Tag Archives: Directgov

e-petitions, e-democracy

8月4日に政府が立ち上げた、誰でもオンラインでpetition(嘆願書)を作成できる新しいサイト、e-petitions ウェブサイト。政府の職務に関することなら何でも、嘆願書を作って賛同する人々から署名をもらえる。自宅にいながら、政府に自分の主張を届けることができる可能性があるなんて、インターネットのお陰で、民主主義も便利で簡単になったものだ。

政府の情報ポータルサイト・Directgovによると、開設以来、350万人がサイトを訪問、1万4500もの嘆願書が作成され、125万の署名が寄せられた。嘆願書は1年間有効。その間10万以上の署名が集まった嘆願は、House of Commons庶民院)で審議される権利が与えられる。これまで審議対象となったのは、「Convicted London rioters should loose all benefits(有罪となった暴動参加者は生活保護や失業保険などの福祉給付を失うべき)」(本日付署名数22万1606人。過去のブログ参照)と「Full disclosure of all government documents relating to 1989 Hillsborough disaster(1989年のヒルズバラの悲劇に関する公文書の全公開)」(本日付で署名数13万7374人。過去ブログ参照)の2件。

いったん嘆願が提出されると、政府の関連部署によって審査され、1)名誉毀損または侮辱的な内容、2)政府が関しない案件、3)勲章や任命、地位に関するもの、4)既に同内容の嘆願が提出されている場合は、却下される。面白いのは、「rejected(却下)」の今日のトップページには、死刑復活に関する嘆願ががずらり。これらは、理由4)により却下されている。人権に関してはウルサいイギリス人にも、死刑復活を願う人たちが多いのだと少し驚き。でも、死刑廃止の存続の嘆願書にも多くの署名が集まっている(テレグラフ紙関連記事)。世論は思った以上に割れているようだ。

On August 4th, the government launched a new public e-petitions website, enabling general public to create a public petition on anything the government is responsible for. Now you have a power to make for your voice heard, just sitting in front of the computer and create your own petition – democracy is easier and more convenient than ever, thanks to internet!

According to the government information portal site Directgov, the e-petition site has been visited by 3.5 million people since its launch, with 14,500 e-petitions created and more than 1.25 million signatures added. Petitions will be open for up to one year, and a petition that collects more than 100,000 signatures wiil be eligible for debate in the House of Commons. So far two petitions, “Convicted London rioters should loose all benefits” (221,606 as of today. See also my past blog for more) and  “Full disclosure of all government documents relating to 1989 Hillsborough disaster” (137,374 as of today. See also my past blog for details), have reached to the point.

Once an e-petition is submitted, it will be checked by the relevant government department. Petitions will be ruled out if they are: 1) libellous or offensive; 2) not directly a matter for government; 3) about honours and appointments; and 4) the same as an existing open petition. It is interesting that majority of the latest e-petitions the today’s “rejected” top page (see the last image) are related to bringing back death penalty, though those were rejected due to the reason 4). It is surprising many people want the capital punishment back, though people who want to retain the ban are also in big number as well (see the related issue on Telegraph article). I thought that British people are obsessed with ‘human rights’ but public’s ‘honest’ opinions are more divided than I thought.

Advertisements

Newspaper Ad for Mortgage Payment Advice by Directgov

directgov1

最近の信用収縮(英語はCredit Crunch)の影響で、イギリスでも住宅ローン(mortgage)の返済に苦しんでいる人が増えている。近年の好景気で不動産ブームが起こり、1995年から年間10%から11%と、過去にないペースで不動産価格が上昇した。イギリスでは地震が滅多になく、古い家や建物が人気があり、改装も当たり前。日本のように新築物件のほうが良いという感覚はない。小さい物件から始まって、値上がりしたら売り、その売却益を元により大きな住宅を買うというプロセスを繰り返す人(Property Ladder:不動産市場のはしごを上がって行くというイメージ)も多い。たくさんの人がブームに便乗し、ローンを組んで住宅を購入したが、何らかの事情によりローン支払いが出来ない人が増え、また2007年から不動産市場が悪化したため、家を売ってローン支払いに充てることも出来ず、差し押さえ物件も急増している。そのため、イギリス政府が国民への情報とサービスを提供するために解説したウェブサイトDirectgovでは、住宅ローン支払いに困った人に対するアドバイスを行っている。上記イメージは、1月14日付の新聞広告。シリアスな内容なのに、愛嬌のある犬のデザインが可愛い広告です。

Due to the credit crunch, in the UK more people are struggling to pay back their housing mortgages. The recent economic boom in UK created the ‘housing boom’, and therefore the housing price went up, at the fastest rate, of around 10% annually , since 1995. Earthquakes are rare in the UK, and historic buildings and houses are in high demand and renovation is a common practice, unlike the unpopularity of second-hand houses in Japan. Many people tried to get on the property ladder, and got houses/flats with mortgages during the boom. However, due to the credit crunch and the fall of real estate market, more and more homeowners have difficulty to pay the mortgage, and the repossession of the property is soaring up. The image above is a newspaper ad from the government website Directgov, offering an advice on mortgage payments. The contrast with the serious message and the cute dog design is interesting.

Reblog this post [with Zemanta]