Tag Archives: Elizabeth II

Diana, Princess of Wales Memorial Fountain @ Hyde Park

前々回の続き。ハイドバークの南西でサーペンタイン・レイクの南に位置する、ダイアナ妃記念噴水(Diana, Princess of Wales Memorial Fountain)。先日書いたLido Café Barの隣で、サーペンタイン・ギャラリーにもほど近い。故ダイアナ妃の精神と子供たちへの愛を表現したというこの噴水は、アメリカ人ランドスケープ・アーティスト、Kathryn Gustafson(キャスリン・グスタフソン)がデザイン、3600万ポンドをかけて建設され、2004年7月6日にエリザベス女王によってオープンした。50m x 80mの大きな楕円形のこの記念噴水、噴水というより、小川という趣。片側はさざ波をたてて穏やかに流れ、もう片側は段差やカーブをつけることでよりダイナミックな流れになっており、両側で、故ダイアナ妃の幸せな日々と後年の激動の日々を、それぞれ表しているという。

記念噴水は、オープン直後に水の中で滑って怪我人が出たことで、しばらく閉鎖。安全対策が加えられ、2004年8月に再オープンした。現在は、子供たちが噴水の中に入ることが許されており、私たちが訪れた曇って肌寒い日でも、親子連れで賑わい、子供たちが元気に水遊びをしていた。

Continuation to Lido Café Bar and Serpentine Gallery Pavilion. Located in the southwest corner of Hyde Park and south of the Serpentine Lake, next to Lido Café Bar and a stone away from Serpentine Gallery Pavilion, the Diana, Princess of Wales Memorial Fountain is a memorial to Diana, Princess of Wales. It was designed to express Diana’s spirit and love of children by Kathryn Gustafson, an American landscape artist, and cost £3.6 million, and was officially opened on 6 July 2004 by Queen Elizabeth II. The fountain with the form of a large, oval stream bed about 50 by 80 m (165 by 260 feet),  is more like a creek, rather than a fountain. The two sides, one with smooth stream bed and gentle ripples, and the other with more dynamic water flow through a variety of steps, rills, curves, and other shapes, were intended to show the two sides of Diana’s life; happy times and turmoil.

The fountain was closed, shortly after its opening and three injuries caused by slipping in the water, and it reopened in August 2004 after adding some safety measures. Now children can play in the flowing water again, and many kids enjoyed the fountain, even on the cloudy and chilly day we visited.

記念噴水とサーペンタイン・ギャラリーの間にあるキオスク/A wooden Kiosk in between the fountain and the Serpentine Gallery

Enhanced by Zemanta

Max Mara Art Prize for Women @ Whitechapel Gallery

Max Mara Art Prize for Women @ Whitechapel Gallery

ホワイトチャペル・ギャラリーで行われた、「Max Mara Art Prize for Women」展のプレビューに行った。「Max Mara Art Prize for Women」は、イギリスで活動する、まだ大規模な個展を開いたことのない女性アーティストに贈られる賞で、2年毎に開催される。2007〜09年の受賞者であるHannah Rickardの作品、「No, there was no red.」は、2つのスクリーンで構成された映像作品で、まれな気温逆転による蜃気楼の結果、ミシガン湖の上に街が投影された現象が口頭で語られる。私は気が短いので、ビジュアル面であまり動きのない、語りを主とした映像作品は少し苦手だ。1分程見た後、飽きてすぐに立ち去ったので、残念ながら作品の出来はよくわからない。

それより面白いと思ったのが、7月9日〜9月20日まで、同じくホワイトチャペル・ギャラリーで開催中の、アメリカ人アーティスト、エリザベス・ペイトン(Elizabeth Peyton)の「Live Forever」展。ペイトンはリアム・ギャラガーマシュー・バーニージェイク・チャップマンジャービス・コッカー等、、彼女と同世代のアーティストやミュージシャン、そして若かりし時のエリザベス女王ジョージア・オキーフフリーダ・カーロ等、彼女に影響を与えた人々等を描いたポートレート作品を展示している。小さいキャンバスに油絵で描かれたポートレートは、カラフルでちょっと雑にも見える彼女独特のタッチで、その人物を生き生きと描き出している。

We sent to a preview of  “Max Mara Art Prize for Women” at Whitechapel Gallery. The “Max Mara Art Prize for Women” is a biannual award recognising the achievements of a UK-based artist who has not yet had a major solo exhibition.2007–09 award winner Hannah Rickards‘ two-screen film “No, there was no red.” is based on spoken accounts of a displaced image of a city seen over Lake Michigan as the result of rare temperature inversion mirages. I am a pretty impatient person, and I left the room after 1 minute of looking at this film work with mainly narration and not much movements. Therefore, I am afraid that I cannot talk if the work deserves to the award.

I was more excited to look around another exhibition at Whitechapel Gallery, “Live Forever” by the American artist Elizabeth Peyton. She portrays artists and musicians of her own generation including Matthew Barney, Jake Chapman, Jarvis Cocker, and Liam Gallagher, as well as iconic figures who have inspired her, including the young Elizabeth II, Georgia O’Keefe and Frida Kahlo. Her paintings on small canvases, portraying the subjects in her own unique style of colorful and rough touch, were pretty captivating.

Live Forever: Elizabeth Peyton

Reblog this post [with Zemanta]