Tag Archives: Harrods

My First Time at Heathrow Terminal 5

2008年3月にオープンした、ヒースロー空港のターミナル5(T5)。オープンから2年近く経つのに、今回がT5初体験。ヒースロー自体久しぶりだった。というのは、ロンドンに5つある空港のうち、ヒースローが一番うちから遠いので、利用はできるだけ避けていたのだ。

リチャード・ロジャース卿の主催するリチャード・ロジャース・パートナーシップ社(Richard Rogers Partnership)が設計し、生産設計はAviation Architects(航空建築家?)であるPascall + Watsonが担当したT5は、モダンなデザインで、広々していて、空港を覆っているガラスからは太陽光が気持ち良く降り注ぐ。このターミナルの計画は1989年に始まったのだけれど、政府の許可が下りたのは12年後の2001年。2002年9月に着工、総工費43億ポンドをかけて作られ、最先端技術が導入されたという、鳴り物入りのT5だったけれど、オープン初日から、手荷物処理システムに発生した不具合などにより手荷物取り扱いが麻痺、10日間で500以上の便が欠航になるなどのトラブルに見舞われ、出ばなをくじかれた。

T5は、ブリティッシュ・エアウェイズのみが利用するターミナルで、毎日250便以上が発着する。ターミナルには、ハロッズ、コーチ、プラダなどの高級ブランドやポール・スミス、テッド・ベイカー(Ted Baker)などのイギリスのブランド店や、手軽なチェーン系カフェから、セレブ・シェフのゴードン・ラムゼイ(最近、経営悪化が報道された)の「Plane Food」等ちゃんとした食事ができるレストランまで、ショップ飲食店100店以上がテナントとして入っており、時間つぶしにも事欠かない。

オンライン・チェックインを利用すると、待ち時間が短縮されるはずなのだが、行きは年末で利用客が多かったせいか、前日に米旅客機爆破テロ未遂事件があったせいか、理由は不明だが、「Fast Bag Drop」で荷物を預ける際、長い行列ができており、20分ほど待たされた。フライトの時間が迫って来たので、係員の誘導で半分ほど進んだ列を抜け出し、受付カウンターに連れて行ってもらったが、そうでなければ、倍の時間待たされただろう。おかげで、空港の店を見て回る時間もなく、Iris Recognition Immigration System(IRIS/虹彩認識入国システム。アイリス(虹彩)を利用した入国審査の自動化。現在、ヒースローとガトウィックで登録可)の登録もできなかった。

帰りは、イミグレーションで長い列ができていたけれど、幸いすぐ横のカウンターが開いたのですぐさまそちらに移動、スムーズに入国できた。でもヒースローのイミグレは時間がかかると悪名高いから(日本人の知人は1時間半かかったと言っていた)、次回ヒースローかガトウィック利用の際はIRISに登録しようと思っている。

After almost 2 years since the opening of Heathrow Terminal 5 (T5) in March 2008, I experienced T5 for the first time few weeks ago. I tried to avoid Heatrow Airport because it is furthest from my flat among five London airports.

T5, designed by architects from the Richard Rogers Partnership and its production design was completed by aviation architects Pascall + Watson, is modern and spacious, with abundant of light coming through the glass surfaces. The design of the terminal began in 1989, but government planning permission was only granted in 2001. The construction started in September 2002, and the building cost £4.3 billion to complete. T3 equips with the latest technologies, but its opening was tainted by malfunctioning baggage system which caused a huge disruption in baggage handling and cancellations of over 500 flights over the following 10 days of its opening.

Terminal 5 is used exclusively by British Airways, and more than 250 flights leave everyday. T5 contains more than 100 shops, ranging from top brands such as Harrods, Tiffany & Co, Mulberry and Prada to British cutting edge shops like Paul Smith and Ted Baker, and restaurants, casual fast food and cafes as well as stylish dinings such as celeb chef Gordon Ramsay’s “Plane Food” (recently reported that Ramsay’s business is in crisis, including this restaurant) – so you will never get bored if you arrive at T5 early.

Online check-in is supposed to reduce waiting time, but we had to wait about 20 minutes at “Fast Bag Drop”, until someone in charge of the queue saved us and took us to the counter when the departure time was approaching – we would have had to wait even longer if we would have arrived earlier. I don’t know if it is always like that, or because it was busy time at the end of the year, or it was just the day after a Nigerian man was arrested on suspicion of terrorism. No matter what the reason is, we didn’t have any time left to look around the shops or to register with Iris Recognition Immigration System (IRIS), which is available at Heathrow and Gatwick airports.

On the way back, there was a long queue at the immigration counters, but luckily a counter next to our line opened and we jumped on the new short queue, so we didn’t have to wait much. Heathrow is infamous for its waiting time at Immigration (my Japanese friend had to wait for 1 hour and a half!). Next time I go to Heathrow or Gatwick, I will definitely register with IRIS.

Reblog this post [with Zemanta]

“Made in England” Tea Towel @ Selfridges

Made in EnglandSelfridge

妹の誕生日プレゼントに買った、ティータオル(洗った食器類を拭く布巾)。オックスフォード・ストリートにあるデパート・Selfridgesの地下の台所用品売り場に設置された、国旗をデザインしたマグカップやティーポット、クッションカバー、ジャム等イギリス産の品物を集めたコーナーで見つけた。王冠のロゴに50年代風のデザインが可愛い。製造元のPintuckによると、デザイン、プリント、縫製まで全工程をすべてイングランドで行っているそうだ。イギリス土産にぴったりだ。

Selfridgesセルフリッジズ)オックスフォード・ストリート店は、ハロッズに次ぐイギリスで2番目に大きい高級デパートで、オックスフォード・ストリートで最大の店舗。アメリカ人実業家・ハリー・ゴードン・セルフリッジズによって1909年に創業、今年100周年を迎えた。買い物を単なる用事としてではなく、「fun adventure(楽しい冒険)」にしたいと考えた創業者の理念は今でも生きており、Selfridgesのユニークで遊び心のあるウィンドー・ディスプレイは、いつも話題をさらう。ちなみに、ショーウィンドウの導入や、店内にレストランとトイレを設けたのも、Selfridgesが最初なんだそうだ。Selfridgesの、流行を取り入れた品揃えやそのセンスの良さには定評があり、流行に敏感な若者にも人気。また中近東の金持ち御用達のデパートとしても有名で、外には何台もの運転手付き高級車が、Selfridgesの黄色い紙バッグをたくさん抱えて戻ってくる主を待っている。Selfridgesの店舗建築もまた優れており、オックスフォード・ストリート店はクラシックな外観だが、Future Systemsがデザインしたモダンなバーミンガム店は、市の新しいシンボルとなっている。

I bought this tea towel (dish towel, a cloth which is used to dry dishes and cutlery etc) for my sister’s birthday. I found it at the corner displaying “British products” such as jam, mugs and cushion covers with British national flags, in the kitchen and household department on the lower ground floor of the Selfridges Oxford street store. Its 50’s style design with crowns is very cute. As printed in the large letters, the towel is designed, printed, and sewn in England, according to the producer Pintuck – a perfect English souvenir.

Selfridges Oxford street store is the second largest store after Harrods in the UK, and the largest on Oxford Street. Founded in 1909 by American businessman Harry Gordon Selfridge, this up-market department store celebrates their 100-year anniversary this year. Selfridges was the pioneer of a modern department store, and was the first store to introduce show windows and set up restaurants and customers toilets. The founder’s idea to make shopping a “fun adventure” instead of a chore is still alive, and their unique and fun window displays always come up on peoples’ attention. Selfridges is a favorite department store of young and hip Londoners for its fashionable sense and selection of the trendy products. It is also known as a best-loved shop by rich Middle Easterners, and the expensive cars with chauffeurs are always parked outside, waiting for their ‘masters’ with handful of yellow shopping bags. Selfridge stores are known for architectural excellence. The exterior of Oxford street store is rather classic style, but the Future Systems-designed modern Birmingham store became a new symbol of the city.

Selfridges

Reblog this post [with Zemanta]