Tag Archives: face

“Who Am I ?” @ Great Sutton Street, Clerkenwell

Goswell Road(ゴスウェル・ロード)を歩いている時、Great Sutton Streetに面した建物の壁に浮き出たこの「白い顔」を発見した。

これは何??と思って近づいてみると、下の方にポスターが貼ってある(写真下)。家に帰って、ポスターに書かれていたウェブサイトを見て、その謎が解けた。この顔のモデルは、地元クラーケンウェルの著名建築家&ジャーナリストであるPeter Murray。サンフランシスコ出身でロンドンをベースとするアーティスト・Greg Shapterが、Domus Tilesという会社の依頼で制作した。→作品詳細とPeter Murrayのプロフィール

横から見ると何が何だか分からないけれど、少し離れた歩道に描かれた「X」の位置に立つと顔がはっきり浮かび上がる。→ 横から見た写真:Greg Shapterのウェブサイト

ちなみに顔の両面にある計5体の人形(右2体・左3体)も気になる。あれも同じアーティストの作品かしら??

We spotted the white silhouette of a face on the side of the building on Great Sutton Street, while we are walking down Goswell Road. Who is this man??

We found a poster beneath the face when we came closer (photo below), and checked out the indicated website on the poster when we came back home to “get the answer.” This mysterious man is prominent local architect & journalist, Peter Murray, created by San Francisco born London based artist, Greg Shapter and comissioned by Domus Tiles. →details of project and who Peter Murray is

The face is fully distinguishable from a spot on the pavement marked with an ‘X’, and from the side you can’t understand what it is as the face disappear. → photos from the side:Greg Shapter’s website

I am also curious 5 human figures on both sides of the face, two on the right and three on the left. Are those also made by the same artist??

Advertisements

Rosalind Nashashibi @ ICA

9月10日から11月1日までICAで開催中の、「Rosalind Nashashibi(ロザリンド・ナシャシビ)」展を見た。パレスチナ系英国人のロザリンド・ナシャシビはロンドン生まれ。スコットランドのGlasgow School of Artでアートを学び、主に都市の日常生活をテーマにした映像作品で知られる。この展覧会では、過去4年間に撮影された16mm作品の他、写真も展示されている。以下は、私のお気に入りの2作品。

We went to see “Rosalind Nashashibi” exhibition (Sep 10 – Nov 1) at ICA. Palestinian-British artist Nashashibi was born in London and studied at the Glasgow School of Art. Much of her work consists of films of everyday life in urban environments. The exhibition presents 16mm films from the last four years as well as examples of her photographic works. Here is my favorite two works of hers.

Vodpod videos no longer available.

「The Prisoner」は2008年の作品。ブルータリズム建築様式のロンドンのサウス・バンク・センターを歩く女性をカメラが追いかける。2つのスクリーンに投影されたこの作品は、同じ映像ながら左と右の画面で6秒間のずれがあり、それが緊迫感とストーカー的なスリルを倍増させ、見る者を魅了する。

‘The Prisoner’ (2008) is a double-projection film work. The camera follows a woman around the brutalist architectural landscape of Southbank Centre in London. Nashashibi projects the same images side by side but creates a six-second time lag between the left and right screens.The delay doubles the senses of tension and thrill, and fascinates the viewers.

Vodpod videos no longer available.

Eyeballing」(2005)は、ニューヨークの警察署前で出入りする警察官の映像と、コンセントや消火栓、ショップ・ウィンドウ等、街で偶然発見した「人の顔」を想像させるオブジェクトの映像を交互に映し出す。時に鋭い目線で相手を吟味する警察官と、間の抜けた「顔」のオブジェの対比が面白い。

Eyeballing‘ (2005) juxtaposes scenes of New York policemen with the serendipitous ‘faces’, such as electric sockets, fire hydrants and shop windows, that Nashasibi finds in the city. The contrast between the tough looking policemen scrutinizing around and foolish-look soulless static ‘faces’ was pretty intriguing.

Reblog this post [with Zemanta]