Tag Archives: industrial designer

Heatherwick Studio: Designing the Extraordinary @ V&A

ヴィクトリア&アルバート博物館(V&A)で開催中の「Heatherwick Studio: Designing the Extraordinary」展(5月31日〜9月30日)は、ロンドンを拠点とするデザイン&建築事務所Heatherwick Studio(ヘザーウィック・スタジオ)の初の大規模展。V&AのBritish design展の関連イベントで、オリンピック前後に開催される文化イベント・London 2012 Festivalの一環でもある。

Heatherwick Studioは、革新的技術と素材を用いた公共記念建造物や3次元作品で有名なイギリス人インダストリアル・デザイナー、Thomas Heatherwickトーマス・ヘザーウィック)が1994年に設立した。かのサー・テレンス・コンランがヘザーウィックを「Leonardo da Vinci of our times(現代のレオナルド・ダ・ビンチ)」呼んだそうだが、ちょっとそれは大げさとしても、彼の作品は創造性に富み、見ていて楽しい。ただ展示室であるporter gallery(ポーター・ギャラリー)は狭すぎて、展示品は模型や写真が多いにしても、彼の作品の型破りなスケールが表現しきれていない気がする。

→ 写真参考サイト: BBC news

V&A’s “Heatherwick Studio: Designing the Extraordinary” (May 31 – September 30) is the first major solo exhibition of the work of Heatherwick Studio. It is a part of a season of events celebrating British design at the V&A and also the London 2012 Festival, a series of cultural events taken place around London Olympic 2012.

Heatherwick Studio is a London-based design and architecture studio, founded in 1994 by Thomas Heatherwick, who is an English industrial designer known for innovative use of engineering and materials in public monuments and sculptures. It is said that Sir Terence Conran called Heatherwick as the “Leonardo da Vinci of our times”. It is a bit of an exaggeration, but his works are creative and fun. The  porter gallery where the exhibition is taken place, is too small for his large scale works, even for its prototype and photos, and a bit claustrophobic.

→ more photos: BBC news

Cromwell Roadに面した博物館の入口に設置された、白く塗られ逆さまに吊り下げられたロード・コーンのインスタレーション / Traffic Cone Installation with upside-down traffic cones painted white at V&A entrance on Cromwell Road

ロンドン名物として親しまれたRoutemasterルートマスター)の特徴である、開放式後部プラットフォームを備えた新しい二階建てバス、「ニュー・バス・フォー・ロンドン」。現在数台が38番ルートを運行中。

New Bus for London‘, incorporating an open platform which is a feature of the iconic Routemaster. Currently it is operating only on No.38 route (not all of them).

先端に種子が入った6万本のアクリル樹脂の針が突き出た、上海国際博覧会のイギリス館「Seed Cathedral(種の大聖堂)」/ British national pavilion “Seed Cathedral” at the 2010 Shanghai World Expo

「Spun(スパン)」チェアー(2012)。博物館の中庭でトライできる。バランスを保つのがなかなか難しい / ‘Spun’ chairs  (2012). Public can try them in V&A’s courtyard. It is quite difficult to keep a balance

Dyson DC34 Animal Exclusive Handheld Vacuum Cleaner

手持ちのハンディクリーナーが壊れたので、Dysonダイソン)のDC34 Animal Exclusive(£179.99)を買った。ダイソンは、インダストリアル・デザイナーであるジェームズ・ダイソンが1992年に立ち上げたイギリスの家電会社で、掃除機、ハンドドライヤー、ファンやヒーター等を製造・販売している。紙パックが不要なデュアルサイクロン式掃除機で名を挙げたダイソン社は、家電らしからぬユニークなデザインでも有名で、羽根のない扇風機&ヒーターは、近年のヒット商品となった。ちなみに、「ガイアの夜明け」というテレビ番組でも放送されたので、ご存知の方も多いと思う。

ダイソン社の製品は、ロボットっぽくいかついので、個人的には好みじゃないのだけれど、Mに吸引力が強いからと押されて、仕方なくこの製品に決めた。このモデルは人気なのか、Dysonのオンラインストアで品切れ状態だったので、「notify me」(商品が入荷したらメールで知らせてくれるサービス)に登録して待つこと数週間。やっと手に入れた代物だ(今日現在、また品切れ状態)。届いた商品を使おうと思ったら、Motorhead Assemblyモーターヘッド)が入っておらず、苦情を言って新たにパーツが届くまでさらに数日。ようやく使用可能状態になった。

プロモーションで、延長ホース、ソフトブラシツール、壁掛け用パーツ、ダイソンバッグ(計£60相当)がおまけでついてきた。重量1.53kgと思ったより軽いし、ハンドルも持ちやすいようデザインされている。コードレスなので、さっと使えるし、バッグ交換もしなくて良いので便利。吸入音はちょっと甲高いけれど、掃除機にしたら静かな方だ。掃除機というより、SF映画に出て来る銃みたいなこのハンディクリーナー、欲しかったおもちゃを手にした子供みたいに、Mは嬉々としてあちこち綺麗にして回ってくれるから嬉しい。

Our handheld cleaner was broken, so we bought Dyson‘s DC34 Animal Exclusive (£179.99). Dyson is a British technology company, founded in 1992 by industrial designer Sir James Dyson. The company designs and manufactures vacuum cleaners, hand driers, fans and heaters. Dyson became famous for its first dual cyclone vacuum cleaner DC001 which doesn’t need a bag, but also is known for its futuristic design, unlike other home electronics. You may know already, but recently bladeless fans & heaters got attention with its unique design.

I am not really fancy Dyson’s robot-like design which look too masculine. But M was succeeded to persuade me with DC34’s strong suction power. I guess this model is very popular, and it was not on stock at Dyson oneline store, so M registered with “notify me” to let him know when it is back on stock. Waiting for few weeks and finally we got it (as of today, it is not on stock again), but Motorhead Assembly was missing from the box! Few more days of patience, and now it is ready to use.

We got free extendable hose, soft dusting brush, wall mounting bracket and Dyson bag (worth £60) with promotion – great incentive. The cleaner is lighter than it looks (1.53kg), and the handle is easy to hold. It is cordless and doesn’t need a bag, so very convenient as well. The suction noise is high in tone, but not annoyingly too noisy. This handheld cleaner looks more like a gun in Sci-Fi movie, and M is so happy cleaning everywhere, like a kid with a toy gun!

ダイソンから届いた品々。右4品がおまけ / What we received from Dyson, including four freebies (right in the photo)

箱に入っていなかったモーターヘッド。でも迅速に対応・発送してくれた / Motorhead assembly was missing from the box, but was despatched swiftly

Dieter Rams Exhibition @ Design Museum

デザイン・ミュージアムで、3月9日まで開催中の「Dieter Rams」展を見てきた。ドイツ人プロダクトデザイナーであるDieter Rams(ディーター・ラムス)は、20世紀後半で最も影響力のあるインダストリアルデザイナーの一人に数えられる。ラムスは1955年に独・家電メーカーのブラウン社に入社。1961年にデザインのチーフ・デザイナーに就任し、1998年の定年まで40年以上に渡って500以上の製品をデザイン・監修した。シンプルだけれどもエレガントで、機能的な彼のデザインは、インダストリアルデザインにおける「機能主義」派に分類される。

この展覧会では、ラムスの手がけたブラウン社と家具メーカーのVitsœ社の製品とともに、アップル社や無印良品、深澤直人等、彼の影響を受けた、現代のデザインも展示されている。簡潔で無駄がなく、気をてらわないラムスのデザインは、時が経っても飽きがこないから、壊れるまで安心して使える。自己主張しすぎず、他の製品ともしっくりくる。これぞプロダクトデザインの鑑。展示スペースもすっきりとモダンにデザインされており、なかなか見応えのあるデザイン展だ。

I saw the Dieter Rams exhibition (until March 09) at the Design Museum. The German product designer Dieter Rams is one of the most influential industrial designers of the late 20th century. Rams joined the German consumer electronics manufacturer Braun in 1955, where he became chief of design in 1961. He had designed and supervised more than 500 products in over 40 years, until his retirement in 1998. His design, simple but elegant and functional, is categorized as the Functionalist school of industrial design. The exhibition presents Rams’ landmark designs for Braun and furniture manufacturer Vitsœ, as well as his influence on today’s design such as products by Apple and Muji.

Rams design is clean, straightforward, and enduring, so we can use it until it gets broken, without getting tired of it. It doesn’t scream out for an attention, and fits to anything, anywhere. This is a model product design. The exhibition space is well organized and nicely designed – it is worth a visit if you like modernism.

Reblog this post [with Zemanta]