Tag Archives: Meatball

Curious Yellow Kafé re-located to Pitfield Street

以前書いた、Holloway Road(ホロウェイ・ロード)にあるスウェーデン風カフェ・Curious Yellow Kaféが、最近ホクストンのPitfield Street(ピットフィールド・ストリート)に引っ越してきた(Pitfieldカフェよりさらに北)。カウンター席が数席あるだけの小さな店からスペースは倍(以上)増。オーナーの趣味?の凧があちこちに飾られた店内には、4人がけテーブルが5つあるけれど、暖かい日は外の席が人気。交通量の多いホロウェイ・ロードとは違い、静かなピットフィールド・ストリートに面しているので、車の排気ガスを気にする必要もない。ホロウェイ・ロードの時と同じく、メニューにはオーナー手作りのスウェーデン料理が並ぶ。ラム肉のムサカは残念ながらハズレだったけれど、スウェーデン風ミートボールのスパゲティはなかなか美味(写真下)。

Cute Swedish café Curious Yellow Kafé on Holloway Road recently moved to Pitfield Street in Hoxton (further up north from the Pitfield café). The space became more than double from just several counter seatings and now there are five 4-seat tables inside, decorated with funky kites (owner’s hobby?)> But alfresco tables outside are more popular on a warm day – the new location faces to the quieter Pitfield street and you don’t have to worry about car emissions like busy Holloway Road. As before, you can enjoy owner’s homemade Swedish cooking at the new ‘Kafé’ as well. We were not impressed by their lamb moussaka but Swedish meatball spaghetti was yummy :-)

スウェーデン風ミートボールのスパゲティ(左)とラム肉のムサカ(右)/ Spaghetti with Swedish meatballs (left) and Lamb Moussaka (right)

The Book Club Cafe, Bar & Restaurant @ Shoreditch

東ロンドンのショーディッチのLeonard Streetに最近できた、カフェ/バー/レストラン、The  Book Club。バー/クラブ・Queen of Hoxtonと同じオーナーが経営、以前はHOMEというバーだったビクトリア時代の倉庫があった建物にある。元倉庫のレンガ壁と広々としたスペースを生かした、2階に分かれたフロアは、ビンテージ風の家具や長テーブルが置かれ、地階にはビリヤード台、1階には卓球台が置いてある小部屋もある。また、トークやワークショップ等の文化イベントも開催されており、週末等にはDJも入る(イベントスケジュールはこちら)。客層は場所柄、デザイン事務所やファッション、メディア等で働くクリエーターや、ヒップな若者が多い。Wi-Fiは無料、プライベート・ミーティングルームや映写施設もある。ちなみにイギリスでは、カフェやパブで、一般客に混じってビジネス・ミーティングをしているのをよく見かける。テーブルが小さかったり、うるさい場所でもやってるので、気が散らないのだろうかといつも思う。

オープン時間は朝8時から深夜まで(木・金・土は午前2時まで)、時間帯によって食事メニューも変わる。夜はお皿のサイズで値段が決まるユニークなシステムで、グループ用に大鍋でパスタやシチューも注文できるそうだ。私たちは遅めのランチで、スパゲティ・ミートボールと、Bangers&Mashソーセージとマッシュポテト)を注文。ソーセージ&マッシュはまずまず。スパイシーなトマトソースとミートボールは美味しかったけれど、スパゲティは品質が良くなく、ゆで過ぎだったのが残念。

The Book Club is a recently opened café/Bar/Restaurant, located on Leonard Street in a former Victorian warehouse (where used to be the HOME bar) in Shoreditch, East London. Run by the same people as the Queen of Hoxton, this former warehouse with brick walls and vast 2-floor spaces is decorated with vintage-style furniture and long tables, and has a pool table and a DJ area downstairs and a ping-pong table in a small room on the corner of the ground floor. The Book Club also offers a variety of creative and cultural events as well as parties and DJ nights (event schedules are here), and attracts creative workers and hip twenty-somethings who live or work around the area. Wi-Fi is free, and you can also use private meeting rooms and screening facilities. I often see people having a business meeting in a café or a pub in UK and always wonder if they are not distracted: sometimes it is noisy and a table is too small to spread documents.

The Book Club opens all day from 8 am to midnight (until 2 am on Thursdays, Fridays, and Saturdays), and the menu changes accordingly. In the evening, diners pay by plate size and large groups can purchase huge pots of pasta or stew. We ordered Spaghetti with Italian Meatballs and Bangers&Mash for our late lunch. Bangers&Mash is not bad, and spicy tomato sauce for the pasta was good, but disappointment was the spaghetti – it was a cheap kind and mushy + far away from al dente…

Reblog this post [with Zemanta]