Tag Archives: King’s Road

Design Store Chain Habitat will be sold to Argos Owner!!

Vodpod videos no longer available.

今日のニュースによると、イギリスのデザイン家具ショップのチェーン、Habitat(ハビタ。過去のエントリー1/2/3)が破産。 Argos(アーゴス)やHomebase(イギリスの大手ホームセンター・チェーン)を所有するHome Retail Groupが、Habitatブランドとトッテナムコート・ロード店、キングス・ロード店、フィンチリー・ロード店の計を3店舗を、2,450万ポンドで買収すると言う。この3店舗以外の全国30店はしばらく営業を続け、買い手を捜すそうだが。。。ここ数年、セールばっかりやってるなあと思っていたら、やはり経営状態は思わしくなかったようだ。

不況のせいもあるけれど、BBCニュースによると、サー・テレンス・コンランによって1964年に設立された当時は斬新であったモットー、「good design, affordable for all(良いデザインを手頃な値段で)」と言うコンセプトは、IKEAをはじめとして、今やいろんなお店が真似るようになってしまったことも原因の一つだそう。Habitatには度々お世話になっていたので、将来なくなってしまったらとても悲しい。。。

According to today’s news, British design furniture chain, Habitat (past entry 1/2/3) goes into administration. Home Retail Group, owner of Argos and Homebase, will buy the Habitat brand and three central London stores (Tottenham Court Road, King’s Road and Finchley Road) for £24.5m. The remaining 30 UK stores will trade as usual while the administrator talks to potential buyers. Habitat has been having ‘sale’ all the times in these years, and it is true that the chain hasn’t been doing well.

Not only the recent recession is the reason for their failure, but also the store’s concept “good design, affordable for all” was innovative and original when Sir Terence Conran set up the chain in 1964, but now other stores also take the same strategy and some, like IKEA, even sell ‘design’ products cheaper. I will be quite sad if the Habitat stores will disappear in the future…

Advertisements

Bread Boutique @ Duke of York Square, King’s Road

Duke of York Square(デューク・オブ・ヨーク・スクエア)は、チェルシーのキングスロードにある、ショッピング&ダイニングエリア。歩行者天国になっていて、人気のブティックやカフェ、アイスクリーム・パーラー、Partridgesという地元のグローサリーがならぶ。今日は暖かくて天気が良かったので、多くの人たちが、カフェの外に置かれたテーブルで、車の排気ガスを気にせず、アルフレスコを楽しんでいた。その中の1軒のBread Boutique(ブレッド・ブティック)の、ミニマルなインテリアと、ウィンドーから見える美味しそうなパンにひかれて、私たちもそこでランチすることにした。

Bread Boutiqueは、以前3年間、Daylesford Organics(デイルズフォード・オーガニック)でパン焼き職人のヘッドを勤め、スウェーデンの皇室にも提供したこともあるSimon John Spearsと、ナイツブリッジにあるトレンディーなBrompton Quarter Brasserie(ブロンプトン・クォーター・ブラッセリー)の創始者であるDoron Zilkhaのコラボで誕生したとのこと。道理でパンが美味しそうなはずだ。

私たちはアボカドとサンドライトマト、モッツァレラチーズのサンドイッチを注文。具は取り立てて美味しいというほどではなかったけれど、パンは外はパリッと中はしっとり、バターの味がしっかりした、バゲットの見本とも言える出来映え。その後に頂いた、ブルーベリー・マフィンも、私たちがロンドンで食べたマフィンの中で5本の指に入るうまさ。でも高級エリアのチェルシーでは、高品質なものは安くない。普通の大きさのサンドイッチで約£6.00、小さめのマフィンで£2.50ほどする(レシートがないため、大体の値段)。この値段を払う価値があると思うか否かは、あなた次第。

The Duke of York Square on King’s Road, Chelsea is a shopping and dining quarter with popular boutiques, cafés, ice cream parlor, and Partridges grocer. It was a warm sunny day in London today, and many people were enjoying al fresco on this relaxing pedestrianized area, pollution-free from busy King’s Road. We had a little break at one of the cafés, the Bread Boutique, attracted by their minimalist décor and gorgeous breads on display.

The Bread Boutique is the collaboration between Simon John Spears who had been an established Daylesford Organics’ head baker for three years and has catered for the Swedish royal family, and Doron Zilkha, a founder of trendy Brompton Quarter Brasserie in Knightsbridge. No wonder why their breads look so impressive.

We ordered sandwiches with avocado, sun dried tomatoes and mozzarella. Ingredients were nothing special, but their bread was lavishly buttered, and crunchy outside but soft inside – the way baguette should be. We also had a blueberry muffin and it was wonderful as well. It is awarded as one of the best muffins we had in London. Of course high quality aren’t cheap in London, especially in high end Chelsea, unfortunately. You have to pay up few pounds more for normal size sandwiches (about £6.00) and small muffin cost about £2.50 (I don’t have a receipt and the prices are approximate) . It’s up to you to decide if it’s worth it or not.

**********

↓ 東日本巨大地震チャリティ情報 / Japan Earthquake & Tsunami Charity Information