Tag Archives: home electronics

Dyson DC34 Animal Exclusive Handheld Vacuum Cleaner

手持ちのハンディクリーナーが壊れたので、Dysonダイソン)のDC34 Animal Exclusive(£179.99)を買った。ダイソンは、インダストリアル・デザイナーであるジェームズ・ダイソンが1992年に立ち上げたイギリスの家電会社で、掃除機、ハンドドライヤー、ファンやヒーター等を製造・販売している。紙パックが不要なデュアルサイクロン式掃除機で名を挙げたダイソン社は、家電らしからぬユニークなデザインでも有名で、羽根のない扇風機&ヒーターは、近年のヒット商品となった。ちなみに、「ガイアの夜明け」というテレビ番組でも放送されたので、ご存知の方も多いと思う。

ダイソン社の製品は、ロボットっぽくいかついので、個人的には好みじゃないのだけれど、Mに吸引力が強いからと押されて、仕方なくこの製品に決めた。このモデルは人気なのか、Dysonのオンラインストアで品切れ状態だったので、「notify me」(商品が入荷したらメールで知らせてくれるサービス)に登録して待つこと数週間。やっと手に入れた代物だ(今日現在、また品切れ状態)。届いた商品を使おうと思ったら、Motorhead Assemblyモーターヘッド)が入っておらず、苦情を言って新たにパーツが届くまでさらに数日。ようやく使用可能状態になった。

プロモーションで、延長ホース、ソフトブラシツール、壁掛け用パーツ、ダイソンバッグ(計£60相当)がおまけでついてきた。重量1.53kgと思ったより軽いし、ハンドルも持ちやすいようデザインされている。コードレスなので、さっと使えるし、バッグ交換もしなくて良いので便利。吸入音はちょっと甲高いけれど、掃除機にしたら静かな方だ。掃除機というより、SF映画に出て来る銃みたいなこのハンディクリーナー、欲しかったおもちゃを手にした子供みたいに、Mは嬉々としてあちこち綺麗にして回ってくれるから嬉しい。

Our handheld cleaner was broken, so we bought Dyson‘s DC34 Animal Exclusive (£179.99). Dyson is a British technology company, founded in 1992 by industrial designer Sir James Dyson. The company designs and manufactures vacuum cleaners, hand driers, fans and heaters. Dyson became famous for its first dual cyclone vacuum cleaner DC001 which doesn’t need a bag, but also is known for its futuristic design, unlike other home electronics. You may know already, but recently bladeless fans & heaters got attention with its unique design.

I am not really fancy Dyson’s robot-like design which look too masculine. But M was succeeded to persuade me with DC34’s strong suction power. I guess this model is very popular, and it was not on stock at Dyson oneline store, so M registered with “notify me” to let him know when it is back on stock. Waiting for few weeks and finally we got it (as of today, it is not on stock again), but Motorhead Assembly was missing from the box! Few more days of patience, and now it is ready to use.

We got free extendable hose, soft dusting brush, wall mounting bracket and Dyson bag (worth £60) with promotion – great incentive. The cleaner is lighter than it looks (1.53kg), and the handle is easy to hold. It is cordless and doesn’t need a bag, so very convenient as well. The suction noise is high in tone, but not annoyingly too noisy. This handheld cleaner looks more like a gun in Sci-Fi movie, and M is so happy cleaning everywhere, like a kid with a toy gun!

ダイソンから届いた品々。右4品がおまけ / What we received from Dyson, including four freebies (right in the photo)

箱に入っていなかったモーターヘッド。でも迅速に対応・発送してくれた / Motorhead assembly was missing from the box, but was despatched swiftly

Another Sunday Market @ Shoreditch

Pizza Eastでロンドンでの今年初のランチをとった後、ぶらぶら歩いて、Shoreditch High Street駅から東、ブリックレーンに連なる道に出ているマーケットを見て歩いた。昨年、Shoreditch High Street駅がオープンしてますます再開発が進み、ヒップでトレンディになりつつあるショーディッチにおいて、猥雑なイースト・ロンドン的雰囲気を色濃く残すこのマーケットは、かなり衝撃的。駅の横の果物・野菜の屋台を皮切りに、日用品や電化製品、文房具、自転車用品、古着、アンティーク、中古家具まで、日常生活に必要な物が何でも手に入り、イタリアやフランスの食品を売る屋台もある。が、売っている物の多くは、安物かガラクタ、もしかすると盗品も混じっているかもしれない。

We walked around a market on a street connecting Shoreditch High Street station and Brick lane, after the first lunch in London this year at Pizza East. It is quite a shock to see such a market with stereotypical chaotic East London atmosphere in Shoreditch, where is becoming trendy and hip after a series of redevelopment projects together with an opening of the new station last year. Starting with fruits and vegetable sellers next to the station, you can basically buy anything you need for daily life from household products, home electronics, stationaries, bicycle parts, used clothing and accessories, second-hand furniture, antiques and all kinds of bric-a-brac, as well as Italian and French food – but unfortunately mostly cheap stuffs and junk, or even possibly some stolen things.

ヴィンテージ・ショップ、というか、店のおばちゃんが取りあえず売れそうな物を押し入れから引っ張り出してきたと言う趣の店。

Vintage shop, or just selling anything with a little value the lady has in her closet?

何故か、自転車パーツを売る店が多い。Brick Laneは盗難自転車を売っている事で密かに有名だが、そこで買った中古自転車をチューンアップするためか。

There are some vendors selling bicycle parts. Is it for a tune-up of a bicycle purchased from Brick Lane (known for selling stolen bikes)??

整然と並べられた日用品。この辺りまではまだ秩序がある。

A vendor selling household products. There is some order up to this point.

ロンドン版百均。

A London version of a dollar-store.

駐車場と思われるスペースに入ると、そこは品物が無造作に置かれ、ゴミが散乱するワイルドな空間。服や靴、がらくたが積んである入口には人だかりが。この中から何をどうやって探すんだろう??

When we entered a space supposedly used as a car-park on non-market days, it was a chaos – products and trashes were all over the place. There was a mountain of clothes, shoes and bric-a-brac. How on earth people find anything from it??

この無秩序さは、ロンドンというより、発展途上国のマーケットのよう。

This sort of disorder is more like a market in developing countries, rather than London.

後ろに見えるグラフィティがショーディッチらしい。

Graffiti behind is quite Shoreditch.

アンティークを売る屋台。何か掘り出し物があるかと思って見てみたけれど。。。

Antique? seller. We hoped that there might be something nice but…

雑多な人々、品物に圧倒される。友人や観光客にお薦めするようなマーケットではないけれど、ロンドンにはこういうところもあるという事で。

We were overwhelmed by people and stuffs. I don’t necessarily recommend the market for tourists or friends, but just to show another side of London, for your interest.

Enhanced by Zemanta