Tag Archives: engineering

Driver’s Nightmare: 1,000 Roadworks a Day Hit London

最近のロンドンは、とにかく道路工事が多い。出かける度に、工事による迂回や道幅縮小、またそれによって引き起こされる交通渋滞に遭遇する。今日のイブニング・スタンダード紙記事によると、ロンドンでは昨年1年間で37万件もの道路工事が行われた(ロンドン交通局:Transport for London調べ)。これは、ロンドンにある8万5千の通りが平均4回は掘り起こされた計算になり、これらの工事による市の経済的ダメージは年間10億ポンドに上るという。ロンドンでは今日時点で、5500以上の道路工事が行われており、その中にはオックスフォード・ストリートやピカデリーなど、主要な道路も含まれているという。

この異常な数は、工事数の60%を占める、水道会社のテムズ・ウォーター)による老朽化した水道管の交換(今年がビクトリア時代に作られた水漏れの激しい水道本管の交換のピークになるそう。詳細はこのサイトで)の他、ロンドンの東西を結ぶCrossrail計画を含む、2012年開催予定のロンドン・オリンピックに向けてのインフラの整備、そして30年来の寒波の影響に夜18万個もの道路のくぼみや水道管やガスパイプの破裂が原因であるが、ボリス・ジョンソンロンドン市長も、公約である「war on roadworks(道路工事との戦い)」を遂行していないと、批判の矢面に立っている。市長の工事許可制制度では、工事を行う会社は開始前に区から許可を得ないといけないとされているが、全ての区がこの制度を採用しているわけではない。

この道路工事の嵐は、オリンピックが始まるまで続くんだろうか。まったくもって迷惑な話だ。

There is a lot of roadworks all over London recently, and I encounter a road restriction, diversion or traffic jam caused by the roadworks every time I go out. According to today’s Evening Standard‘s article, 370,000 sets of roadworks were recorded last year (figures from Transport for London), and it means that the equivalent of each of the London’s estimated 85,000 streets has been dug up four times on average in the last 12 months, costing the city’s economy up to £1 billion a year. More than 5,500 roads are being worked in London on today, including major routes such as Oxford Street and Piccadilly.

This crazy number of works has been created by Thames Water, which responsible for up to 60% of the works with their pipe replacements (this year will be the peak for replacing leaky Victorian mains), as well as preparations for the 2012 Summer Olympics including major engineering and infrastructure projects such as Crossrail,  and the coldest winter in 31 years that caused damages, including estimated 180,000 potholes on the roads, and fractures to underground water and gas pipes. Mayor Boris Johnson is also criticized as he has failed to deliver on his promised “war on roadworks,” cutting roadworks by licences and strong control, but not all boroughs have signed up to the Mayor’s permit scheme that requires utility companies to apply for a permit before they begin a roadwork.

I am afraid that the roadwork hell will continue until the London Olympics – what a pain in the neck!!

Reblog this post [with Zemanta]

Ergonomics – Real Design @ Design Museum

デザインミュージアムで3月9日まで開催中の「Ergonomics – Real Design」展。Ergonomics(エルゴノミクス、人間工学)にスポットを当てた、小規模ながら、なかなか面白い展覧会だ。人間の動きや特性に関する知識にデザインと工学技術を駆使し、安全で効率がよく、使い勝手の良いシステムや製品、サービスをつくりあげることを目的とするエルゴノミクスは、「日常生活の中の科学」と称され、生活必需品から交通、医療、原子力、防衛まで、そのエリアは多岐にわたる。この展覧会では、テレビのリモコンや巻き尺などの小さいものから、より大規模で複雑な交通システムや医療ケアまで、プロトタイプ、インタラクティブ・ディスプレイ(対話型展示)、そしてエルゴノミクス・デザインの例を使って、16点の製品を紹介、実生活に役立つ効果的なデザインを作り上げるエルゴノミクスの重要さを説く。

普段何気なく使っているけれど、使いやすさや効率を考え抜かれて作られている製品もあるのだなと実感。確かに、一口に巻尺と言っても、男性か女性か、また日曜大工からプロまで、違うユーザーによって使い方も必要とされているものも変わってくる。FISCOは、そんなニーズにあった、様々な巻き尺を作っている。衛星放送サービスのSKYリモコンは、使用頻度や使いやすさを考慮して、形状や材質、重さ、そして各々のボタンの場所などをデザイン。そうして作り上げられた製品は、さらなるユーザーテストを経て世に出た。12年経った今も、小さな変更以外はオリジナルのデザインが使われている。下の写真のパンフレットにあるのは、「PeopleSize」というソフトウェアで、バスの座席やヘルメット、赤ちゃん用の哺乳瓶等々、それぞれの製品用途に必要な体の部位のサイズを算出してくれる。個人的に好きなのは、アート・デザイン教育で名高い王立芸術学院(The Royal College of Art)に属するHelen Hamlyn Centreがデザインした、NHS医薬品のパケージデザイン(写真一番下)。シンプルだけれどカラフルで洗練されていて、お年寄りや目の不自由な方にも配慮し、医薬品の名前や情報がわかりやすくデザインされている。これなら薬を服用するのも病院に行くのも、少し嫌じゃなくなりそう。

Design Museum‘s “Ergonomics – Real Design” (ends on March 9) is a small but interesting exhibition, spotlighting on Ergonomics design. Described as the science of everyday life, ergonomics combines the knowledge of human performance with design and engineering to create systems, products and services which are safe, efficient and enjoyable to use. Fields of ergonomics are as diverse as everyday life product such as the small tape measure and TV remote control, to the vast and complex areas of transport systems, medical care, nuclear power, and defense system. This exhibition displays 16 products through prototypes, interactive displays and examples of ergonomic design, to show the importance of ergonomics in creating effective design for the real world.

I’ve never realized that some products we use in everyday life are made through comprehensive scientific examination to be usable and to maximize the user’s health and productivity. What users need from a simple tape measure are different, depending on the user’s sex or the purpose such as DIY or professional use, and FISCO created a range of measuring tapes based on the usage and needs. The SKY Remote Control was created with the optimum shape, texture, and weight, looking at the comfort and shape of the remote when being used and the arrangement of the buttons to improve interaction, and the final design was validated by further user trials. After 12 years of its development, it is still in use, with few changes to the original design. “PeopleSize” software (in the photo of the exhibition information below) tells designers and manufacturers the exact range of the dimension of particular parts of the body needed in the design of their products – for example, a bus seat, a helmet, or a baby’s bottle. What I like the most personally is the graphic design of medication packaging for NHS (photo on the bottom), designed by Helen Hamlyn Centre at the Royal College of Art, a famous school for art and design in UK. The design scheme is simple yet colorful and sophisticated, taking into account the needs of the widest range of users, particularly the older and partially sighted, so that the users can find the necessary information easily. The nice package design like this lessens my reluctance to take medicine or to go to hospital!

Reblog this post [with Zemanta]