Tag Archives: Movies

‘Home’ French ‘Road’ Movie that Got Lost in the Highway

Home poster

先週に続いて、Renoir Cinemaでフランス映画「Homeホーム 我が家)」を見た。ジュリエット・ビノシュと双璧をなす、現代フランス映画の実力派女優、イザベル・ユペール主演の2008年の作品。イギリスで上映されるフランス映画の半分は、この二人のうちどちらかが出ているような気がする。ちなみに男優なら、ヴァンサン・カッセルダニエル・オートゥイユか。

「ホーム 我が家」は、「高速道路脇の家で暮らす一家の崩壊と再生の物語(東京国際映画祭解説より)」。高速道路建設予定地脇に10年間住んでいた5人家族。その間は何も起こらなかったのに、突如、中断していた建設工事が再開、その数日後に高速道路が開通したことから、家族の平和で楽しい生活は一転した。激しい交通量と騒音、空気汚染にも関わらず、母親は引っ越しを拒み、10年間慣れ親しんだその家に固執する。そのうち母親は神経を冒され、その影響は家族全体に及び、家族全体が病んでいく。

映画は、道路と彼らの家の他は何もないフランスの田舎を美しく描写している。物語も、仲が良く、平凡ながらも能天気で楽しく暮らしていた家族を、ユーモアを交えながら明るく描いていた前半は楽しめた。高速道路が開通してから、母親の様子がだんだんおかしくなっていく様子もリアリスティックで良かった。でも父親が家族が変になっていくのに気づいて、家族を力づくで連れ出そうとしたものの、母親の激しい抵抗にあって諦めてから、まともだった子供たちや夫まで皆が変になってしまって、家族全員で騒音防止のため家の窓からドアからコンクリートで密閉して自分たちを閉じ込めてしまったのはちょっとやり過ぎ。一気に冷めてしまった。映画のテーマは興味深いのに、残念だ。でも、映画評を見ると、良い評価を得ているのだが、私、何か見逃してる??

50〜60年代のフレンチ・ヌーベルヴァーグ黄金期に比べて、最近、これは素晴らしい!という現代フランス映画に出会っていない。日本映画も同じ傾向があるけれども、一ひねりどころか二ひねりしてしまって滑ってしまい、非現実的で時に拍子抜けのエンディングになっている。現実は小説より奇なり、と言うけれど、人間の本質を鋭く描写する方が、奇をてらったストーリーより心を打つと思うんだけれど。

We saw a French movie ‘Home‘, starring French leading actress Isabelle Huppert, at Renoir Cinema.  Isabelle Huppert is one of the dominant actresses in recent French cinema together with Juliette Binoche, and I feel like at least half of the French movies shown in UK starring one of the two. The most-seen French actors in UK cinemas are probably Vincent Cassel and Daniel Auteuil.

‘Home‘ is about a family living on the side of an abandoned half-finished highway. After 10 years of living in the isolated house, the roadwork suddenly restarted and opened the new highway in few days later – this turned the peaceful family life upside down. Refusing to move, the family continue their happy-go-lucky lifestyle, despite the immense noise and pollution produced by thousands of speeding cars. However such distressful life reached to a breaking point. The mother, who was obsessed to the house, became neurotic day by day, and it started to affect other family members.

I enjoyed the movie at the beginning. The movie beautifully portrayed French countryside – nothing but only abandoned road and their house – and their boring but happy family life in the countryside with a touch of humor. It was still realistic when mother gets more and more erratic, with the daily stress from the busy highway. But it was too much, that all the family went crazy, after the father realized that the family was on the verge of collapse and tried to drag them out, but gave up at the end because of his wife’s fierce resistance. They locked up themselves by sealing all the windows and doors with concrete to shut all the noise from outside.  My interest in the movie diminished at this point – and I was disappointed. It was a shame because it was an interesting subject matter, and started good, but then ended up badly. Strangely, the movie review of ‘Home’ is pretty good – did I miss something??

In compare to the golden time of French Nouvelle Vague in the 50’s to 60’s, I haven’t seen an excellent French movie I really love, in years. Not only one twist, but directors often make too many twists, which end up being unbelievable or ridiculous. I think, sometimes real life stories are more interesting than the fiction trying to woo us.

"HOME""HOME""HOME"

Reblog this post [with Zemanta]

Mid-August Lunch (Pranzo di Ferragosto) @ Renoir Cinema

Renoir Cinema

昨日、Brunswick CentreにあるRenoir Cinemaで、イタリア映画「8月のランチ」を観た。8月15日のFerragosto(聖母被昇天祭)の話なので、15日に観ようかと思ったが、週末の人出を避けて月曜日にした(平日5時まではチケット代も£3安い)。2008年の東京国際映画祭のコンペティション部門にも選ばれたこの作品では、話題を呼んだマフィア映画「ゴモラ」(Gomorra)の脚本の共同執筆者である、ジャンニ・ディ・グレゴリオが主演・監督を務めた。グレゴリオが自らの母親を介護した経験にインスピレーションを得た、この映画は、独り身で母親とローマの古いアパートに2人暮らしの熟年男のジャンニが、イタリア全土がバカンスに出かける8月15日聖母被昇天祭の前日に、滞納中の管理費と電気代と引き換えに、愛人と旅行に出かける管理人の母親を、数日預かる約束をしたところから始まる。母親だけという約束が管理人の叔母、そして知人の医者の母親と、気づけば4人の高齢の女性の面倒を見ることになるはめに。ジャンニは、ワインをあおりながら、嫌々ながらも甲斐甲斐しく世話を焼く。最初はぎくしゃくしていた個性的な老女4人だけれど、最後は意気投合。最後は楽しく聖母被昇天祭のランチを祝うというストーリー。老人介護というシリアスなトピックを扱いながらも、イタリア映画らしく、笑いを交えた、ほのぼのとしたハッピーな映画に仕上がっている。まあ4人とも元気だから介護とは言わないか。高齢の親を残してバカンスに行くイタリア人は身勝手かもしれないけれども、一人で残しておくのは気が引けるのか、面倒を見てくれる人を捜してから出かける辺りが、なんだか憎めない(それとも単にマザコンなだけ?)。

Renoir Cinemaは、アートハウス映画を上映しているCurzon Cinema系の映画館(スクリーン数2)。ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンや大英博物館が近いという場所柄か、主にハリウッドを除く外国映画(特にフランス映画)やインディペンデント映画を上映している。映画館の入っているBrunswick Centreは、60年代にデザインされ1976年に完成した、モダニズム建築の集合住宅と商業施設コンプレックス。老朽化のための改築計画は、度重なる住人の反対によって頓挫していたが、ついに2002年に改築が始まり、2006年に商業施設が再オープンした。現在、Renoir Cinemaの他、高級スーパーのウェイトローズ、カフェ、レストラン、ドラッグストア、ファッション・ブティック等が入居している。

We saw Italian movie “Mid-August Lunch (Pranzo di Ferragosto)” yesterday. Since the movie is about Italian holiday Ferragosto, when all the Italians go on vacation and the the cities are deserted, so we thought to see it on August 15th but we decided to see it on Monday to avoid the weekend (and a ticket is £3 cheaper on weekday before 5pm). Written and directed by co-screenwriter of a mafia movie ‘Gomorra‘, Gianni di Gregorio, ‘Mid-August Lunch’, inspired by Di Gregorio’s own experience in living with his own mother, is a cute movie with lots of laughs.  The main character, Gianni, played by Di Gregorio himself, lives in the old apartment in Rome with his elderly mother. By piling up unpaid bills, Gianni was forced into looking after building manager’s mother for two nights in exchange for forgiving some tenant debts, so that the manager could go on his vacation. Gianni ended up looking after total four elderly ladies – his mother, manager’s mother and aunt, and mother of his doctor friend who had a night shift on the day before Ferragosto. Gianni had reluctantly looked after four old ladies with the help of white wines and ‘bribery’ from the manager and the ladies. The four ladies, each with their own strong personality, had some discord at the beginning, but they hit it off with each other, and had good time over the Ferragosto lunch at the end. Though the story embraces depressing themes such as taking care of aging parents and poverty (well, sort of), Di Gregorio was able to make ‘Mid-August Lunch’ heart-warming and optimistic by the power of Italian sense of humors.

Renoir Cinema is a part of art house movie theater chain Curzon Cinemas and shows mainly foreign films (except commercial Hollywood movies), especially French movies, and Independent movies.  The cinema is a tenant of Brunswick Centre, which is a modernist architecture and a residential and shopping centre in Bloomsbury, near University College London and British Museum. It was designed in 60s and completed in 1976. Plans for renovation had repeatedly been blocked by residents’ committees but much-needed makeover began in 2002, and major works completed in 2006. Now Brunswick Centre houses upscale supermarket Waitrose, cafes and restaurants, drugstores, and fashion chains etc.

Mid-August Lunch postcard

Reblog this post [with Zemanta]

Movies + Gallery @ ICA

ICA galleryICA membership
最近、ICA通いが続いている。バッキンガム宮殿やトラファルガー広場の近くに位置する、Institute of Contemporary Arts (ICA)は、小さいながらも、現代美術ギャラリー、映画館(2スクリーン)、ブックストア、バーが併設された、文化施設。トークショー、ライブ、クラブナイトなど、多彩なプログラムを展開する。

ICAへは映画を見に行く事が多い。ICAでは、インディペンデント系や外国映画を上映していて、日本映画もよくやっている。最近ではさくらん東京ソナタ、また今日終了した国際交流基金(The Japan Foundation)の企画した「Reality Fiction: Japanese Films Inspired by Actual Events」では、実際の出来事に触発された新旧の日本映画6点が上映された。日本映画は、通常の映画館ではあまりやっていないのでありがたい。しかし、最近の日本映画は、映像的にはきれいだけれど、50、60年代のような、社会問題に切り込んだ迫力のある作品がなく、少し物足りないなと思う。日本の映画黄金時代の作品は、時折、BFI Southbankで、黒澤明小津安二郎大島渚今村昌平等の大監督の作品を上映している。

ギャラリーでは、現在、アメリカ人映像作家・ショーン・スナイダーのイギリスでの初めての個展、「Sean Snyder, Index」を開催中。冷戦からイラク戦争まで、日常生活をドキュメントしたビデオ、写真が展示されている。ウクライナの村立美術館の様子を撮影したソビエト映画のビデオインスタレーションは興味深かったが、後の作品は少しインパクトがなかった。

I had several chances to go to ICA recently. Institute of Contemporary Arts (ICA), located near Trafalgar Square and Backingham Palace, is a small cultural complex containing modern art gallery, cinema, book store, and bar. ICA has a variety of cultural activities such as talk show, live, and club night. 

I sometimes go to see a movie to ICA. ICA cinema with 2 screens shows independent, art-house, and foreign movies, including Japanese movies. Recently, I saw Sakuran, Tokyo Sonata, and some of the ‘Reality Fiction: Japanese Films Inspired by Actual Events‘ series organized by the Japan Foundation. Recent Japanese movies are well shot and atomospheric, but don’t have much impact nor analyze social problems, like Japanese movies in 50’s and 60’s. You can see movies in the golden times at BFI Southbank, such as Kurosawa, Ozu, Nagisa Oshima, or Shohei Imamura etc.

At the gallery, first solo exhibition in a British institution of the American Artist Sean Snyder, ‘Sean Snyder, Index‘, just opened. The exhibition includes video installation and photos, documented the daily life from the Cold War to the Iraq War. The video installation about the village museum in Ukraine, filmed by Soviet Union, was fascinating, but the other works are something we have seen already, and have less significant, to my eyes.

Rachel Getting Married @ Screen on the Green

thescreenonthegreen

先週公開された映画、「レイチェルの結婚(Rachel Getting Married)」を観た。主演のアン・ハサウェイは、この映画での好演技で、今年のゴールデングローブ主演女優賞、アカデミー賞主演女優賞の候補になった。様々な人種が結婚式のために集って和やかに歌い踊る、ほとんど非現実的とも思える理想的な状況の対照的に、お互いを思いやりながらも、時に衝突し、傷つけ合う家族。ドキュメンタリー風に撮影されたこの映画は、依存症から立ち直るヒロインとその家族との関係、疎外感と罪悪感、複雑な家庭環境、そしてそれぞれの家族の抱える心の痛みをうまく描き出している。だが、デジタルカメラで撮られたというこの映画は手ぶれがひどく、上映中始終流れる音楽で、終わった後は乗り物酔いのような軽い吐き気と頭痛に悩まされた。また、インド衣装のサリーでの結婚式、ワールドミュージック盛りだくさんのパーティと、アメリカ東海岸リベラル知識層スタイルは、ちょっとイタかった。でも、日本人もキリスト教式の結婚式をしたりするから、文句は言えないか。

映画館は、AngelのUpper streetにある、Screen on the Green。アートハウス系、インデペンデント映画、外国映画を上映する、ミニシアター系の映画館で、古き良き時代の外観とくたびれたベルベットのシートがいい感じ。300席と結構広いので、ゆったりと映画を楽しめます。

We saw a movie ‘Rachel Getting Married‘. Anne Hathaway won numerous awards and is nominated for an Academy Award for Best Actress for her role in this movie. This ‘documentary’ style movie deals with the difficult relationship with ex-addict heroine Kim and her family. In contrast to the happy wedding mood with ‘we are the world’ like gathering with family and friends from all kinds of racial background, the film portrays well about Kim’s feeling of alienation and sense of guilt toward her family, and each family’s emotional scars in the complicated family background. But this film, supposedly shot with digital camera, and its music all through the screening, caused me a nausea and headache… Also the Connecticut-intellectual-liberal style wedding, with world music, and Indian dresses – maybe they are Hindu?  – is not my cup of tea. But I cannot complain it, because Japanese and Chinese, who are not Christian, love the Western style Christian wedding.

The cinema we went is Screen on the Green, on Upper street in Angel. A good old-fashioned cinema, with sagging velvet seats and large space with 300 seats, shows art-house, independent and foreign movies. Very relaxing, and it is one of our regular cinemas.

Reblog this post [with Zemanta]