Tag Archives: Iceland

Tommi’s Burger Joint @ Marylebone Lane

今年6月下旬にMarylebone LaneにオープンしたTommi’s Burger Jointは、母国アイスランドに20店近いレストランとホテルを持つTomas Tómassonが創業した、アイスランドに5店舗有するハンバーガー・チェーンのイギリス第一号店(Tommiは彼のニックネーム)。

カジュアルでレトロな店内は、壁にアメリカのドラマや歌手、昔の映画等のポスターを飾ったりと、ディテールにも気が配られている。写真ではガラガラに見えるけれど、来店時、店内はほぼ満席、主に男性の一人客がクールにハンバーガーを頬張る姿が、妙に店の雰囲気とマッチしている。

メニューはシンプル、ハンバーガー(£5.30)、チーズバーガー(£5.80)、ベジタリアンバーガー(£5.30)、ステーキバーガー(£7.95)のバーガー4種に、フレンチフライなどのサイドが数品。Barons Courtにある名店・HG Walterから仕入れた肉を使用したパテは、アイスランドの店舗と同様、炭焼きのフレーバーを出すためアメリカのガスグリルで焼かれ、アメリカンダイナー風にレタス、トマト、オニオン、ケチャップと共にサーブされる。ミディアムに焼かれたチーズバーガーは柔らかく、噛むと肉汁がにじみ出、上手い具合にとろけたチーズとの相性も最高。Burger & Lobsterのポッシュなのじゃなく、この典型的アメリカンなバーガーが私は好きなのだ(Mは何故かあまり気に入らなかったみたいだけど)。ちなみに、アメリカ風バーガーの人気店・Meat Marketよりも、ここの方が雰囲気的にもいい。

カウンターに置かれたポットに入った、セルフサービスのアメリカン・コーヒーが無料なのも、気が利いている。

Tommi’s Burger Joint on Marylebone Lane, opened in late June, is the first UK venue of Icelandish burger chain with five sites across Iceland, which is founded by an entrepreneur Tomas ‘Tommi’ Tómasson who has launched nearly 20 restaurants and hotels in his native Iceland.

Inside is casual yet retro chic, paying attention to details such as classic movie posters and American memorabilia on the walls. It looks empty in my photos, but the diner was quite full when we got there. Many of customers were men alone eating a burger cool, perfectly fitting in this Americana venue.

The menu is quite simple: burger (£5.30), cheeseburger (£5.80), veggie burger (£5.30), and steak burger  (£7.95) + fries and some sides. The beef is sourced from the estimable butcher HG Walter in Barons Court (see Evening Standard). As with all sites in Iceland, burgers are cooked on an American gas grill to enhance the charcoal flavour, and garnished in the classic diner style with iceberg lettuce, tomatoes, chopped onion and Ketchup. The cheeseburger was medium cooked, fresh & succlent, and created a beautiful harmony with nicely melted cheese. Very American, and this is the kind of burger I like (though M was not so impressed as I was), not a posh counterpart at Burger & Lobster. Also I definitely prefer Tommi’s to another American style burger shop, Meat Market as well.

Free American coffee (self service from a thermos bottle on the side counter) is generous, and an extra nice touch to this characteristic burger place.

Advertisements

Air Traffic Chaos: UK Airspace Closed by Iceland Volcano Eruption

Vodpod videos no longer available.

今日、チューブ(地下鉄)に乗っている時、「本日、全てのロンドンの空港が閉鎖されています。でも理由は聞かないでください、私も聞いていません」という、ふざけた車内アナウンスが流れた。またテロ/テロ未遂か、と少し不安になったが、駅を出た後(ロンドンのチューブでは携帯は圏外で使えない)、iphoneでニュースをチェックしたら、アイスランドで火山の噴火があって、その火山灰が気流に乗って北ヨーロッパに飛んできているので、イギリスの全ての空港が閉鎖、フライトも正午から土曜日午前7時(金曜2:45pm現在。イングランドとウェールズに限り。スコットランド、北アイルランドは午後7時より再開)まで全てキャンセルになった。スカンジナビア諸国、アイルランド、ベルギー、オランダも空域を閉鎖。シャルル・ド・ゴール空港をはじめ、フランスの多くの空港も閉鎖されたそうだ。→ヨーロッパ各国の様子はこちらで。

*現在のヨーロッパの空港・フライト運行状況は、ここをクリック(金曜午後19時現在)

*明日土曜日のロンドン発着のブリティッシュ・エアウェイズのフライトは全てキャンセル(金曜午後20時現在)

*ライアンエアーは、月曜日13時 まで、ヨーロッパ北部の全てのフライトをキャンセル(金曜午後20時現在)

*イギリス空域の閉鎖は、日曜午後7時まで延長(土曜午前4時現在)

*イギリス空域の閉鎖は、月曜午前7時まで延長日曜午後3時現在)

*現在のヨー ロッパの空港・フライト運行状況は、ここをク リック(日曜午後18時30分現在)

*イギ リス空域の閉鎖は、月曜午後7時まで延長(月曜午前2時現在)

*イギ リス空域は、火曜日午後10時より飛行可能。

理由は、火山灰が飛行機のエンジンの中に入り込み、灰が中に溜まるとエンジンが詰まってしまうので、このような状況の中を飛ぶのは非常に危険だとのこと(BBC解説より)。自然災害によって、このように大規模にフライトがキャンセルされたのは「unprecedented(前代未聞)」の出来事だそう。NATS (National Air Traffic Services:イギリス航空管制公社)は、飛来してきた火山灰を収集・分析し、状況を判断して、明日7時以降のフライト状況が決定するそうだが、European air traffic control organisation(ヨーロッパ航空管制協会)によると、さらに2日は空の交通の混乱が続く可能性がある(BBC報道より)とのこと。

フライトがキャンセルされた場合、EUの法律によると、航空会社は、乗客に対して、予約をキャンセル・返金または、新たにフライトを予約するという選択肢を与えないと決められている。European Consumer Centre for Services(欧州消費者サービスセンター)によると、もし乗客が後者を選んだ場合、航空会社は、次の便までの食事や飲み物、ホテル(必要な場合)、空港とそのホテルまでの交通、そして2本の無料通話を、乗客に提供することと定められている(詳細はGuardian記事参照)。航空会社が要求されなくてそこまでするかは怪しいけれど。でも、近くのホテルは一杯で、明日まで空港で過ごすはめになった人もいて、大変だなあと思う。旅行保険は、自然災害によるフライトのキャンセルによる損害をカバーするものもあれば、しないものもあるそうなので、保険の契約の際は、面倒だけれど、小さい字で書かれた長ったらしい規約を読んでおいたほうがベター。

Today, there was a crazy announcement when I was in Tube – “currently all the London airports are closed, but don’t I ask me why ’cause I don’t know” (I am not sure if this is the exact words, but something like that). I was worrying if another terrorism or something bad happened, and checked my iphone for the information. There was a volcanic eruption in Iceland and all no-emergency UK flights have been cancelled from noon until Saturday 7 am at earliest (as of Friday 2:45pm, for England and Wales. Scotland and Wales will resume the service from 7pm), due to the ash cloud is drifting with the high altitude winds throughout northern Europe. Scandinavian countries, Ireland, Belgium, and Netherlands are in the same situation, and many airports in France have been closed, including busy Paris Charles de Gaulle Airport. → See photos of other European countries here.

* Click here for current situation of European Airports and airspace as of Friday, 19:00

*All the British Airways flights from & to London is canceled for all day tomorrow, Saturday

*Ryanair has cancelled all of its flights across northern Europe until Monday at 13:00 BST

* UK air restrictions extended till 7pm on Sunday (as of Sunday 4am)

* UK air restrictions extended till 7am on Monday (as of Sunday 3pm)

* Click here for current situation of European Airports and airspace (as of Sunday 18:30 pm)

* UK air restrictions extended till 7pm on Monday (as of Monday 2am)

* UK airspace now open from 10pm on Tuesday.

The reason for this large scale flight cancellations is that the ash could pose a very serious hazard to aircraft engines: if volcanic ash particles are ingested into a jet engine, they accumulate and clog the engines with molten glass (see details in BBC website). This is unprecedented and the first time in living memory that “an act of God” natural disaster created such giant no-fly zones. NATS (National Air Traffic Services) is collecting and analyzing the ashes in the air, and will decide when it will be safe to resume air traffic. However, the European air traffic control organisation has said flights could be disrupted for another 48 hours (BBC report).

If your flight is cancelled, your airline is obliged to offer you a choice, under European law: you can either cancel your booking and get a refund, or rebook on a new flight. If you choose rerouting, the European Consumer Centre for Services says you should be entitled to meals and refreshments, hotel accommodation (if necessary), transport between airport and accommodation, and two free telephone calls (see details in the Guardian article) – though I am not sure if airlines offer all these services without request from their customers. Some people have to stay overnight at the airports, because all the hotels nearby are fully booked – what a pity. Some travel insurance seems to be willing to pay for the damages, but some others won’t cover because the cancellation is due to a natural disaster, not manmade – that’s another reason to read lengthy small prints in your contract before you sign it.

Reblog this post [with Zemanta]