Tag Archives: Institute of Contemporary Arts

The ICA Café and Bar @ The Mall

The ICA Café and Barは、その名の通り、ICA(Institute of Contemporary Arts)内にある、カラフルな内装のカフェ&バー。DJブースもある中2階(写真上)と1階のスペースにわかれており、時にパーティや映画のスクリーニング、ライブ、クラブ・ナイト等のイベント類なども行われる。トラファルガー・スクエアやバッキンガム宮殿、St. James Parkに近いせいか、いつも結構混んでいる。以前は、ここに入るのに£2の入場料がチャージされていたのだが(ICAの映画のチケットを持っていれば無料)、それがなくなったことも、人気の理由か。私たちのような映画を観に来た人以外の客、特にグループで飲みにきている若い人たちが多いからか、はたまた音響のせいか、いつ行ってもかなりうるさいので、カフェでゆっくりしたいのであれば、お薦めしない。

このカフェ&バーは、大英図書館The Wellcome Collection(医学をテーマとするユニークな博物館。でもけっこう洒落た展示デザインで面白い)、最近ユーロスターの発着駅としてリニューアルしたセント・パンクラス駅等に出店しているロンドンで人気のカフェ・ベーカリー、Peyton and Byrneのオーナーで、St. Jame’s ParkにあるInn the Parkナショナル・ギャラリー内のThe National Dining Rooms and National Cafeといったレストランを展開する、アイルランド出身のOliver Peyton(オリバー・ペイトン)が手がけている。フード・メニューは、ハンバーガーやパスタ、サラダなど。カジュアルだけれど、ちょっと気の利いた品揃えだ。オリバー・ペイトン系だけあって、もちろんスィーツ類もある。ドリンク類は、コーヒー、紅茶、フレッシュジュースから、ワインやビール、リカー、スピリッツ等のアルコール類も充実。凝ったカクテルも楽しめる。でも凝りすぎてて、1杯のカクテル作るのに一体どれだけ時間かかるんだ?というくらい待たされたけど。ちなみに、当日のICAの映画の半券を持っていくと、バーガー類+ワインかビール1杯がついて£8.95(ウェブサイトには£7.95とあるけれど、実際は£8.95だった)と、お得なセット価格でいただける。

The ICA Café and Bar is a colorful café & bar at ICA (Institute of Contemporary Arts), as its name suggests. The space has a mezzanine with DJ booth at one corner and ground floor bar café area, and occasionally hosts private party and events, music performances, film screenings and club nights. The café & bar is always busy, as it is located on the Mall near the Trafalgar Square, Buckingham Palace and St James’s Park.  The ICA used to charge £2 entry charge for the café & bar (free of charge for ICA ticket holders), but now it is free – probably that’s another reason for its popularity. The place can be quite noisy, as many people come just for a drink, other than gallery exhibitions and films, especially a group of 20s or 30s somethings, as well as the sound system in the building – therefore, I wouldn’t recommend this place for quiet and peace time with a cup of coffee or tea.

The ICA Café and Bar is produced as a collaboration with renowned Irish restaurateur Oliver Peyton; a founder of popular cafe/bakery Peyton and Byrne, tenanted at the British LibrarySt Pancras International station (reopened recently as a new Eurostar terminal) and the Wellcome Collection (an unique medicine-themed museum with modern exhibition design), and the owner of Inn the Park located in St. James’s and The National Dining Rooms and National Café, at the National Gallery. The food menu offers casual dishes such as  burgers, salads, pasta and soup, but a bit more sophisticated than an usual café & bar. As Oliver Peyton involves, some nice sweets are available as well. Their drink menu ranges from non-alcoholic drinks such as coffee, tea and fresh juices to a wide range of alcoholic drinks like wine, beer, liquor and spirits, as well as a variety of cocktails. The cocktails seems so complicated that the waiter took ages to make one glass and kept us waiting at the counter!  If you have a cinema ticket stub for the day, you can have any burger plus a  glass of wine or beer for a discounted price of £8.95 (their website says £7.95, but it was £8.95).

Reblog this post [with Zemanta]

Movies + Gallery @ ICA

ICA galleryICA membership
最近、ICA通いが続いている。バッキンガム宮殿やトラファルガー広場の近くに位置する、Institute of Contemporary Arts (ICA)は、小さいながらも、現代美術ギャラリー、映画館(2スクリーン)、ブックストア、バーが併設された、文化施設。トークショー、ライブ、クラブナイトなど、多彩なプログラムを展開する。

ICAへは映画を見に行く事が多い。ICAでは、インディペンデント系や外国映画を上映していて、日本映画もよくやっている。最近ではさくらん東京ソナタ、また今日終了した国際交流基金(The Japan Foundation)の企画した「Reality Fiction: Japanese Films Inspired by Actual Events」では、実際の出来事に触発された新旧の日本映画6点が上映された。日本映画は、通常の映画館ではあまりやっていないのでありがたい。しかし、最近の日本映画は、映像的にはきれいだけれど、50、60年代のような、社会問題に切り込んだ迫力のある作品がなく、少し物足りないなと思う。日本の映画黄金時代の作品は、時折、BFI Southbankで、黒澤明小津安二郎大島渚今村昌平等の大監督の作品を上映している。

ギャラリーでは、現在、アメリカ人映像作家・ショーン・スナイダーのイギリスでの初めての個展、「Sean Snyder, Index」を開催中。冷戦からイラク戦争まで、日常生活をドキュメントしたビデオ、写真が展示されている。ウクライナの村立美術館の様子を撮影したソビエト映画のビデオインスタレーションは興味深かったが、後の作品は少しインパクトがなかった。

I had several chances to go to ICA recently. Institute of Contemporary Arts (ICA), located near Trafalgar Square and Backingham Palace, is a small cultural complex containing modern art gallery, cinema, book store, and bar. ICA has a variety of cultural activities such as talk show, live, and club night. 

I sometimes go to see a movie to ICA. ICA cinema with 2 screens shows independent, art-house, and foreign movies, including Japanese movies. Recently, I saw Sakuran, Tokyo Sonata, and some of the ‘Reality Fiction: Japanese Films Inspired by Actual Events‘ series organized by the Japan Foundation. Recent Japanese movies are well shot and atomospheric, but don’t have much impact nor analyze social problems, like Japanese movies in 50’s and 60’s. You can see movies in the golden times at BFI Southbank, such as Kurosawa, Ozu, Nagisa Oshima, or Shohei Imamura etc.

At the gallery, first solo exhibition in a British institution of the American Artist Sean Snyder, ‘Sean Snyder, Index‘, just opened. The exhibition includes video installation and photos, documented the daily life from the Cold War to the Iraq War. The video installation about the village museum in Ukraine, filmed by Soviet Union, was fascinating, but the other works are something we have seen already, and have less significant, to my eyes.