Tag Archives: Mr & Mrs Smith

The Olde Bell Inn @ Hurley, Berkshire

3月も後半だというのに、イギリスは毎日凍えるような寒さで嫌になる。この寒さの中、きれいな空気を吸いに、ロンドン郊外の田舎へ足を伸ばしてみた。

宿泊地はMr & Mrs Smith過去ブログ参照)で見つけた、ロンドンとオックスフォードの中間に位置する小さな村・HurleyにあるThe Olde Bell。近くのベネディクト会修道院を訪れる人たちの宿泊所として1135年にオープンしたという、現在も営業中のイギリス最古の宿だそう。第二次世界大戦中は、ルマンディー上陸作戦前に、アメリカ諜報部の秘密基地として使われていた近くのLadye Place Mansionを訪れたチャーチル首相やアイゼンハワー米大統領なども宿泊したという由緒ある宿で、エリザベス・テーラーやケーリー・グラントといった錚々たるスターも宿泊者名簿に並ぶ。また、ダスティン・ホフマンの初監督作品「カルテット!人生のオペラハウス」の撮影場所としても使用されたらしい。ちなみに、Mr & Mrs Smithのメンバーになると(無料)、シャンパンのボトル一本が特典でつくのも魅力。

このホテル、敷地は意外に広くて、本館と隣接のMalt House、コテージ風客室を備えたCottage、そして道を挟んで、農業用の納屋を改装したBrick BarnとTithe Barn、Bell Lodgeに、合計48室有する。また、広々とした庭や野菜畑、テニスコートもある。私たちの部屋は、ヴィクトリア時代の建物で、図書館や音楽ルームなどが備わっているMalt Houseで、イギリス版Elle Decorationの初代編集者でインテリア・デザイナーのlse Crawfordがデザインした部屋の小さい方(1泊£135)。ロケーション、値段の割に部屋は狭いけれど、落ち着いた色調でセンスよくまとめられている。バスルームはシャワーのみだけれど、広くて使いやすい。難点は各部屋が水を使う度に聞こえるボイラー音が結構煩い事。眠りの浅い時など、起こされてしまう時もあった。

ディナー、朝食は本館1階にあるレストランで。数部屋に分かれたレストランは広々としていてテーブル数も多く、カントリースタイルをモダンにアレンジしたインテリアは洗練されている。地元産の食材を使った料理は新鮮で美味しく、値段はロンドン並みだけれど、その価値はあり。朝食は、田舎では珍しくフル・ブレックファストではなく、ビュッフェスタイルのコンチネンタル・ブレックファストのみ(温かい食事は別料金)なのが、ちょっと手抜きな印象。Booking.comのレビューでも朝食への不満がちらほら見られる。

Hurleyは小さいけれど、ロンドンやオックスフォードへのアクセスもいいので、住宅価格は国の平均の約5倍もするという裕福な村。特別な見所はないけれど、テムズ川縁をのんびり散歩するのもいいし、近隣の、レガッタで有名なHenley-on-Thamesや、National Trustが管理するお屋敷や庭園を訪れるのもいい。私達もこの旅行で4つNational Trust巡りをした(詳細は明日以降ブログに書く予定)。寒波で春の訪れまだ遠く、庭園には水仙程度しか花が咲いていなかったのが残念。

It’s been freezing cold in UK though it is almost April. Despite of the depressing weather, we traveled to countryside to breath fresh air.

The destination is a tiny village of Hurley in Berkshire, between London and Oxford, and we stayed at The Olde Bell that we found on Mr & Mrs Smith website. Free gift of a bottle of champagne for a member of Mr & Mrs Smith (and it’s free!) was a good incentive too (see details). The Olde Bell is the oldest still-working inn in Britain, first opened its doors in 1135 as a guest house for visitors to the nearby Benedictine Priory. During World War II, Sir Winston Churchill and Dwight D Eisenhower stayed this inn when they visited Ladye Place Mansion, next to the church, which was being used as a secret US intelligence base prior to the Normandy Landings. Other famous guests include Elizabeth Taylor and Cary Grant, and the inn was also used as the filming location for Dustin Hoffman’s first directorial film “Quartet“.

The inn has surprisingly large estate and has total of 48 rooms at the main building “The Inn” and the adjacent Malt House and The Cottage, and two converted barns of Brick Barn and Tithe Barn as well as Bell Lodge across the street. Also there are spacious gardens, vegetable garden and a tennis court as well. Our room “Malt House smaller” (£135/night) is in the victorian building of Malt House which has some gathering spaces such as library and music room, and the room is designed by lse Crawford, an interior designer and founding editor of British Elle Decoration. The room is relatively small with its location and the price, but chic and intimate – design costs. Bathroom has shower only but spacious and bright. The only problem is the noise caused every time someone use water in the bathroom – it woke me up sometimes during the sleep. 

We had dinner and breakfast at the Inn restaurant. This rustic-chic restaurant has few separate rooms and is more spacious than we expected. The food is a little bit pricey, which is almost the same level as London, but their delicious meal using local produce was worth its price. But breakfast was disappointing – it was continental breakfast instead of full breakfast, which is a rarity in British countryside (warm food costs extra) – this seems to me rather a lack of an effort. In fact, some people complains about the breakfast on Booking.com reviews.

Hurley is very small but an affluent village and house prices are approx five times higher than the national average (Wikipedia), due to its easy access to Oxford and London. It is nice to have a lovely walk on the Thames, or visiting Henley-on-Thames, famous for regatta race, and National Trust estates nearby. We visited four National Trust sites this time and I will write about them tomorrow. It was a shame that we couldn’t see those gardens with flowers due to this cold weather!

 

Dinner at the Inn restaurant

 

Continental Breakfast

Music Room at The Malt House

 

Advertisements

Mr & Mrs Smith New Italy Hotel Collection

Mr & Mrs Smithの新しいホテルガイド、 「Mr & Mrs Smith Hotel Collection: Italy」が、先月21日に出版された。Mr & Mrs Smithの他のガイドと同じく、スタイリッシュなデザイン、美しい写真にセンスのいい色使いと、素敵な本に仕上がっている。掲載されているホテルも、プチホテルから中規模デザインホテル(大規模高層ホテルチェーンはない)、シティホテルからリゾート、そして値段もリーズナブルなところから長期滞在は考えられない高級ホテルまで、Mr & Mrs Smithならではのテイストの良いホテルが集められている。

強いて欠点をいえば、ライトグレーやスモーキーイエローなど、薄い色の背景に白地の文字がとても読みにくいこと。旅行雑誌の記事のように、ライターの個人的体験を綴ったホテルレビューが、ちょっと長くて鬱陶しいこと。ルネッサンス・アートのYES/NOチャートが意味不明なこと。パスタのイラストがパスタに見えないこと(写真の方が分かりやすいと思う)、か。

Mr & Mrs Smith‘s new hotel guide,” Mr & Mrs Smith Hotel Collection: Italy” is published last month. Like other Mr & Mrs Smith‘s gudes, the book is stylishly made: cool design, nice photos, and sophisticated colours. Hotels selected for the book are sleek and chic, typical of Mr & Mrs Smith, and in good variety: from petit B&B to moderate size boutique hotels (but neither skyscrapers nor international mega chains on the book); affordable to upscale that makes me hesitate to stay long; city hotels as well as country retreats.

If I have to list up shortcomings of the guide, it would be: hard-to-read white types on light colours like light gray and smokey yellow; hotel reviews based on writer’s personal experiences, like in articles on travel magazines, are a bit long and irritating (a list of facts is well enough on a guide); make-no-sense YES/NO chart for “HOW TO…identify Renaissance art”; and illustrations of pasta which don’t look like pasta – photos maybe easier to understand this case.

Mr & Mrs Smith South-East Asia Boutique Hotel Collection

先週末から続く大寒波で、ロンドンはかなり寒い。昨日の夜は零下5度まで下がり、今日も最高気温が1度ほど。寒すぎて外に出る気がせず、この間手に入れたMr & Mrs Smithの新しいホテルコレクション・東南アジア版を開き、どんより灰色の空を横目に、紺碧の空と透明な海の広がる常夏のタイやバリ島に心を飛ばした。どこか暖かいところに行きたい。。。

このコレクションは、タイ、マレーシア、インドネシア、フィリピン、ラオス、カンボジア、シンガポール、ベトナムの、センスのいい選りすぐりのビーチリゾートやシティホテルを網羅。フランス版コレクションと同じく、ホテル情報だけでなく、フライトや現地の交通、特産物、必需品など知っておきたい地域別基本情報や、最高のビーチや見どころなどのホテル近辺の情報も含まれ、旅行ガイドとしても使える。それに、Mr & Mrs SmithBlackSmithメンバーシップ半年分無料の特典つき!

The big chill is still here, and I am freezing… Temperature dropped around minus 5° last night and today’s maximum is around 1°. It is so cold that I don’t feel like going out. I picked up Mr & Mrs Smith‘s new boutique hotel collection “South-East Asia” I obtained recently, and daydreamed of going tropical Thailand or Bali with blue sky and clear sea water.

The collection covers hand-picked chic beach resorts and sleek city hotels in Thailand, Malaysia, Indonesia, Philippines, Laos, Cambodia, Singapore and Vietnam. Like the France Hotel Collection, the book also works as a guidebook, including basic need-to-know destination information such as flights and local transport as well as local knowledge and specialty, and what’s around each hotel like the best beaches and what to see & do. A big bonus of this book is, Mr & Mrs Smith‘s six months’ free BlackSmith membership!

この中に、10年ほど前にバンコクに行った時に泊まったスコータイ(Sukothai)・ホテルを発見。懐かしいなあ。タイ最初の独立王朝であるスコータイ王朝のイメージを再現したスコータイは、バンコクの喧噪の中にあって、不思議なほど静寂さが漂う。アンティークでまとめられた落ち着いた部屋は、1日中汗だくで歩き回って疲れた体を、心地よく休ませてくれた。サービスも良く、とてもいいホテルだった。またいつか訪れてみたいな。

In this book, I found the Sukhothai hotel in Bangkok where we stayed about 10 years ago – good old memory. Inspired by the Thailand’s historic Kingdom of Sukhothai, the hotel is surprisingly quiet and tranquil in the midst of bustling big city. The room decorated with antique furniture relaxed and soothed me after long day sweating and walking all over the city. It was a very nice and memorable experience. This book makes me feel like going back again, someday…

Enhanced by Zemanta

Mr & Mrs Smith: “Times 2 for 1” / “Hotel Collection: France”

去年、コッツウォルズ旅行の際に使った、Mr & Mrs Smithのキャンペーン(参照エントリー、今年はタイムズ紙とタイアップ、イギリス国内とヨーロッパを中心にした70のスタイリッシュなホテルに、2泊で1泊分の値段で泊まれる、お得な「Times 2 for 1」キャンペーンをやっている。このキャンペーンを利用するには、日曜を除く先週土曜日から今日までのタイムズ紙に掲載されたパスワード6つの中から3つを集めないといけないのだけれど、お許しをもらって、ここにパスワードを書かせてもらえた。ウェブサイトの中程にあるパスワード欄に、boutique/luxury/seductionの3つのパスワードをインプットして「submit codes」をクリック。そうすると、リストにある希望のホテルをオンラインで予約することができる。また、電話でも予約を受け付け可能。予約は11月30日が締め切り、1月9日までに宿泊を終える事が条件なので、予約はお早めに。

Mr & Mrs Smith‘s “2 for 1 nights” campaign that we used for last year’s Cotswolds trip comes back this year (see related post), teamed up with the Times this time as “Times 2 for 1“. With this great two-for-one offer, you can stay at one of the 70 stylish hotels listed, mainly in the UK and Europe, for two nights with the price of one night. The rule is to collect three of six passwords printed in the Times from the last Saturday till today, except Sunday. But here, with a permission, I can tell you the passwords – hurray! Go to Mr & Mrs Smith’s web page and type boutique/luxury/seduction in the password sections, and click “submit code” – and you are able to book a hotel of your choice online. Alternatively you can book online if you prefer. Just don’t forget that bookings must be made by 30 November 3o, 2010 for stays up to January 9, 2010.

Mr & Mrs Smithはホテル・ガイドも発行している。これは今年7月に出版されたフランス版ホテルコレクション。パリの洗練されたシティホテルから豪華なシャトー・ホテル、田舎の素敵なヴィラやゲストハウスなど、厳選された12地域の32軒のホテルが、その地域の情報とともに掲載されている。写真もとてもきれいだし、レイアウトも洒落ている。少しざらっとした表面の、コーティングされていない紙の匂いや手触りもいい。この本を見ていると、今すぐにでもカバンに荷物を詰めて、バカンスに行きたくなってしまう。

Mr & Mrs Smith also publishes hotel guides, as well as hotel reservation service. This is Mr &  Mrs Smith Hotel Collection: France, published in July this year. You can find 32 fabulous accommodations carefully selected in 12 destinations, from Paris’ contemporary hotels to gorgeous châteaux and cosy country side villas, together with beautiful photos and useful local information. The layout of the book is quite sophisticated, and I love the touch and smell of its uncoated papers. When I look at those pretty hotels, I feel an urge to pack my suitcase right now and go on vacation tomorrow!

Enhanced by Zemanta

The George Hotel @ Shipston-on-Stour, Cotswolds

The George HotelThe George Hotel

先週、4泊5日のコッツウォルズ旅行をした。ホテルは、ストラットフォード・アポン・エイボンチッピング・カムデンに近い、コッツウォルズ北部のShipston-on-Stourにある、The George hotel。先日書いた、Mr & Mrs Smithを通じて予約した。お値段は£90–£150と、Mr & Mrs Smithのセレクトの中ではリーズナブル。今回はキャンペーンを利用したので、1泊£110のところ、2泊で1泊分のお値段と、大変お得だった(その代わり、ホテルで最低2回夕食をとる事が条件)。

古い建物を改装したThe George Hotelは、もとの建物の特徴を所々生かし、ブラウンを基調としたモダンなインテリアとアンティークがうまくミックスされた、可愛いプチホテル。マシュマロやチョコレート、ストロベリー等、部屋毎に食べ物のテーマが決まっていて、私たちが泊まったのは「アスパラガス」ルーム。部屋には、大きなアスパラガスの写真が飾ってある。部屋には、紅茶やハーブティ、ホットチョコレート、コーヒーも自由に飲めるようになっており、アメニティは、モルトン・ブラウンを使用する等、気配りもうれしい。ただ、ベッドのマットレスの左側のスプリングが壊れていて、4泊目に私と寝る側を変わるまで、Mは寝苦しい夜を過ごすはめになった(私は特に気にならなかったが、Mは背が高い=体重も重いため、辛かったらしい)。ガストロ・パブ(おいしい食事を提供するパブ)も併設しており、地元で取れた材料を生かしたイギリス料理が楽しめる。お味の方はまあまあ、可もなく不可もなくといったところだが、従業員も皆フレンドリーで、サービスはとても良かった。

We traveled to Cotswolds last week for 4 nights and 5 days. We stayed at The George hotel in Shipston-on-Stour, on the north of Cotswolds near Stratford-upon-Avon and Chipping Campden. We reserved the hotel via Mr & Mrs Smith, as I wrote the other day. Room rates is £90–£150, and it is reasonable among Mr & Mrs Smith’s selection. We used a promotional offer for ‘2 for 1 nights’, so it was a big bargain, though we had to had a dinner at the hotel at least twice during our stay.

The George Hotel is a stylishly converted cosy inn, with warm modern decor mixed with original features of the building and antiques. Each room has its own culinary theme, such as Strawberry, Marshmallow, and Chocolate, and we stayed in the ‘Asparagus’ room. There are a selection of tea, herb teas, coffee, and hot chocolate in the room. Molton Brown toiletries is another good addition to the stay. The only ‘problem’ was the mattress — the spring was broken on the left side and M has had uncomfortable nights until we switched our sides on the last night. He suffered more than me, as he is a tall man. The hotel has a gastropub (a pub specializes in high-quality food) that you can try local products. The food is OK (not great, but not bad as well), but everyone who works there is friendly and very nice — we had a pleasant time.

Reblog this post [with Zemanta]

Mr & Mrs Smith – Boutique & Luxury Hotel Specialists

Mr & Mrs Smith

Mr & Mrs Smith book

The Telegraphテレグラフ)紙とMr & Mrs Smithとの共同で、70以上のイギリス・ヨーロッパ・中東のデザインホテルに、1泊分の値段で2泊できるというプロモーションをやっている。イギリスも少しずつ日も長くなり春めいてきたので、このプロモを使って、ロンドンの北西のCotswolds(コッツウォルズ)を旅行する計画を立て、無事お目当てのホテルの予約が取れた。この旅行については、旅行の後にご報告します。

創業2003年、ロンドンをベースにするMr & Mrs Smithは、チェーンではない小規模な、ラグジュアリー&ブティック(「boutique」、欧米では洗練された、いわゆる「デザインホテル/デザイナーズホテル」を指す。日本のラブホテルを想像しないように!)ホテルを専門とする、旅行関連の出版とホテル予約サービスを手がける。Mr & Mrs Smithは、匿名で宿泊し、独自にホテルを調査・評価し、お眼鏡にかなったホテルをリストに載せており、その数はイギリス・ヨーロッパを中心に世界中で500を超える。リストには、スパ、プチホテル、コテージ、別荘レンタル等、お手頃価格から高級ホテルリゾートまで幅広い。ホテル予約は、メンバーにならなくてもできるが、メンバーになると(年間£15/ £99/ £299の3段階ある)、いろいろな特典やサービスが受けられる。また、ホテルガイド(写真下)も出版している。

The Telegraph has a promotional offer for ‘2 for 1 nights’ at more than 70 stylish boutique hotels in the UK, Europe and the Middle East, teaming up with Mr & Mrs Smith. It is getting warmer in UK and the daytime is becoming longer, therefore we planned a trip in Cotswolds and got a reservation of the hotel on the top of our list. I will give you a report about the hotel and trip on the blog, after we come back from the trip.

Founded in 2003 and based in London, the award-winning Mr & Mrs Smith is a travel publisher and hotel booking service, specialising in boutique, individual and small luxury hotels. Mr & Mrs Smith has been independently researching, visiting and anonymously reviewing hotels, and holds a web directory of over 500 hotels and self-catering properties in the world. The listed accommodations includes spas, cosy inns, chic chalets and stylish rentals from budgets to luxury ranges. You can make a reservation without membership, but you can get offers and benefits with their three-level membership schemes (£15/ £99/ £299 a year) . Mr & Mrs Smith also publishes hotel guide books (the picture below) as well as their web service.

Reblog this post [with Zemanta]