Tag Archives: package

Cool Packaging Design for Medicines by Teva

後発医薬品分野で世界トップシェアを誇る、イスラエルのテヴァ製薬産業の薬のパッケージ。薬とは思えないデザインが可愛い。

今日はかなりの手抜き。に加え、2週間程ブログをお休みします。ごめんなさい!

These are packages of Teva Pharmaceutical Industries, the largest generic drug manufacturer in the world from Israel. Unlikely design for medicines. Cool.

I am sorry, I cut corner today + will stop writing blog for 2 weeks…

Advertisements

Museum of Brands, Packaging and Advertising @ Notting Hill

ノッティング・ヒルにあるMuseum of Brands, Packaging and Advertising(ブランド・パッケージ・広告博物館)に行った。この博物館には、ビクトリア朝から現代まで、Robert Opie Collection(ロバート・オピー・コレクション)所蔵の日用品や食料品等1万2,000点以上の品物が展示されている。

オピー氏は、16歳だった1963年に、タバコやコーンフレークの箱など様々な商品パッケージの収集を始めた。現在そのコレクションはパッケージのみならず、瓶、ラベル、広告やプロモーション用品、おもちゃやゲーム、旅行、交通、レジャー、娯楽に関するアイテム、漫画、雑誌、新聞、土産物、ポストカード、歌詞カード、ポスター、パンフレット等々、日常生活に存在するありとあらゆるもの50万点以上と膨大な数になるそう。時系列になっている展示室に並べられたこれらの品々から、イギリスの消費生活とその変遷が垣間みられる。

私のような外国人をもノスタルジーを感じさせる、非常に興味深いコレクションだけれど、とにかく狭い。こんなにたくさんの品々が、小さく薄暗い部屋にぎゅうぎゅうに詰められているのは、本当に残念。もっと明るく広々としたスペースで、1点1点じっくり眺めたいと思う。

I went to the Museum of Brands, Packaging and Advertising in Notting Hill. This tiny museum features over 12,000 original household products and food package, from Victorian times to the present day, from the Robert Opie Collection.

Mr. Opie started to gather contemporary packaging from cereal boxes to cigarette packs, when he was 16 in 1963. Since then the collection has expanded and now  contains over 500,000 items – not only packaging but also anything seen in everyday life; bottles, labels, signs, promotional and advertising material as well as toys, games, travel, transport, leisure, entertainment, comics magazines, newspapers, souvenirs, and ephemera such as postcards, song sheets, posters and brochures. By walking thorough the exhibition rooms in chronological order, you can observe daily life in Britain and its change over decades.

Impressive collection that make even a foreigner like me nostalgic, but the museum is so stuffy – too much things in such a tiny and dark space. I felt a bit dizzy and claustrophobic at the end… I wish I can see those items up close in more relaxing and generous space!

エリザベス女王のダイアモンド・ジュビリー(戴冠60周年)記念商品の数々 / Queen’s Diamond Jubilee products

Marks & Spencer Diamond Jubilee Collection

6月2〜5日に予定されている、エリザベス女王ダイアモンドジュビリーの祭典(王室公式サイト)にあわせて発売された、マークス&スペンサーの商品たち。缶入りのショートブレッドやチョコレート、マシュマロをチョコレートでコーティングしたTeacake、ペーパーナプキン、紙皿等々。イギリス国旗、女王の横顔、またロンドンの様々なアイコンをあしらった、レトロでキュートなパッケージは、クリスマス商品(参照ブログ記事)も手がけたイラストレーターのPhil Hankinson(フィル・ハンキンソン)氏がデザインした。期間限定商品で、イギリス土産にもぴったり。

さて、4日間のイースターホリデーの直後ですが、明日から少しブログをお休みします。23日から再開予定ですので、よろしくお願いします:)

These are the Marks & Spencer’s products, celebrating Queen’s Diamond Jubilee weekend (June 2 – 5 →official website of the British Monarchy). These cute retro packages with Union Jack, Queen’s silhouette, and London’s various icons, are designed by an illustrator Phil Hankinson who was also in charge of M&S’s Christmas products (past entry). Treats such as shortbread and chocloate in tin boxes, teacakes (chocolate coated marshmallows), as well as party wares such as paper napkins and dishes – these limited period products are also perfect for souvenirs from Britain.

I will have a break from blog until May 22, though just after 4-day Easter weekend.  See you soon :-)

Marks & Spencer Scottish Shortbread Tin

最近、マークス&スペンサーストアブランドのパッケージデザインが可愛い(また追々紹介します)。ちょっとレトロなデザインのクリスマス用缶入りビスケット各種(参考:gumo gazette)もよくできていて、プレゼントやパーティの手みやげに最適。この、ロンドン名物2階建てバスをモチーフにした缶入りビスケットは、スコットランド発祥の伝統菓子・Shortbread(ショートブレッド)3種27個入りで、お値段は£8。イラストを描いたのは、イラストレーターのPhil Hankinson(フィル・ハンキンソン)氏。そのレトロでクラシックな画風は、チェコスロバキアの絵本作家・Miroslav Sasekミロスラフ・サセック)の名作「This is London」(1959年)を彷彿させる。中のビスケットを食べ終わっても、小物入れとして使えそう。ロンドンのお土産にもぴったり。

Recently package design of Marks & Spencer‘s store brands has improved (I will talk more later). Retro-feel Christmas biscuit tins is well-done (reference: gumo gazette), and is good for a present and gift. This tin box with London’s famous double-decker contains a selection of 27 shortbreads in 3 varieties, and costs £8. The package was designed by illustrator Phil Hankinson, and the his style resembles the old classic “This is London” (1959) by Czech illustrator and auther, Miroslav Sasek. You can re-use the tin box after finishing all biscuits, and this is a great souvenir of London as well.

Cardboard Birdhouse by Kikkerland

だいぶ前にヴィクトリア&アルバート博物館のミュージアムショップで買ってすっかり忘れていた、段ボール製の巣箱が出てきたので、早速組み立ててみた。ニューヨークを拠点とするKikkerlandの「Foldable Birdhouse(折り畳める巣箱)」、防水加工された段ボールで出来ていて、組み立ても簡単。止まり木もついている。自分でも作れそうなシンプルな巣箱だけれど、可愛いパッケージ・デザインにつられて買った。このブログを書くにあたってネットを色々調べてたら、kikkerland online shopのアメリカでの値段は$4。私は£7払ったから、約2倍以上した計算になる。ミュージアムショップだから、常設展は入場無料の博物館の経営を助けるために、定価かそれより高めに値段設定をしているんだろうけれど。

巣箱は専用の茶封筒に入っていて、外のプラスチックの包装をを取ると、そのまま発送も出来る。外側にペイントしたり、ステッカーやシールを貼ったりして、自分オリジナルの巣箱をデザインすることも出来るけれど、絵の才能のない私は、そのままシンプルに。鳥のエサを買わないといけないんだけれど、取りあえずはポップコーン用のコーンを入れてみた(大きすぎ?!)。果たして都会のアパートの小さな巣箱に鳥たちは来てくれるるんだろうか?

Today I found this cardboard birdhouse that I bought a while ago at the Victoria and Albert Museum and forgot about, and finally made it. The “Foldable Birdhouse” by New York based Kikkerland is made of water resistant coated cardboard and is easy to put together. It comes with a wooden dowel for the front perch as well. This birdhouse is just simple and ordinary looking, but I bought this for its cute package design. I was searching the information about the product and found out that it cost only $4 on kikkerland online shop in US, while I paid £7 at V&A – it means it cost more than double here. The museum shop probably sell at RRP or even higher, to help funding the museum which is free admission for permanent collection.

The birdhouse is enclosed in the brown envelope and you can post it out, just removing the plastic package. You can make your original birdhouse by painting or putting some stickers on outside, but unfortunately I don’t have an artistic talent and just keep it as it is. I have to buy bird food, but I put popcorn maize for now (too big?!). Looking to see if some birds come to visit their new house :-)

Enhanced by Zemanta

“Trash” Britannia Souvenir Shop @ Piccadilly Circus

クール・ブリタニアCool Britannia)は、20世紀の半ばから後半にかけて、イギリスの現代文化を描写するために使われたメディア用語で、イギリスの愛国歌「ルール・ブリタニア」(”Rule, Britannia”: ブリタニアよ世界を治めよ)をもじったもの。1967年に、ボンゾ・ドッグ・バンド(the Bonzo Dog Doo-Dah Band)の曲のタイトルとして、初めてこの言葉が使われたが、1990年代に再び使われるようになり大流行。トニー・ブレア首相(当時)率いる労働党政権が打ち出した、「第三の道/ニュー・レイバー」路線の初期の頃と密接に関連づけられている。90年代は経済も好調、社会が勢いづいていた時代で、ブラーオアシス等のブリット・ポップはヒットチャートを賑わし、ダミアン・ハーストやトレイシー・エミン等のヤング・ブリティッシュ・アーティスト(YBA)はアート界に新風を吹き込んだ。ジョン・ガリアーノアレキサンダー・マックイーン(今日のニュースで、自殺による死が報道された)等の若手ファッションデザイナーも、世界のメジャーなファッションショーで注目を浴びていた。かくいう私たちも、シンプルだけれど洗練されたイギリスのグラフィック・デザイン、そしてこの「クール・ブリタニア」のエネルギーにつられて、1997年にイギリスに引っ越してきたのだ。1997年に総選挙に勝利して、44歳で首相となったブレアは、このトレンドを政策にも取り込み、国家戦略として、「クールでかっこいい」イギリスを世界に売り込もうとした。

しかし!今日、ピカデリー・サーカスで、この言葉を冒涜する輩を発見した。それが、この「Cool Britannia」という土産物店。店の真ん中には、ルーフにイギリス国旗がルーフに描かれたミニ・クーパーが置かれ、ビーフィーターの格好をさせられたおじさんが、観光客と記念撮影している。店名から、イギリス・ブランドやスタイリッシュな商品を扱っていると思いきや、中は「クール」とはほど遠い、安物の中国製品で溢れ返っている。結構旅行者で賑わっていたのが悲しい。以前から思っていたのだが、ロンドンには、素敵な土産物屋さんが少なく、南アジア系の人たちが経営しているチープで粗悪品を売る土産物屋が氾濫している。それで、「Cool Britannia」を初めて見た時に、やっとまともな土産物屋ができたのかと思ったら、このざま。。。

ロンドンでお土産を買う時は、デパートか専門店、または美術館や博物館のミュージアム・ショップで。割高だけれど、品質もデザインも格段に上。もし予算に限りがあるなら、スーパーマーケットやドラッグストアで。素敵なパッケージのお手軽な商品が手に入ります。

Cool Britannia is a media term that was used during the mid-to-late 20th century to describe the contemporary British culture.  It is a pun on the title of the British patriotic song Rule, Britannia!, and the phrase “Cool Britannia” was first used in 1967 as a song title by the Bonzo Dog Doo Dah Band. The term was commonly used during the 1990s, when the country was enjoying growing economy and good vibes. Britpop groups such as Blur and Oasis hit the world’s charts, and Young British Artists (YBAs) like Damien Hirst and Tracey Emin created a new wave of unconventional contemporary art (although personally I don’t fancy them). Young fashion designers like John Galliano and Alexander McQueen (whose sudden death, possibly suicide was reported today) grabbed the spectator’s attention on catwalks around the world. M and I also attracted to the simple but stylish British Graphic Design and the energy of “Cool Britannia”, and decided to move to London. Cool Britannia was closely associated with the early years of “New Labour” under Tony Blair, who won the election in 1997 and became a prime minister. Blair tried to incorporate the trend in his policy and launched  the Creative Industries Task Force, intending to sell ‘Cool’ Britain to the world.

But!! Today I found a shop which completely misuse the concept of “Cool Britannia” in the center of Piccadilly Circus. In the middle of the shop, you see a Mini with British flag on its rooftop and a sad-looking man in Beefeater costume, being photographed by some tourists. You may get an impression that the shop carries full of cool British brands and hip products, but in fact there is full of cheap trash made in China. It is sad to see some tourists were shopping around quite happily. There are not many decent souvenir shops in London, but lots of South Asian (look like) owned shops selling cheap, bad quality and terrible designed goods. So when I saw the “Cool Britannia” shop at first, I thought finally I found a nice place to buy a souvenir….

When you want to buy a souvenir in London, ignore these trashy shops, and go to department stores, specialty stores, or museum shops – more costly, but much better quality and design. If you only have a small budget, go to supermarkets and drugstores. You can find products in nice packages with small price tags.

これが「クール・ブリタニア」ルック???あり得ません!

Is this “Cool Britannia” fashion??? Impossible!!

Reblog this post [with Zemanta]

Christmas decoration @ Carluccio’s Cafe

11月に入ってから、街はにわかにクリスマスのデコレーションで埋め尽くされ、もう年の暮れも迫って来ているのかと、ちょっと憂鬱になる。今日ランチに行った「Carluccio’s(カルルッチョズ)」でも、クリスマスらしい商品が店頭に並んでいた。Carluccio’sの今年のクリスマス用パッケージは、伝統的なモチーフを使いつつ、モダンに仕上げていて、なかなか洗練されている。店内のカフェ・レストランエリアにも、イタリアのクリスマスには必須のPanettone(パネットーネ)やPandoro(パンドーロ)、またイタリア菓子のAmaretti(アマレッティ)などが山積みされているが、パッケージが素敵なので、良いデコレーションになっている。

1999年にオープンしたCarluccio’sは、イタリア出身のシェフで食のエキスパートでもある、Antonio Carluccio(アントニオ・カルルッチョ)とその妻でサー・テレンス・コンランの妹、Priscilla(プリシラ)が手がけた、フードショップ併設のイタリアンレストランのチェーンで、全国に40店以上展開している。カラフルな店内は明るくていいんだけれど、インテリアが少し時代遅れで、ちょっとファミレスっぽいかも。チェーンだからというわけではないけれど、味はまあ普通。自分的には、すごく美味しいという程ではないけれど、イタリアンが食べたい時に、近くに目ぼしいレストランがなければ行くところ、という位置づけかな。今日は、シチリア風アランチーニイタリア風ライスコロッケ)を食べたけれど、味があまりなく、添えられいていたpepolataソース(赤ピーマンのソース)も不味かった。でも、パスタはまあまあいける。Penne alla Luganica (ペンネのスパイシー・イタリアン・ソーセージのソース和え)はなかなか美味しかったそうだ。食後のドリンクは、Cioccolata Fiorentina(チョッコラータ・フィオレンティーナ)。これはエスプレッソ用のデミタスに入ったドロドロのホットチョコレートで、かなり濃い。でも。ちょっと甘い物が食べたいけれど、ケーキまではちょっと、という時には、ちょうどいいかも。Mは、Carluccio’sはイタリアンらしからず、エスプレッソが今イチなのが不満だそうだ。

カルルッチョ氏は鬱を患っておられるらしく、2008年9月にはキッチンナイフで自分の胸を刺し、その後精神病クリニックに入院したそうだ。72歳と言うお年だし、どんよりした天気のイギリスにいても落ち込むだけのような気がするので、いっそ故郷のイタリアに帰った方が状況が良くなるかもしれないね。

Since the month turned to November, you see the Christmas decoration all over the city – it makes me realize how fast time passes and makes me feeling a bit blue. Carluccio’s, where we had lunch today, also stacked up Christmas products such as Panettone and Pandoro on the store windows. This years’ Carluccio’s Christmas packages are sophisticatedly designed with traditional motif with modern touch. These products are also used as a decoration in the restaurant area and it looks fine, as the package design is pretty nice.

Carluccio’s is a British chain of Italian restaurants with integrated food shops, and operates in over 40 locations nationwide. The chain was founded in 1999 by Italian chef and food expert Antonio Carluccio and his wife Priscilla, who is a younger sister of Sir Terence Conran. The interior of the restaurant is colorful but a bit out of date and not the hippest place in town, and smells like a chain, like Starbucks. It is not a Michelin star restaurant and their food is OK, but we go once in a while when there is no decent restaurant around and we feel like Italian. Today I ordered Arancini di riso Siciliani (Sicilian style rice balls), but it had no taste and its red pepper sauce tasted bad. But their pastas are better, according to M. M’s Penne alla Luganica with spicy Italian sausage sauce was not bad at all. Cioccolata Fiorentina (thick hot chocolate served in an espresso cup) after the meal was good. It is perfect when you want something sweet but don’t want to have a big cake. M complained that their espresso is up to scratch for Italian standard.

It was said that Mr. Carluccio was suffering from depression. It was reported that he stabbed himself in the chest with a kitchen knife in September 2008, and has since admitted himself in to the psychiatric hospital in London. He is now 72 years old and it may be a good idea for him to retire and come back to his home country Italy for his sake – it may not help to stay in London with this depressive weather…

Reblog this post [with Zemanta]