Tag Archives: Jean Cocteau

‘The Da Vinci Code mural’ at ‘Cocteau Chapel’ @ China Town

ジャン・コクトーが描いた壁画のあるNotre Dame de France(ノートルダム・ド・フランス)教会のことを知ったのは最近のこと。ロンドンの住人の間でもほとんど知られていないフランス系の小さな教会のことが、日本のガイドブックに載っていたと、ロンドンに旅行に来ていた旧友が教えてくれたのだ。思うと、偶然が重なって、この教会に行き着いた。春にコート・ダジュールを旅行した際、マントンコクトー・ミュージアムと、コクトーが1957年に壁画を描いた、ヴィルフランシュ=シュル=メールにあるサン=ピエール礼拝堂を訪れたのが最初。その後、何年も前に友人に譲ってもらったのに開かずにいた、ダン・ブラウンダ・ヴィンチ・コードを何故か読み始めたのだが、ダ・ヴィンチ・コードで、コクトーがシオン修道会歴代総長の一人として取り上げられ、このロンドンのノートルダム・ド・フランス教会が一時舞台となっていたことは、全然知らなかった。そして、20年以上ぶりに会う友人からの情報。特段、コクトーファンでもないのだが、この数ヶ月の間にコクトー関連の出来事を幾つも経験したことに、少し驚いている。

この「コクトー・チャペル」は、チャイナタウンとレスタースクエアの間の小さな通り、知る人ぞ知るPrince Charles Cinemaのすぐ側にある。中に入ると、多くの男性が頭を垂れて座っている。最初、なんて信心深い人たちだろうと思ったのだが、よく見ると場所柄か、ホームレスか酔っ払いが、入場無料の教会で居眠りしていただけだった。

ロンドン駐在のフランス文化アドバイザーに請われて、コクトーが教会内に壁画を描きにロンドンにやってきたのは、1959年11月。戦時中の爆撃による教会の修復工事中に、たったの9日で壁画を完成させたそうだ。聖母マリアに捧げたという壁画は、受胎告知キリスト磔刑被昇天の3枚のパネルで構成され、入口正面のメインの祭壇ではなく、左側の防護用ガラスに覆われた小さなスペースにある。中程にあるキリスト降誕を描いたモザイクはコクトーの作品ではなく、ロシア人アーティストのBoris Anrepのもの。コクトーがアルファベットの「M」を配したパネルでモザイクを覆ってしまったため、2003年のクリーニングの最中に再発見されるまで、教会自身もその存在を何故か知らなかったという。残念なことに、現在「M」パネルは祭壇から外され、物置のような近くのスペースに飾られている。

防護ガラス越しではかなり見にくいのだけれど、近年いたずら書きされ修復せざるをえなかったことを考えると、仕方がないのかもしれない。黒い太陽の周りに光の輪が加えられ、コクトーの署名の下に、自身の署名かどうか分からないが「T_A*」と書かれていたそうだ。幸い表面に埃がたまっていたため、最悪の事態は逃れ、昨年修復が終わった。

コクトーの壁画には、通常カルトのシンボルである黒い太陽や青いバラなど、通常の教会では使われないシンボルやサインが描かれている。また、レオナルド・ダ・ヴィンチの最後の晩餐の中で、キリストの腕とキリストの横にいる人物(ヨハネというのが通説だが、マグダラのマリアとの説も)が「M」を形作っているように見えること、そしてMがマグダラのマリアの暗示しているようにもとれることなど、ダ・ビンチコードを読んだ後では、全てが謎めいているように思える。そのため、コクトーの壁画への落書きが、シオン修道会または、敵対するオプス・デイのメンバーだとする陰謀説も根強い。

何を言っているかさっぱり分からないと言う方、ダ・ヴィンチ・コードを読んで、その後West End Extraの記事が取り上げている陰謀説を読むと、色々想像が膨らんで面白いですよ。

→コクトーの壁画の詳細と落書きされた様子はInternational Timesサイト
I happened to know about this mural with coloured line drawing by Jean Cocteau in a small church of Notre Dame de France, from my friend from Japan visiting London. Several things related to Cocteau that I’ve experienced in few months are pure coincidences to me. First, I went to Côte d’Azur in Spring and visited Cocteau Museum in Menton as well as Chapelle Saint-Pierre (Saint Peter’s Chapel) in Villefranche-sur-mer, restored and decorated by Cocteau in 1957. After the trip, I started to read Dan Brown‘s famous The Da Vinci Code, many years after a friend of mine gave it to me, without knowing Cocteau is mentioned in the novel as one of the Grand Masters of Priory of Sion and his mural at “Cocteau Chapel” in London. Then my friend whom I haven’t met over 20 years told me about the chapel.

“Cocteau Chapel” is located on a quiet side street between China Town and Leicester Square, next to the Prince Charles Cinema. When I entered the chapel, I saw quite a lot of people sitting with their heads down on church chairs. I thought how religious they were, but I was wrong. They were probably homeless or drunk, just getting a sleep in a church with free entrance.

Cocteau came to London to paint the murals in Our Lady’s chapel with a request by France’s cultural adviser in London, during a restoration of the church due to wartime bomb damage. He finished this work just 9 days in November 1959. Cocteau’s mural is not behind the mail altar, but in a small corner on the left, protected by glass windows. The murals, dedicated to the Virgin Mary, are consist of 3 panels: the Annunciation, the Crucifixion and the Assumption. Mosaic of the Nativity on the altar is not by Cocteau, but by the Russian artist Boris Anrep. Cocteau covered the mosaic with his ‘M’ panel, and the Church didn’t know about the mosaic for some reason, and rediscovered it in a 2003 cleaning operation. Now Cocteau’s panel was removed for the respect to Anrep, and is hung nearby space, sadly surrounded by some junks.

I couldn’t see the mural well through the protecting glasses, but probably it is necessary as the mural had to go through restoration due to the recent vandalism: someone painted a light circle around the black sun, and added “T_A*” under Cocteau’s signature. Luckily the dust accumulated on the surface protected the mural from total destruction.

This Cocteau’s mural include some unusual symbols and signs, and stir  speculation of its meaning, such as the blue rose at the bottom of the crosswhich is a well-known occult symbol as is the black sun. ‘M’ altar panel may refers to Leonardo da Vinci’s Last Supper with M-shape made by the arms of Jesus and the figure on his right, or initial of Mary Magdalene. The vandalism over the mural also caused conspiracy theories suspecting that it was done by a member of Priory of Sion or Opus Dei.

You don’t know what I am talking about? It is too complicated to explain here, so if you are interested, please read The Da Vinci Code and then the West End Extra’s article about conspiracy theories.

→Also see International Times website for detailed descriptions of the mural and photos before the restoration.

コクトーの自画像(右下)/ Cocteau’s Self-Portrait (bottom right)

Agon / Sphinx / Limen @ Royal Opera House

先日、生まれて初めて、ロイヤル・オペラ・ハウスにバレエを観に行った。私は、ダンス自体はは好きで、モダンダンス、フラメンコ、ベリーダンス、インド舞踏等は見に行ったことがあるのだが、これまでバレエにはあんまり食指が動かなかった。どちらかというと、ああいう優雅な踊りよりも、情熱的で躍動的なものの方が好きなのだ。それに男性のあのピチピチのタイツは、贅肉のない美しい肉体のダンサーが身にまとっていたとしても、どうしても好きになれない、ていうか目障りでさえある。それなのにどうしてバレエを見に行ったか?それは、私たちが好きな、デジタルカウンターを使ったインスタレーションで世界的に知られる現代美術家・宮島達男氏が、3演目のうちの1つの舞台美術を担当したからだ。

今回観に行った、ロイヤル・バレエによる「Agon / Sphinx / Limen」は、いずれも30分弱のモダンバレエ演目の3本立て。何しろバレエに関してはド素人。おこがましいのでバレエの批評は控え、簡単な解説を。Agonアゴン)は、イーゴリ・ストラヴィンスキーが、名振付師ジョージ・バランシン率いるニューヨーク・シティ・バレエ団のために作曲、1957年に初演された。Sphinx(スフィンクス)は、オイディプース神話を元にジャン・コクトーによって書かれた「地獄の機械(The Infernal Machine)」にインスピレーションを得た作品。アメリカ人振付師Glen Tetley(グレン・テトリー)が、1977年にアメリカン・バレエ・シアターのために振り付けを担当した。スピンクス(Sphinx)とオイディプース(Oedipus)、そしてエジプトの黄泉の国に死者を導くというジャッカルの頭の持つ神・アヌビス(Anubis)の3者によって繰り広げられる。

そしてお待ちかねの、宮島氏がステージデザインを担当したLimen(ライメン)。Limenは心理学用語で「閾(いき)」、「ある刺激の出現・消失、または二つの同種刺激間の違いが感じられるか感じられないかの境目。また、その境目の刺激の強さ」を意味する。フィンランド人作曲家Kaija Saariaho(カイヤ・サーリアホ)氏が作曲、振り付けは、映画「Harry Potter and the Goblet of Fire(ハリー・ポッターと炎のゴブレット)」も担当したロイヤル・バレエ団の振付師Wayne McGregor(ウェイン・マクレガー)が手がけた。幕開けは、LEDデジタルカウンターを投影した半透明のスクリーンの後ろでダンサーたちが踊るシーン。刻々と変わる数字が動きを変えながらスクリーンに浮き上がる中、ダンサーたちの姿がぼんやりと浮かぶ様は、とても幻想的。そしてスクリーンが上がり、明るくなった舞台の上で、カラフルな衣装に身を包んだダンサーたちが舞い踊る。再び明かりが落とされると、次に違った色の光の帯が暗い舞台に投影される。踊りよりも、ダンサー達の影が光の帯の上に落ちる様に、つい目がいってしまう。最後は、暗闇の中、バックの壁に、青いLEDライトが、違う間隔でついたり消えたりする。だんだん点灯するLEDライトが増えていき、壁が徐々に舞台前に迫って来たところで、フィナーレを迎える。

バレエ自体は、引き締まった体でしなやかに踊る様は優雅だと思ったけれど、はっきり言って印象に残っていない。バレエではなくLimenのステージデザインを目当てに行ったので、最上階の一部が見えない安い席を買ってしまったからかもしれない。そしてやっぱり、遠くからでもピチピチタイツの苦手意識は克服できなかった。宮島氏は舞台デザインは初めてだと言うが、アーティストだけあって、彼の色をうまく生かしたミニマリスト的なアプローチは夢幻的で、光と闇を上手く表現していて、バレエというよりアート・インスタレーションのよう。観に行って良かった!

I went to see a ballet at l Opera House for the first time in my life. I like dance, and have been to modern dance, Flamenco, Belly Dance, Indian dance etc, but I’ve never been really keen to see a ballet – one reason was that I prefer more energetic and exciting movement than elegant ballet, and another reason was that I just can’t stand the tights of male ballet dancers, even on their beautiful toned bodies. The reason why I went to see the ballet is because Japanese visual artist Tatsuo Miyajima designed the stage of one of the program.

What I saw is the Royal Ballet triple bill “Agon / Sphinx / Limen” – all short contemporary ballet programs less than 30 minutes each. I am completely novice in ballet, so I won’t make any comment on the ballet dance itself, but a little explanation of the programs.

One of the 20th century’s leading choreographers, George Balanchine’s Agon is his final collaboration with Igor Stravinsky and the first stage performance was given by the New York City Ballet in 1957. Sphinx was inspired by the French playwright Jean Cocteau‘s 1934 play ‘The Infernal Machine’, a variation of the Oedipus legend, and it was originally choreographed for American Ballet Theatre in 1977 by the American choreographer Glen Tetley. It is a trio for the Sphinx, Oedipus and Anubis, the jackal-headed god who shepherds the dead into the Egyptian underworld.

Then Limen, which was designed by Miyajima and what I was looking for. Limen, a word that relates to ideas of limits and thresholds, is the work by Wayne McGregor , the Company’s Resident Choreographer who also choreographed the film Harry Potter and the Goblet of Fire, with music by Finnish composer Kaija Saariaho. The first scene is the dancers moving behind a half-transparent screen on which tumbling and spinning digital numbers are projected – it was very mysterious and dreamlike. Then the screen rises dancers in electric color costumes come on the stage with slowing changing colors. In the third scene, the light is turned down, and five different color stripes appear on the dark stage. My eyes were caught more by the shadows of the dancers casted on the stripes, rather than dancers themselves. Final act is performed in front of a giant wall of blue LED lights flashing on and off at different intervals, and the wall slowly approaches to the front of the stage as the number of LED increases little by little – and over.

To be honest I don’t have a strong impression about the ballet performance the night, though I admit that the dance was graceful and elegant. Maybe because I bought cheap seats on the upper balcony with restricted views – as my intention was to see the stage design of Limen by Miyajima. I also failed to change my negative view against male tight costumes! It is said that this is the first experience for Miyajima to design a theater stage, but his minimalist approach with superb use of different colors and light and darkness was pretty effective and it was like a beautiful art installation. I am glad that I went!


Reblog this post [with Zemanta]