Tag Archives: Job

Wanted: Housekeeping Assistant for Buckingham Palace

10月21・22日付のTelegraph(テレグラフ)紙Sky Newsで、エリザベス女王や王室に仕えるハウスキーピング・アシスタント(所謂メイド)募集が、王室公式ウェブサイトに掲載されたとの報道があった。王室メンバーやゲスト用ベッドルーム52室、大広間19室、78ものバスルームを含む部屋数775室を誇り、年間5万人の貴賓やゲストが訪れる、世界で最も有名な王宮であるバッキンガム宮殿で働けるなんて、滅多にないチャンス。しかも王室のマナーやエチケットを学べ、履歴書の超目玉にもなる。申し込み締め切り日はあいにく10月26日だったらしいが、約1200人もの従業員を擁する王室のウェブサイトの求人情報には、随時求人が掲載されている。

私たち日本人=外国人には縁のない仕事だと思うけれど、女王陛下に仕えるメイドとは、どんな待遇でどんな仕事内容なのか見てみるのも面白い。給料は、週40時間労働で年£14,200(約182万円)、週換算だと£273(約35000円)。食事と寝室は無料提供される。広告(下の画像)には多くの仕事内容がリストアップされているが、要はレベルの高い掃除、骨董品や調度品のお手入れ、そして来客のお世話等々。年間3ヶ月は、女王のお供で、バルモラル城、サンドリンガム・ハウス宮殿(Sandringham)、ウィンザー城など他の宮殿に滞在しなければならない。適性として、フレンドリーで礼儀正しく几帳面、高いタイムマネジメントスキルを持ち、仕事に優先順位をつける事ができ、信頼に足り、時間に正確、そしてハイスタンダードのサービスやケアを供する事ができなければならないという。メイドと言えどさすが王室、かなりハードルが高い。一体どんな人が合格したのか見てみたいものだ。

According to the news on Telegraph (Oct 21) and Sky News (Oct 22), the Queen put an advert on the official website of the British Monarchy, looking for housekeeping assistant who works for her. It is a great experience, working at the Buckingham Palace, the most popular royal residence in the world where more than 50,000 people visit each year, with 775 rooms including 52 royal and guest bedrooms, 19 state rooms and 78 bathrooms. You can learn royal etiquettes, and it will be a great addition to your CV or résumé, or at least, you have so many things to talk to your friends & family. Interested? Unfortunately, the application deadline was October 26 and it was too late. However, the monarchy employes around 1,200 people, and you can check the vacancies online for other jobs.

It is interesting to see what you would get and what you would do, if you could get the job. The wage is £273@week or £14,200@year for 40-hours@week labour, and food and accommodation is provided. There is a long lists of tasks on the advert (see the job description below), but in short, the post-holder is responsible for “high-quality cleaning, presentation and guest care,” and is required to travel to other Royal residences such as Balmoral, Sandringham, and Windsor, for three months of the year. She (or he?) must: be friendly, polite and meticulous; possess good time management skills; be able to prioritise tasks; be reliable; be punctual; and commit to maintaining and providing the highest standards of service and care. I would really want to see who got this job!

Grand Opening of Westfield Stratford City: the Biggest Shopping Centre in Europe

2012年オリンピック・パークの横に建設されていた、ヨーロッパ最大となるショッピングセンター、Westfield Stratford City(ウェストフィールド・ストラットフォード・シティ)が、今日オープンした。その初日には、開店特別割引を求めて1万人以上の人々が来店、何人かは一番乗りを目指して20時間も行列を作って待っていたそうだ。ロンドン市長ボリス・ジョンソンやオーストラリア資本のWestfield group関係者によるお決まりのテープカットで開店。オープニングイベントとして、元プッシーキャット・ドールズのリードシンガーでF1ドライバーのルイス・ハミルトンの彼女、ニコール・シャージンガーのパフォーマンスが行われた。→ 写真や詳細はこちら: Telegraph | Daily Mail | the Sun

Shepherd’s Bush(シェファーズ・ブッシュ)のWestfield London(オープン3年経ってもまだ行ったことがないけど)に続いて出来たこのショッピングセンター、総工費は約14.5億ポンド。サッカー場約25つ分の190万平方フィート(約17万6516平方メートル)の広さを誇り、John Lewis(ジョン・ルイス)やMarks and Spencer(マークス&スペンサー)の2大デパートを含む300以上のショップ、飲食店約70軒、ホテル3軒、14スクリーンある映画館、ボーリング場、そしてイギリス最大のカジノ(カジノがイギリスで合法だと知らなかった)がテナントとして入っている。まだオープンしていない店舗もちらほら見えるけれど、クリスマスまでには全て開店する予定。来年のオリンピックの大きな目玉の一つになると期待されている。このショッピングセンターの開店に伴い、店員1万人を含む約1万8000の仕事が創り出され、そのうち約20%の仕事は地元の失業者に割り当てられたそうだ。

この華々しい巨大ショッピングセンターのオープンは、IOCがどれだけ美辞麗句を並べ立てようが、オリンピックが大ビジネスであることを思い出させる。オリンピックを主催するには、何と言っても投資とお金が必要で、貧乏国には無理。その証拠に、2004年のホスト国ギリシャが巨額のローンを抱えて、破綻寸前のはご存知の通り。別に商業主義を批判している訳じゃないし、お金を出すならリターンを求めるのは仕方ないことだと思うけれど、オリンピズムなど白々しい理想論を掲げて、誤摩化さなくてもいいんじゃないかと思う。どうせ皆知ってるんだし。

The Europe’s biggest shopping centre, Westfield Stratford City located next to the 2012 Olympic park in east London, opened its door to the public today. Over 10,000 shoppers, some queued for up to 20 hours, flowed in the shopping centre to grab a bargain with Day One special discounts, and enjoyed a performance by Nicole Scherzinger, the former singer of the Pussycat Dolls and girlfriend of F-1 driver Lewis Hamilton, as well as less excited ceremony of cutting ribbon by London mayor Boris Johnson, together with gangs of the Australian Westfield group. It will be one of the big attraction for visitors to next summer’s Olympics. → See photos & details: TelegraphDaily Mail | the Sun

A sister mall of Westfield London in Shepherd’s Bush (I still haven’t never been after 3 years of opening!)this £1.45 billion & 1.9 million ft² (=about 25 football pitches!) shopping centre houses more than 300 stores, including John Lewis and Marks and Spencer occupying large areas of the mall,  70 restaurants, a 14-screen cinema, three hotels, a bowling alley and the UK’s largest casino (I didn’t know that casino is legal in UK). However, some retail spaces are still unopened but are expected to open before Christmas. It is estimated that the centre has created around 18,000 permanent jobs including 10,000 in shops, about 20% of which went to the local long-term unemployed.

This event is another reminder for me that the Olympic is all (at least big part of it, if not all) about business, no matter what idealistic and pompous words IOC uses. You need investment and money to host the Games and poor countries cannot afford to. And whoever pay for it wants share. Greece couldn’t afford it but hosted it with huge loans, and has gone bust. I am not complaining or rather understand the system, but I just don’t like hypocrisy to disguise the commercialism – everyone knows it already!

A Serious Man by Coen Brothers @ Barbican Cinema

Vodpod videos no longer available.

バービカンセンターにある映画館で、コーエン兄弟の最新作「A Serious Man」(シリアス・マン:原題)を観た。旧約聖書のヨブの物語を元にした今回の作品では、ジョージ・クルーニーブラッド・ピット等、ハリウッドスターが盛りだくさんだった前作の「バーン・アフター・リーディング(Burn After Reading)」と違い、国際的には知られていない俳優たちを起用。1967年のユダヤ人コミュニティを背景に、普通の生活を送っていた普通の男の人生の歯車が少しずつ狂っていく様を描いている。

真面目で面白みのない男、Larry Gopnik(ラリー・ゴプニック)は、ミネソタ州に住む、大学の物理学の教授。妻・Judith(ジュディス)からは、ラリーの知り合いのSy Ableman(サイ・エイブルマン)と恋に落ち、離婚したいと言われる。家には、ラリーの無職の兄・アーサーが居候。ユダヤ人学校に通う息子のDanny(ダニー)はマリファナを吸ったり授業を真面目に聴かない等、素行不良で、娘のSarah(サラ)は身だしなみにしか興味がなく、鼻の整形手術のために父の財布からお金を抜き取って貯金中。ジュディスはサイと新しい家族を築きたいと、ラリーとアーサーを追い出し、二人は安モーテルに寝泊まりするはめに。職場では、ラリーの大学での終身在職権の審査を前に中傷の手紙が届き、単位を落としそうな韓国人学生からは賄賂を押し付けられ、あげくに名誉毀損で訴えると脅される。その後も不合理な出来事がラリーを次々襲い、神経衰弱寸前に追いつめられた彼は、3人のユダヤ教のラビ(宗教指導者)に相談するが、助けにならない。そして最後まで彼の苦悩は続く(詳しいストーリーはここでどうぞ)。

スター不在の、この低予算で作られた映画は、ユダヤ人であるコーエン兄弟の育った環境を再現した、彼らにとって最もパーソナルな作品。コーエン兄弟の本領が発揮された久々の秀作と、映画批評家からも高い評価を得ている。コーエン兄弟らしい、意味不明のシーン(例えば映画の始めに語られる幽霊のストーリー、詳しくはここで。ラリーの祖先か?)、救いのないエンディングはちょっとやり過ぎかなと思うけれど、これでもかという悲惨な状況にも関わらず、独特のブラック・ユーモアが冴えており、かなり笑えた(ユダヤ人やユダヤ教についての下りはよく知らない部分も多かったけれど)。

バービカン・シネマは、家から近いし、そんなに混まないし、座席も座り心地が良くて結構お気に入りの映画館。月曜日は映画代が£5.50、その他の日でも、ウェブでチケットを購入すると、£2割引の£7.50。映画のセレクションも良いし、なかなか使えます。

We saw a new movie of Joel and Ethan Coen,”A Serious Man” at the Barbican Cinema. Loosely based on the Jewish biblical story of Job, A Serious Man is the story of an ordinary man whose life goes up side down with all kinds of tragedies.

It is 1967 in Minessota, and Larry Gopnik, a Jewish physics professor, has just been informed by his wife Judith that she is leaving him. She has fallen in love with one of his more pompous acquaintances, Sy Ableman, and kicks out Larry and his unemployable brother Arthur, who is living with them, to a cheap motel. Larry’s son Danny has a discipline problem and is a shirker at Hebrew school, and his daughter Sarah is filching money from his wallet in order to save up for a nose job. At Larry’s workplace, an anonymous hostile letter-writer is trying to sabotage Larry’s chances for tenure at the university, and a graduate student is trying to bribe him for a passing grade while at the same time threatening to sue him for defamation. Being pushed to the edge of nervous breakdown, Larry seeks advice from three different rabbis, but no help is available, and his suffering continues…(detailed story is here)

A Serious Man is a low-budget film featured lesser known actors and actress, in compare to their previous star-studded film Burn After Reading with George Clooney and Brad Pitt, and a pretty personal work for Coen brothers: in this movie, they recreates the environment they grew up with – suburban rambler homes in St. Louis Park, Minnesota and a Jewish community in the mid-1960s. The film is considered as one of Coens’ best works by the movie critiques and earns highly positive critical response. Absurd scenes (such as the story of ‘ghost’ at the beginning – are they the ancestors of Larry??), which are typical in Coen brothers’ films, and ending with no hope may be too much for me, but their black humors are pretty brilliant, though I didn’t understand much about Jewish and Judaism parts.

Barbican Cinema is close to us and is not crowded, and is one of our favorite movie theater. The ticket costs £5.50 on Monday, and you can get £2 discount if you buy online for £7.50 (normally £9.50).  Their selection of films is good as well, and we tend to choose Barbican when we go to see a movie.

Reblog this post [with Zemanta]