Tag Archives: Hix

Frieze Art Fair 2011 @ Regent’s Park

今年で9年目を迎える、ロンドン最大のアートの祭典・Frieze Art Fair 2011(フリーズ・アートフェア)が今日から始まった(〜16日まで開催)。33カ国から集まった173のギャラリーが持ち込んだ、1,000人以上のアーティストたちの作品を一度に観ることが出来る(昨年のブログ参照)。

London’s biggest art event, Frieze Art Fair 2011 started today (til 16th, Sunday). It houses 173 galleries from 33 countries, showcasing contemporary art works of more than 1,000 artists (see also last year’s blog entry).

ゲルハルト・リヒターの「Strip 2011」。彼はこのフェアで最も作品が高く売れるアーティストで、現在彼の回顧展がテート・モダンで開催されている。この作品は既に売約済みで、そのお値段は不明だが、最低でも110万ユーロは下らないそう(参考:Evening Standard)。

Strip 2011 by Gerhard Richter, the most expensive artist in the fair, whose retrospective is currently running at Tate Modern. The work is already reserved, with estimated price of at least €1.1 million (see details at Evening Standard article).

Cornelia Parker(コーネリア・パーカー)の「30 Pieces of Silver」(参考:Evening Standard

Cornelia Parker’s 30 Pieces of Silver (see details at Evening Standard article)

ジュリアン・オピーの作品 /Julian Opie’s work

Warm Broad Glow” by Glenn Ligon

↑ 私のお気に入りの作品たち/These are the works I like in the fair.

会場内には、Gail’s Caféの他、HIXLocanda LocatelliSketch(VIPルーム内)といった有名レストランのブースも。

There are drinking & eating booths including Gail’s Café, as well as London’s popular restaurants such as HIXLocanda Locatelli, and Sketch (VIP room).

Advertisements

Frieze Art Fair 2010 @ Regent’s Park

アート雑誌・Friezeの発行者が主催する、Frieze Art Fair(フリーズ・アート・フェア。10月14〜17日)は、毎年10月にリージェンツ・パークで開かれる国際現代アート見本市。世界各国から約150の現代アート・ギャラリーが参加し、期間中約68,000人が訪れる。見本市と言っても、来場者全員がアート関係者やバイヤーではなく、その80%はアートを鑑賞しにくる人たちで、フェアはロンドンの文化的エンターテインメント、または社交の場ともなっている。

ギャラリーのブースの他、Frieze Projectsが委託したアート作品が展示され、Auditoriam(写真下)ではアーティストなどのトークやイベントが行われる。また会場はかなり広く、歩き疲れた来場者が一休みできるよう、美味しいパンで有名なGail’sや、寿司カフェのMoshi Moshi、レストラン&シャンパン・バーのHixも会場内に設置されている。

Frieze Art Fair is an international contemporary art fair that takes place every October in Regent’s Park, organized by the publishers of frieze magazine. Frieze Art Fair features more than 150 contemporary art galleries in the world, and attracts around 68,000 visitors. The purpose of the fair is selling work, but 80% of its visitors attend just to appreciate art and it has become also a London’s cultural entertainment and social event.

As well as gallery exhibitions, the fair also includes selected artists’ work commissioned by Frieze Projects, a talks program and an artist-led education schedule held at the Auditorium (photo below). The space is quite big and easy to get exhausted, but don’t worry. There are Gail’s serving beautiful pastries, Moshi Moshi sushi café, and restaurant & Champaign bar (of course, Champaign!) Hix are there to welcome you.

Frieze Projects作品の一つ、カルティエ・アワード2010受賞者で、日英ハーフのSimon Fujiwara(サイモン・フジワラ)の作品「Frozen」。会場の地下から架空の古代都市が発見されたというコンセプトのインスタレーションで、メディアでも取り上げられた(FT記事)。

One of the Frieze Projects commissioned work “Frozen” by 2010 Cartier Award winner and British/Japanese artist, Simon Fujiwara. He created an instllation based on the fictive premise that an ancient lost city has been discovered beniath the site of the fair. His unique concept attracts media attention (FT article).

Enhanced by Zemanta