Tag Archives: Hamburger Union

Meatballs @ Farringdon Road, Clerkenwell

トレンディなレストランが集まる、クラーケンウェルのExmouth Marketに程近い場所に昨年秋にオープンしたMeatballsは、その名の示す通り、ミートボールの専門店。ミートボールと言えば、ニューヨークのイタリア系アメリカ人の代表的一品で、Café Pastaや今はなきHamburger Unionの創始者であるオーナーも、マンハッタンのお店「The Meatball Shop」からインスピレーションを得たそう。

Meatballsは、1870年に建てられた19世紀後半の典型的な労働者階級向け「chophouse(肉料理専門店)」のThe Quality Chop Houseだった場所にある。この建物は歴史的価値を有するListed Building(リスティッド・ビルディング)のGrade Ⅱに認定・保護対象となっているため、床に固定されたオーク材のテーブルや椅子、鋳物で装飾がかたどられた壁などは昔のまま(→詳細)。The Quality Chop Houseには、日本からロンドンに遊びに来た友人を連れて、一度食べに行ったことがある。ヴィクトリア時代の古き良きイギリスのたたずまいを残し、ステーキやラムチョップなど伝統的イギリス料理を出すこのお店に、また行きたいと思っていたのだが、残念ながら数年前に閉店してしまった。

メニューは、5種類+週変わりのミートボール(ビーフ、ラム、ポーク、チキン、ベジタブル:3個£4.45、追加1個£1.25)に、「underneath(*ミートボールを上からかけるため、その下にあるもの、と言う意)」のパスタ、マッシュポテト、PEARL BARLEY(はと麦)のリゾット(£2.95〜£3.95)を組み合わせる。またミートボールバーガーやSliders(ミニバーガー3個)、サラダ類、フライドポテトやロースト・キャロットなどの野菜のサイドディッシュ、デザート類もある。この日は、ポークとローズマリーのミートボール(+パルメザンチーズのクリームソース)とはと麦のリゾット、ビーフとリコッタチーズのミートボール(+トマトソース)とマッシュポテトの組み合わせで注文。Free Range(放し飼い)や高品質の肉類を使ったミートボールは、こねられ過ぎていてつくね状態で、ひき肉の食感がない(私はひき肉の形が残ってるものの方が好き)。はと麦のリゾットのプチプチ感もちょっとしつこく、やはり米のみか、はと麦にお米と混ぜた方が美味しい気がする。やはり正統派のトマトソースのミートボールに、マッシュポテトかスパゲッティ、が正解か。

とてもイギリスらしくて、いい雰囲気のお店なのだけれど、固定式の椅子は背もたれと直角で幅が狭く大層座り心地が悪いので、行かれる方は奥の普通の椅子に座ることをお勧め。

Meatballs is a restaurant dedicated to meatballs, as its name suggests, opened last autumn just few steps away from trendy  Exmouth Market. Meatballs is the best known Italian-American cooking in New York, and the owner of Meatballs, a founder of Café Pasta and late-Hamburger Union chain got an inspiration from The Meatball Shop, a popular Manhattan restaurant.

Meatballs is housed in Grade 2 listed building of the former Quality Chop House, built in the 1870s and rare example of a late 19th century working-class chophouse, offering traditional British food. The place preserves original Victorian decor such as oak benches and tables bolted to the floor and walls with ornate castings (→more info). I dined at the Quality Chop House once with my friend visiting to London from Japan. I wanted to come back to this atmospheric hearty British restaurant, but unfortunately it closed few years ago.

Meatballs offers five kinds of balls (beef, lamb, chicken, vegetarian courgette, and pork) as well as weekly ‘guest’ meatball (£4.45 for three; an extra ball for £1.25). You can order the balls together with ‘underneath’ (spaghetti, mashed potatoes, pearl barley risotto, and egg pasta: £2.95〜£3.95). There are also meatballs burger and ‘sliders’ (3 x mini burgers), as well as salads, side vegetables (french fries, peas, roast carrots, creamed spinach etc) and deserts (→menu). We ordered beef and ricotta balls with tomato sauce on buttered mashed potato, and pork and rosemary with a parmesan cream sauce on pearl barley risotto. Their meatballs with high quality meat were mashed too much  – I prefer the one retaining some shape of ground meat. Also the pearl barley risotto was not a good choice for meatballs. Rice only or mix with rice would be better, perhaps. I guess meatballs with tomato sauce & mashed potato or spaghetti is the safer option there.

I like their very Victorian interior, however, I have a recommendation for prospective customers – avoid the fixed wooden seats and take the normal chairs on the back room. These are very short in depth (for people with smaller bum??) and the back rest with 90º angle was very very uncomfortable…

Byron Hamburgers @ Wardour Street, SOHO

美味しいと評判で行ってみたかったプレミアム・ハンバーガーチェーンByron(バイロン)。でも今まで、ケンジントン&チェルシー等ロンドン西部にしかなかったので行けずじまいだったが、私たちの行動範囲内にもオープンした。場所はSOHOのど真ん中、Wardour Street 。70年代にロックファンのたまり場だったロック/メタルパブ、The Intrepid Fox(2006年に移転)のあった建物内にある。ロックやメタルファンのたまり場だった頃と打って変わって、明るくこぎれいになった店内は、ざっと白く塗られたレンガ壁やレトロ風の時計と、ヒップな照明、ダークカラーを基調にした革張りのソファやテーブル・椅子等、モダンなデザインがうまくミックスされている。私たちが行った時は偶然オープン初日の11月25日。3時間前にオープンしたという店内は、既にたくさんの人で賑わっていた。

そして美味しいと噂のハンバーガー。スコットランド・ハイランド地方の小農場で牧草で育てられたという牛の良質の肉を使ったパテは、ジューシーで赤みの多いレアに上手く焼かれていて、とろっととろけたチーズ、新鮮な野菜(トマト、レッドオニオン、レタス)と相まって噂通りの味。ただ、フレンチ・フライはラードが使われているのか(ラードを使うとサクッと揚がるからと、イギリスでは揚げ物によく使われる)、ちょっともそもそしてて期待はずれ。でも、オープン初日で、何と食事代金は無料(飲み物代別)!請求書をもらってからそう言われて、もっとオーダーすれば良かったと冗談を言い合った(そんな客が多いから、お店も会計まで言わなかったんだろう)。

私たちはハンバーガーが好きで、ランチで時々食べにいく。最初はHamburger Unionにはまり、その後味が落ちたと感じてからは(その後倒産したのか、再度経営者が代わり、最近、Hamburger +という名に変わったトッテナム・コート・ロードにある店で食べたが、ひどい味になっていた)、Gourmet Burger Kitchenに心変わり。Byronもこれから、ソーホーあたりに出かけた時のレギュラーのランチ場所になりそうだ。

The premium hamburger chain Byron, known for their ‘proper’ back-to-basic hamburger, just opened yesterday (Nov 25th) on Wardour Street, SOHO. We always wanted to go to Byron but their stores are all in the west part of London like Kensington and Chelsea, and we had never been – but now it is in our territory! It is located in the building used to be occupied by 70’s rock hangout, the rock/metal pub Intrepid Fox. Refurbished and transformed, this shabby chic restaurant with roughly painted white brick walls is decorated with retro clock, hip lighting, and modern dark-colored furniture. It was the opening day we passed by and found it by accident – just 3 hours after its door was opened to the public, but there were already many people enjoying their burger.

We got their highly reputed hamburger finally on our hands. The juicy patty, made with free range grass-fed beef from small farms in Scottish Highlands, was beautifully cooked rare and had a perfect match with melted Monterey Jack cheese and fresh vegetables (tomatoes, red onions, and lettuce). But I was not impressed by their French fries – cooked with lard (widely used for frying in UK) I assume. Good surprise was that we were told Byron offered all the customers free meals (except drinks) on their opening day, when we got the check. We were joking that we should have ordered more foods and probably all the customers thought the same, but I guess that’s the thing that Byron definitely wanted to avoid.

We love hamburger and we eat it for a lunch sometimes (but try not too often). First we became a regular to Hamburger Union but we turned to Gourmet Burger Kitchen when we thought that the taste changed to worse – now Hamburger Union seems to be liquidated and its management has changed (I couldn’t find any information for it, though). We went to Hamburger + (changed the name) on Tottenam Court Road and were hugely disappointed by their awful burger and espresso. Now Byron is added to our list of lunch places around SOHO.

Reblog this post [with Zemanta]

Premium Hamburger Chains in London

GBKFBC

この数年、健康志向+グルメブームを受け、ロンドンでは高品質を謳ったプレミアム・ハンバーガーチェーンが人気だ。それまでハンバーガー市場は、アメリカの2大バーガーチェーン、マクドナルドとバーガーキングの独壇場だったが、高級ハンバーガー市場ではGourmet Burger KitchenUltimate BurgerHamburger UnionFine Burger Co.等、イギリス系小規模チェーン店がしのぎを削っている。これらのハンバーガー・チェーンのハンバーガーは厳選された材料を使い店内で手作りされ、店内は、テイクアウトか「食べたらすぐ出る」形式の、いわゆるファーストフードではなく、モダンなカジュアルレストランのような装いだ。通常、カウンターで注文して支払い、オーダー品は席まで持ってきてきてくれる形式が多いが、レストランのように、席で注文するところもある。

私が初めて行った高級ハンバーガー店は、SOHOのDean StreetにあるHamburger Unionだった。ロゴも内装もモダン、道路に面する側はガラス張りで、広々とした店内も明るい。添加物を加えず、牧草で育った牛を使ったハンバーガーはジューシーで、ポルトガルのパンに挟まれて出てくる。値段もその頃、普通のハンバーガーで£3.95と他のチェーンより手頃だった。そのうち、エンジェルにも出来て、しばらく毎週日曜日はHamburger Unionに通っていたが、いつ頃からか値段が上がり(今は£5.95〜。その代わりサイズが大きくなったけど)、それと同時に味の方も前よりジューシーさが減って硬くなった気がして、最近はあまり行かなくなった。マネジメントが変わったんだろうか。その後、Fine Burger Co.(写真下。同じくエンジェルにある)やUltimate Burgerも試してみたが、今イチ。今は、Gourmet Burger Kitchen(写真1)に落ち着いている。

ロンドンに住む3人のニュージーランド人によって始められた(またもニュージーランド人!)Gourmet Burger Kitchen(GBK)は、イギリス、アイルランド、ドバイ、トルコに50店以上を展開する。メニューは、ニュージーランド航空の機内食を担当したこともある、シックなMarylebone High StreetにあるトレンディなThe Providores & Tapa roomのオーナーのニュージーランド人シェフ・Peter Gordonによって考案されただけあって、美味しい。ミディアムレアに焼き上げられた肉厚のパテはジューシーで柔らかい。かなりボリュームがあって、手で持って食べづらいので、ナイフとフォークで食べる(これがイギリスでは正統なハンバーガーの食べ方らしいが)。同じくボリュームのある大きく切ったポテトフライを頼むと食べきれないので、半分こぐらいでちょうどいいかも。私はここのハンバーガーをオーダーする時は、relish(レリッシュ、甘いソースのようなもの)抜きにしてもらう。お店の人によると、このレリッシュのファンの人もいるみたいだが、ここのレリッシュはかなり甘く、ハンバーガーと合わないような気がするのだが。

学生時代にニュージーランドに1ヶ月ホームステイした時はそれを意識することはなかったけれど、キーウィは陽気な隣人・オージーに比べて印象は薄いが(失礼!)、以前紹介したSacred CafeといいNude Espressoといい、意外とモダンでグルメの国なのだなあと見直したのだった。

In the recent years “premium” hamburger chains and independent restaurants have arisen, such as Gourmet Burger KitchenUltimate BurgerHamburger Union, and Fine Burger Co. etc, with Brits’ increasing appetite in more ‘gourmet food and healthy eating trend in UK. Before the premium hamburger came in, British hamburger market was dominated by the big 2 American chains, McDonald’s and Burger King. These premium hamburger chains sell burgers made of high quality produces and handmade on the premise, and look more like a casual modern restaurants than ‘take out’ or ‘eat’n go’ type of fast food chains. Normally you order & pay at the counter and wait for the food to be brought at the table, but Fine Burger takes an order at the table.

My first premium burger experience was at Hamburger Union on Dean Street in SOHO. Its logo and interior is pretty cool + modern, and the restaurant is airy and full of sun lights coming through large glasses faced on the street. Their hamburger made of grass-reared additive free beef is juicy, and comes in between Portuguese buns. The price was £3.95 for a hamburger and more reasonable than other premium burger chains. Then Hamburger Union was opened in Angel and it had been our regular Sunday lunch place for a while. But from some time, the price went up (now £5.95〜) and the patty got bigger. The patty got less juicy and harder, and I felt like the taste deteriorated. Maybe the management changed? We tried out other chains such as Fine Burger Co. (photo below. One is in Angel) or Ultimate Burger, but our current favorite is Gourmet Burger Kitchen.

Gourmet Burger Kitchen (known as GBK) was started by 3 New Zealanders (New Zealander again!) living in London, and has more than 50 stores (including franchise) in UK, Ireland, Dubai (UAE), and Turkey. Their delicious + unique menus with ‘kiwi’ touch were created by the New Zealand chef Peter Gordon, who designed Air New Zealand in-flight meals and owns trendy restaurant The Providores & Tapa room on chic Marylebone High Street. The medium-rare cooked patty is tender and juicy, and is pretty big – I cannot eat their big burger well with my hands and have to use knife and forks (I heard that this is a proper way to eat burgers in UK). The thick-cut chips (French fries in UK) is big as well and I cannot order chips with burger unless I have a companion to share with. I normally order their burger without the relish – though some people love it according to the waitress at the chain, but it is too sweet for me and it conflicts with the taste of meat.

Though Kiwis are a bit inconspicuous (sorry!) in compare to bubbly neighbor Aussies, and I never noticed during my one month home stay in New Zealand long time ago, but I am pretty impressed of their modern sense and great taste in food, like I wrote about Sacred CafeNude Espresso in my past entries!

Reblog this post [with Zemanta]