Tag Archives: garden

Kopparberg guerilla gardening by the Pothole Gardener @ Shoreditch

ショーディッチのEbor streetとRedchurch streetの路上で見かけた、小さなお花畑。歩道のコンクリートの隙間に土を入れて作られたこれらのミニ庭園は、東ロンドンの道の上に庭園を作る活動を行う「guerrilla gardener(ゲリラ庭師)」・Pothole Gardenerの作品。ショーディッチで、トークやワークショップ、エキシビション、上映会など、アンチ主流の創作活動を行っているテンポラリースペース・Kopparberg ün-establishment(〜10月26日)のプロジェクトの一環として作られた(参考サイト)。

これらのミニ花畑には、小型の花々、リスや小人のフィギュア、「mmm… Kopperberg」や「GNOME MAN’S LAND(小人の国)」と書かれた小さな黒板、そしてカラフルなKopparbergサイダー(イギリスでサイダーはリンゴ酒のことを指す)のカラフルなミニミニボトルが置かれている。大都市の中のこの小さなオアシス、ショーディッチにたむろする酔っ払いに踏まれて壊されませんように。

I found these cute little flower gardens appeared in the middle of the Ebor street and Redchurch street in Shoreditch. These are creations by the Pothole Gardener, a guerrilla gardener who create gardens on the streets of east London, for the project of the Kopparberg ün-establishment, a pop-up space in the centre of Shoreditch (opening until Oct 26), to explore anti-mainstream creativity through a series of talks, workshops, exhibitions and screenings (reference: designWEEK).

These little flower gardens consist of small flowers, little figures of squirrel and gnomes, and a blackboard with a hand written phrase of “mmm… Kopperberg” or “GNOME MAN’S LAND”, with a tiny bottle of colourful Kopparberg cider. A little oasis in a big city. I hope no one steps on a top of it and destroy it!

未完成?壊された後?/ Unfinished, or vandalised?

Advertisements

Manor House & Garden in Kent @ Penshurst Place

ロンドンの南東約50kmに位置するPenshurst Place(ペンスハースト・プレイス)は、1341年に完成した中世のお屋敷。かつてヘンリー8世が狩猟小屋として所有、1552年以降はSidney(シドニー)家の持ち物となり、16世紀エリザベス朝の詩人・フィリップ・シドニーもここで誕生した。このマナー・ハウスは、イングランドに残存する14世紀建造物の最も完全な例で、地元で採掘された砂岩で建てられた建物は、大きさの違うブロックを使用することによってできた斑模様が、砂岩に入った奥深い茶色の縞を強調している。写真上は、世界で最も豪華な部屋だと形容されるGreat hall(大広間)。

庭園は、最も古い私有庭園の一つで、エリザベス朝デザインの良い例とされ、多くの部分はエリザベス1世の時代と変わらぬ姿を残している。綺麗に手入れされたお庭では、3000本のバラや色とりどりの花々が咲き誇り、1マイル(約1.6km)に及ぶ長さのイチイの生け垣が続く。1554年のフィリップ・シドニーの洗礼時に植えたとされる樹齢1,000年の「Sidney’s Oak(シドニーのオーク)もいまだ健在。

敷地内の、1836年に作られた馬小屋の一部にある大工部屋を改装して作られたToy Museum(玩具博物館)には、世界から集められた古くてキッチュなおもちゃが展示され、小さいなりにも見応えあり。邸内とお庭をゆっくり観賞した後は、Garden Tea Roomの外の席で、お屋敷を眺めながらお茶をどうぞ。

Penshurst Place, situated in 32 miles (51 km) south east of London, is a medieval house completed in 1341. It was owned by Henry VIII as his hunting lodge, and has been the home of the Sidney family since 1552 and was the birthplace of the 16th century Elizabethan poet Sir Philip Sidney. The manor house is one of the the most complete example of 14th century architecture in England. The house is built of local sandstone and its rich brown streaks are enhanced by the use of different sized blocks to give a randomly mottled effect. The photo above is the great hall, which has been described as one of the world’s grandest rooms.

The garden, with one of the oldest private ownership, is a fine example of Elizabethan design, and much of the garden remains as it was in the reign of Queen Elizabeth I. It has over a mile of yew hedges, 3,000 roses, and 1,000-year old “Sidney’s Oak” – one of the 50 Great British Trees in the country and reputed to have been planted at the christening of Sir Philip Sidney in 1554.

The Toy museum, created out of an old carpenters’ workshop and is part of  a range of ‘Gothic’ stables of 1836, is small, but its antique toys collection from all over the world are worth to visit as well. After strolling around the estate, enjoy a cup of tea at the Garden Tea Room, overlooking the manor house.

イギリス国旗をデザインした庭園 / Garden with Union Jack motif

Castles in Kent: Sissinghurst Castle

イングランドで最も素晴らしい庭園の一つと言われる、Sissinghurst castle(シッシングハースト城)の庭園は、森や小川、そして400エーカーもの農地の中に建つ、テューダー様式の屋敷に付随する。ケントに建てられたれんが造りの大規模建築の先駆けのこの屋敷は、中心の塔と書斎を含む一部施設のみ現存している。

中世初期には堀に囲まれた石造りのマナー・ハウスが建てられたが、15世紀に新しい所有者・Baker(ベーカー)家によって建設された、れんが造りのマナー・ハウスが取って代わった。この大規模なマナー・ハウスは、付随する敷地に囲まれたフランスのシャトーと構造が似ており、この頃イングランド南東部のエリア・ Weald(ウェルド)で最も美しい屋敷と言われた。17世紀にベーカー家が没落した後、七年戦争の最中にフランス兵の捕虜収容所として使われたり、救貧院や敷地で働く使用人の家となったりしていたが、1930年に、外交官で歴史家であったハロルド・ニコルソンと詩人・作家のヴィタ・サックヴィル=ウェスト夫婦に買い取られた後、現在見られるような、20世紀中頃のイギリス庭園を代表する庭園に生まれ変わった。1967年よりNational Trustナショナル・トラスト)によって所有・管理されている。

私たちが訪れたときは、色や香り等テーマごとに植物が植えられた各庭園の花の盛りで、たくさんの人が花々を愛でながらゆっくり歩いたり、しょっちゅう立ち止まったりするので、歩くのもままならなかった。でも庭園の外の、広大な敷地をぐるっと歩いて回れる1マイル(約1.6キロ)の散歩道は人気も少なく、ケントの田舎の風景を満喫できる。またここのギフトショップは洗練された商品が揃っていてお薦め。

The Sissinghurst castle garden is said to be one of the best gardens in England. It is in the ruin of an Elizabethan house, set in the middle of its own woods, streams and 400 acres of farmland. Sissinghurst was one of the first large houses built of brick in Kent, but only the service range and the central tower survived today.

During the early middle ages a stone manor house surrounded by a moat was built on the land. It was replaced by a new brick manor house in the 15th century by a new owner, the Baker family. This Elizabethan house was known as one of the most magnificent houses in the Weald. The house was very similar to a French chateau, a large manor house surrounded by an accompanying estate.

After the Baker family collapsed in the 17th century, it was used as a prison camp for French prisoners or war during the Seven Years’ War, a Union Workhouse, and homes for farm labourers. In 1930, the castle was purchased by Harold Nicolson, the writer and diplomat, and Vita Sackville-West, poet, novelist and gardener, who created the garden which is a good example of the English garden of the mid-20th century. In 1967, the National Trust took over the whole estate.

The flowers in the gardens were in full bloom and there were army of people when we went. We could barely walk through each garden ‘room’ with different planting scheme, colour and scent, as people walked slow like a snail and stopped constantly while enjoying those beautiful flowers. But only few people took 1-mile circular walk within this huge estate outside the gardens, and it was really nice. We also love their gift shop with a variety of nice stuffs.

ケント各地で見られるoast(ホップ・麦芽などの乾燥がま)/ An oast with white tops – typical view in Kentish countryside.

Castles in Kent: Leeds Castle

ロンドンの南東に位置するケント州は、一番端のドーバーマーゲートでも車で2時間弱と、ロンドンからの日帰りや短期旅行にぴったりの場所。英仏海峡トンネルを渡ってやってくるヨーロッパ人も多く、私たちが訪れた時も、駐車場には、オランダやドイツ、ベルギーナンバーの車がたくさん停まっていた。お隣の国なのに、意外にフランス人は少ない。恐らくこの肌寒いイギリスじゃなく、どこかのビーチで寝転がって、肌でも焼いているのかな。

今回の小旅行の最初の訪問地は、イングランドで最も美しい明媚なお城の一つで、「loveliest castle in the world(世界で最も美しいお城)」とも称されるLeeds Castle(リーズ城)。湖に浮かぶ2つの島にまたがるこのお城は紀元1119年に建立、多くの王室や貴族の住まいとして、また要塞、刑務所、病後療養所としても使用された。最後の私的所有者であったLady Baillieレディ・ベイリー)は、1926年にリーズ城を購入したのち、インテリアを全面的に改装し、優雅なお屋敷に生まれ変わらせた。

敷地内はお城や庭園の他、お城が一望できるレストランやカフェ、ショップ、世界中から集められた100種以上の鳥が見られる飼鳥園、洞窟のあるmaze(迷路庭園)、イギリス唯一の犬の首輪博物館、子供の遊び場、ワイン用ブドウ園、果てはゴルフコースまである。ただ、ゴルフコースがお城のすぐ横にあるのはいただけない。また湖上からお城を眺められるBlack Swan(黒鳥:このお城のシンボルでもある)フェリーボートや、入口からお城を結ぶElsie(エルシー)castle trainもあり、いようと思えば一日中いられるほど盛りだくさんなだけに入場料も高く、大人一人 £18.50なり。私たちはお城と庭園以外は興味がないけれど、手入れの行き届いたこの美しいお城は高額の入場料に値する。

Kent is a county situated in southeast of London. To reach the furthest towns such as Dover and Margate takes less than two hours from central London, and it is perfect place for a day excursion and a short trip for Londoners. There are also many European tourists coming through Channel Tunnel, and we saw many cars from Netherlands, Germany and Belgium around there. Not many from closest neighbor France – probably French would prefer lying down on the beach and getting tan to going around chilly and cloudy British isle.

The first stop for our trip this time is the Leeds Castle, setting on two islands and one of England’s most picturesque castles, often described as the ‘loveliest castle in the world.’ Dating back to 1119,  it has been home to royalty and nobles, as well as being used as a garrison, a prison, and a convalescent home. The last private owner of the castle was Lady Baillie, who purchased it in 1926 and refurbished its interior to transform the castle into an elegant country residence. She generously opened this gorgeous residence to the public in 1976.

Other than the magnificent castle and beautiful garden, the castle grounds have many other attractions, though some of which are not of our interests: a restaurant, kiosks and souvenir shops; an aviary housing over 100 species of birds from all over the world; a maze with a grotto; UK’s only museum of dog collars; kids’ playgrounds; its own vineyard; and even a golf course, though it is ugly to see it right next to the castle. There are also the Black Swan (a symbol of this castle) ferry boat and the ‘Elsie’ castle train that connects the main entrance and the castle, for alternative ways to explore the estate. All these attractions don’t come cheap – £18.50@adult. We are only interested in the castle and garden,but it is worth to pay up the high price to see this beautiful castle and its estate well taken care of.

Maison d’être Coffee House @ Highbury Corner

Highbury&Islington(ハイベリー&イズリントン)駅横のラウンドアバウト東側に最近出来たキュートなカフェ、Maison d’être(メゾン・デートル)。 黒く塗られた上品な外観とは対照的に、こじんまりした明るい店内は、フレンチ・カントリースタイルの使い古されたテーブルと椅子が並び、壁にはアートがさりげなく飾られたりと、まるでパリの裏通りにあるカフェのよう。カウンターの上には美味しそうなスウィーツ類、その奥には、紅茶専門店・teapigsのティーバッグが入った、可愛いイラスト付き容器とカップ&ソーサーがきちんと収まった備え付けの棚。レトロな牛乳瓶に無造作に活けられた花や、ミントの入った水のボトル、ジャムの瓶、アンティークのティーカップに入った砂糖が置かれたテーブル(写真)と、細部まで気配りがされている。

多くのケーキ類は手作りで、毎日配達されるケーキやパンは、グリニッチとノッティングヒルに店を構えるPaul Rhodes bakery(ポール・ローズ・ベーカリー)、そしてコーヒーはNude Espresso(ヌード・エスプレッソ)から仕入れている。サンドイッチ類や週末のブランチは作り置きせず、注文してから作るなど、フード&ドリンクにもこだわりがあり、オーナーは大層情熱を傾けているのだろうな、と感じられる良いお店。

***********************

追記:2年後、2013年6月。最近行ったけど、サンドイッチの味は低下。パンはモサモサし、食材の組み合わせも変だ。ひっきりなしに人が来るから繁盛しているみたいだが、テークアウェイの客を優先しているらしく、先に頼んでいたのに後回しにされ、そのことを指摘すると逆ギレ。サービスも悪い。写真の頃よりテーブル数を増やし、今は二人席サイズのテーブルばかりで狭い。子連れも多く、ゆっくりくつろげない、残念なカフェになってしまった。

Maison d’être coffee house is a cute newcomer on Highbury Corner, on the east side of a big roundabout, next to the Highbury and Islington tube station. On contrary to its chic black appearance, inside is bright and cozy, looking like a café on a small back street of Paris, with rusty French country style tables and chairs and art subtly decorated the walls. Everything is cute and well-thought in this place: handmade cakes and pastries on the wooden counter; antique cups & saucers and glass containers for teapigs‘ tea bags with illustrated labels, neatly placed on a wall cupboard; fresh flowers in an old milk bottle, a water carafe with mints inside, jam containers, and sugar in an antique cup on a table (photo); etc.

Maison d’être also pay a great attention to their food & drinks. Many of their delicacies and treats are home-made, as well as some cakes and bread are delivered daily from Paul Rhodes bakery, and their coffee comes from down-under coffee pioneer Nude Espresso. Also all the sandwiches and weekend brunch are freshly prepared to order. I can feel that the owners are very passionate about this place. Very nice café in Islington.

***********************

Two years on: June 2013. We went the cafe again after long break. Their sandwiches were deteriorated, with strange combination of ingredients and the bread was dry. Service was slow and rude, but to be fair, one person was bad but the other was always smiley but unfortunately serving other people. They seem to be doing well, as people came constantly, but because of that, the place was loud and no more relaxing again. They put more tables than you see in the photos, and you have to squeeze yourself at tinier space. Lots of mums & kids, lots of nomad workers (I am sorry but I don’t like people working at the café).

店の奥の小さな中庭でもお茶できる。

There is also a sitting area in a small garden on the back of the café.

トーストしたサワードウに、ヤギのチーズ、グリルした茄子、キャラメライズされたオニオンを挟んだサンドイッチ(£4.20/上)と生ハム、モッツァレラ、サンドライトマト、バジルのペストのサンドイッチ(£4.20/下)。サワードウは少し苦手だけれど、フレッシュで美味しい。デザートのフルーツタルト(£2/写真)は、カロリーを気にしなくても良いサイズで、味もパーフェクト。

Toasted sour dough sandwiches with goat cheese, grilled aubergine, caramelised onions (£4.20/above)  and prosciutto, mozzarella, sund dried tomato and pesto sandwiches (£4.20/below) – fresh and nice. A petit fruit tart (£2/photo) is guilt-free size and was gorgeous.

Double Portrait: Ida Barbarigo and Zoran Music @ Estorick Collection

The Estorick Collection of Modern Italian Art(エストリック・コレクション)は、イズンリントンの閑静な住宅街にあるCanonbury Squareに面した、イタリアのモダンアートを扱う小さな美術館。Estorick Collectionは、アメリカ人社会学者で作家のEric Estorickによって設立、彼が死の直前に設立したEric and Salome Estorick Foundationに自分のイタリア・アートのコレクションを寄付した。1998年に現在地に美術館がオープン。コレクションの柱は、ジャコモ・バッラウンベルト・ボッチョーニカルロ・カッラジーノ・セヴェリーニルイージ・ルッソロといった未来派の作品だが、ジョルジョ・デ・キリコアメデオ・モディリアーニジョルジョ・モランディマリオ・シローニマリノ・マリーニなどイタリア人アーティストのフィギュラティヴ・アートや彫刻作品も保有する。

現在は、「Double Portrait: Ida Barbarigo and Zoran Music」展(写真上から2、3番目)を開催中。コレクションの創始者であるエストリック夫妻とも交友のあった、オーストリア=ハンガリー帝国スロヴェニア生まれでベニスを拠点にした画家・Zoran Mušičゾラン・ムジチ)とその妻でベニス生まれの画家・
Ida Barbarigo(イダ・バルバリゴ)の回顧展で、絵画、写真、手紙などが展示されている(参照:artdaily)。

また、1階にあるイタリアン・カフェで、日替わりランチやイタリアン・コーヒー、ケーキを注文し、建物の外の庭にあるテーブルで頂くのもお薦め。カフェだけなら入場料不要です。

The Estorick Collection of Modern Italian Art is a small museum devoted to modern Italian art, facing Canonbury Square in Islington‘s quiet residential area. The Estorick Collection was founded by American sociologist and writer Eric Estorick. He set up the Eric and Salome Estorick Foundation
 prior to his death, to which he donated all his Italian works. The museum opened in 1998 in the current location, and the core of the collection is its Futurist works by Futurism’s main protagonists such as Giacomo BallaUmberto BoccioniCarlo CarràGino SeveriniLuigi Russolo and Ardengo Soffici, as well as figurative art and sculpture by Giorgio de ChiricoAmedeo ModiglianiGiorgio MorandiMario Sironi and Marino Marini, dating from 1890 to the 1950s.

Current exhibition at the museum is “Double Portrait: Ida Barbarigo and Zoran Music” (2nd and 3rd photos), a retrospective of husband and wife artists based in Venice and close friends of Eric and Salome Estorick, Slovenian-born survivor of a Nazi concentration camp Zoran Mušič and Venetian Ida Barbarigo, including paintings, photographs and ephemera (reference: artdaily).

Having lunch and Italian coffee with cake from an Italian café on the ground floor
at outdoor tables in their cozy garden  is another way to enjoy the museum – and it is free entrance for the café only!

**********

↓ 東日本巨大地震チャリティ情報 / Japan Earthquake & Tsunami Charity Information

Kensington Palace & Orangery

先日、入場券を2枚持っていた友人にご招待いただいて、ケンジントン宮殿に行ってきた。この日は風は少しあったけれど、春らしい日差しの気持ちの良い日で、宮殿も心なしかいつもより綺麗に見えた。ロンドンは天気が悪いととても陰鬱な感じのだが、お天気だと打って変わって魅力的に見えるから面白い。

ケンジントン・ガーデンズ内にあるケンジントン宮殿は、17世紀からイギリス王室の居住地となっていて、生前のダイアナ妃が新婚時から離婚し、若くして事故で亡くなるまで、ここに住んでいたことで知られている。今は、グロスター公爵リチャードケント公爵息マイケル王子夫妻など、王位継承権とはほど遠いマイナーな王族が住んでいて、ハリー王子の非公式の住居にもなっている。現在、2012年完成を目処に、1200万ポンドをかけた改修工事が行われており、敷地内は、所々掘り起こされていたり、植物の植えられていない更地があったりする。

宮殿の一部は一般公開されており、今年3月26日から2012年6月30日まで、Vivienne Westwood(ヴィヴィアン・ウエストウッド)や William Tempestなど、トップ・ファッションデザイナーたちの作品をインスタレーションした「Enchanted Palace」展を開催している。各部屋には、デザイナーたちが制作したドレスや帽子を使ったアート作品やインタラクティブアートが設置され、音響効果とともに、以前その部屋に住んでいた王族のメンバーにまつわるストーリーを物語る。入口では地図と部屋の案内、そして鉛筆を渡され、各部屋をまわりながら、その部屋にゆかりのある7人のプリンセス(王女)の名前を探して、書き込んでいくと言うゲームつき。思い描いていた伝統的な装飾品や家具、衣装の展示等は、不可思議なアート作品に隠れてあんまり見れず。学校のイースター・ホリデー中だったので、小さな子供たちがあちこちにうろうろしていて、宮殿というより、ディズニーランドの魔法の館といった趣。通常の入場料£13.75を払ってまで見たいと思わないけれども、現在も使われている宮殿の一部を見れたのはいい経験だった。イギリスのプリンセスたちに関する知識も増えたしね。

Last week, I visited the Kensington Palace with my friend who had two tickets and offered me one of them. It was a bit windy but pleasant day with warm spring sun, which made the palace look more magnificent than normal. London can be quite depressive when it is cloudy or rainy, but interestingly it looks beautiful when it is sunny.

The Kensington Palace has been a residence of the British Royal Family since the 17th century. It was the official residence of Diana, Princess of Wales since her marriage to Charles, Prince of Wales, even after her divorce until her accidental death in 1997. Now it is the official residence of less known members of the Royal family (The Duke and Duchess of Gloucester; the Duke and Duchess of Kent; and Prince and Princess Michael of Kent), but also used on an unofficial basis by Prince Harry. Currently the palace has been under £12 million renovation project that aims to complete by 2012, and I saw some grounds without plants and grass or some rough areas around the palace buidling.

Some rooms inside the palace are open to the public, and the palace currently hosts a temporary exhibition “The Enchanted Palace” (26 March 2010 to 30 June 2012), featuring the work of top fashion designers such as Vivienne Westwood, William Tempest and Stephen Jones. Each room tells a story about one of its former Royal residents, complete with sound effects, interactive exhibits and quirky artworks. A visitor is given a map with information of the rooms and a pencil, and looks for a name of seven princesses who used to live in the palace, while walking through the rooms. I expected to see the Royal palace with traditional and glorious decoration and furniture, but all these are hidden behind weird installations. It was during the school Easter holidays and small kids were all over the place, and the palace looked like the Magic Kingdom in the Disneyland, rather than the Royal palace. Though I am not sure if it worths an adult admission of £13.75, but it was a good experience to visit the Royal palace which is still in use. I also learned more about British princesses.

宮殿のゲートのデザインをあしらった、オリジナルのお土産類。丸い缶に入ったビスケット類は各£3.99、板チョコは£2.99。紙袋もクラシックな壁紙デザインで素敵。

Original souvenirs, with the design of the Palace gate. £3.99 for biscuits in a can, and £2.99 for a chocolate bar. The classic wallpaper design on the bags is also quite nice.

宮殿見学の後は、敷地内にあるOrangeryでお茶。1705年にアン女王の命により建設されたOrangery(オランジェリー:オレンジの木を栽培する温室)では、朝食ランチ、ケーキ類のほか、アフタヌーン・ティー(£14.85〜£33.75。2010年4月19日現在)が気軽に楽しめる。また紅茶類も豊富で、フレーバーを決めるのに迷ってしまう(ティーバッグとルーズリーフがあるので、こだわりのある方はメニューをチェックして)。温室だっただけあって、天井が高く陽当たりが良くて、とても気持ちがいい。天気がいい日は外にもテーブルが並ぶ。前に広がるお庭も、綺麗に手入れされている。

After visiting the palace, we had a cup of tea at the Orangery, which Queen Anne built in the grounds of Kensington Palace in 1705. You can enjoy afternoon tea (£14.85〜£33.75) as well as breakfastlunch, and cakes. The Orangery also offers one of the finest tea selections in London with over ten different flavours to enjoy. Sitting in this former greenhouse with high ceiling and nice sunshine coming through large windows is quite nice and relaxing. On a sunny day, it is a good idea to get a table outside, overlooking a peaceful garden.

Reblog this post [with Zemanta]