Tag Archives: Foxcroft & Ginger

Foxcroft & Ginger Café @ Boxpark, Shoreditch

12月3日にショーディッチにオープンしたBOXPARKの2階にある、ソーホーの人気カフェ・Foxcroft & Ginger(フォックスクロフト&ジンジャー)の2号店(1号店についてのエントリー)。セカンドハンド?のテーブルや椅子、ワックスの施されていないむき出しの床など、木を基調にしたラフな雰囲気はそのまま。一回り小さなカウンターには、手作りのサンドイッチやスウィーツが並ぶ。その味も新鮮さも一号店と同じ、そして定評のあるそのコーヒーとフレンドリーなサービスも。

We tried new Foxcroft & Ginger, a second branch of SOHO’s popular café (see my old entry).  Its rusty & woody atmosphere with secondhand (?) tables & chairs as well as un-waxed floors, resembles with its sister. Hand-made sandwiches and sweets on the smaller counter also maintain the same quality and freshness. And of course, its reputed coffee and the friendly service as well.

ハムとチーズを挟んだフレンチトースト(手前)。ハムやチーズの塩辛さと、控えめのメープルシロップの甘さが意外と合う。

French toast with ham and cheese. Surprisingly savory ham and cheese get along well with modestly sweet maple syrup.

↓ Foxcroft & Gingerのほか、Hop-Namo(ベトナミーズ)、Mexway(メキシカン)、Pieminster(ブリティッシュ・パイ)など、カフェやカジュアルレストランが整然と並ぶ2階フロア

↓ Upstairs of BOXPARK, with boxes of casual restaurants and cafés, such as Hop-Namo (Vietnamese), Mexway (Mexican), and Pieminster (British pie),  neatly side by side together with Foxcroft & Ginger.

Foxcroft & Ginger @ Berwick Street, SOHO

今年初めにオープンした、ソーホーのBerwick Streetにあるカフェ、Foxcroft & Ginger(フォックスクロフト&ジンジャー)。ソーホーのど真ん中で野菜やフルーツなどを売る屋台の並ぶ一角にある。

コンクリートの天井や壁、むき出しのパイプや電線など、薄暗い倉庫のような建物を、木のテーブルや椅子、茶色や白のレンガ壁で中和し、温かみを出している。外から見ると狭く感じるけれど、地下にもスペースがあり、モダンな家具と使い古されたソファが混在、壁にはどーんとユニオン・ジャックが飾られている。でも地下はちょっと暗い感じなので、私は1階の方が好きだな。木の丸椅子は座り心地があんまり良くないけれど。

カウンターには毎日手作りされるサンドイッチやケーキが並び、朝はイングリッシュ・マフィンエッグ・ベネディクト、クロワッサンなどのブランチメニュー、そしてランチタイムはサンドイッチやサラダなどがいただける。この日は、サラダがたっぷり挟まったチョリソのサンドイッチ。いい具合にトーストされたFlour Station Breadsのパンに新鮮な材料が相まって美味しい。そして温めて出してくれるバナナケーキも、懐かしい味で和む。お皿代わりの木のトレーや、をいれたアンティークのカップも、レトロなインテリアと良くあっている。評判の高いMonmouth Coffee Companyの豆を使って、シアトルのメーカーSynessoの手作りのコーヒー・マシンでいれた、フラット・ホワイト(Flat White過去エントリー参照)もいける。

Foxcroft & Ginger is a café on Berwick Street, opened early this year. It is located in the area where vendors selling fruits & veg etc in the middle of SOHO.

The industrial harsh looking building with concrete walls and ceilings and exposed pipes and cables, is compensated by warm wood tables and chairs as well as brown brick and white tile walls. The space looks small from outside, but there is also underground seating area, decorated with both modern furniture and well-used sofas, and the wall is covered with a large Union Jack flag. It is a bit dark downstairs and I prefer sunnier upstairs, though small white wooden stool is not quite comfortable, and hurt my butt after a while.

Daily hand-prepared fresh food and cakes are showcased at the counter, and there are Brunch menu such as English muffins and Eggs Benedict in the morning and sandwiches and salads for lunch time. We got a sandwich filled with chorizo and generous salad leaves – it was a great combination with nicely toasted ciabatta bread from Flour Station Breads and fresh ingredients. I also love their banana cake served warm. A wooden board for food and an antique cup for coffee are perfect choice for this retro style café. Finishing Flat White, made with hand built Synesso Coffeee Machine from Seattle, using famous Monmouth Coffee beans, was very good as well.

Enhanced by Zemanta