Tag Archives: Marks & Spencer

Marks & Spencer Diamond Jubilee Collection

6月2〜5日に予定されている、エリザベス女王ダイアモンドジュビリーの祭典(王室公式サイト)にあわせて発売された、マークス&スペンサーの商品たち。缶入りのショートブレッドやチョコレート、マシュマロをチョコレートでコーティングしたTeacake、ペーパーナプキン、紙皿等々。イギリス国旗、女王の横顔、またロンドンの様々なアイコンをあしらった、レトロでキュートなパッケージは、クリスマス商品(参照ブログ記事)も手がけたイラストレーターのPhil Hankinson(フィル・ハンキンソン)氏がデザインした。期間限定商品で、イギリス土産にもぴったり。

さて、4日間のイースターホリデーの直後ですが、明日から少しブログをお休みします。23日から再開予定ですので、よろしくお願いします:)

These are the Marks & Spencer’s products, celebrating Queen’s Diamond Jubilee weekend (June 2 – 5 →official website of the British Monarchy). These cute retro packages with Union Jack, Queen’s silhouette, and London’s various icons, are designed by an illustrator Phil Hankinson who was also in charge of M&S’s Christmas products (past entry). Treats such as shortbread and chocloate in tin boxes, teacakes (chocolate coated marshmallows), as well as party wares such as paper napkins and dishes – these limited period products are also perfect for souvenirs from Britain.

I will have a break from blog until May 22, though just after 4-day Easter weekend.  See you soon :-)

Advertisements

Marks & Spencer Scottish Shortbread Tin

最近、マークス&スペンサーストアブランドのパッケージデザインが可愛い(また追々紹介します)。ちょっとレトロなデザインのクリスマス用缶入りビスケット各種(参考:gumo gazette)もよくできていて、プレゼントやパーティの手みやげに最適。この、ロンドン名物2階建てバスをモチーフにした缶入りビスケットは、スコットランド発祥の伝統菓子・Shortbread(ショートブレッド)3種27個入りで、お値段は£8。イラストを描いたのは、イラストレーターのPhil Hankinson(フィル・ハンキンソン)氏。そのレトロでクラシックな画風は、チェコスロバキアの絵本作家・Miroslav Sasekミロスラフ・サセック)の名作「This is London」(1959年)を彷彿させる。中のビスケットを食べ終わっても、小物入れとして使えそう。ロンドンのお土産にもぴったり。

Recently package design of Marks & Spencer‘s store brands has improved (I will talk more later). Retro-feel Christmas biscuit tins is well-done (reference: gumo gazette), and is good for a present and gift. This tin box with London’s famous double-decker contains a selection of 27 shortbreads in 3 varieties, and costs £8. The package was designed by illustrator Phil Hankinson, and the his style resembles the old classic “This is London” (1959) by Czech illustrator and auther, Miroslav Sasek. You can re-use the tin box after finishing all biscuits, and this is a great souvenir of London as well.

‘Open London’ – toilets for everyone!

 

source: thelondonpaper.com

source: thelondonpaper.com

public toilte

昨日3月18日、ボリス・ジョンソン ロンドン市長が、「The Open London Scheme」を発表した。これは、ロンドンにおいて、1999年より公衆トイレが40%減少したことを受けて、市長の公約である「ロンドンの生活の質の向上」計画の一環。大手チェーンのテスコセインズベリーマークス&スペンサー(以上スーパー)、ジョン・ルイス(デパート)、アメリカ資本のボーダース(書店)がさっそく賛同した。参加各社は、自店の開店時間中、何も買わなくても、トイレを誰にでも開放する。

ロンドンには、日本のように、行きたい!と思った時に、なかなかトイレがない。全ての地下鉄の駅にあるわけではないし(トイレのある駅のリストはここをクリック)。ファーストフード店でも、あるところとないところがあるし(スタバにはあるけれど、サンドイッチチェーンのEat.Pret a Mangerにはないと思う)、あっても基本的にそのお店の客用だし、たいてい一番奥の方にあるので、使うのに後ろめたさを感じる。公衆トイレ(上の写真はコイン式の公衆トイレで、20ペンス入れると20分まで使える)もどこにあるわけではないので、この計画は大歓迎だ。市長も、他の会社もこの計画に参加することを奨励しているので、ロンドンのトイレ事情が改善するかもしれない。詳しいロンドンの公衆トイレ情報はこのサイトをご参照ください。

ちなみに私のロンドン中心のお薦めのトイレは、ソーホーにあるPrinciとリージェント・ストリートのアップル・ストア。特にPrinciのトイレはスタイリッシュで、ハンドソープも高品質のものを使っているし、中の香りも良い。2店とも、トイレがある事を知らない人が多いので混んでないし、店内はいつも込み合っているので、トイレに行く時も目立たない。

Yesterday on March 18th, the London mayor Boris Johnson announcedThe Open London Scheme‘. There has been a 40 per cent decline in public toilets in London since 1999. The mayor made a manifesto commitment to increase the quality of life in London, and The Open London scheme is a part of it.  Giant chains Tesco, Sainsbury’sMarks and Spencer (supermarkets), John Lewis (department store), Borders (American book store)  have become the first companies to sign up, and allow the public to use their facilities during opening hours without the need to make a purchase.

In London, I can’t find a toilet easily. Not all tube station have a toilet (click here to see the map of stations with toilet), and also not all fast food chains have a toilet available — Starbucks has one, but sandwich chain Eat. and Pret a Manger don’t. Even though the store has a customer toilet, it is for their customers only and I feel always bad to use it without purchase. There are not many public toilets (like in the photo below — put 20 pence and you can use up to 20 minutes), so I really supports the scheme! I hope the situation of the toilets in London will improve with this scheme, as the mayor has encouraged more companies to join the scheme. 

One of my favorite toilets in central London are at Princi in SOHO and at the Apple Store in Regent street. Especially Princi has a beautiful bathroom with good quality hand soap and smell of incense.  In both stores, usually there is no waiting because not many people know that there is a toilet, and you don’t feel embarrassed to go as the stores are always crowded.

Reblog this post [with Zemanta]

Waitrose, the winner of Watchdog Supermarket vote

Waitrose supermarket
今日2月23日放送の、BBCの消費者情報番組・Watchdogで、視聴者36,308人の投票による、最もお気に入りのスーパーマーケットの1位に、Waitrose(ウェイトローズ)が選ばれた。調査によれば、多くの人が、いつも行くスーパーを決めており、その店にしか行かない。しかし、この不景気の中、AldiLidlといった、ディスカウント・スーパー(共にドイツ系スーパー)に乗り換える人も増えている。スーパーを選ぶポイントは、26%が値段、26%が品質、そして26%が行きやすさをあげるという、拮抗した結果となった。最も多くの人が買い物をするのは、イギリス最大のスーパーチェーン・Tesco(テスコ)だったが、消費者の満足感は33%と、トップのウェイトローズの85%に比べると低い。値段がお得だと思うスーパーは、1位がAsda(アスダ/アメリカ・ウォルマート系)、2位がテスコだった。品質では、Marks & Spencer(M&S、マークス&スペンサー)が1位、ウェイトローズが2位となった。ちなみに、好感度順位表は、以下の通り。 1) ウェイトローズ/Ocado(オカド。ウェイトローズのオンラインショップ)21% 2) Sainsbury’s(セインズベリー。業界3位。ジェイミー・オリバーのコマーシャルで知られる)19% 3) テスコ 15%(業界1位) 4) アスダ 14%(業界2位) 5) Morrisons(モリソンズ。業界4位)10% 6) マークス&スペンサー(自社ブランドの製品のみ販売) 9% 「Waitrose」は、高級デパート「John Lewis」と同じ「John Lewis partnership」の経営で、2009年2月現在、イギリス国内で198店を展開する。ミドルクラス/富裕層をターゲットに、やや割高ながらも高品質の品揃えが特徴。また最近では、CSR(Corporate Social Responsibility/企業の社会的責任)をかかげ、フェアトレードやオーガニック商品を多く扱い、環境保護にも積極的に取り組む。食べ物の品揃えがいいし、家の近所にもあるので、よく行く。また、ゆったりと買い物できるし、家まで配達してくれ楽なので、オンライン(Ocado.com)でも買う事が多い。日本では、まだあまりないサービスだが、イギリスでは、スーパーのオンラインショッピングが盛んだ。主だったスーパーはウェブストアを持っているが、Ocadoは、すっきりしたデザインで、また商品情報が写真付き、また原産地表示や賞味期限も表示され、Offer(奉仕品)も見やすく、使い勝手が良い。またチェックアウトの際、過去に買った商品を表示、買い忘れがないか確認できる。メールでお得なウェブ割引クーポンが時々送られてくるし、配達料も時間帯によって無料となる事もあるので、うまく使いこなすと、賢くショッピングできます。 On today’s BBC’s consumer information program Watchdog, the Waitrose won the most favorite supermarket among 36,308 viewers online vote. According to the research, voters are happy with the store they choose to shop at and they’re very loyal – once they’ve got their favourite, they don’t plan on going anywhere else. However, with this credit crunch, some people trade down to budget supermarkets such as Aldi and Lidl. The most important factor for them to decide where to shop is, of course price (26% of the people told that price is important), but also 26%  made up their mind based on quality, and 26% chose their shop based on convenience. The largest number of voters shop at Tesco, the biggest supermarket chain in UK. However, customers who are very satisfied with Tesco store  is only 33% in compare to 85% for Waitrose shoppers. ‘Best value’ is Asda, and next, Tesco. The best quality food went to Marks & Spencer(M&S), and Waitrose, second.  1) Waitrose/Ocado 21% 2) Sainsbury’s(famous for Jamie Oliver‘s ad) 19% 3) Tesco 15% 4) Asda 14% (2nd largest UK chain. a part of US chain, Wal-mart group) 5) Morrisons 10% (4th largest UK chain) 6) Marks and Spencer 9% Waitrose is the supermarket division of the British retailer the John Lewis Partnership, with 198 branches as of Feburary 2009. Like the partnership’s department stores, John Lewis, Waitrose targets the middle-class by selling high quality food, and emphasising customer service and CSR (Corporate Social Responsibility), such as waste and recycling, organics and responsible sourcing. We often shop at Waitrose, as we like their range of food and products, and there are two stores in our territory.  I also like to shop online too. Ocado.com is in charge of selling Waitrose products online. Cleanly designed Ocado.com is easy-to-shop and show a great deal of product information with photo, such as ingredient, country of origin, and expiration date etc, in compare with other supermarket websites. The site also shows the list of what I bought in the past, and reminds me if I forget to buy anything. With the combination of web vouchers Ocado occasionally sends via e-mail and free delivery time slot, the shopping could be pretty reasonable.

New 10 Years Younger with Myleene Klass

10 years younger
Channel 4の番組、「10 Years Younger」の新シリーズが今日から始まった。司会役は、今回から、5シリーズ続けたNicky Hambleton-Jonesに代わり、Myleene Klassが担当している。この番組は、実年齢以上に老けて見える、主に中年以上の女性(たまに男性も登場)が登場、ファッション、化粧、ヘアスタイル、美容整形、審美歯科治療と、全身改造を行う。

最近、Myleene Klass(マイリーン・クラス)がやたら目につく。すぐに解散したイギリスのポップグループ・Hear’Sayのメンバーだったマイリーンは、B級セレブが登場するリアリティ番組・「I’m a Celebrity… Get Me Out Of Here!」で、白のビキニ姿でシャワーを浴びている姿が放映されてから、大ブレーク。大手スーパーマーケット・マークス&スペンサー(Marks & Spencer、M&S) パンテーンのCM、CNNのザ・スクリーニング・ルームと大忙しだ。1児の母でもあるマイリーンは、Baby Kというベビー服ブランドもプロデュースしている。

イギリス生まれだが、オーストリア人の父とフィリピン人の母を持つマイリーンは、クラシック音楽の素養を持ち、テレビやラジオの司会、歌手、ピアニスト、女優、モデルと多彩な顔を持つ。エキゾチックだが親しみやすい顔立ちと、ダイナマイト・ボディが人気の秘訣か。Mも大ファンだ。特に目が良いという。確かにスタイルは良いが、私にとっては普通の女の子としか見えないのだが、Mいわく、男にとってはたまらないらしい。そんなにいいかな??

New series of Channel 4‘s program, ‘10 Years Younger‘ started tonight. The new host is Myleene Klass, instead of  South African fashion stylist Nicky Hambleton-Jones, who presented past 5 series. The participants of the show, who look much older than their actual age,  receive a complete make over with the help of experts in fashion, cosmetic, hairstyle, cosmetic surgery, and cosmetic dentistry.

Now I see Myleene Klass all over the place in UK. Myleene, who is a ex-member of short-lived British pop group ‘Hear’Say‘, got a big break after she showed her body in white bikini taking a shower, in the reality show ‘I’m a Celebrity… Get Me Out Of Here!‘ along with other B class celebs. Now she is in the Marks & Spencer and Pantene CM, the host of CNN’s ‘The Screen Room‘ etc. Myleene, a mum of one, also produce baby clothing brand Baby K.

Myleene was born in Norfolk, England, to an Austrian father and a Filipino mother. Educated in classical music, she has different faces as an actress, singer, model, pianist, and presenter. He popularity could be due to exotic but girl-next-door sort of face with dynamite body? M is a big fan as well – he says he fancies her eyes. Yes she has a beutiful figure, but for ME, she is just another ordinary girl. Is she really a big deal for you??

Reblog this post [with Zemanta]