Tag Archives: Ebor street

Graffiti @ Shoreditch / Brick Lane

バラク・オバマが大統領に当選した2008年選挙キャンペーンで使用され、世界的に有名になった「Hope ポスター」のデザインで知られるアメリカ人グラフィックデザイナー&アーティスト・Shepard Fairey(シェパード・フェアリー)の作品。ブリック・レーンのOld Truman Brewery内のStolenSpaceギャラリーで、11月4日まで開催中の自身のエキシビジョン「Sound and Vision」に併せて、ショーディッチ・ハイストリートのEbor Streetに描かれた。同時に、Old Truman Brewery近くのCorbet PlaceとBateman’s Rowの2カ所にもグラフィティを残している。この作品は、「路上アートは無料であるべき」との彼の信念を表しているらしい。

American artist Shepard Fairey, whose “Hope” poster for the 2008 Barack Obama election campaign became a global sensation, created this work in Ebor Street, together with two other works in Corbet Place (near the Old Truman Brewery) and Bateman’s Row, to coincide with his exhibition “Sound and Vision” (until Nov 4) at the StolenSpace Gallery in the Old Truman Brewery. This work conveys his belief, “art should be free on the street for the public”.

Although I couldn’t find any information of this graffiti in Ely’s Yard behind Old Truman Brewery, but I believe this is a work by Abdullah Mohammed Alshehri, a Saudi street artist based in Riyadh, depicting Sarah Attar who is the first female track & field athlete covering her hair, representing Saudi Arabia in 2012 London Olympic (reference: the Guardian). Born in the US with American mother and Saudi father, Attar has dual citizenship but wanted to represent Saudi Arabia at the Olympics as a way of inspiring women.

はっきりとした情報は得られなかったけれど、Old Truman Breweryの裏のEly’s Yardにあるこのグラフィティは、恐らくサウジアラビア人ストリートアーティスト・Abdullah Mohammed Alshehriのもの。今年夏に開催されたロンドンオリンピックで、サウジアラビア初の女性陸上選手として、イスラム教の規律に則り髪を覆ったユニフォームでオリンピックスタジアムに登場し、脚光を浴びたSarah Attar選手を描いている(参照:the Guardian)。アメリカ人の母とサウジアラビア人の父のもとにアメリカで生まれた二重国籍者の彼女は、イスラム人女性を勇気づけるため、サウジアラビア代表としてオリンピック出場を望んだという。

上の「Attar」の向かいにある、「Vihls」の愛称で知られるポルトガル人ストリートアーティスト・Alexandre FartoがOrelha Negraとコラボして制作したグラフィティ。Vihlsは、壁の漆喰やコンクリートを少しずつ削っていって作品を創り出す、「Scratching the Surface」シリーズのユニークな作風で知られる(参照:BA Street Art

ブリック・レーンにも掲げられている(写真。他の場所にもあるかも)、横のでっかい「PLEASE USE TOILETS PROVIDED(ちゃんとトイレで用を足しましょう=その辺でしないように!)」という注意書き、すごくみっともない。。。

“Scratching the Surface” wall with a man’s face in Dray Walk at the Old Truman Gallery, is made by Alexandre Farto, a Portuguese street artist better known as Vihls, in a collaboration with Orelha Negra. You can see this in front of ‘Attar’ (above) in the same place.Vihls creates his signature works by chipping off tiny bits of plaster and concrete from walls (reference: BA Street Art).

By the way, this big “PLEASE USE TOILETS PROVIDED” signboard was put up also on Brick Lane (photo), and probably somewhere else as well nearby. It is quite embarrassing to see this here and there…

Advertisements

Kopparberg guerilla gardening by the Pothole Gardener @ Shoreditch

ショーディッチのEbor streetとRedchurch streetの路上で見かけた、小さなお花畑。歩道のコンクリートの隙間に土を入れて作られたこれらのミニ庭園は、東ロンドンの道の上に庭園を作る活動を行う「guerrilla gardener(ゲリラ庭師)」・Pothole Gardenerの作品。ショーディッチで、トークやワークショップ、エキシビション、上映会など、アンチ主流の創作活動を行っているテンポラリースペース・Kopparberg ün-establishment(〜10月26日)のプロジェクトの一環として作られた(参考サイト)。

これらのミニ花畑には、小型の花々、リスや小人のフィギュア、「mmm… Kopperberg」や「GNOME MAN’S LAND(小人の国)」と書かれた小さな黒板、そしてカラフルなKopparbergサイダー(イギリスでサイダーはリンゴ酒のことを指す)のカラフルなミニミニボトルが置かれている。大都市の中のこの小さなオアシス、ショーディッチにたむろする酔っ払いに踏まれて壊されませんように。

I found these cute little flower gardens appeared in the middle of the Ebor street and Redchurch street in Shoreditch. These are creations by the Pothole Gardener, a guerrilla gardener who create gardens on the streets of east London, for the project of the Kopparberg ün-establishment, a pop-up space in the centre of Shoreditch (opening until Oct 26), to explore anti-mainstream creativity through a series of talks, workshops, exhibitions and screenings (reference: designWEEK).

These little flower gardens consist of small flowers, little figures of squirrel and gnomes, and a blackboard with a hand written phrase of “mmm… Kopperberg” or “GNOME MAN’S LAND”, with a tiny bottle of colourful Kopparberg cider. A little oasis in a big city. I hope no one steps on a top of it and destroy it!

未完成?壊された後?/ Unfinished, or vandalised?