Tag Archives: mosaic

‘The Da Vinci Code mural’ at ‘Cocteau Chapel’ @ China Town

ジャン・コクトーが描いた壁画のあるNotre Dame de France(ノートルダム・ド・フランス)教会のことを知ったのは最近のこと。ロンドンの住人の間でもほとんど知られていないフランス系の小さな教会のことが、日本のガイドブックに載っていたと、ロンドンに旅行に来ていた旧友が教えてくれたのだ。思うと、偶然が重なって、この教会に行き着いた。春にコート・ダジュールを旅行した際、マントンコクトー・ミュージアムと、コクトーが1957年に壁画を描いた、ヴィルフランシュ=シュル=メールにあるサン=ピエール礼拝堂を訪れたのが最初。その後、何年も前に友人に譲ってもらったのに開かずにいた、ダン・ブラウンダ・ヴィンチ・コードを何故か読み始めたのだが、ダ・ヴィンチ・コードで、コクトーがシオン修道会歴代総長の一人として取り上げられ、このロンドンのノートルダム・ド・フランス教会が一時舞台となっていたことは、全然知らなかった。そして、20年以上ぶりに会う友人からの情報。特段、コクトーファンでもないのだが、この数ヶ月の間にコクトー関連の出来事を幾つも経験したことに、少し驚いている。

この「コクトー・チャペル」は、チャイナタウンとレスタースクエアの間の小さな通り、知る人ぞ知るPrince Charles Cinemaのすぐ側にある。中に入ると、多くの男性が頭を垂れて座っている。最初、なんて信心深い人たちだろうと思ったのだが、よく見ると場所柄か、ホームレスか酔っ払いが、入場無料の教会で居眠りしていただけだった。

ロンドン駐在のフランス文化アドバイザーに請われて、コクトーが教会内に壁画を描きにロンドンにやってきたのは、1959年11月。戦時中の爆撃による教会の修復工事中に、たったの9日で壁画を完成させたそうだ。聖母マリアに捧げたという壁画は、受胎告知キリスト磔刑被昇天の3枚のパネルで構成され、入口正面のメインの祭壇ではなく、左側の防護用ガラスに覆われた小さなスペースにある。中程にあるキリスト降誕を描いたモザイクはコクトーの作品ではなく、ロシア人アーティストのBoris Anrepのもの。コクトーがアルファベットの「M」を配したパネルでモザイクを覆ってしまったため、2003年のクリーニングの最中に再発見されるまで、教会自身もその存在を何故か知らなかったという。残念なことに、現在「M」パネルは祭壇から外され、物置のような近くのスペースに飾られている。

防護ガラス越しではかなり見にくいのだけれど、近年いたずら書きされ修復せざるをえなかったことを考えると、仕方がないのかもしれない。黒い太陽の周りに光の輪が加えられ、コクトーの署名の下に、自身の署名かどうか分からないが「T_A*」と書かれていたそうだ。幸い表面に埃がたまっていたため、最悪の事態は逃れ、昨年修復が終わった。

コクトーの壁画には、通常カルトのシンボルである黒い太陽や青いバラなど、通常の教会では使われないシンボルやサインが描かれている。また、レオナルド・ダ・ヴィンチの最後の晩餐の中で、キリストの腕とキリストの横にいる人物(ヨハネというのが通説だが、マグダラのマリアとの説も)が「M」を形作っているように見えること、そしてMがマグダラのマリアの暗示しているようにもとれることなど、ダ・ビンチコードを読んだ後では、全てが謎めいているように思える。そのため、コクトーの壁画への落書きが、シオン修道会または、敵対するオプス・デイのメンバーだとする陰謀説も根強い。

何を言っているかさっぱり分からないと言う方、ダ・ヴィンチ・コードを読んで、その後West End Extraの記事が取り上げている陰謀説を読むと、色々想像が膨らんで面白いですよ。

→コクトーの壁画の詳細と落書きされた様子はInternational Timesサイト
I happened to know about this mural with coloured line drawing by Jean Cocteau in a small church of Notre Dame de France, from my friend from Japan visiting London. Several things related to Cocteau that I’ve experienced in few months are pure coincidences to me. First, I went to Côte d’Azur in Spring and visited Cocteau Museum in Menton as well as Chapelle Saint-Pierre (Saint Peter’s Chapel) in Villefranche-sur-mer, restored and decorated by Cocteau in 1957. After the trip, I started to read Dan Brown‘s famous The Da Vinci Code, many years after a friend of mine gave it to me, without knowing Cocteau is mentioned in the novel as one of the Grand Masters of Priory of Sion and his mural at “Cocteau Chapel” in London. Then my friend whom I haven’t met over 20 years told me about the chapel.

“Cocteau Chapel” is located on a quiet side street between China Town and Leicester Square, next to the Prince Charles Cinema. When I entered the chapel, I saw quite a lot of people sitting with their heads down on church chairs. I thought how religious they were, but I was wrong. They were probably homeless or drunk, just getting a sleep in a church with free entrance.

Cocteau came to London to paint the murals in Our Lady’s chapel with a request by France’s cultural adviser in London, during a restoration of the church due to wartime bomb damage. He finished this work just 9 days in November 1959. Cocteau’s mural is not behind the mail altar, but in a small corner on the left, protected by glass windows. The murals, dedicated to the Virgin Mary, are consist of 3 panels: the Annunciation, the Crucifixion and the Assumption. Mosaic of the Nativity on the altar is not by Cocteau, but by the Russian artist Boris Anrep. Cocteau covered the mosaic with his ‘M’ panel, and the Church didn’t know about the mosaic for some reason, and rediscovered it in a 2003 cleaning operation. Now Cocteau’s panel was removed for the respect to Anrep, and is hung nearby space, sadly surrounded by some junks.

I couldn’t see the mural well through the protecting glasses, but probably it is necessary as the mural had to go through restoration due to the recent vandalism: someone painted a light circle around the black sun, and added “T_A*” under Cocteau’s signature. Luckily the dust accumulated on the surface protected the mural from total destruction.

This Cocteau’s mural include some unusual symbols and signs, and stir  speculation of its meaning, such as the blue rose at the bottom of the crosswhich is a well-known occult symbol as is the black sun. ‘M’ altar panel may refers to Leonardo da Vinci’s Last Supper with M-shape made by the arms of Jesus and the figure on his right, or initial of Mary Magdalene. The vandalism over the mural also caused conspiracy theories suspecting that it was done by a member of Priory of Sion or Opus Dei.

You don’t know what I am talking about? It is too complicated to explain here, so if you are interested, please read The Da Vinci Code and then the West End Extra’s article about conspiracy theories.

→Also see International Times website for detailed descriptions of the mural and photos before the restoration.

コクトーの自画像(右下)/ Cocteau’s Self-Portrait (bottom right)

Advertisements

BBC News “UK snow: Zoomable Mosaic of Your Pictures”

イギリスはここ1週間寒波に見舞われ、寒い日が続いている。上2枚の画像は、BBC Newsウェブサイトで見つけた「zoomable(拡大できる)」写真のモザイク。雪の公園にいる2匹の鹿の画像、「+」を何度もクリックしていくと、徐々に、人々がBBCに過去1週間の間に送ってきた、多くの雪景色の写真が現れる。巧妙で、面白い。

↓ 下の写真は私が撮った、近所で一番の出来の雪だるま。

UK has been experiencing big freeze for a week, and I found an interesting ‘zoomable’ mosaic on BBC News website (top photo). When you zoom in by clicking ‘+’ many times, you start to see many pictures that people sent BBC of the snow in the past week (second photo). Clever.

↓ Here is my photo of the best-looking snowman in my neighbourhood.

Elizabeth Garrett Anderson Memorial Project @ University College Hospital

先日、検査のために、UCLH(University College Hospital/ロンドン大学病院)に行ってきた。検査が行われたUniversity College Hospital Elizabeth Garrett Anderson Wingは、7000万ポンドをかけた改装の末、2008年11年にオープンした、産婦人科病棟。病棟に冠されているElizabeth Garrett Andersonエリザベス・ギャレット・アンダーソン)は、まだ医学学校が女性に門戸を開いていなかったヴィクトリア朝時代のイギリスで、医師の資格を得た初めての女性で、1870年代に女性のための病院 New Hospital for Women(1918年にElizabeth Garrett Anderson Hospitalと改名)を、ロンドンに設立した。

その病棟の中に飾られていたアート作品が目についたので、ググって調べてみた。これはマルチメディア・アーティスト、Carl Jaycock(カール・ジェイコック)の「Elizabeth Garrett Anderson Memorial Project」という作品で、病棟で働く1000人以上の全てのスタッフのイメージをデジタル処理してモザイク状に組み合わせ、病院の創設者のエリザベス・ギャレット・アンダーソンのイメージを浮かび上がらせたもの。遠くから見るとアンダーソンの姿が、近寄って見ると無数のスタッフの顔が見て取れる。色合いもレトロでいてモダンに仕上がっており、某お菓子のように1粒で2度美味しい、巧妙でよく出来た作品だと思う。

I went to UCLH (University College Hospital) the other day for medical check-up. University College Hospital Elizabeth Garrett Anderson Wing, where I took the test, is the hospital that offers women’s health services, and it opened in November 2008 after the £70 million refurbishment. Elizabeth Garrett Anderson was the first woman to gain a medical qualification in Britain when British medical schools closed their door to women, and set up the New Hospital for Women (later renamed the Elizabeth Garrett Anderson Hospital in 1918)  in London in 1870s.

I found interesting artworks at the hospital, and googled it after I came back. “Elizabeth Garrett Anderson Memorial Project” is an art memorial project created by a multimedia visionary artist Carl Jaycock. He created a digital mosaic artwork for main entrance and wards, combining all the 1000s staff and references to its Victorian founder Elizabeth Garrett Anderson. The colors used in the works feel retro but modern at the same time. You see Anderson from far, and spot hundreds of tiny portraits of the staff when you get closer – very clever & well done.

Enhanced by Zemanta

Nobuyoshi Araki’s ‘Geisha’ Bisazza Ad Banned

Bisazza Ad Campaign 2009Bisazza Ad Campaign 2009

9月29日付のBBCニュースによると、イタリアのインテリア用モザイクタイルの会社、BISAZZAの2009年広告キャンペーンで、縄で縛られ太ももがあらわになった着物姿の女性が、「既に行われたか、これから行われようとしている」性的暴力を示唆しているとして、ASA(Advertising Standards Authority/広告基準局:広告内容の公正さと正確さを監視するイギリスの広告基準審査機関)から広告の使用を禁止されたそうだ。この広告は、有名な日本人写真家・アラーキーこと荒木経惟によって撮影されたもので、「Elle Decoration」「Wallpaper 」「The World of Interiors」等に掲載された。BISAZZA社は、この写真は「芸術的」で、「過度の性的倒錯」を表すものではないと主張したが、ASAは、女性の服従的なポーズ、動揺したような表情、また着物の裾がまくり上げられて露になった太ももが、例え芸術的な処理がなされていても、性的暴力を暗示しているように見えると、同広告の使用禁止を命令した。

確かにアラーキーは海外でまあまあ人気がある。特に緊縛された着物姿の女性の写真なんかは、外国人の目にはエキゾチックに映るんだろう。男性にとってはそそられるのかもしれないが、彼の緊縛写真は女性差別的と捉えられることも多く、フェミニストたちの非難の的だ。亡き奥様の写真をはじめとする人物写真や都市風景等、他の作品は、とても良いものが多いのに、私も緊縛の写真はどうも好きになれない。対象の女性に愛があるとか言ってるけれど、私の目にはアラーキーと男性の「性欲」しか感じられない。イギリスでは、報道や表現の自由は大事だが、同時に犯罪、人権、また差別に対して敏感だ。小児性愛を喚起すると、ブルック・シールズの少女時代のヌード写真がテート・モダンの展覧会から排除されたことは昨日も書いた。日本の大人用漫画やポルノは、レイプや暴力、未成年との性交シーンが多すぎると有名だ。ちなみにイギリスのメディアでは、お色気満載のイタリアのテレビや広告も、男尊女卑的だとよく批判されている。

よって、私はこの禁止命令に賛成。

An advertisement showing a woman bound with rope and exposing her thighs have been banned by the Advertising Standards Authority (ASA), according to the BBC news on September 29. ASA said the image used by the Italian interior mosaic tile company BISAZZA implied sexual violence “had taken place or was about to”. The ads with the images of a Japanese geisha, taken by renowned Japanese photographer Nobuyoshi Araki, appeared in magazines such as Elle Decoration, Wallpaper and The World of Interiors. Bisazza told ASA that the image was “artistic” and did not show any “excessive perversion”. But the ASA replied that the geisha was “shown in a submissive pose, appeared visibly upset and was shown with her kimono pushed up to expose her thigh,” and the creative treatment could be seen to imply that sexual violence had taken place or was about to take place.

Araki is fairly popular abroad as well as his native Japan – especially his photographs of women in Kimono and tied with rope could be seen ‘exotic’ outside Japan. Though these photos are probably arousing for many men, but his works are often targeted by feminists as insults to women. His photographs of his late wife, portraits and city scape, other than ‘sexy’ ones, are very good and heart-warming, but his ‘bondage’ photos make me uncomfortable. Araki said he had love with his subjects, but I can’t feel any love but lust and men’s sexual desire. British strongly believe in freedom of speech and expression, but are also tough on crimes, human rights, and discriminations. Yesterday, I wrote that a nude photo of Brooke Shields when she was 10 year old was withdrawn, in relation to pedophilia. Japanese manga for adults and pornography are known for its violence, rape scene, and sex with minors. Also Italian ‘sexy’ TV programs and advertisements with full of half naked women are often under attack by British media, as male-chauvinistic.

My opinion: this ASA’s decision is completely reasonable.

Bisazza Ad Campaign 2009

Reblog this post [with Zemanta]