Tag Archives: Metro

Be Aware of Charity Scammers

数日前、ロンドンのフリーペーパー「Metro」に、東北大地震&津波への寄付を誘ったサイバー詐欺を行う不埒な輩がいるという記事が載っていた。Internet Crime Complaint Center(インターネット犯罪苦情センター)によると、フィッシングなどサイバー犯罪を目的とした、170万以上のマルウェア、419の詐欺サイト、そして「Japan tsunami」や「Japan earthquake」を使用した50以上のURLが報告されているという(参照:ubergizmo/MacWorld)。詐欺の報告・被害者支援を行うイギリスの公的機関であるAction Fraudのウェブサイトには、イギリス赤十字社のJapan Tsunami Appealを語る詐欺への警告が掲載されている(参照サイトイギリス赤十字社による警告)。米ABCニュースロイター通信は、詐欺にあわないための注意事項をリストアップしているが、要は、メールで送られてきたリンクや電話での勧誘からではなく、信頼できる機関や慈善団体の正規のウェブサイトや電話番号を通じて、または直接出向いて寄付するのが一番安全だろう。人の不幸は金儲けのチャンスと、人の善意につけ込む罰当たりな人たちがいるものだ。

I read about cyber criminals who are cashing in on the Japanese earthquake on London’s free paper Metro few days ago (article). According to Internet Crime Complaint Center, fraudsters have setup more than 1.7 million malware pages, 419 scam sites and over 50 fake domains with “Japan tsunami” or “Japan earthquake” in their URLs (ubergizmo/MacWorld). UK’s national fraud reporting service Action Fraud warns British Red Cross’s Japan Tsunami Appeal Scam (Read more about the Japan Tsunami Appeal fraud on the British Red Cross website). ABC news and Reuters list up tips to avoid those scams, but the safest way is to ignore e-mails and phone calls from total strangers, and either to call up or to visit the trustable charities and organizations or donate on their official websites. It is awful that there are a bunch of evils taking advantages from innocent people’s miseries and goodwill to those suffered!

ベトナム料理店がたち並ぶ、ロンドン東部のKingsland RoadにあるFlowers Galleriesで3月31日まで開催中の、日本人アーティストJiro Osugaさんの個展「Tokyo」。クスッと笑える脱力系の画風に癒される。ギャラリーはまた、日本への義援金受付も行っています。

Japanese Artist Jiro Osuga‘s exhibition “Tokyo” (– March 31) at the Flowers Galleries, located amongst dozens of Vietnamese restaurants on Kingsland Road, East London – his humorous paintings make all of us smile :-) The gallery also hosts “FLOWERS RUN FOR JAPAN” via JustGiving.

↓ 今日の支援情報(今日は英語のサイトばかりですみません)

↓ Today’s Charity Information

Advertisements

The London Evening Standard goes Free from Today

New London Evening Standard

180年以上の歴史を持つロンドンの有料夕刊紙「The Evening Standard(イブニング・スタンダード)」が、今日12日から無料で配布されるようになった。チューブの駅の出入り口に陣取り、センセーショナルな新聞のトップニュースを独特の筆致で書いた看板を前にイブニングスタンダードを売る、オレンジ色のストライプのスタンドは、ロンドンの名物だった。しかし最盛期には65万部を誇った発行部数も、MetroやLondon Lite、thelondonpaper等無料紙の台頭で、近年は22万5千部にまで下落。今年の1月には、オーナーで、デイリー・メール紙などを発行するAssociated Newspapers社より、旧ソ連の国家保安委員会(KGB)の元スパイだった、ロシア人富豪/実業家・アレクサンドル・レベジェフ(Alexander Lebedev)氏に、なんと£1で75.1%の株を売却され、世間を驚かせた。今回無料紙となることで、発行部数を60万部に増やし、この数を武器に広告主を誘引し、生き残りを計る戦略だ。

ロンドンの地方紙であるイブニング・スタンダードは、ロンドン中心のニュースが多いが、国内外のニュースも取り上げている。内容は、私的には、Quality Press(クオリティ・プレス/高級紙)とTabloidsタブロイド/大衆紙)の間ぐらいの位置づけで、大衆紙よりもう少し真面目な記事が多いが、高級紙ほど小難しく、平坦な英語で書かれていて読みやすい。

ロンドンの他の無料紙「thelondonpaper」が先月廃刊となっただけに、イブニング・スタンダードの無料化はうれしい。現在、ロンドンの無料紙は、MetroLondo Lite、そしてThe London Evening Standardの3紙(+経済紙・City A.M.)。ただ、メディアの専門家によると、無料紙のパイは小さく、いずれLondon LiteはThe London Evening Standardと合併するか、姿を消すだろうとのこと。無料紙のみならず、インターネットでニュースを読む人が増え、既存の有料新聞も、軒並み発行部数を減らしている。インデペンデント(The Independent)やガーディアンの日曜紙・オブザーヴァー(The Observer)などは存亡の危機だと言う。イギリスの新聞業界はこれから淘汰が進むんだろうか。

The London’s regional evening newspaper with over 180-year history, “The Evening Standard” became a free newspaper from today, changed their name to “The London Evening Standard.” The Evening Standard vendors with eye-catching orange stripes, placed on the Tube exits, together with the signboards with a sensational headline of the day’s paper, was one of the London’s everyday life scenes. Once the Evening Standard boasted its circulation of 650,000 on its hay day, but now the number dropped to 255,000, due to the competition with emerging free papers such as Metro, London Lite, and thelondonpaper. This January, the owner of the Evening Standard Associated Newspapers, the publisher of Dairy Mail and London Lite, sold 75.1% of the Evening Standard stocks to an ex-KGB spy and Russian businessman, Alexander Lebedev for the astonishing price of £1. This move to make the Evening Standard free came in a bid to increase its circulation from 250,000 to 600,000, to attract potential sponsors for its survival.

The Evening Standard is a regional newspaper of London, but also covers national and international news, as well as London-centred news. For my point of view, the Evening Standard places in between Quality Press and Tabloids – more serious than tabloids, but less tortuous and easier to read than quality press.

This addition to London’s free papers is welcomed, after thelondonpaper discontinued as of the last month. Currently there are three free papers in London – Metro, Londo Lite, and the London Evening Standard (+ financial paper City A.M.). However, a media expert suggested that London has a space for only one free evening paper, and the Lite would eventually close or merge with the Standard. Not only free papers but also existed newspapers have been loosing their circulation, as many people read news online now. It is said that the Independent and The Observer (the Guardian‘s sunday paper) are not doing well adn could fail anytime. Probably UK’s newspaper industries will go into the process of selection soon.

Evening Standard PosterEvening Standard Poster

Evening Standard PosterEvening Standard Poster

イブニング・スタンダードは、今年5月11日に「The London Evening Standard(ロンドン・イブニング・スタンダード)」と名前を変えて、ロゴと題字を刷新した。以上は、このリニューアルに際して作られたポスター・キャンペーン(2009年5月撮影)。

On 11 May 2009, the Evening Standard relaunched as “The London Evening Standard“, with a new layout and masthead. These are the campaign posters made after the renewal (photos taken in May 2009).

Reblog this post [with Zemanta]