Tag Archives: fast food

Chipotle Mexican Grill @ Charing Cross Road

久しぶりのブログ再開。以前にも書いたけれど、Mはかなりのブリート好き(そのエントリーはここをクリック)。私が留守の間に、新しいブリートのお店に何度か行ったみたいなので、私も今日、一緒にそこに行ってみた。

燻製にした唐辛子を原材料とする香辛料・チポレからネーミングされた、Chipotle Mexican Grill(チポレ・メキシカン・グリル)は、アメリカ・カナダに1000店以上展開する、ブリート・タコスが主力のメキシカン・ファーストフード・チェーンで、今年5月にオープンしたこのお店は、北米以外初の店舗となる。

チポレの声明「Food with Integrity」によると、できるだけオーガニックで環境・農家に配慮した材料、そして自然に育てられた家畜の肉を使うように努力しているそう。その真偽はともかく、1993年のオープン以来、北米で人気を博して急展開したチェーンだけあって、ここのブリート(£6.35〜)は味がなかなかしっかりしていてジューシーで、ファーストフードにしては悪くない。店内も広々していて、インテリアもチープ過ぎない。私的には、これまでトライしたロンドンのファーストフード・ブリート店の中では、トップに躍り出た。ロンドンに数多あるブリート店のブリートは、あんまり味にパンチがなく、ショーウィンドー内で材料が乾いてしまいパサパサしたものも多くて、Mが食べに行っても横で見ているだけのことが多かったけれど、ここのは食べれそう。

The first blog entry after a while. As I wrote in the past, M is a big burrito fan (see past entry). While I had been away, he went to a new Burrito shop several times, so I gave a try with him today.

Chipotle Mexican Grill, named after a smoke-dried jalapeño Chipotle, is a a chain of restaurants in the United States and Canada specializing in burritos and tacos, and the company currently has more than 1000 locations in North America. This shop in London is the first restaurant that Chipotle has expanded to Europe, opened in May 2010.

According to the company’s mission statement Food with Integrity, the chain makes efforts in using sustainable and organic ingredients, and serves more naturally raised meat than any other restaurants. I don’t know if it is true or not, but their burrito (£6.35〜) is quite juicy and flavorful, and it is not bad as a fast food burrito. The store is spacious and their interior is not cheap as well. Chipotle now goes on the top of my ‘burrito’ list among all the casual & fast Burrito shops we tried in London. Burritos in general in these shops don’t have much taste and often dried up in keeping-warm containers – therefore, usually I don’t eat these burritos but just sitting next to M while he is eating, but I guess I can have Chipotle’s burrito with him from now on.

Enhanced by Zemanta

Datte Foco Pizza Al Taglio @ Stoke Newington Church Street

最近発見した、ハックニーのStoke Newington(ストーク・ニューイントン)にあるPizza Al Taglio(ピザ・アル・タリオ)のお店、「Datte Foco(ダッテ・フォコ)」。店名は、文字通りだと「自分自身に火をつけろ」、「くたばれ」といった意味のローマのスラング。以前シティで金融関係の仕事をしていた友人2人(一人はストーク・ニューイントンの地元民、一人はイギリスに長く住むイタリア人)がオープンした。ピザ・アル・タリオは、大きな長方形の型で焼いて四角くスライスしたローマ風ピザで、イタリアでは小腹が空いた時に気軽に食べるストリート・フード。イタリアに行くと、私たちの3時のおやつはピザ・アル・タリオかジェラートと決まっている。ローマのレストランでピザ職人の修行をしたイタリア人の共同オーナーの手による、ダッテ・フォコのピザは、ふっくらモチモチのナポリ風ピザに対し、正統派ローマ風、サクッ、カリッとしていて、なかなかいける。でも時間が経つと味が落ちるので、運良く出来たてが目の前にあったら、トッピングに構わずゲットしたい。

イタリアン・レストランやカフェが氾濫しているロンドンで、ピザ・アル・タリオを出すお店はありそうであまりない。思いつくところでは、以前書いたPrinci(もっとモチモチっとしていて、ローマ風とは違うけれど)やMaletti、また今度行ってみたいと思っているAdagio Pizzaくらい。ミニ・チェーンのMangiareもあるけれど、正直あんまり美味しくない。ダッテ・フォコもいけるけれど、私はMalettiの方が好みだな。そう言えば最近、Malettiはご無沙汰だなあ。ピザは美味しいんだけれど、地下には窓がないし、上の階はカウンター席だけで、座り心地が悪いんだよね。

Datte Foco is a pizza al taglio shop that we found recently in Stoke Newington in Hackney. The name “Datte Foco” means “put yourself in fire” in Roman slung, equivalent to “go to hell” in English. Two friends, a Stoke Newington local and an Italian educated in UK, who used to work in finance in the City opened this Roman style pizza shop. Pizza al taglio (literary “by the cut”) is a kind of pizza baked in large rectangular trays and sold in rectangular slices, and is an Italian street food or fast food. When we go to Italy, our afternoon snack is usually either pizza al taglio or gelato. The Italian owner trained himself as a pizzaiolo in a restaurant in Rome, and Datte Fuco’s pizza is crispy as authentic Roman pizza should be and it is quite good. But the taste of pizza worsen as the time goes by (it’s not their fault and all pizza are the same), and if you are lucky to see a newly baked pizza just coming out of oven, go for it, regardless of its topping.

There are hundreds of thousands of Italian restaurants and cafés in London, but it is hard to find a place that serves pizza al taglio. What I think of are Princi (its pizza is softer and chewier and it’s not really Roman), Maletti, and Adagio Pizza that I’ve never been but want to try. A mini-chain Mangiare is not really great, and I don’t recommend. Datte Foco is good, but my award goes to Maletti. I haven’t been there quite long time and craze for it! Their pizza is great, but the seating is the problem – there is no windows downstairs (M doesn’t like a place with no natural light) and counter seats on the ground floor is quite uncomfortable…

Reblog this post [with Zemanta]

Who Ate All the Pies?

フィッシュ&チップスとともにイギリスの国民食であるパイ。今日偶然見た、BBCのThe One Show番組での、オブザーバー紙の辛口レストラン評論家、ジェイ・レイナー(Jay Rayner)のリポートによると、不況で家で食事をする回数が増え、昨年のイギリスでのパイの売上げはこの30年来で最高、昨年年間7千万ものパイが消費されたという。パイの人気の理由は、1) それ自体が立派な食事であること、2) 冷たいものから暖かいもの、甘いパイからおかずパイまでバラエティが豊かなこと、そして3) 持ち運びに便利なこと。でも最近のパイ流行は、ガストロパブの流行やイギリス料理人気の復活、そして一流レストランが高級材料を使ったパイを出すようになったことが理由で、パイがお洒落で上品なな食べ物になったからだという。一番人気のパイは、ステーキ&キドニーパイ(細切りにした牛肉と牛の腎臓を煮込んだもの)、ビーフ&オニオンパイ、チキン&マッシュルームパイの順だそう。

A pie is one the comfort foods for British, as well as fish & chips. I happened to see today’s BBC “The One Show,” and according to the Jay Rayner (a bad-mouthing food critique of The Observer) ‘s report, pie sales in 2009 is the highest in 30 years, and 70 million pies were sold in UK – due to the recession and people eat at home more. The reason why pie is so popular, according to the “pie master,” a chairman of British pie awards, because 1) it is a complete meal itself, 2) there is a wide variety of pies, hot and cold or savory and sweet, and 3) it is portable and convenient. But most of all, this sudden boom of pie is because pie have become posh – due to the revival of British food and recent popularity of Gastropub, and top restaurants starting to sell pies using luxury ingredients. The most popular pie is Steak & Kidney pie, followed by Beef & Onion pie and Chicken & Mushroom pie.

パイ&マッシュ(写真上)は、19世紀以来のロンドンの労働者階級の典型的な「ファーストフード」で、ロンドンの南部や東部でよく食される。牛ひき肉にグレイビー・ソースとスパイスを加えて、パイ生地に包んで焼いたもので、マッシュポテトを添え、リカー(liquor:うなぎを茹でた湯に小麦粉でとろみをつけたパセリソース。アルコールは入っていない)かChili-vinegar(チリビネガー。唐辛子のピクルスを漬け込んだ酢)をかけていただく。また、パイ&マッシュを売る店では、stewed eels(うなぎのシチュー)やJellied eels(うなぎのゼリー寄せ)のロンドン名物のうなぎ料理を出すところもある。ビクトリア様式の伝統的な内装は、掃除しやすいように、壁は白いタイル、そして床、テーブル、カウンタートップに大理石を使っている。大抵の人は、ナイフは使わず、フォークとスプーンで食べる。

Pie & mash is a traditional London working class ‘fast’ food since 19th century, and are still common in south and east London. Normally, this minced beef and cold water pastry pie is served with mashed potato and green-colored parsley sauce called ‘liquor’ (traditionally using the stock made by boiling the eels, thickened with flour. non-alcoholic) or Chili-vinegar (vinegar containing pickled chilies). Pie & mash shop often sells another London speciality Jellied eels and stewed eels. Traditionally the shops have white tile walls, with marble floors, tables and work tops, easy to clean and giving a Victorian appearance. Most people would eat with a spoon and fork, rarely with a knife.

私たちがたまに行くのは、Broadway Market(ブロードウェィ・マーケット)にある、1986年創業のパイ&マッシュのお店、F. Cooke。ホクストン・ストリートにも支店がある。創業時はBethnal Green(ベスナルグリーン)に店を構えていたが、1900年に現在地に移ってきて今に至る老舗。パイ&マッシュやstewed eelsは、毎日、店内で作られているそう。店内は、上記のような典型的な内装で、掃除をしやすいように、床にはおがくずがまかれているのが、なかなか味がある。

The Pie & mash shop we sometimes go is F. Cooke on Broadway Market (also a shop on Hoxton Street as well). Founded in 1986 in Bethnal Green, the shop moved to the current premises in 1900. Their pie, mash potato, and stewed eels are prepared in the shop everyday. The interior is of a typical pie & mash shop described above, and the floor covered with sawdust – pretty atmospheric.

Reblog this post [with Zemanta]

Wagamama @ N1 Islington, Angel

今日はエンジェルで用事があったので、N1ショッピングセンターにあるWagamamaでランチをした。Wagamamaは、中華の有名店・Hakkasan(ハッカサン)やYauatcha(ユアッチャ)、そしてブログでも書いたPrinciCha Cha Moonを手がけたカリスマレストラン仕掛人・Alan Yau(アラン・ヤウ)氏が1992年に創業した、「なんちゃって」ジャパニーズ・チェーン(Wagamamaのホームページでは、「pan-Asian(アジア料理)」とあるけれど)。味は今イチなんだけれども、学食のように長いテーブルが並ぶシンプルでモダンなインテリアにスタイリッシュなグラフィック、そして「ヘルシー」な「日本食」(イギリスでは、日本食=健康的と思われている)が気軽に食べられるというので人気に火がつき、今ではイギリスのみならず、ヨーロッパやアメリカ、中東にも進出している。

店の名前は日本語で、メニューにはラーメンやうどん、そば、やきそば、カレーライス、餃子等が並んでいるけれども、日本食もどきで似非日本食。いわゆる「日本の味」を期待してはいけない。香港系中国人経営だけあって、中華料理の影響が味付けや材料等に垣間見える。例えば今日Mが注文したWagamamaラーメン(下の写真、£7.95)。汁はラーメンとうどんつゆを混ぜたような不思議な味で、麺はふにゃふにゃ。その上にグリルチキン、マトウダイ、エビ、かまぼこ、厚揚げ、マッシュルーム、わかめ、青菜、メンマなどが何でもあり状態でのっている。Mはまあまあいけるよ、とか言っていたけれど、私的には自分で作ったインスタントラーメンの方がよっぽど美味しいと思う。私の野菜カツカレー(£7.65)は、Sweet Potato(日本のサツマイモと似ているが、もう少しべちゃっとしている)、なす、バターナット・スクァッシュ(カボチャの一種)をカラッと揚げたカツとサラダはなかなか美味しいけれど、肝心のカレーはご飯の量に比べて少なく、味も薄くて、コクもうまみもない。かろうじてカレーと呼べる代物だ。また日本ではB級グルメのこれらのメニューも、Wagamamaでは日本円で1000円を優に超える。この味にこの値段?!と思ってしまうので滅多に来ないのだが、近くにこれと言ったレストランやカフェがない時に、たまに魔が差して行ってしまうのだ。

We had lunch at Wagamama in N1 Shopping Centre, as we were around Angel station . Wagamama is a “pan-Asian” restaurant chain (according to its website), founded in 1992 by charismatic Hong Kong-born restauranteur Alan Yau, who also created the prestigious Chinese restaurants Hakkasan and Yauatcha, as well as more casual Princi and Cha Cha Moon I wrote in this blog before. Their food, for my eyes, is below average, but with their concept to offer “healthy” “Japanese” food with affordable price, as well as its simple and modern interir with long tables and cool graphics, Wagamama has gained popularity across UK and now expands the chain to Europe, USA, and middle eastern countries.

The name is in Japanese (means “selfish”), and Japanese fast foods and noodles such as ramen, udon, yakisoba (fried noodle), Japanese curry, and gyoza dumplings are on their menu, but Wagamama is not really a “Japanese” restaurant or quite far from it – so please don’t believe what you eat there is what you eat in Japan. I can see some Chinese influence on their ingredients and cooking. Wagamama ramen M ordered (in the photo below £7.95), with mishmash, like grilled chicken, smooth dory, prawn, kamaboko, fried tofu, mushrooms, wakame and seasonal greens, menma and spring onions, on the top of mushy noodles and bland and flavorless broth. It didn’t seem to bother M, but I prefer to buy an instant noodle from Japanese grocery store for less than £1 and cook it myself. Deep fried Vegetable (sweet potato, aubergine and butternut squash) and side salad on my yasai (vegetable) katsu curry is fine, but curry doesn’t have much taste and too little for the amount of rice – I tasted mainly rice but not curry much. Their food is Japanese fast food and equivalent to a hamburger or fish & chips and quite reasonable, but in somehow, Wagamama manages to make the dish a bit more posh. I rarely go to Wagamama because for me the price doesn’t match to the taste. However, if there is nothing decent nearby, and I craze for something Japanese-ish, I just give myself in to Wagamama…

Reblog this post [with Zemanta]

Tenshi Japanese Restaurant @ Angel Islington

こじんまりしたカジュアル日本食レストラン・天使(Tenshi)が、エンジェルのアッパー・ストリートについ先日オープンした。店内は、ダークウッドの家具に和紙風のランプシェードで、シックにまとめられている。オーナーはイギリス人(に見える)だけれど、カウンターの中にいるのは日本人と韓国人たち。今回上には上がらなかったけれど、2階席もあるみたい。

テークアウトも店内でいただくこともできるメニューは、寿司やお弁当類(鶏唐揚げ、トンカツ、チキンカツ、鶏/鮭照り焼き等)。コンビニかスーパーで使われるような味気ないプラスチック・ケース入りで(パッケージは寿司チェーンのItsuの方がお洒落)、冷蔵庫にディスプレイされていてる。レストランというより、ファーストフード店のような感じ。私はトンカツ弁当(£6.50)、Mはちらし寿司(£8.50)+みそ汁(£1.50)+サーモンアボカド巻(6個入り£4.00?)を注文。トンカツは電子レンジでチンではなく、オーブンで温め直したのか、新しくあげてくれたのか分からないけれど、カリッと揚がって出てきたのが嬉しかった。

お味の方は、ファーストフード・ジャパニーズとしては上出来だと思う。イギリスに多い、なんちゃってジャパニーズ・チェーンのJapanese CanteenやWagamama、YO! Sushi、同じアッパーストリートにあるMisoや、最近増えている中国人経営の日本食(中華より日本食の方が儲かるから鞍替えしているのだそう)に比べたら、断然お薦め。不況のせいか寒さのせいか、ランチタイムでもあんまり人気がなかったけれど、日本食不毛の地・エンジェルで是非生き残ってほしい店だ。

Tenshi: 61 Upper Street, Islington, London, N1 0NY

A cosy casual Japanese restaurant Tenshi (‘Angel’ in Japanese) just opened on Upper Street, Angel. The interior is chicly decorated with dark wood furniture and paper lampshades. I didn’t go and see, but there is also seating area upstairs as well. The owner (?) looks British (but not sure), but workers are Japanese and Koreans.

Tenshi offers Sushi sets and Bento boxes such as Pork/Chicken Katsu, Chicken Karaage, Teriyaki dishes etc, and you can eat in or take out as well. The food is packed in a mundane plastic takeaway case and displayed in a fridge – it is more like a fast food restaurant (food packaging is more stylish at Sushi chain Itsu).  We ordered Tonkatsu (Pork cutlet £6.50), Chirashizushi (assorted fish over sushi rice £8.50), Miso soup(£1.50) and salmon avocado roll (£4.00). It was great that the Tonkatsu was fried very crispy and hot – I am not sure if they fried the pork from scratch or used oven to warm it up, but it was not cooked by microwave at least.

The taste is pretty good, as a fast food Japanese – its is much better than so-called ‘Japanese’ restaurant chains like Japanese Canteen, Wagamama, Yo! Sushi, and Miso (on the Upper street as well), or Chinese-owned Japanese restaurants; I read that now many Chinese open Japanese restaurants because they can earn more than Chinese restaurants. Tenshi was half empty when we went there even though it was at lunch time; maybe because it was cold or because of recession, but I hope Tenshi survives in Angel, where there is no good Japanese restaurant!

店内写真は、写真撮影に良いポジションに陣取ったMが愛用のi-phoneで撮ってくれると言ったので、信頼して任せたら、ひどい写真になってしまった。本当はもっと明るくてこぎれいな感じ。

M, who sat on the good position, told me that he would take a photo of the interior for me, with his precious i-phone, but it turned out terrible. The restaurant looks much better and more light than in the photo.

Reblog this post [with Zemanta]