Tag Archives: magazine

Caffeine: The Coffee Lover’s Magazine

イーストロンドンの人気上昇と同時期、ロンドンでは、クオリティの高いコーヒーの需要も増加。ご存知のように、お茶文化はイギリスの誇る伝統で、10年ほど前までは美味しいエスプレッソを探すのは至難の業、今人気で私も好きなフラットホワイトなど存在しないに等しかった。それが今では、至る所で美味しい一杯がいただけるようになった。

そんな中、2013年に新発行されたのが、ロンドンやイギリスのその他の街の独立系カフェにスポットを当てたコーヒー好きのための無料誌・Caffeine(カフェイン)。オンライン、アプリ、印刷版があるが、私のお薦めは印刷版。全ページカラー印刷でレイアウトや写真のセンスも良いし、紙の優しい手触りも匂いも好き。コーヒーの蘊蓄、ロンドンの人気カフェや新規開店が満載の紙面からは、編集者のコーヒーへの愛と造詣がひしひしと感じられる。印刷版は、ロンドンの独立系コーヒーショップに置いてあるので、見かけたら是非手に取ってみて(写真は最新号で6冊目となる2013/04年12/1月号)。

As well as the growing popularity of East London, demand for quality coffee has been increased in recent years in London. As you know, tea is British proud tradition, and it was hard to find a decent cup of espresso in London about 10 years ago, and nobody knew about now well-liked and also my favorite Flat white. But today you can find it everywhere!

Founded early this year, Caffeine is a free magazine for coffee lovers, focusing on the independent coffee scene in London and other parts of UK. It is available online or print edition as well as their app. But I like their print version – it is all in color and well-designed, and I love the touch and smell of the paper they use. You can tell that the editors of this sleek magazines are really into coffee, and you learn a lot about coffee and London’s café scenes. Interested? Go and pick up your copy at London’s independent coffee shops (Photo above: their 6th & latest Dec/Jan 2013/04 issue).

Snapshot of the most beautiful espresso machines they found

A Tragic Death of Alan the Tatler’s Popular Office Dog

3日前の15日、イギリス上流階級のグラマラスなライフスタイルに焦点を当てた雑誌・Tatlerタトラー)編集部で可愛がられていた「Office Dog」、ミニチュアダックスのAlan TBH Plumptre(愛称:「タトラー」アラン)が、オフィスの入居しているビルの回転ドアに挟まれて亡くなるという事件が起き、イギリスメディアがこぞって取り上げた。ちょっと調べただけでも、Telegraph、GuardianIndependentEvening StandardDaily MailMirrorThe Sunなど主要紙が記事にし、特にTelegraph紙などは記事を(最低)3つも掲載した(1/2/3)。業界内では有名犬だったアランはツイッターのアカウントも持っており(@TatlerAlan)、アップされるキュートな写真で、フォロワー数約2600人を持つ人気者だった。

今日のEvening Standard紙に、アランをはじめとする「Office Dog」に関する記事が掲載されてたのだが、記事によると、オフィスに犬を連れてくる人たちは意外に多いのだそう。2011年の調査によると、「オフィス・ペット」がいる人の55%は、ペットを職場に連れて来る事で、モチベーションが上がると答えている。サイコセラピストでストレスに関する専門家によると、ペットが職場にいると、従業員がリラックスし、心拍数や血圧を下げる効果があり、その結果、欠勤が減り、従業員のモラルも改善するという。犬に気を取られたり、邪魔されたり、世話で時間を取られたりするけど、それ以上に利点があるのかも。

Three days ago on January 15th, UK’s high-society magazine Tatler‘s “office dog”, “Alan TBH Plumptre” or “Tatler Alan” was killed in tragic revolving door accident at the entrance of the publisher’s building. Miniature duchshund Alan was well known within the industry, and his own Twitter account @TatlerAlan has attracted 2,600 followers due to a series of his photographs posted online. Major British media has all dealt with his death including Telegraph, GuardianIndependentEvening StandardDaily MailMirror and The Sun, especially Telegraph put up at least three articles about him (1/2/3).

Today I read a related article about office Dog on Evening Standard: according to the article, an office pet in UK is more popular that you imagine. A survey conducted in 2011 found that 55% of those who had an office pet including also “fish, cats and tortoises”, said that by doing so they felt more motivated. When it was published, a consultant clinical psychotherapist and stress expert explained: “Pets at work can help employees to relax, reduce heart rate and lower blood pressure, which can decrease absenteeism and improve staff morale.” Office pets can be destructing, disrupting and needing for care and attention, but I guess it can give more advantages than disadvantages. I want a dog too!!!

↑ロンドンの有名オフィス・ドッグたち

******************************************************************************

Snow on Canal

今日のロンドンは雪模様。気温も低く、運河も凍りついた。今週末も雪の予報で、来週も寒波が続くとのこと。ちょっとの雪でも機能不全に陥るロンドン。来週まで混乱が続くのか??

It was snowing “a lot” in London today and canal is frozen. It is also predicted snow this weekend, and the cold front will stay during next week. Snow always causes chaos in London, and I am afraid the disruption may last for a while…

Numbers, numbers… BA “Business Life” Inflight Magazine

約1ヶ月ぶりにロンドンに戻った。でも、どんよりした白い寒空はロンドンを出た時と同じ、タイムトリップして同じ時間・場所に戻ったような気がする。昨年末から、ほとんどロンドンの自宅にいなかったので、やる事が山積み。何となく気が滅入る。。。

マイルを貯めていることもあって、近年ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)を利用する事が多いのだが、ヨーロッパ線の全席に置かれているBAの機内誌「Business Life」のページ上部に掲載されている「数字」をチェックするのが楽しみだ。取るに足らないけれども「そうなんだ。」と思わせる、言わば統計のトリビアが簡潔に書かれている。例えば2月号では、

  • イギリスでは半数の親が、子供が16歳になる前に別れている
  • イギリス人成人が毎日文句を言う時間は平均8分45秒
  • 51%のオフィス内のデスクは永久的に使用されない
  • バケーションに行った人の60%が、海外でもソーシャルメディアを使って友人や両親と繋がっている
  • 女性が毎年ショッピングに費やす時間は平均598時間
  • 170万人ものイギリス人成人が、10年以上前から所有している下着を使用
  • 新婚旅行人気ランキングの一位はセントルシア

などなど、いろんなソースから興味深い統計数字を取っている。その数字の裏から、イギリスの社会問題、人々の日常生活や価値観を垣間みる事ができ、なかなか面白い。

I just came back to London after more than a month of absence. But the sky is as white and cold as the time I left, and I feel like I time-tripped and came back to the same time, same place. Because I haven’t been here most of the time since the end of last December, I have a lot of things I have to do and this makes me a bit low…

I often use British Airways (BA) in recent years as we have been saving miles, and I like checking “numbers” on the top of the pages of BA’s inflight magazine “Business Life“. For example, in the February issue,

  • half of all parents in the UK split up before their children reach the age of 16
  • 8 mins 45 secs is the length of time that the average British adult complains each day
  • 51% of office desks are not permanently occupied
  • 60% of holidaymakers use social media to stay in touch with friends and family while abroad
  • 598 hours is the average amount of time women spend shopping each year
  • 1.7m UK adults are still wearing the same pants and knickers they have owned for more than a decade
  • St Lucia has been voted the world’s leading honeymoon destination

etc, etc. These trivia of numbers are taken from all sort of resources and statics, and these numbers give me a glimpse of social issues, everyday life in UK, and British values and way of thinking, and it is very interesting.

Enhanced by Zemanta

Which? – Product-testing and Campaigning Consumer Orginzation

Mが「Which?」の最初の1ヶ月1ポンドのお試しキャンペーンに申し込み、先日、その雑誌が届いた。Which?は、イギリスを拠点とする最大の消費者団体NPOで、消費者の保護と、商品テストや独自の商品レビューによって消費者に正しい商品知識を与える事、また消費者の権利の啓蒙を目的としている。ウェブサイトと雑誌を主宰し、100万人の会員数を誇る。広告や無料の商品を受け取らない事で独立性を維持、商品テストに使われる商品は全て定価で購入されている。活動資金はすべて会員サービス契約料によってまかなわれ、株主を持たない。Which?の「Best Buy」のお墨付きは広く認知されており、その守備範囲は、電化製品、車、コンピュータから、健康保険や金融商品、またスーパーマーケットにまで多岐に渡り、Which?に認められる事即ち、お買い得で信頼に足りる商品という証明になる。また、消費者の法的権利に関するアドバイスや消費者訴訟の法令などもリポートしている。ちゃんとした会社はいいけれど、二流の会社にとっては鬱陶しい存在かも。

今回の特集「The Best and Worst Shops」では、100の主な店を対象に、1万4千人の客による投票で値段、品質、サービス、お店での体験を採点、トータルで最高・最低ランクのお店をリストアップしている。Mは、ワールドカップ観戦のための新しいテレビを、Which?ランキングでトップだったお店で買った。Which?はまた、商品やサービスのレビューだけでなく、お金の節約術も色々指南してくれる。例えば列車料金は、「split ticketing」と呼ばれる方法で、乗車区間をいくつかに分けて切符を買う方が、トータルの区間を買うより割安の場合があるという(電車が切符に記載された駅に停まる場合)。また無料で使える地方自治体や学校のテニスコートを検索できるウェブサイト(www.tennisforfree.com)の紹介も。買い物やお金に関する無料電話相談もできる。ただ、1ヶ月間の£1のキャンペーンの後は、月額£9.75に。便利なサービスだけれど、毎月払うとなるととちょっと高いなあ。

M applied £1 for first month trial campaign of Which?, and received the latest magazine recently. Which? is a product-testing and campaigning charity based in UK with a magazine and website, and is the largest consumer organization in the UK with over 1 million subscribers. It engages in advocacy campaigns on various consumer protection issues and aims to promote informed consumer choice in the purchase of goods and services by testing products, and raising awareness of consumer rights. Tests are carried out on consumer items like electrical goods, cars, and computers, as well as health and financial services, and supermarkets, highlighting issues such as reliability and value-for-money. Which? claims that it maintains its independence by not accepting advertising or freebies, and everything bought for testing is paid for at full price. Which? is funded entirely by its subscribers and has no shareholders. Also Which? gives advice on consumers’ legal rights and reports on legal cases, as well as products reviews. It is a honor for a company or store to be awarded the Which? ‘Best Buy’, which is highly respected by industry and consumers, for their products and serivce. It is good for a decent company or store which makes a great effort to offer a good quality products or service for their customers, but it would be a great pain in the neck for a rogue trader.

This month’s issue includes “The Best and Worst Shops”, based on the score calculated votes by 14,000 shoppers on price, product quality, service, and store experience at 100 high street shops. M purchased a new TV for watching the World Cup football from Which?‘s highest rank retailer, after he got the magazine. Not only a reviews for products and services, but also some articles are helpful for its money saving tactics. For example, ‘split ticketing’, buying any combination of tickets for a journey (as long as the train stops at the stations named on the tickets), could be cheaper than buying a ticket for an entire journey. Another article talks about an website (www.tennisforfree.com) that you can search a tennis court owned by local authorities and schools that can be used for free near you across UK. You can also get free money and shopping advice over the phone. Quite useful service, but after £1 trial month, monthly subscription will cost £9.75 – sounds a bit too expensive to pay every month…

Enhanced by Zemanta

Shortlist / Stylist Free Weekly Magazines

ShortListは、ホワイトカラーや専門職の高収入の若い男性をターゲットにした無料週刊誌。イギリスの男性雑誌・FHMの元編集長で、同じくイギリスにベースを置く男性誌・Maximのアメリカ版のCEOだったMike Soutarによって、2007年9月に創刊された。イギリスの主な都市の、電車や地下鉄の駅、バスターミナル、NCPの駐車場、空港、スポーツクラブ、French Connection(FCUK)のショップなど、男性がよく行きそうな場所で、毎週木曜に配布されている。発行部数は50万部を超え、男性のライフスタイル・マガジンとしてはイギリス最高の発行部数を誇る。

60ページ(今週号)の薄い雑誌だけれど、通勤途中にさっと読めるように、スポーツやテレビ、車、映画、ガジェット(gadget:目新しい道具、面白い小物、携帯用の電子機器などを指す)、ファッションや男性用コスメなど、若い男性が好きそうな話題を簡潔に扱っている。他のイギリスの男性誌で必須の、裸や下着・ビキニ姿の若い女性がないので、公共の場でも読みやすい。無料雑誌だから、ページの半分ぐらいは広告で、記事を探すのが大変だけれど、センスの良いレイアウトでうまく記事をまとめていて、バスやチューブの中でさらっと読める。

女性用には、ファッションや旅行、インタビュー記事、美容やコスメ、レストラン、クッキングなどを扱った、Stylist(ウェブ版はStylist.co.ukという姉妹誌を発行している。

ShortList is a free weekly magazine launched in September 2007, targeting young professional males. The magazine is founded by Mike Soutar, former editor-in-chief of FHM in UK and Maxim in the US as its CEO. It is handed out every Thursday at around train and Underground stations and bus terminals in main UK cities, and can be also be picked up at NCP car parks, airports and French Connection stores and sports/health clubs. Shortlist boasts over half a million circulation, and is the biggest-circulation men’s lifestyle magazine in UK.

Shortlist is a lightweight magazine with only 60 pages (this issue’s case), but concisely deals with topics that young men like, such as sport, TV, cars, movies, gadgets, fashion and men’s beauty products. The good point is no nudity and no young women in underwear or bikini, so that you can read in public space without feeling embarrassed. The bad point is advertisements that occupy half of the magazine and it is kind of hard to find an article buried in a flood of advertisements, as the magazine is free and obviously relies on income from advertisers. But with its sophisticated layout and tasteful articles make it easy and fun to read in a train or bus.

For women, there is a sister magazine called Stylist (web version is at Stylist.co.uk), talking about anything women love – fashion, travel, interviews, beauty and cosmetics, restaurants, cooking etc as well.

Van Doesburg and the International Avant-Garde @ Tate Modern

テート・モダンの「Van Doesburg and the International Avant-Garde」は、ヨーロッパにおけるアバンギャルドの重要人物であるオランダ人アーティスト、テオ・ファン・ドースブルフをテーマとした、イギリス初の大規模な展覧会。デ・ステイルの発起人でもあるファン・ドースブルフは、アート、デザイン、著作活動、詩、建築等多方面で活躍した。アーティスト、建築家、デザイナーたちが参加したこのアート・ムーブメントは、第一次大戦後のヨーロッパに、精神的ハーモニーと秩序を打ち立てると言う新しいユートピア的な理想を追求、垂直と水平という厳密な幾何学をベースにしたインターナショナル・スタイルを押し進めた。この展覧会は、ファン・ドースブルフのオランダ新造形主義の推進者的役割、彼のダダイスト的パーソナリティ、バウハウスへの影響、国際構成主義とのつながり、そして「コンクリート・アート」グループの創設にスポットを当てている。ジャン・アルプコンスタンティン・ブランクーシモホリ=ナジ・ラースローピエト・モンドリアンフランシス・ピカビアヘリット・リートフェルトクルト・シュヴィッタースゾフィー・トイバー等の350点以上の作品の他、ファン・ドースブルフの、ストラスブールにあるCafé Aubetteの絵画とデザイン、家具、タイポグラフィー、雑誌、ステンドグラス、映画、音楽、彫刻等を展示している。

ドースブルフのアート自体は、少し暗い感じで線も弱く、特段印象に残っていないのだが、計11室に渡る、デ・ステイルに影響を受けた、偉大なアーティストたちの多彩な作品群には圧倒される。当時のライフスタイルと考え方にに大きな影響を与えたアートムーブメントに連なる、シンプルだけれどカラフルで、インパクトのある作品たちは、80年以上近くも前のものと思えないほどモダンで、古さを感じない。第一次世界大戦と第二次世界大戦の合間という激動の時代の最中にあって、新たな理想を打ち立てたアーティストやデザイナー、建築家たちの強いエネルギーと情熱が、今でも強く感じられる。ファン・ドースブルフは、モンドリアンをはじめとする仲間と比べて、アーティストとしてはさほど高い評価を受けていないけれど、リーダーシップを発揮し、彼の理想をヨーロッパ中に広め、ムーブメントの成功につなげたことが、彼の偉大な功績だと言えるだろう。

Van Doesburg and the International Avant-Garde” at Tate Modern is the first major UK exhibition, devoted to the Dutch artist Theo van Doesburg, pivotal figure of the European avant-garde. Van Doesburg, who practiced in art, design and writing, poetry and architecture, founded the movement and magazine De Stijl. This artistic movement of painters, architects and designers sought to build a new utopian ideal of spiritual harmony and order in the aftermath of World War I, advocating an international style of art and design, based on a strict geometry of horizontals and verticals. This exhibition explores van Doesburg’s role as promoter of Dutch Neoplasticism, his Dada personality, his efforts to influence the Bauhaus, his links with international Constructivists, and his creation of the group Art Concret. Including over 350 works by key artists as Jean Arp, Constantin Brancusi, László Moholy-Nagy, Piet Mondrian, Francis Picabia, Gerrit Rietveld, Kurt Schwitters and Sophie Taeuber, the exhibition features van Doesburg’s Counter-Composition paintings and designs for the Café Aubette in Stasbourg, as well as furniture, typography, magazines, stained glass, film, music, sculpture etc.

Van Doesburg’s works are kind of gloomy and weak, and I was not so impressed. But the exhibition includes a variety of works by great artists and designers who were influenced by the movement, is quite spectacular. Simple, colorful, and powerful works are still modern and strong, after more than 80 years – I can still feel the energy, and passion of the artists and designers of the art movement that affected the lifestyle and values during the period in turmoil between WWI and WWII. Although van Doesburg had never gained high recognition as an artist in compare to his fellowmen such as Mondrian, but his leadership and efforts to spread his ideal to whole Europe, which led the movement to great success, are the significant achievement that deserves great recognition.

*今日は、カメラのレンズが汚れていて、綺麗な写真が撮れませんでした。すみません!

*I didn’t notice that the lens of my camera was dirty, and I couldn’t take a good picture today…sorry!

Reblog this post [with Zemanta]

Monocle Magazine March 09

Monocle March 2009

Mが、Monocleモノクル)3月号を買った。モノクルは、カナダ人編集長Tyler Brûlé(タイラー・ブリュレ)が、2007年2月にロンドンで創刊した雑誌(年10冊発行)で、この号が2周年記念号とある。洗練された国際派ビジネスマンや起業家、知識人を主なターゲットとし、国際情勢・カルチャー、デザイン、ファッション等幅広いトピックを扱う。タイラー・ブリュレは、もともとBBCのジャーナリストだったが、1996年に「90年代で最も影響力のあるライフスタイル・マガジン」と呼ばれたイギリスの雑誌・Wallpaper*を創刊。一躍時の人となった。また、英ファイナンシャル・タイムズやニューヨーク・タイムズ等、メジャーなメディアのコラムニストとしても活躍する。

モノクルは、タイラー・ブリュレが編集長だけあって、スタイリッシュにデザインされている。紙も手触りがよいし、グラフィック、写真も充実している。主なメディアがあまり記事にしない国の話題も多く取り上げるが、イギリスやロンドンに対しては時に批判的で、あまり話題に上らないのがちょっと悲しい。それに、世界中のトピックを取り上げるのはいいが、ちょっとマイナーすぎて退屈だったり、表面的になってしまうのが難しいところ。取り上げるファッションや商品はちょっと保守的、質はいいが高くて庶民にはちょっと高嶺の花のものが多い。ウェブサイトも充実していて、ビデオやオーディオ、スライドショー等、インタラクティブなものとなっている。行ったことはないが、最近、The Monocle Shopも、洗練された店が並ぶMarylebone High street近くにオープンした。すごく小さなストアらしいが、編集者が世界から選りすぐった、文房具やかばん、ニット製品、CD等を扱っている。日本のBeamsとタイアップして、吉田かばんのPorterブランドのカバンもここで買える。

The Monocle Shop
2A George Street,
Marylebone,
London W1U 3QS

M bought Monocle March 2009 issue. Monocle is a London-based magazine, founded in February 2007, by Canadian born Tyler Brûlé. Monocle comes out 10 issues a year, and this one is a second anniversary issue. The magazine, targeting ’sophisticated’ jet setters and cosmopolitan urban settlers, talks about global affairs, business, culture and design. Tyler Brûlé, originally a BBC journalist, is a founder of  ‘most influential life style magazine in 90’s’ Wallpaper*, and a columnist for major medias such as Financial Times and International Herald Tribune etc.

Monocle is stylishly designed, with nice paper and plenty of graphics and photos. The magazine deals with all kind of issues from the countries that other media rarely talks, but Brûlé is often critical about UK and London and hardly mentions (which I think it is not fair for London). The intention to cover all over the world is good, but articles are sometimes too minor, boring, and superficial. The fashion and products in the magazine is often conservative, good quality and expensive, and not for everyone – you can tell who is the target reader. The website, focusing on broadcasting with films, slide shows and audio reports, is also cool as well. Recently Monocle open its first store near Marylebone High street. The store stocks a selection of curated, crafted products, such as stationery, bags, knitwear, and CDs etc, that their editors have found in the world.

The Monocle Shop
2A George Street,
Marylebone,
London W1U 3QS

Reblog this post [with Zemanta]