Tag Archives: healthy

American Burger Chains Come to London: Shake Shack

今年7月、偶然か否か、2つのアメリカのハンバーガーチェーンが同時期に、しかも共にコヴェントガーデンのそう離れていない場所に、共に初のロンドン支店をオープンさせた。私たちはイギリスに来る前にアメリカに住んでいたので、時々向こうのハンバーガーの味が恋しくなる。何がどう違うと言えないのだが、イギリスのハンバーガーとは微妙に違うのだ。これ幸いと早速、この2店を食べ比べてみた。

最初は、2004年にマンハッタンのマディソン・スクエア・パークにホットドッグの屋台として誕生したのが始まりのShake Shack。2005年には、New York magazineの「ベストハンバーガー」に選ばれた。現在、ニューヨークを中心にアメリカに20店舗、アメリカ国外にロンドン店を含む9店舗を展開する。

ロンドン店は、コヴェントガーデンのど真ん中、旅行者の集まるコヴェント・ガーデン・マーケット内にある。注文には列が出来ていたがスムーズに進み、待ち時間はそんなにかからなかった。注文の後は、カウンターで待つ必要はなく、注文の品が準備できると、手渡された手の平サイズの機器が知らせてくれるので、外のピックアップカウンターで食べ物を受け取る。マーケット内の建物内に大きな座席エリア、そして反対側の建物の外にもいくらか席が用意されているので、席探しに困ることもない。

さすが、デザイン・コンシャスなニューヨークのチェーンだけあって、ロゴもパッケージも洒落ており、防水加工した白いシンプルな紙のラッピングやシルバーのトレイも可愛い。そして、健康志向のニューヨーカーに支持されるよう、食材にも気を遣っている。パテは、ホルモン剤や抗生物質を使っていない100%ナチュラルなアンガスビーフを使用。お好みで、レタス、トマト、ピクルス、オニオンをトッピングできる。サイズはシングルとダブルがあるが、シングルはかなり小さいので、空腹の場合はダブルを。フレンチフライの揚げ油も、体に悪いトランス脂肪酸を含まない大豆油のみを使っている。フワフワの柔らかいバンズに挟まれたバーガーはフレッシュでジューシー、これぞアメリカ風ハンバーガー。結構好きかも。

Two popular American burger chains, Shake Shack and Five Guys, opened their first UK venues, both in July this year and both in Covent Garden, only few minutes away with each other, coincidentally or not. We lived in US before we came to UK and miss American burgers (I can’t explain, but something is different from British counterpart), so we tried them both.

First, Shake Shack from New York, started in 2004 as a hot dog cart in Madison Square Park in Manhattan. It was named “Best Burger 2005” by New York magazine. As of 2013, the chain has 20 restaurants in USA and 9 international locations including London.

London brunch is located at the heart of Covent Garden in the Market Building. There was a cue to order, but it moved quite fast. You don’t have to wait at the counter to pick up your food – you are given a small device that beep when your food is ready at pick-up counter outside. Very practical system. They have huge seating area inside the Market where you can feel al-fresco but protected by the roof, as well as smaller space on the other side, outside the building. Plenty of seats so that you don’t have to dash when you spot an empty table.

As you can imagine that the chain is from design-conscious New York, their logo and food packaging are cute, as well as the presentation of the food such as simple white grease-proof paper wrapping and silver tray. Healthy food is important for health-conscious New Yorkers, like Londoners. Their burger is made of freshly grounded 100% all-natural Angus beef cooked medium, and you can add lettuce, tomato, pickle or onion on your choice. Single size is rather small, so choose double if you are hungry. Their fries are 100% free of artificial trans fats and cooked in 100% soybean oil. Their burger with traditional soft bun is fresh and juicy, and real American. I like it.

Flatplanet @ Great Marlborough Street, off Carnaby Street

Carnaby Streetの北側、Great Marlborough StreetにあるFlatplanet。「ヘルシーなファストフード」を標榜、イギリス産有機栽培のスペルト小麦を使ったFlatbread(ピタナンのような平パン)に、チョリソ、モッツアレラチーズ、パンチェッタ、モロッコ風チキンなど地中海風トッピングをのせた、ピザのような食べ物が売り物。オーナーは、同じくヘルシー系ファストフードチェーン・Leonを立ち上げた人物。なるほど、店の健康志向コンセプトから、レトロで洒落たインテリアまでLeonとそっくり。私は、野菜と穀物をたっぷり使ったLeonのフードは、肉系の具の味を隠してしまって野菜の味しかしないので、肉好きの私には「健康的」過ぎて好きじゃない。それに比べ、Flatplanetのフラットブレッドは、パン自体はちょっともそもそしているけれど、具はフレッシュで美味しい。フラットブレッドの写真は撮りたてほやほやだけれど、店内の写真はかなり前に撮ったものなので、若干変わっているかもしれないのでご容赦を。

Flatplanet on Great Marlborough Street (just off Carnaby Street), is a fast food restaurant that offers a range of organic English spelt flatbreads with a variety of toppings inspired by mediterranean cuisine such as chorizo, mozzarella, pancetta and Moroccan chicken. The founder of Flatplanet is the same with Leon, another ‘healthy’ fast food chain. In fact, the two places look alike with their casual retro style interior as well as their ‘healthy fast food’ concept. I don’t fancy Leon’s food because they put too much vegetables and grains and I can’t taste my ‘meat’ – it is too ‘healthy’ for me. But Flatplanet’s flatbread was not bad – toppings were fresh & juicy, though spelt bread was rather dry. *A photo of flatbread is freshly taken, but I took the rest of photos quite a while ago, so it may have changed a bit.

Buffalo Soldier (front: £6.90 eat-in) and Meatball (back: £6.90 eat-in)

Comptoir Libanais: Lebanese Canteen & Delicatessen @ Wigmore Street

中近東料理レストランLevantPashaKenzaのオーナーで、アルジェリア生まれのTony Kitousが、ヘルシーでフレッシュなレバノンの家庭料理を気軽に楽しめる店を、とオープンさせたカジュアル・レバニーズ・チェーン・Comptoir Libanais(コントワール・リバネ)。「レバノンのカウンター」を意味する名前のこのお店は、ヨーロッパ最大規模の都市型ショッピングセンター・Westfield Shopping Centreにある一号店のほか、私たちが行った、ロンドンのショッピング・エリアであるオックスフォード・ストリートの北を平行して走っているWigmore Street店など、ロンドンに計4店を展開する。

オレンジ色のシェードが目印のカラフルなお店の中に入ると、長いショーウィンドーには、中近東のスイーツや、ファラフェルコフタなどをPita (ピタ:中近東のパン)でくるくる巻いたWrap(ラップ)、フンムスババ・ガヌージュタッブーレなどのメゼが並んでいる。その向かいは、可愛い買い物かごや、オリーブ油やクスクス、ピクルスなどの食料品が並ぶ大きな棚と細長い客席。奥には、キッチュなチューインガムのパッケージや巨大な女性の顔が描かれた壁に沿って、テーブルが並んでいる。メニューの表紙にも同じ女性の顔。メゼ類は単品でも頼めるし、何種類かのメゼがのったplatter(盛り合わせ)もある。今日注文したのは、Mezze Platter(1人分£6.75)、Coffee & Cardamom cheesecake(コーヒーとカルダモンのチーズケーキ£2.95)、レモネード(£1.80)とフレッシュミントティー(£1.80)。Mはピタが2枚しかついてなかったのが不満らしいけれど、メゼ・プラッターはフレッシュで味もまずまず。元フランス領だけあって、西洋風スイーツにハーブでひとひねりしたチーズケーキは、ちょっと大きすぎるけれど、甘すぎず、カルダモンの味がエキゾチック。

Comptoir Libanaisは、ちゃんとした食事と言うより、気軽に食べれるランチやおやつにぴったり。店内はキッチュで明るくて居心地もよく、私的には、椅子の座り心地が悪いYalla YallaよりComptoirの方が好きだな。

The owner of Middle Eastern restaurants, LevantPasha and Kenza, Algeria-born Tony Kitous opened casual Lebanese chain Comptoir Libanais (which means “Lebanese counter”) canteen and delicatessens, where you can enjoy healthy and fresh home-style Lebanese dishes. After the first restaurant at Westfield Shopping Centre, now the chain has total of four places in London, including the one we went on Wigmore Street, parallel to the biggest shopping area in London, Oxford street.

You can easily spot Comptoir with its orange shade, and when you go through the entrance, you see a long show windows filled with middle eastern sweets, wraps with falafel or kofta, and a variety of meze such as HummusBabaghanoush and Tabbouleh. In front of the show windows, there are big shelves with cute shopping bags, groceries such as olive oils, cous cous and pickles, as well as long and narrow colorful tables for seating. On the back is also a seating area, surrounded by the walls with kitsch illustration of chewing gum packages and a huge face of a Lebanese? girl. The same girl is on the cover of the menu as well. You can order mezze à la carte or a platter with several meze on one plate. Today we ordered Mezze Platter (£6.75 for one person),  Coffee & Cardamom cheesecake (£2.95), Lemonade (£1.80) and Fresh Mint Tea (£1.80). Although M was not happy that they gave him only 2 small pita bread, the meze platter was fresh and good. The cheesecake was a bit too big, but not too sweet and quite exotic – it is a good twist to add exotic herb to a Western desert.

Comptoir Libanais is more for lunch or afternoon snack than formal dinner, but it is pretty fun, cute and comfortable to stay. For Lebanese, I prefer Comptoir than Yalla Yalla, where is also cute but its chairs are really uncomfortable.

Reblog this post [with Zemanta]