the difference is Spuntino is an American-diner, though it’s not hard-core diner in small American town but more like casual chic ‘enoteca‘ in somewhere like Nolita in Manhattan. The place is teeny tiny and has only a dozen of counter stools and few more seats in a small back room.

Spuntino’s website is neither favourable nor welcoming, with harsh message of “no telephone, and no reservations” together with bare minimum information of its address and opening hours, on a rusty background, similar to their storefront with almost invisible name scratched on it. However, the inside was quite lively with people enjoying food & drink and friendly staffs.

Their food is more like nouvelle American with Italian touch, rather than authentic American. Simple and retro cutleries go well with the atmosphere of the place. We ordered Mac & Cheese (£8. I didn’t understand that Mac = maccaroni. For some reason, I thought it’s a burger, like Big Mac), Spicy sausage, lentil & radicchio (£7), and ‘Greens (£5. I don’t know what). All the plates were delicious – pipping hot Mac & cheese baked with breadcrumbs on the top, spicy sausage and mild taste of lentil in perfect harmony, and flawlessly sauteed greens. Well done, and no wonder why bloggers love this tiny place.

Almost perfect, but I don’t like their hard and uncomfortable stools… Maybe the conspiracy of popular Spuntino, so that the customers won’t stay too long. M’s complain is they have only filter coffee, but not espresso – what does he expect, it is an American diner!

*****

↓ 東日本巨大地震チャリティ情報 / Japan Earthquake & Tsunami Charity Information

Giant Robot Bar-Café-Deli-Diner @ Clerkenwell Road

Clerkenwell Road(クラーケンウェル・ロード)にあるGiant Robotは、ブランチ、ランチ、ディナー、ドリンクと、時間帯にあわせて一日中いつでも行けるお店。元弁護士で、Milk & HoneyMatchThe Player等のバーやレストラン・Redhookを経営するJonathan Downey(ジョナサン・ダウニー)が今年5月10日オープンさせた。

イタリア系アメリカ人のお店にインスピレーションを得たというGiant Robotのレトロなミッド・センチュリー風のインテリアは、ニューヨークはブルックリン辺りのお店にいるような気分にさせる。フード・メニューも、イタリア系アメリカ人が考案したミートボール入りスパゲッティやSliders(ミートボールとチーズ入りハンバーガー)、ピアディーナ(Piada/Piadina。イタリア・ロマーニャ地方のファーストフード)等のランチメニュー、ソーセージ、ステーキ、シーフードなどのディナーメニュー、クロスティーニ(具をトーストしたパンの上にのせたイタリアの前菜)、cicchetti(チケッティ。ベニス風タパス)、サラミ、チーズなどの軽食と、イタリアンとアメリカンが融合した品揃えだ。

私たちは、3時までのランチタイムと5時からのディナータイムの間に行ってしまったので、あいにく食べ物はピアディーナしかなかったけれど、これがなかなかのヒット。レトロなお皿に乗って出てきた、プロシュット(生ハム)とサンドライトマトを挟んだ熱々のピアディーナは、フレッシュで美味しかった。

Giant Robot on the Clerkenwell Road is a Bar/Café/Deli/Diner that you can use any time of the day, from brunch and lunch to dinner, or for a drink. It was opened on May 10th this year by Jonathan Downey, an ex-city lawyer and an owner of trendy bars such as Milk & HoneyMatch and the Player and Redhook restaurant.

The Italian-American-inspired Giant Robot’s interior is retro mid-century style Americana, that make you feel like you are in a café-bar somewhere in Brooklyn, New York. Their food list is also pretty much Italian American as well: spaghetti with meatballs (it’s an Italo-American creation), Sliders (meatball, sauce & cheese on a bun), and Piadina (sandwich with Italian flatbread from Romagna region) for lunch; sausage, steak, and seafood for dinner; crostini and cicchetti (Italian tapas common in Venice), salumi and cheese for snack with drinks.

Unfortunately we went there in between lunch time and dinner time, so piadina is the only food available at that time. But freshly made hot piadina with prosciutto and sun dried tomato, served on a retro plate, was actually quite good.

Enhanced by Zemanta

Profile American Diner/Bar/Café @ Wardour Street, SOHO

The DinerThe Breakfast Clubなど、最近、レトロなアメリカ風ダイナーをモダンにアレンジした店が、ロンドンに増えている。SOHO・Wardour StreetにあるProfile(プロファイル)も、その一つ。ナイトクラブっぽい外観に、黄色と黒をベースにした、ファンキーでレトロな内装が、ロンドン・ナイトライフの中心地、ソーホーらしい。私たちが行ったのは昼下がりだったので、人気がなかったけれど、場所柄、週末なんかは混みそう。

メニューには、ハンバーガーやホットドッグ、スペアリブ、またフレンチトーストやパンケーキなどのブレックファースト類など、古き良きアメリカン・フードが並ぶ。今日は、「Original New Yorker」ホットドッグ(£5.50)を注文。ロンドンでは、ホットドッグは意外と見かけない。100%牛肉でできた、20cmはありそうなソーセージの上に、甘く炒めたオニオンをのせたホットドッグは、ホクホクのフライドポテトがついて、ボリューム満点、かなり食べごたえがある。少しトーストしてあるバンもなかなか美味しい。ホットドッグの本場、ニューヨークで評判のGrays Papayaにはかなわないかもしれないけれど、私は結構好き。Mは何が不満なのか、食後のillyコーヒーも含めて、今イチ気に入らなかったみたいだけれど。

Recently a retro American style diner arranged in modern is getting popular in London, such as The Diner and The Breakfast Club that I talked in the past, and Profile on Wardour Street in SOHO is also one of them. Its night-clubish exterior and yellow x black based retro funky interior go well with SOHO, the wild and chaotic center of London night life. There was only few customers when we went in the afternoon, but I assume it would be quite busy on weekend with its the location.

On its menu, you can find classic American comfort food such as burgers, hotdogs, and spare ribs, as well as all-day breakfast like French toast and pancakes. Today we ordered “Original New Yorker” hotdog (£5.50) – a hotdog is not easy to find in London for some reason. About 20cm (8″) long 100% beef sausage and sweet sautéed onions topping with fresh toasted bun, served with chunky fries, was pretty big, and I was completely full after I finished all. Although their hot may not beat Grays Papaya, a famous hotdog shop in New York, but I quite like it. However, M didn’t get the same satisfaction I got for some reason, including illy espresso after the meal.

バイクの駐車料金を払うのをうっかり忘れて、£40(14日以内に払う場合の早期割引額。それ以降28日以内は満額£80)の罰金切符をもらってしまった。。。

We forgot to pay for motorycle parking and got a ticket for £40 (pay during the reduced charge period of 14 days. Full amount of £80 applied if paying after 14 days before 28 days period is over)…

Reblog this post [with Zemanta]