Tag Archives: Pablo Picasso

Picasso and Modern British Art @ Tate Britain

テート・ブリテンの大規模展「Picasso and Modern British Art」(2月15日〜7月15日)は、テート曰く、イギリスにおける、論争の的であり同時にセレブリティとしてのパブロ・ピカソの出現と、モダンアート確立への貢献、そしてイギリスのアートへの影響を追った、最初の展覧会。Weeping Woman泣く女:1937年)やThe Three Dancers(3人のダンサー:1925年)を含むピカソの作品60点以上と並び、彼の影響を受けたイギリス人アーティスト7人(ダンカン・グラントパーシー・ウインダム・ルイスベン・ニコルソンヘンリー・ムーアフランシス・ベーコングラハム・サザーランドデイヴィッド・ホックニー)の作品が、合計150点以上展示されている。

しかし、この展覧会を見た後でも、ピカソとイギリスのアートは自分の中でいまいち結びつかない。ピカソのダイナミックで自由、そして情熱的な絵は、どちらかというと抑え気味で繊細、影のあるイギリスのアーティストたちの作品と隔たりを感じる。テートもパンフレットの中で、「どのアーティストもピカソを盲目的に模倣しているわけではなく、ピカソの一要素を取り入れて、独自のアートを形成している」と書いているが、それでも私には、タイトルのように大々的に二つを結びつけるには少し無理があるように思う。

そもそも、ピカソは母国スペインとフランスとの関連は強いが、イギリスとは、1919年にセルゲイ・ディアギレフのバレエ「The Three Cornered Hat三角帽子)」の背景・衣装を手がけたのと、大成功をおさめた1960年のテート・ブリテンでの回顧展以外、これといったつながりは見当たらない。

良質な展覧会を常に提供するテートの他の展覧会同様、見る価値はあったと思うけれど、テーマである「ピカソとイギリスのモダンアート」の繋がりは、少し弱い気がする。

Tate Britain‘s major exhibition, Picasso and Modern British Art (Feb 15  –  Jul 15)  is the first exhibition to trace Pablo Picasso‘s rise in Britain as a figure of both controversy and celebrity and his role in the acceptance of modern art in Britain, and explores his influence on British art. The exhibition brings together over 150 artworks; over 60 Picasso’s including Weeping Woman (1937) and The Three Dancers (1925) are on display, alongside with works by seven leading British artists who gained an inspiration by Picasso: Duncan Grant, Wyndham Lewis, Ben Nicholson, Henry Moore, Francis Bacon, Graham Sutherland and David Hockney.

To be honest, even after seeing the exhibition, I can’t really relate Picasso to British art. There is a substantial difference for me, stereotypical or not, between Picasso’s vibrant, passionate and free-spirited works with those British artists’ rather subtle, restrained, and sometimes gloomy works, though I can see some influence. Tate’s information states that “none followed Picasso slavishly and all took something from Picasso as part of the distinctive development of their own art”, but still the connection is too week to be spotlighted, for me. 

Also Picasso was more associated with native Spain as well as France, and it seems that he had little connection to Britain, other than his London visit in 1919, working on the scenery and costumes for Diaghilev’s ballet The Three Cornered Hat, as well as successful 1960 retrospective at Tate

It was worth to see the exhibition as others at Tate as always (they always do a good job), but I was not really convinced of the theme.

Advertisements

Whitechapel Gallery Reopening

Whitechapel Gallery ReopeningWhitechapel Gallery Reopening

2年間に渡る改装工事の後、ホワイトチャペル・ギャラリーが4月4日、再オープンした。隣接した図書館の建物と合体し、ギャラリースペースがほぼ2倍になった。1901年に設立されたホワイトチャペル・ギャラリーは、公的資金援助でできた最初のギャラリーの1つで、非営利教育チャリティとして、貧しいホワイトチャペル地区を中心にした、教育活動や公共福祉のプロジェクトに定評がある。コンテンポラリー・アートの作品の展示や、回顧展、地域のための展覧会等を行っている。

再オープンの目玉は、ロンドンを拠点に活躍するポーランド人アーティスト、ゴシュカ・マキュガ(Goshka Macuga)の、ピカソの「ゲルニカ」にインスピレーションを受けたタピストリー。1938年にこのホワイトチャペル・ギャラリーで「ゲルニカ」が展示された事を記念して企画されたものだ。通常国際連合安全保障理事会の外に飾られているこのタピストリーや戦争や反戦のプロパガンダが収納された円卓を含む、「Goshka Macuga: The Nature of the Beast」展は、歴史的また現代の問題をつないでいるとの事だが、繋がりが弱く表面的で、典型的な「反戦」アートとなってしまっているような気がする。

他の主な展示は、写真、絵画、建築、拾ったオブジェ等をミックスした作品で有名なドイツ人彫刻家イザ・ゲンツケンの初の回顧展「Isa Genzken: Open, Sesame!」。ゲンツケンのカラフルで遊び心に溢れた作品は、コンクリートの固まりや古いラジオの展示等面白いものもあったが、多くは残念ながら私の理解不能な、不可解な「コンテンポラリー・アート」だった。

その他の現在の展示は「Passports: Great Early Buys from the British Council Collection」等々。

After 2 years of development work, the Whitechapel Gallery was reopened on 4 April. The size of the gallery become doubled by incorporating the former neighbouring library building. The Whitechapel Gallery was founded in 1901, as one of the first publicly-funded galleries, and also has a reputation for education and outreach projects as not-for-profit educational charity, especially to the deprived Whitechapel area. It exhibits the contemporary arts, retrospective exhibitions and shows for an interest to the local community.

New gallery’s first exhibition after reopening includes a tapestry by a London-based Polish artist Goshka Macuga, inspired by Pablo Picasso’s Guernica, to commemorate the gallery’s exhibiting Pablo Picasso‘s ‘Guernica‘ in 1938. ‘Goshka Macuga: The Nature of the Beast‘, containing the tapestry hung outside the UN Security Council and a hollow round-table  filled with war and anti-war propaganda, is supposed to connects historic and contemporary affairs, but the connection is a bit weak and superficial, and it ends up like another typical ‘anti-war’ artwork.

Another major exhibition is ‘Isa Genzken: Open, Sesame!‘, the first retrospective of German sculptor, who create fusion of photography, paint, architecture, and found objects into the realm of sculpture. Some of Genzken‘s colorful and playful works are interesting, such as concrete blocks and old radio hanging on the wall, but many of them are another mysterious contemporary arts that unfortunately I can’t understand…

The gallery is also showing ‘Passports: Great Early Buys from the British Council Collection‘ and so on.

Reblog this post [with Zemanta]