Tag Archives: knife

“Change” Anti-Knife Carrying Campaign by Ben Eine @ Old Street

以前、「Alphabet Graffiti」について取り上げたグラフィティ/ストリート・アーティスト、Ben Eineベン・アイン)の作品「Change」が今年9月に、オールド・ストリート駅の西に登場した。これは2006年9月に、背中を20回以上も刺されて殺された若者・Tom-Louis Eastonくんの家族と友人が設立した慈善団体「Flavasum Trust」が、「anti-knife carrying campaign(ナイフ携帯反対キャンペーン)」のために委託した作品。イズリントン・カウンシル(区役所)は、この作品を1年間以内に限って残す事を許可し、ベン・アインは無償でこの仕事を引き受けたそうだ。

An graffiti/street artist, whom I wrote his work “Alphabet Graffiti” a while ago, Ben Eine‘s work “Change” appeared in last September on the west of Old Street station .  This is a commission for “anti-knife carrying campaign” by the Flavasum Trust, a charity set-up by the friends and family of Tom-Louis Easton, a young musician who was stabbed in the back over 20 times to death in September 2006. Islington Council has given permission for the work to stay up for a year, and Ben did the work for free.

ガーディアン紙の記事によると、イギリスの若者の死のうち40%はナイフによるものだそうだ。その数は、ヨーロッパの中ではドイツやスロベニアなどと並んで低いらしいけれど、近年、ギャング・メンバーや不良少年たちが「護身用」としてナイフを持ち歩き、ギャング間で抗争を起こしたり、時に一般人も殺めたりして問題となっている。

According to the Guardian’s article, knives were used in almost 4 out of 10 killings of British youths. Although its number is one of the lowest knife death rates in Europe along with Germany and Slovenia, some of young people become gang members to give them status and carry a knife for a sense of security, resulting in murders during a gang war and occasionally invovling a stranger.

2007年12月、人通りの多いエンジェル駅の近くで昼2時30分頃、「ガンをつけた」とギャング・メンバーにいちゃもんをつけられ、公衆の面前で刺殺された16歳の少年・Nassirudeen Osaweくんが描かれたグラフィティ(関連記事1/2)。事件現場そばで撮影。

A graffiti of 16-year old boy Nassirudeen Osawe, who stabbed to death by a group of gang members for ‘dirty look’ at them, in front of many shoppers and passerby near busy Angel station around 2:30 pm in December 2007 (related article 1/2). Photo taken near the crime scene.

Enhanced by Zemanta
Advertisements