Tag Archives: mid-century

Shoreditch Grind Café @ Old Street

今月、オールド・ストリート駅の真上のRoundaboutラウンドアバウト)に面した北西の角に、新しいカフェ・Shoreditch Grind(ショーディッチ・グラインド)がオープンした。元々携帯電話のショップだった、丸い円柱形のこの店は、カウンター席が10あまりという小さなカフェだけれど、テーブルを置いていないので意外と広く感じる。50年代のアメリカン・ダイナーを思わせるインテリアやロゴは、ロンドンと言うより、ニューヨークのヴィレッジあたりのカフェという感じ。

コーヒーやドリンク類の他、種類は多くないけれど、サンドイッチやマフィン、クロワッサン等もある。チャバッタにモッツァレラチーズとトマトを挟んだサンドイッチは、トーストしてくれて、サイズは少し小さいけれど味は悪くない。ブルーベリー・マフィンはしっとりしていて甘さも控えめ、フラット・ホワイトも美味しい。ただ椅子が堅くて小さく座り心地が悪いので(太めのイギリス人は、お尻がかなりはみ出しそう)、長居は出来ないし、店側もしてほしくないだろう。

客席は全面ガラス張りなので、コーヒー片手に、行き交う人たちやラウンドアバウトをぐるぐる回っている車やバイク、自転車の群れを眺めるのも一興。

A new café Shoreditch Grind just opened this month at the north west corner of the roundabout above Old Street Tube Station. This small café, sitting in the cylinder-shaped building (used to be an ugly mobile phone shop), has only 10 or more counter seats, but you feels more spacious than its looks without tables. Their “mid-century American diner” interior and logo makes the café look more like the one in the New York’s Village.

Other than coffee and soft drinks, sandwiches, muffins and croissants are also available (though not many kinds) . Their ciabatta sandwich with tomatoes and mozzarella cheese was properly toasted and tasted fresh, though the size was a bit small. The blueberry muffin was modest in sugar and nicely baked, and went well with their delicious flat white.

The café is also a perfect spot at the busy intersection for people-watching, and it is quite hypnotic to look at the traffics – cars, busses, motorcycles, and cyclists going around the big roundabout.

Advertisements

Tina, We Salute You @ Dalston

このブログを通じて知り合ったブロガーから教えてもらって、前から気になっていたカフェ、Tina, We Salute Youに行ってきた。前にも一度行ったのだけれど、あいにくサンドイッチが売り切れていたので退散。今回は食べ物はまだあったけれど、小さなお店はほぼ満席、相席をお願いして何とか腰を落ち着けた。何か印象が違うなと思ったら、壁が塗り替えられていた(写真下)。今の方がシンプルで断然いい。

ミッド・センチュリーの中古家具やアンティーク風の食器類は、なかなかセンス良し。新鮮な材料を使った手作りサンドイッチも、甘すぎずふんわり仕上がったチョコレートケーキも、共に合格点。今まで書いてきたコーヒーが美味しいカフェで、Union Hand Roastedと共に高いシェアを誇るSquare Mileのコーヒー豆を使い、これまたこれらのカフェで高い使用率を誇る、エスプレッソ・マシンのフェラーリ・La Marzoccoでいれたコーヒーも美味しい。

周りには何もない住宅地なのに、行った2回とも満員御礼。その後も客が入れ替わり立ち替わりやってきた。ブリック・レーンで日曜に開かれるSunday UpMarketで、カップケーキを売る屋台から始まったというTina, We Salute You、今ではすっかり地元の人気店に成長した。美味しい食べ物とコーヒーがあれば、お店がどこにあっても人はやってくるんだという一例だ。少し分かりにくい場所にあるので、行く時は地図検索してからどうぞ。

We finally made to sit down at Tina, We Salute You, a café one of the blogger recommended me for great espresso. We tried there once, but we left without ordering anything, as lunch time was over and no food was left. This time we almost missed to experience the café again as it was nearly full, but we asked other customers to share the table and we made it! I thought something was different, and I realized the wall was repainted (photos below), since the first visit. It’s simple and impressive, and much better than before!

The café’s antique tableware and mid-century style second-hand furniture are very nice. Handmade sandwiches with fresh ingredients passed the test, and their great chocolate cake was smooth and moderately sweet so that I don’t have to feel too much guilt to finish the treat. Another great thing was their espresso – brewed with Ferrari of espresso machine La Marzocco, using coffee beans from an established coffee roaster Square Mile, which has a big share together with Union Hand Roasted at the cafés that I wrote in the past where you can have a great cup of coffee.

Tina, We Salute You is in the middle of boring residential area, but it was full on both days we went. Even after we sat down, new customers came in constantly. Starting from a cupcake stall in Sunday UpMarket near Brick Lane, the café is grown up to become a favored place in the neighborhood. This proves a golden rule of successful café – people will come as long as it offers great food and coffee, no matter where it is. Tina, We Salute You is a bit hard to find, so don’t forget to search a map before you go.

今の店内/Interior now.

以前の店内/Interior before.

Enhanced by Zemanta

Giant Robot Bar-Café-Deli-Diner @ Clerkenwell Road

Clerkenwell Road(クラーケンウェル・ロード)にあるGiant Robotは、ブランチ、ランチ、ディナー、ドリンクと、時間帯にあわせて一日中いつでも行けるお店。元弁護士で、Milk & HoneyMatchThe Player等のバーやレストラン・Redhookを経営するJonathan Downey(ジョナサン・ダウニー)が今年5月10日オープンさせた。

イタリア系アメリカ人のお店にインスピレーションを得たというGiant Robotのレトロなミッド・センチュリー風のインテリアは、ニューヨークはブルックリン辺りのお店にいるような気分にさせる。フード・メニューも、イタリア系アメリカ人が考案したミートボール入りスパゲッティやSliders(ミートボールとチーズ入りハンバーガー)、ピアディーナ(Piada/Piadina。イタリア・ロマーニャ地方のファーストフード)等のランチメニュー、ソーセージ、ステーキ、シーフードなどのディナーメニュー、クロスティーニ(具をトーストしたパンの上にのせたイタリアの前菜)、cicchetti(チケッティ。ベニス風タパス)、サラミ、チーズなどの軽食と、イタリアンとアメリカンが融合した品揃えだ。

私たちは、3時までのランチタイムと5時からのディナータイムの間に行ってしまったので、あいにく食べ物はピアディーナしかなかったけれど、これがなかなかのヒット。レトロなお皿に乗って出てきた、プロシュット(生ハム)とサンドライトマトを挟んだ熱々のピアディーナは、フレッシュで美味しかった。

Giant Robot on the Clerkenwell Road is a Bar/Café/Deli/Diner that you can use any time of the day, from brunch and lunch to dinner, or for a drink. It was opened on May 10th this year by Jonathan Downey, an ex-city lawyer and an owner of trendy bars such as Milk & HoneyMatch and the Player and Redhook restaurant.

The Italian-American-inspired Giant Robot’s interior is retro mid-century style Americana, that make you feel like you are in a café-bar somewhere in Brooklyn, New York. Their food list is also pretty much Italian American as well: spaghetti with meatballs (it’s an Italo-American creation), Sliders (meatball, sauce & cheese on a bun), and Piadina (sandwich with Italian flatbread from Romagna region) for lunch; sausage, steak, and seafood for dinner; crostini and cicchetti (Italian tapas common in Venice), salumi and cheese for snack with drinks.

Unfortunately we went there in between lunch time and dinner time, so piadina is the only food available at that time. But freshly made hot piadina with prosciutto and sun dried tomato, served on a retro plate, was actually quite good.

Enhanced by Zemanta

SMUG Lifestyle Store @ Camden Passage

SMUGは、エンジェルの有名なアンティーク・ストリート、カムデン・パッセージにある小さなお店。前は通ったことがあるのだけれど、今日、Daily Candyのメールマガジンで紹介されたのを機に、行ってみた。センス良く飾られた、白やパステルカラーのレトロな家具が並ぶ2フロアの店内には、手作りのぬいぐるみ、クッション、ティータオル(洗い物を拭く布巾)、そしてミッドセンチュリーの食器類やグラス等、オーナーで、インテリア/グラフィック・デザイナーのLizzie EvansがデザインしたSMUGブランドや、自身がセレクトした、女性が好きそうなものが所狭しと並んでいる。今日は取りあえず、素敵なデザインのオリジナルカード(1枚£2.50)を2枚買った。自分用にはちょっと値段が高いかな、と思うものもあるけれど、ちょっと気の利いたプレゼントを探すのに使えそう。

ちなみにDaily Candyは、お店やレストラン、イベント、セールなど、タウン情報を発信するウェブサービスで、ニューヨークやロス等アメリカの主要11都市の他、ロンドン版がある。サイトに登録、好きな都市を選ぶと、月曜から金曜日まで毎日メールマガジンが届く。ロンドン情報を手に入れるのにとても便利なサイト。

SMUG is a cosy lifestyle store on Camden Passage, a famous antique street in Angel. I passed by some times, but I went inside for the first time, as Daily Candy talked about the store today. Inside of 2-floor store, chicly decorated with retro furniture in white or pastel colors, is full of goodies that women love – handmade soft animals, cushions, tea towels, mid-century glassware and kitchenware etc – designed or carefully selected by the owner and interior/graphic designer Lizzie Evans. I bought two cute cards today (£2.50@). Though some of the products are bit pricy for myself, it is a great place to find an unique and sophisticated present for your loved ones.

Daily Candy is a web service, delivering what’s going on in the city of your choice – restaurants, stores, services, events, sale and everything– via daily e-mail newsletter and its website. Currently the service covers 11 major US cities such as New York and LA, as well as London, the only city outside USA. Daily Candy is very useful for me o get an idea for my blog, as well as to look for a nice place to hang out.

Reblog this post [with Zemanta]

Leila’s Shop Delicatessen / Café @ Shoreditch

Shoreditch(ショーディッチ)のArnold Circus(アーノルド・サーカス)近くにあるLeila’s Shop。野菜や果物、パスタ等の食料品を売るお店の隣に、カフェを併設している。店内には、よく使い古された、懐かしい感じの家具が置かれ、天井から鍋ややかんが吊り下げられたキッチンは、フランスの田舎の食堂のよう。メニューはごくシンプル。トーストや目玉焼き、Comtéチーズとピクルスのサンドイッチ等の他、ポーランドのハムのサンドイッチ、Polish Platter(ポーランド料理の盛り合わせ)もある。注文した目玉焼き(セージ入りとセラーノ・ハム)は、トーストしたライ麦パンとともに、木のボードの上に置かれたCast Iron製の小さなフライパンにのせられて、熱々で運ばれてくる。ミッド・センチュリー風の食器類も可愛い。

落ち着いた雰囲気のインテリアはとてもいい感じだし、ちょっと油でギトギトしているけれど、お料理も、Monmauth  Coffeeのエスプレッソも問題はないんだけれど、何か気に障る。理由の一つは、その素朴な外観と裏腹な、安くはないその値段。しかも、高級エリアのケンジントン&チェルシーではなく、生粋のイーストエンド、ショーディッチだ。目玉焼きは、卵2個にセージの葉を数枚のせたもので£5、スペインの生ハム入りで£6。もちろん、オーガニックだか産地直送の新鮮食材だか使っているのだろうけれど、高級食材店で有機飼育の卵と品質の良いパン(1人分スライス2枚)、生ハム数枚を買って、Mの実家から送られてきた無農薬のエキストラ・バージン・オリーブオイルを使って自分で作っても、コストはせいぜい£2か。自分の家で簡単に作れるようなものを、仰々しい値段で出しているのが、何となく気に食わない。あの値段だから、もっと凝ったものが出てくると勘違いして、頼んだ自分も悪かったけれど。。。そして、ネットでも何人かが指摘しているけれど、最低限のことだけしていれば充分という感じの、無愛想なウェイター&ウェイトレスたち。この手の、独立系の食材に凝ったカフェにありがちの、スノッブさが鼻につく。ネットでこのお店の評価を見てみると、賛否両論(好評価している人の方が多いけれど)。好きな人は好きだし、批判している人たちは私と似たり寄ったりの意見。でも、この手のお店が好きそうな典型的な中流階級のお客たちで賑わっているので、何人かに批判されても、商売は安泰だろう。

と、1回行っただけなのに、つい批判的になりすぎた。素敵なカフェだし、昼下がりにお茶する場所としては最高。食べ物も今度は、ポーランドハムのサンドイッチ等他のものも試してみよう。ちなみにオーナーは、バラ・マーケットにも出店しているとのこと。

最近このエリアは、Shoreditch High Street駅が建設中(4月に開通予定)で、コンラン卿がてがけたブティック・ホテル・The Boundary過去エントリー参照)等、どんどんお洒落な店が増えている。もっと猥雑だった頃のショーディッチも味があって面白かったんだけれど、ここら辺もじきに、第二のノッティング・ヒル化するんだろうな。カフェ好きの私としては、嬉しいやら寂しいやら。

Leila’s Shop, with its picture-perfect grocery store and a cosy café side by side, is located near Arnold Circus in Shoreditch. Its interior with well-used wooden furniture and the kitchen where pots and pans hanging from the ceiling, is like a homy diner in French countryside. The menu is quite simple and short; toast & jam, fried eggs, sandwich with Comté cheese & cornichon (pickles), as well as polish ham & cornichon sandwich and Polish platter. We ordered eggs fried with sage, and eggs fried with Serrano ham. The dish is served on the pipping hot cast-iron small frying pan on a wooden board, with 2 slices of toasted rye bread. Their mid-century style dishes and cutlery are very cute as well.

Although their warm and rusty-chic interior is really nice, and their food, although the eggs are bit too greasy, and Monmauth  Coffee espresso are decent, something bothered me slightly. One thing is their rather expensive price, contrary to its plain appearance  – it is not in posh Kensington & Chelsea, but in London’s East End! Their fried eggs with 2 eggs and few sage leaves is £5, and with Serrano ham costs £6. They probably use fresh organic eggs directly from selected farms, but I can make it £2 at most, grabbing organic eggs and good quality bread (2 slices) and few hams from a posh grocery store, and cooking with organic Tuscan extra virgin olive oil from M’s mum. What bothers me is that the fried eggs are quite simple dish that you don’t have to be a trained chef to cook, and charge us overprice for it. I can bet that many women who cook agree with me! It is my fault that I ordered the dish, but I thought the it would be a bit more elaborate, considering the price. Another thing I don’t like is not-really-friendly waiter & waitresses, like at many other independent ‘sophisticated’ and ‘stylish’ cafés. They do minimum job, and don’t bother themselves to give us a little smile (or they are just shy??). I checked people’s reviews online and it was divided, though more people love Leila’s. The complainers say more or less the same things as me. But Leila is full of loyal crowds, typical who go to that kind of cafe – liberal middle class with some money (or pretending that they are), and seems to be all set. By the way, the owner has a stool in Borough market as well – that tells everything. Probably they wouldn’t care about the criticism from not-as-good-as-them customers like me!

I might be too critical as I went there only once. I have to admit that Leila is a very nice cafe, perfect for a cup of tea in the sunny afternoon. I will try something else next time, like Polish ham sandwich, and see.

In this area in Shoreditch, more and more cool venues opened recently, including The Boundary (Sir Conran’s boutique hotel), as the new Shoreditch High street railway station is about to open in April. Probably Shoreditch will soon be another Notting Hill. The change is good for us as café and design maniacs, but at the same time I feel a bit sad the area is loosing its good old edgy feel.

Reblog this post [with Zemanta]

fix Café @ Whitecross Street

バービカン・センターと、ロンドン交響楽団のコンサートホールとして使われているSt Luke’s Churchを結ぶ、Whitecross StreetとRoscoe Streetの角に昨年10月オープンしたカフェ・fix。元は、ブリックレーンやGoswell Roadに店舗を持っていたCoffee@という小規模カフェチェーンがあったところで(Coffee@は昨年始めに倒産したよう)、ミッドセンチュリー風でちょっと使い古された感じの、センスのいい家具と、天井の高い広々とした店内は、ランチタイムを過ぎているというのに、かなりの人で埋まっていた。近くで働くクリエーターたちなのか、ノート型パソコンやiphone等のアップルユーザーが多く、また男性率も高い(シングル女性は要チェック?)。ちなみにfixではWIFIが使える。

注文したパニーノ・サンドイッチは、きれいにトーストして、茶色の持ち帰り用紙製パッケージで出してくれ、味もパッケージも合格点。でも、有機栽培フェアトレード(公正取引)のエスプレッソは、ちょっと薄くて味も今イチ。それに、陶器製エスプレッソカップではなく、大きな紙製カップに入ってくるのも、Mにとっては痛いマイナスポイントだ。でも、The London Tea Companyのオーガニック+フェアトレードのアールグレイは美味しかった。

Café fix was opened last October on Whitecross Street, which connects Barbican Centre and St Luke’s Church (used as a concert hall by London Symphony Orchestra/LSO) , at the corner of Roscoe Street. The place is used to be Coffee@, a mini café chain in London (also on Brick Lane and Goswell Road as well), but the chain went into administration at the beginning of 2009. The spacious café with high ceiling, furnished in mid-century style used furniture, was quite full even after busy lunch time. There are many creator-like Mac users typing apple laptops and playing with iphones (WIFI is available at fix), and more men than women (single women must check it out!). Panino sandwich M ordered, toasted and served in a nice brown take-out paper box, was quite good. But their “organic fairtrade” espresso in a paper cup (which M hates) was watery and tasteless. But my organic+fairtradde Earl Grey tea by The London Tea Company was quite lovely.

ホワイトクロス・ストリートは、毎日ランチ時に、タイ料理やメキシカン等、食べ物の屋台が出るので、ランチを買いにくる近くのオフィスで働く人や近所の住民で賑わう。また木曜、金曜はフードマーケットが開かれている。その中の屋台の1つに、アメリカ・アトランタで行われた、2009年ワールド・バリスタ・チャンピオンシップ(The 2009 World Barista Championship)で優勝した、Gwilym Daviesの屋台もある(彼は花のマーケットで有名なColumbia Road marketにも出店)。いつか世界一の彼のコーヒーを飲んでみたいと思っているのだが、ランチ時は混むので避けているため、まだその機会がない。しかし、コーヒー屋台のオーナーがバリスタの世界チャンピオンなんて、すごいと思いませんか?

Whitecross street hosts a small food market every week day at lunch time and serves a variety of lunch such as Thai or Mexican etc. to the workers at nearby offices and neighbors. A larger food market is held on Thursdays and Fridays, and the street has occasional food festivals. One of the market stool is of  Gwilym Davies, who won the 2009 World Barista Championship (he also has a stool at Columbia Road market). I want to try his “world’s No.1” coffee, but we avoid busy lunch time and we haven’t tried it yet. But isn’t it cool that the coffee vendor on the small street in London is the world barista champion?!

Reblog this post [with Zemanta]

The Breakfast Club Café @ Angel + Hoxton

The Breakfast Club @ Hoxton SquareThe Breakfast Club @ Hoxton Square

The Breakfast Clubは、その名の通り、美味しい朝食で有名なカフェ。オブザーバー紙タイム・アウト誌のBest Breakfastにノミネートされる等、メディアの評価も上々だ。ソーホーが第一号店で、エンジェルのカムデン・パッセージとホクストンにも店を持つ。朝食以外にも、ブランチ、ランチ&ディナーと、一日中カジュアルに食事できる。メニューは、伝統的なイングリッシュ・ブレックファストからアメリカン・パンケーキやメキシコ風ブリート、サンドイッチ、サラダ、ハンバーガーと幅広い。ソーホー店には行ったことがないので、近場のエンジェル、ホクストン店をリポートしました。

ホクストン店は、ヒップなバーやレストランの集まるホクストン・スクエアの南、Rufus streetにある。広い店内は、黄色をベースに、アメリカの50年代ダイナー風に、カラフルでキッチュに装飾されている。アンティークで有名なカムデン・パッセージにあるエンジェル店は、階段を少し上がった中2階にあり、ホクストン店に比べ、こじんまりしている。インテリアの感じはホクストンと同じだが、壁に貼られた80年代に流行った歌手のポスターや、木彫りのアメリカン・インディアン像が、サンタ・フェ辺りのカフェを想像させる。ミッド・センチュリー風のインテリアは悪くないんだけれど、ちょっとごちゃごちゃ飾り過ぎかな。私的にはもう少しシンプルなのが好み。店の装飾を半分取ったらもっとすっきりするのにと思う。特に下の写真のオレンジ色のドアに吊るされた緑とオレンジの男性用ブリーフ。悪趣味なパンツ見ながら食事したくない!

料理は、味はなかなかだけれど、はっきり言って巨大。前に座っていた女性客はイングリッシュ・ブレックファストの半分以上を残していたし、私のオーダーしたパンケーキは大皿に5枚(6枚?)も出てきて、食べ終わる頃には胸焼け状態。。。でも、お腹をすかせた若者には有り難いだろう。横に座っていた細身の若い男性は、大きな皿に山盛りになったスクランブルエッグ&サーモンがのったトーストと、同じく大盛りのサラダを、ものの5分程で食べ終わっていた。

ブレックファスト・クラブは、先日書いたDaylesford Organic Caféとはいろんな意味で、正反対の店である。

*写真は全てホクストン店のもの

The Breakfast Club is, as its name suggests, famous for its delicious breakfast menus. Media reputation seems to be great – the Observer and Time Out nominated the café as one of the top breakfast places in London. The first café opened in SOHO and now there are two more places in Hoxton and Angel. Other than their signature breakfasts, they offer all-day food on their brunch, lunch & dinner menu, and the menu has a wide range of food from traditional English breakfast, American pancake, Mexican Burrito, burgers, sandwiches, salads etc. I’ve never been to SOHO café and here is my report on the Hoxton Square and Angel branches.

The Hoxton branch is located on Rufus street on the south of Hoxton Square. Spacious café is colorfully decorated in 50’s American-diner style. The Angel branch is few steps up on the stairs from its entrance on the famous antique street Camden Passage in Angel. The interior is the same style as Hoxton branch, but it looks more eccentric with 80’s pop singer’s posters put up on the wall and the wooden American Indian statue, and it reminds me of a café in Santa Fé. Their kitsch mid-century style decor is cute but a bit too much, and I prefer simpler interior. It would be much nicer for me if they remove half of the objects – especially a green and orange male underwear hang on the orange door (see in the photo below). I don’t want to eat food looking at the underwear!

The food is not bad, but the amount is huge. The woman sat in front of us couldn’t eat even half of her English breakfast, and my plate with 5 big size pancakes made me start my lunch great but end with heartburn… But it is great value for money and would be perfect for a hungry young man – the skinny guy next me finished a mountain of scramble eggs and smoke salmon on the toast and massive bowl or salad in just 5 minutes.

In many ways, the Breakfast Club is completely opposite to Daylesford Organic Café.

* All three photos are of Hoxton branch

The Breakfast Club @ Hoxton Square

Reblog this post [with Zemanta]