Tag Archives: handmade

Ginger & White Cafe @ Silver Place, SOHO

Ginger & White @ Silver Place, SOHOGinger & White @ Silver Place, SOHOGinger & White @ Silver Place, SOHO

犬も歩けばじゃないけれど、この不況下にも関わらず、ロンドンの街を歩くといつも新しい店やレストランが目に入る。ソーホーの小道にあるこの小さなカフェ・Ginger & Whiteも、最近発見した場所の一つ。2009年、ロンドン北部のハムステッドに、3人のコーヒー好きが開いた1号店を皮切りに、今年Belsize Park(べルサイズ・パーク)、ソーホーに2号店、3号店ができた。

Ginger & Whiteは、ロンドンの独立系カフェの成功方則をきちんと遵守。その一:ロンドン随一の焙煎業者・Square Mileで焙煎された、高品質で旬のコーヒー豆を使用。その二:美味しい食べ物。「slow food for busy people(忙しい人たちのためのスローフード)」をかかげ、イタリアやフランスなど流行のヨーロッパではなく、イギリスの美味しい食べ物を提供。信頼できるイギリスの生産者から仕入れた旬の食材や、The Flour Stationから仕入れたパンを使い、新鮮なサンドイッチやケーキを手作りしている。ただ小さい店だし、何しろ人の集まるソーホー、テーブル確保が難しいのが難点。

In London, we always find something new when we walk around. This small cafe on small alley in Soho, Ginger & White is one of our latest findings. Started by three coffee enthusiasts in Hampstead in 2009, the Soho branch is the third branch, after Hampstead and Belsize Park.

Ginger & White follows the golden rule for successful independent cafe in London. No.1: using quality seasonal coffee beans, hand roasted by Square Mile. No.2:  serving a good food. They offer “slow food for busy people,” and focus on British food. Their sandwiches and cakes are handmade, using the artisan produce of British farmers. Their artisan bread is handmade by The Flour Station, pairing it with seasonally changing ingredients. Well done. The cafe is tiny, so you may have to wait sometime to get a table.

Ginger & White @ Silver Place, SOHOGinger & White @ Silver Place, SOHO

Flat Whiteと、少しトーストしてバターを塗ったバナナ・ブレッド。美味!

Flat White & banana bread, slightly toasted and added a little bit of butter – yummy!

Advertisements

Natural Bristle Cushion Brush by G B Kent & Sons

獣毛のブラシが髪にいいと何かで読んだので、John Lewisオンラインショップで、G B Kent & Sons(Kent Brushes:G.B. ケント)のヘアブラシを買った。1777年創業のG.B. ケント社は、ジョージ3世から9代の治世に渡って王室御用達証を得てきた、由緒あるブラシメーカー。製造過程の多くは手作業で、今も「メイド・イン・イングランド」にこだわるお手頃なブラシも生産しているが、伝統的技術を使い、職人が手作業で仕上げる100%ハンドメイド製品は、その品質・使い心地に高い評価を得ている。

ケント社は、bristle(ブリッスル:動物の硬い毛)を使ったブラシと、品質へのこだわりに定評がある。インドや中国の業者から最高品質の天然豚毛ブリッスルを仕入れ、柄に使用される木材は持続可能な森林から伐採された、美しさ、木目、色、加工しやすさを鑑みて厳選されたもの。そしてゴム製のクッションは柔らかさと強さ、デリケートな頭皮への心地良さと共に、何年もの使用に耐える耐久性を持つ。無理にひっぱることなく絡まった髪をやさしくとかすため、毛先は注意深く丸くされている。

会社の歴史や詳細

私が買ったものは高価な手作り製品ではなく、ミディアムサイズ(19.5cm x 5cm)の天然黒色ブリッスルのゴムクッション・ブラシ、CSFM(£25)。製品説明には、「ブリッスルは、髪を清潔にし、艶を与え、頭皮を刺激する」とある。そのカーブのかかった柄は持ちやすく、手にフィットする。弾力性に富むブリッスルは気持ちよく頭皮をマッサージするのだが、何せ剛毛・多毛の持ち主なので、頭のてっぺんから後頭部まではいいのだが、そこから下は表面しかブリッスルが届かない。確かにブラッシングすると艶は出るのだが、しすぎるとちょっと油っぽくなり、ブリッスルが届かない毛先の辺りは静電気が起こって髪がフワフワ浮いてしまう。このブラシは、毛質が細くて毛量の少ないイギリス人のために作られたものだからだろうか。ブリッスルの感触は心地良いし、いいブラシには違いないのだと思うが、残念ながら、どうも私の髪質には合わないらしい。。。

I bought a G B Kent & Sons‘ hairbrush on John Lewis online shop, as  I read that animal hair brush makes hair healthy and shine. Founded in 1777, G B Kent & Sons, also known as Kent Brushes, is a manufacturer of high quality brushes in England, and has been granted of Royal Warrants for nine reigns from George III. The company continues to retain the craftsmanship and produces some of their brushes by hand with traditional methods (100% handmade range), as well as more affordable ones. And those are still proudly “made in England”.

Kent are renowned for their bristle brushes and their passion for high quality. The bristle is sourced from the finest bristle merchants in India and China. Timbers are chosen from sustainable forests throughout the world, selected for their beauty, grain, colour and suitability to be shaped, drilled and polished. Rubber cushions are selected for softness and strength, comfortable for delicate scalps but strong enough to be durable and withstand years of use. Plastic quills have carefully rounded ends to tease their way through tangled hair without pulling or tugging.

more details of the company

What I bought was not an expensive handmade one, but a medium sized (19.5cm x 5cm) pure black natural bristle cushion brush CSFM (£25). The bristle cleans hair, promotes shine and stimulates the scalp, according to Kent’s description. Its curbed handle nicely fits my hand and is easy to grip. The bristle is hard enough to stimulate my scalp comfortably. However, my hair is too thick and too many, and the brush doesn’t go all the way from the back of my head to down the edge… I can brush only top and side of my head, but not the bottom of my hair. Probably the brush is made for British fine hair type… The brush does make my hair shinier, but brushing too much make my hair a bit too greasy and causes static electricity. It is nice looking brush and the bristle feels great, but it doesn’t really work out for my hair type…

Vodpod videos no longer available.

Knitting & Handmade etc.

先日、Daily Candyをチェックしていて見つけたウェブサイト「Grannies Inc」。イギリス人Granny(おばあちゃん)が、100%イギリスで紡いだメリノウールを使って編んでくれる、カスタムメイドの毛糸の帽子、マフラー、リストウォーマー、スヌード(筒状ネックウォーマー)、ヘッドバンドをオーダーできる。さまざまなスタイルやパターン、編み方、色が選べ、リボンやぼんぼんなどのアイテム追加も可能。暇を持て余している編物好きのおばあちゃんたちに、生き甲斐+金銭的余裕を与え、しかも自分も儲かるなんて、なんて素晴らしいアイデアだと感動した。→参考記事

I found the website “Grannies Inc” the other day on Daily Candy daily newsletter. This online shop sells “design your own” “one-of-a-kind knitwear” “Granny-made in the UK” such as beanie, scarf, wrist warmer, snood and headband, using 100% British spun merino wool yarn. You can make your own design from different styles, textures, colors and added features. I thought it is a great idea to give knitting loving grannies meaningful work + extra income, and the shop makes a profit from it – it’s a win-win game! →related article

近年イギリスでは、エコ・ムーブメントや使い捨て文化への反動、不況、古き良き伝統への回帰、クリエイティブ指向などが相まって、ハンドメイドが流行中(関連記事)。イズリントンにある手作りワークショップ「The Make Lounge」はいつも大盛況。これまたイズリントンのCross Streetにあった人気の毛糸のお店・Loopも、今年6月にはアンティーク・マーケットで有名なCamden Passageに引っ越し(SMUGの隣)、3フロアに店舗拡大した。手作り品を売るアメリカのオンライン・コミュニティEtsyのイギリス版ブログも、盛り上がってるみたい。私も実は隠れ手作り大好き人間。友達には言っていないけどね:)

In recent years, all things handmade became trendy in Britain, due to the green movement, a backlash against our throwaway culture, recession and a nostalgic longing for creativity (related article). Handmade workshops at The Make Lounge in Islington are booked well (often sold out). A cute little yarn shop Loop, also in Islington, moved from Cross Street to Angel’s antique market Camden Passage (next to SMUG) this June , and now has a bigger space with three floors. An American ecommerce website selling handmade items Etsy‘s UK blog gets into swing. I love sewing and knitting too, and it’s my secret hobby that I’ve never told my friends :-)

Enhanced by Zemanta

SMUG Lifestyle Store @ Camden Passage

SMUGは、エンジェルの有名なアンティーク・ストリート、カムデン・パッセージにある小さなお店。前は通ったことがあるのだけれど、今日、Daily Candyのメールマガジンで紹介されたのを機に、行ってみた。センス良く飾られた、白やパステルカラーのレトロな家具が並ぶ2フロアの店内には、手作りのぬいぐるみ、クッション、ティータオル(洗い物を拭く布巾)、そしてミッドセンチュリーの食器類やグラス等、オーナーで、インテリア/グラフィック・デザイナーのLizzie EvansがデザインしたSMUGブランドや、自身がセレクトした、女性が好きそうなものが所狭しと並んでいる。今日は取りあえず、素敵なデザインのオリジナルカード(1枚£2.50)を2枚買った。自分用にはちょっと値段が高いかな、と思うものもあるけれど、ちょっと気の利いたプレゼントを探すのに使えそう。

ちなみにDaily Candyは、お店やレストラン、イベント、セールなど、タウン情報を発信するウェブサービスで、ニューヨークやロス等アメリカの主要11都市の他、ロンドン版がある。サイトに登録、好きな都市を選ぶと、月曜から金曜日まで毎日メールマガジンが届く。ロンドン情報を手に入れるのにとても便利なサイト。

SMUG is a cosy lifestyle store on Camden Passage, a famous antique street in Angel. I passed by some times, but I went inside for the first time, as Daily Candy talked about the store today. Inside of 2-floor store, chicly decorated with retro furniture in white or pastel colors, is full of goodies that women love – handmade soft animals, cushions, tea towels, mid-century glassware and kitchenware etc – designed or carefully selected by the owner and interior/graphic designer Lizzie Evans. I bought two cute cards today (£2.50@). Though some of the products are bit pricy for myself, it is a great place to find an unique and sophisticated present for your loved ones.

Daily Candy is a web service, delivering what’s going on in the city of your choice – restaurants, stores, services, events, sale and everything– via daily e-mail newsletter and its website. Currently the service covers 11 major US cities such as New York and LA, as well as London, the only city outside USA. Daily Candy is very useful for me o get an idea for my blog, as well as to look for a nice place to hang out.

Reblog this post [with Zemanta]

Kitchen Italia @ Covent Garden

Westfield shopping centre(ウェストフィールド:ヨーロッパ最大の都市型ショッピングセンター)に続き、コベントガーデンに最近オープンした、Kitchen Italia(キッチン・イタリア)の2号店。HushVillandryなどを経営する、元弁護士のJamie Barberがオーナーだ。入口はちょっとケバケバしいけれど、Wagamamaを思わせる長テーブルが何列か置かれた、カジュアルだけれどスタイリッシュな店内は、広々としていて明るい感じ。あのPizza Eastを手がけたのと同じ人物が内装を担当したそうだ。私たちは午後遅めに行ったのだけれど、出る頃にはすでに、シアターに行く前に食事に来た人たちが席を埋めつつあった。開店時間は、朝11時から夜11時半(日曜は10時半まで)。観劇の後でも食事できるよう、11時で閉まってしまう通常のレストランより少し遅くまで開いている。

キッチン・イタリアのフレッシュなパスタは手作りで、ピザは炭火で焼かれる。値段もリーズナブルで、パスタなどは全て10ポンド以下。メインはあまり種類はないけれど、炭火焼のステーキやチキンが£12.95でいただける。サイドディッシュもいろいろあるけれど、野菜類が少なく、ピザやフォカッチャ、ブレッドスティックなど炭水化物系が多くて、パスタと一緒に頂くにはちょっと重いかも。この日、私はカルボナーラ、Mはフレッシュトマトのパスタを注文。カジュアルイタリアンにしては、なかなか美味しい。カルボナーラも、生クリームを使った亜流ではなく、卵、パルメザンチーズ、パンチェッタ(ベーコン)を使った、正統派レシピだ。食後のカプチーノとエスプレッソに、一口大のイタリア製アイスクリームがついていたのも気が利いている。

ロンドンにイタリアンは数あるけれど、安っぽいインテリアの、ステレオタイプのイタリアン・トラットリアか、高級イタリアンが幅を利かせる中で、ついに、おいしいイタリアンを気軽に、かつ洗練された場所でいただけるレストランが、ロンドンの中心部に出来たのが嬉しい。

After the original in Westfield shopping centre, the second Kitchen Italia just opened in Covent Garden. The owner, Jamie Barber, is an ex-lawyer and also owns Hush and Villandry restaurants. Although the entrance is a bit flashy with bright electric signage, the interior is casual but stylish with Wagamama-ish wooden long tables, created by the same person who did Pizza East, and the place is spacious and bright. We went there late afternoon, but when we left, there were already many people coming for pre-theater dinner. The opening hour is 11am – 11.30pm (10:30pm on Sundays). It opens a bit longer than usual restaurants that close at 11pm, so that people can have late dinner without rush after the musicals or shows.

Kitchen Italia’s pastas are handmade and fresh, and pizzas are char-grilled. The price is quite reasonable – a variety of pastas are all below £10, and mains such as chargrilled thin steak and chicken are under £13, though not much choice. There are many side dishes on the menu, but not much vegetables and quite a lot of carbohydrates such as pizzas, foccacia, and bread stick, which are a bit too heavy for a stomach to have with pastas. On the day, I ordered spaghetti alla carbonara and M had fresh tomato spaghetti, and these dishes were quite good as in a casual Italian restaurant. Their carbonara is not a cheat with cream but with eggs, parmesan cheese and pancetta (Italian bacon), as in the traditional recipe. It was a good gesture of them to give us a small ice cream in a cute package, with cappuccino and espresso after meal.

There are numerous Italian restaurants in London, I am glad that finally casual but chic Italian place comes out, other than stereotypical cheap trattorias with red and white table cloths or posh Italian that charge you hundreds.

Reblog this post [with Zemanta]

Al Volo Italian Restaurant @ The Truman Brewery, Brick Lane

ブリックレーンOld Truman Breweryにあるカジュアル・イタリアン、Al Volo(アル・ヴォロ)。NUDE ESPRESSO CAFEROSA’Sと同じ通り、Hanbury Street沿いから入ったところにある駐車場にある。明るく暖かみのあるインテリアは、センス良くモダンにまとめられており、居心地もいい。ランチタイムとディナータイムの間もキッチンをクローズしないので、遅いランチや小腹が空いた時にも便利。スタッフの多くはイタリア人で、あまり忙しくない時間だったからか、テーブルで楽しくお喋りしていた。

Al Voloでは、antipasti(前菜)、Bruschette(ブルスケッタ)、Zuppa(スープ)Piadine(ピアディーナ), Pasta(手作りのフレッシュパスタとDe Cecco乾燥パスタのチョイス)、Secondi(メイン)、Insalata(サラダ)、 Contorni(サイドディッシュ)、Pizze(ピザ)、Dolci(デザート)と、軽食からちゃんとした食事まで、幅広いメニューの中から選べる。秋のシーズンメニューの中から私たちが今日オーダーしたのは、Penne all’arrabbiata(ペンネ・アラビアータ)とTagliatelle al pesto siciliano piccante(プラムトマト、薫製リコッタチーズ、松の実、アーモンド、にんにく、唐辛子、生バジルを使った、スパイシーなシチリア風ペストタリアテッレ)。クリーミーなタリアテッレのソースは、不味くはないけれど、何とも言えない不思議な味。でも手作りの生タリアテッレは悪くない。アラビアータはパスタの正統派、完熟トマトの自然な甘みが美味しい一品だ。食後のエスプレッソとカプチーノは、イタリア人の店だけあって、上出来だった。

毎日オープンしているが、Sunday UpMarketとThe Backyard Marketが開かれる日曜日は大変混むので、ゆっくり食事したければ、マケーット開催中は避けるのがベター。

Al Volo is a casual Italian restaurant in the Old Truman Brewery in Brick Lane, and it is facing the parking space on Hanbury Street, the same street of NUDE ESPRESSO CAFE and ROSA’S. This airy and cheerful restaurant is decorated modern and in good taste. They don’t close kitchen in between lunch time and dinner time, and it is good place to go for late lunch or snacks. Most of the staffs are Italians, and they enjoyed chatting as it was not a busy time when we went.

Their wide range of menu offers anything you want from Italian restaurant from nibbles to mains – antipasti (appetiszers), Bruschette, Zuppa (soup), Piadine (thin bread sandwich), Pasta (handmade fresh pastas and De Cecco dry pastas), Secondi (mains), Insalata (salads), Contorni (side dishes), Pizze (Pizza) and Dolci (sweets). From their Autumn menu, today we ordered Penne all’arrabbiata and Tagliatelle al pesto Siciliano piccante (spicy pest0 of plum tomatoes, smoked ricotta cheese, pine kernels, almonds, garlic, chilli pepper and fresh basil) – photo. Creamy Sicilian style pesto sauce was not terrible but I don’t know what to think – it is unfamiliar taste for me. However, handmade tagliatelle was not bad. Penne with nice and sweet sauce made of ripen tomatoes was pretty good – we loved it. Their espresso and cappuccino after the meal were very good – we can count on an Italian-operated place!

Al Volo opens everyday but can be very busy when Sunday UpMarket and The Backyard Market are held on Sundays, so better avoid Sunday during the markets, if you want to relax without hassle.

Reblog this post [with Zemanta]

Vapiano Pizza & Pasta Bar @ Oxford Circus

Va PianoVa Piano

オックスフォード・サーカス近くにあるレストラン、Vapiano(ヴァピアーノ)。ドイツ系パスタ・ピザチェーンで、ヨーロッパ、アメリカ、中近東に店舗展開している。ヴァピアーノは、通常のレストランとファースト・フードの中間のような形態で、店内に入ると、カウンターでチップ入りのカードを受け取り、カウンターで注文する時に、カードに注文が登録され、店を出る時に清算する仕組みだ。席でウェイターのサービスを待たなくてもいいので、せっかちの私にはとても嬉しいシステムだ。合理的なドイツ人に好まれそう。店で提供されるピザ生地とパスタは、客が見られるように店内のガラス張りのブースで作られ、店で使われるハーブ類もダイニング・エリアで育てている。注文を受けてからカウンターのオープンキッチンで手際良く作られる料理を、待ってる間に見ているのも楽しい。私たちはいつもパスタを注文するけれど、パスタは下手なイタリアレストランより美味しい。インテリアはいかにもチェーンの、ちょっと外したモダン系だけれど(特に2階の赤いレザーソファ)、2階建ての広々とした店内は、居心地もいいし、満席でがっかりすることもない。

The Timesのレストラン批評家が、ヴァピアーノのことを悪く書いていたが、書かれている程ひどくないと思う。それにロンドンには1軒しかないものの、チェーン・レストランを批評するのって、ロイヤル・ホストなんかを批評するようで、何だか違う気がする。かのThe Timesの批評家がチェーン店のことをこれ見よがしに書くなんて、御託を並べるのはちゃんとしたレストランだけにすれば?と思うのだが。

Vapiano is the German Pasta/Pizza restaurant chain that has expanded their business in the United States, Europe and the Middle East. Vapiano‘s concept is in-between fast food and casual restaurant. Each diner is provided a chip card that records an order at the food and drink counter, and you pay at the register when you leave the restaurant. It is great that I don’t have to wait for often slow service at the table, for a inpatient person like me. Maybe a German style practical system. All dough and pasta are manufactured on-site in a glass room so that customers can watch it, and all of the herbs and salad greens are grown in an enclosed space in the dining area. It is also fun to watch your made-to-order food being cooked in front of you at the counter, when you are waiting. We always order pastas and the pasta is not bad at all, or even better than bad Italian restaurants in the city. The interior of this spacious restaurant with two floors is typical chain restaurant modern with little sophistication (especially red sofas upstairs), but it is comfortable enough to stay for a while and you never get disappointed by finding no table available.

A food critique of the Times talked bad about Vapiano, but though there is only one restaurant in London, Vapiano is a chain restaurant and it is strange that “the Times’ food critique” criticizes about chain restaurant – it is like reviewing TGI Friday in a glossy newspaper magazine. Why doesn’t he mind only about ‘proper’ restaurants??

Va Piano

Reblog this post [with Zemanta]