Tag Archives: Landscape

Patrick Keiller: The Robinson Institute / Tate Britain Commission 2012

Duveen galleriesに設置される、テートの収蔵品に呼応した作品創りをアーティストに依頼するアート・プロジェクト・Tate Britain Commissionの今年の作品は、アーティストで映像作家のPatrick Keiller(パトリック・キーラー)のインスタレーション「The Robinson Institute(3月27日〜10月14日)」。

30年以上に渡り、キーラーはイギリスの都会と田舎のランドスケープの映像に、文学的逸話、歴史的エピソード、時事問題、経済批評などに突飛なユーモアを交えたナレーションを加えた様々な映像作品を創り続けている。このインスタレーションは、イギリス各地を彷徨い歩くRobinson(ロビンソン)という名の架空の人物との偶然の出会いを古い映画撮影機で撮影した、キーラーの代表作品シリーズにインスピレーションを得たという。

イギリスの風景、政治、経済、歴史を考察するというこの「The Robinson Institute」は、時に超現実的でバラエティに富んだ、数世紀に渡る120以上の作品を集めている。ロビンソンのイメージは、主にテートのコレクションから選ばれた作品や、歴史家、地理学者、地図製作者、地質学者の研究と共に見ることが出来る。7部に分かれたインスタレーションでは、ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナーアンディ・ウォーホルアンドレアス・グルスキージャクソン・ポロックデニス・オッペンハイムといった、内外の著名アーティストの作品の横に、1795年にヨークシャー州に落ちた隕石や、政府の修正法案、ビアトリクス・ポターの作品、SF映画「宇宙からの侵略生物(Quatermass 2)」の映像など、ちょっと趣向の変わった作品が並んでいる。

作品自体や作品のチョイスは面白いけれど、同じパートにある作品同士の繋がりとその意味が、外国人である私にはよくわからなかった。各パートに、イギリス人知識人でなくても、誰でも分かる説明があればいいのに、と思う。

Artist and independent film-maker Patrick Keiller created an unique installation called “The Robinson Institute” (Mar 27  –  Oct 14) at the Duveen galleries for Tate Britain Commission 2012, an art project which invites an artist to develop a new work in response to the Tate Collection.

Over the past 30 years Patrick Keiller has developed a range of films which combine expressionless images of British landscape, rural and urban, with a narration which draws together wide-ranging literary anecdotes, historical episodes, current affairs, economic critique and offbeat humour. “The Robinson Institute” is inspired by Keiller’s best known films in which his fictional creation – an elusive scholar named Robinson – wanders the English landscape and records his chance encounters on an old cine camera.

The exhibition is the reflection of the British landscape, politics, economics and history and it brings together more than 120 diverse and often surreal artworks and objects from across several centuries. Robinson’s images are shown alongside other artworks, mainly from the Tate’s own collections, as well as works by historians, geographers, cartographers and geologists. The seven-part installation includes renown international artists such as JMW Turner, Andy WarholAndreas Gursky, Jackson Pollock and Dennis Oppenheim, together with unusual objects such as meteorite that fell in Yorkshire in 1795 and a parliamentary amendment, as well as Beatrix Potter and clips from the Hammer’s sci-fi horror Quatermass 2.

Individual works are impressive and the choice of works are interesting, but it is not easy to understand the connection between each work and messages behind, for me as a foreigner who don’t know about UK fully. I wish there were an explanation at each part of the installation that helps me understand what it is about (or did I miss it??).

Advertisements

Migrations: Journeys into British Art @ Tate Britain

テート・ブリテンで1月31日から開催中の展覧会「Migrations: Journeys into British Art」(8月12日まで)に行った。イギリスにおける交通、政治、経済の発展は、多くの外国人アーティストたちを惹き付けてきた。この展覧会は、1500年代から現在まで、これらの「migrant(移住)」アーティストたちがイギリスのアート界に及ぼした影響を探求している。

16世紀に宗教改革八十年戦争等の混乱を避けてイギリスに移り住んだ、フランドルやオランダの風景・静物画家は、新しいスタイルの肖像画法をもたらし、北ヨーロッパからやってきた17世紀アーティストたちは、海や風景画といった新しい絵画のジャンルを導入した。18世紀には、イタリアで学び新古典主義を確立した様々な国のアーティストたちがロンドンに定住、1768年のRoyal Academy of Arts(ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツ)設立にも貢献した。19世紀には、多くのイギリス人や、ジェームズ・マクニール・ホイッスラーといったアメリカ人アーティストが、パリでアートを学んだが、その後彼らはパトロンを求めてロンドンに移り住んだ。また同時に、普仏戦争から逃がれてきたフランス人アーティストたちも多かった。20世紀初期には、ユダヤ人アーティストやユダヤのアートが話題を呼び、1930〜40年代には、モンドリアンモホリ=ナジ・ラースローナウム・ガボなど、ナチスドイツを逃れてヨーロッパ中からやってきた人々がモダニズム主義を持ち込んだ。50〜60年代には旧植民地の国々からアートを学びにやってきたアーティストたちがモダニズムに傾倒、概念的アプローチを取り、カウンターカルチャーの一翼を担った。80年代はBlack Audio Film Collectiveなど、移民のバックグラウンドを持つアーティストたちが、アートを通して、人種的マイノリティとしての自分と、イギリス人としてのアイデンティティの模索を行った。Zineb SediraSteve McQueen(俳優のスティーブ・マックィーンと同姓同名のイギリス人アーティスト/映画監督)といった現代アーティストたちは、映像を使って現実をドキュメントし、またそのリアリティに疑問を投げかけている。

500年間に渡って、違う文化を持つアーティストたちとの交流によって形作られてきたイギリスのアートの変遷と、その背景にあるイギリス・世界の歴史を知ることができる面白い展覧会だと思うが、テートにしては、ちょっと小粒というかインパクトがないというか、あまり心に残らないのが残念。

写真:ガーディアン紙フォトギャラリー

We saw a Tate Britain‘s exhibition, Migrations: Journeys into British Art (January 31 –  August 12). Developments in transport, artistic institutions, politics and economics have attracted artists to come to Britain, and the exhibition exploring how British art has been shaped by migrant artists from abroad from 1500 to the present day.

In the 16th century, Flemish and Dutch landscape and still-life painters  including Anthony van Dyck, came to Britain through moments of political and religious unrest and  introduced a new style of portraiture. 17th century European migrants brought new genre, such as marine and landscape painting, to UK. During the 18th century, artists from different countries who studied in Italy and developed a neoclassical style, settled in London and contributed in founding of the Royal Academy of Arts in 1768. Many 19th-century British and American artists, such as Whistler, studied in Paris and established themselves in London for patronage, as well as French artists who also escaped the Franco-Prussian war and its political aftermath. In the early 20th century, Jewish artists and Jewish art were explored in Britain. In the 1930-40s, European artists such asMondrian, Naum Gabo and Laszlo Maholy-Nagy, escaped from Nazi Germany and brought modernist principles. In the 50-60s, artists from the Commonwealth countries came to study and engaged with modernism. They took a conceptual approach and became a part of a counterculture. In the 80s, British artists of immigrant backgrounds, such as the Black Audio Film Collective, explored race and national identity. Present time contemporary artists, including Zineb Sedira and Steve McQueen, use moving image for both documenting and questioning reality,

Migrations is an interesting exhibition, showing us the development of British art over 500 years, interacting with people from different cultures from time to time, as well as a bit of British and world history. But it lacks of punch in some way, and didn’t give me something that remains in my heart.

→more photos: Guardian photo gallery

“The Great White Silence” @ BFI Southbank

Vodpod videos no longer available.

5月20日より公開される、ロバート・スコット率いる南極探検(1910〜1913年)の記録映画「The Great White Silence(1924年)」を見た。隊に同行したHerbert Ponting(ハーバート・ポンティング)が、探検隊と南極の大自然やそこに生息する動物たちを記録。「The Great White Silence」は、1924年に彼が、実写映像に字幕、写真、地図、肖像画などを組み合わせ、着色・再編集した映像を、BFI National Archive英国映画協会ナショナル・アーカイヴ)が最新デジタル技術を駆使し、色鮮やかに蘇らせた、ドキュメンタリー・サイレント映画だ。

南極探検なんて興味がなかったし、アムンセンやスコットなど、大昔に勉強した初期探検隊のわずかばかりの知識しかなく、途中で寝てしまうかもという不安を抱えて行ったのだが、これがなかなかの当たりだった。100年も前に生きた探検隊たちの日常生活や探検の準備の記録に加え、愛嬌のある顔つきのアデリー・ペンギンやあざらしの親子、赤ちゃんアザラシを狙うシャチの群れ、カモメの孵化の様子など、厳しい自然の中に生きる動物たちの生き生きとした生態や、巨大な氷山や氷の形成といった南極の幽玄で壮大な景観を写し出した映像は、素晴らしかった。サイモン・フィッシャー・ターナー(Simon Fisher Turner)が、当時の蓄音機で探検隊が聴いていたレコードや、南極大陸に向けて乗船したTerra Nova(テラ・ノヴァ)号の鐘の音などを取り入れて作り上げた、モダンで叙情的な音楽と相まって、映画の最後の瞬間まで楽しんだ。

前半の南極基地や動物たちの楽しげな映像の後に続く、南極点への厳しい道のり、そしてスコット隊がノルウェーのアムンセン隊に南極点到達の先を超され、失意の帰還の途上、食料が置かれたデポまであと20kmのところで猛吹雪に見舞われ、テントの中で息絶えたというエンディングは、既知の事実だとは言え、やはり涙を誘われる。

We saw a silent documentary “The Great White Silence (1924)” , the official film record of Captain Robert Falcon Scott‘s Terra Nova Expedition to the South Pole from 1910 to 1913, which opens in cinemas on May 20. The expedition’s official photographer and cinematographer Herbert Ponting filmed almost every aspect of the expedition: the scientific work, life in camp and the local wildlife. In 1924, he re-edited the footage as a narrative, introducing intertitles as well as incorporating his own stills, maps, portraits, paintings and animated models, complete with vivid tinting and toning. BFI National Archive has restored the film using the latest photochemical and digital techniques and reintroduced the film’s sophisticated use of colour.

I was no interest in expedition of any kind and was not so keen to see the movie, with very little knowledge of early South pole expeditions that I studied long time ago. I was even worried to fall a sleep during the screening, but the film was far more exciting than I expected. In addition to the lives of the expedition members  who had lived 100 years ago and preparations for the journey, the film also shows us living the harsh ice lands’ creatures including funny Adélie penguins, warm interaction of mother and cub seals, killer whales chasing the cub, and newly hatched seagull chicks, as well as great landscape of the South pole such as huge iceberg and ice formation – it was vivid, dramatic and truly awesome. And the film is beautiful matched with lyrical and modern new score by Simon Fisher Turner, including pre-recorded elements and relevant ‘found sounds’ such as Terra Nova ship’s bell and scores from some of the records played by members of the expeditions using the expedition’s original gramophone. I enjoyed from the beginning til the end, on contrary to my prediction.

After the cheerful footage of the base and cute animals, Scott’s long and tough journey to the South Pole started but ended with tragedy, with huge disappoint ment after finding out that Norwegian Amundsen expedition team reached the goal first. The ending was very sad – Scott and his men ended their lives, when a fierce blizzard prevented them from making any progress, just 11 miles /18 km away from the depot. It was a well-known fact but still made me almost cry…

London Landscape Greeting Cards by The Art Rooms

先日、サーチ・ギャラリーに行った時に買った、グリーティング・カード(各£2.99)。ロンドンの風景のシルエットと、鮮やかな原色カラーを組み合わせた、シンプルだけど洗練されたデザインがとても素敵。このLandscapesシリーズには、ロンドンの他、ヨークシャー、スコットランド、湖水地方のものがある。作っているのは、2007年創業のThe Art Rooms社。「Inspired by the UK. Designed in the UK. Made in the UK.(イギリスにインスピレーションを受け、イギリスでデザイン。イギリス製)」を謳い、グリーティング・カード、プリント、台所用品やギフトを扱っている。同じくロンドン各地の風景を扱ったポストカードマグカップテーブルマット、コースターもあり、ロンドン土産として喜ばれそう。ミュージアムショップやデザイン系雑貨を扱う店の他、オンラインストアでも買える。

These are the greeting cards (£2.99@) we purchased at the Saatchi Gallery. The design of combining a silhouette of London landscape with block of bright color is simple yet sleek. This landscapes series of greeting cards also includes Yorkshire, Scotland, and Lake district, as well as London. The The Art Rooms, which produced the greeting cards, was founded in 2007 and designs and creates greeting cards, prints kitchenware and gifts, with a concept of “Inspired by the UK. Designed in the UK. Made in the UK.” There are also postcardsbone china mugstable mats and coasters with London’s landscapes, and those are perfect souvenirs from London. You can buy them at selected stores or at their online shop.

**********

↓ 東日本巨大地震チャリティ情報 / Japan Earthquake & Tsunami Charity Information *今日はポスター特集です / all about charity posters today