Tag Archives: pastries

It’s not Princi, it’s VIVO!

Vivoは、エンジェルのUpper Streetに新しく出来た(8月頃だと思う)、イタリアン・ベーカリー&カフェ&バー。イタリア語で「活気のある」という意味のVivoの長さ14mもある花崗岩製フードカウンターには、四角くスライスしたピッツァ・アル・タッリョ、ラザーニャ、パスタサラダなど各種サラダといった、イタリアから輸入した材料で作ったイタリアのお惣菜をはじめ、イタリアのスウィーツやペイストリーなど、美味しそうなものがずらりと並んでいる。ランチやディナーなどちゃんとした食事も出来るし、カフェとしてナポリ風コーヒーとドルチェを楽しんだり、おつまみと一緒にイタリアン・ワインを傾けるのもいい。

ここまで読んで、そして写真を見て、どこかで見たことがあるような?と思った方。もしかしてそれは、ソーホーにあるPrinciでは?カウンターで出来合いの料理を注文するというコンセプトも同じ、インテリアもそっくり、そして料理の種類もほぼ一緒。Princiのパクリとしか思えない(店員は後ろめたそうに違うと言い訳していたけど)。でも、Princiはロンドンに1軒しかないし、わざわざソーホーに行くより、近場のエンジェルの方が便利。それに食べ物もフレッシュで美味しいし、何より、いつも混雑していて騒がしく、席を探すのも難しいPrinciに比べ、時間を気にせずゆっくり食事できる。だから私的には偽物でも全然OK!

Vivo Bakery-Café-Bar is a new casual Italian eatery on Upper Street, Islington. It opened in August, I believe. Vivo (“lively, vivacious, soulful, vibrant” in Italian) offers all day a selection of Italian prepared dishes using the regional Italian ingredients, such as pizza ‘al taglio’ (rectangular slices), lasagne, a variety of fresh salads, as well as a range of Italian desserts, pastries and sweets. You can see them all showcased on 14-m long granite food counter. You can eat lunch or dinner, have a cup of Neapolitan coffee & dolce, or drink Italian wines with nibbles.

Now I want to ask you a question – does Vivo remind you of something? May be Princi in SOHO? Indeed, their concept of cafeteria style is the same, their interior looks alike, and their range of food is almost identical. Maybe they copied Princi or maybe not. But I don’t care, and probably other customers. There is only one Princi in London so far, and it is much easier for us to come to nearby Angel. Their food is authentic and great as Princi, and it is more relaxed, not like as Princi where is always packed of people and noisy.

Melanzane alla Parmigiana(なすのチーズ焼き:右)とパスタサラダ

Melanzane alla Parmigiana (right) and pasta salad.

Advertisements

The Association Coffee @ Creechurch Lane, City of London

カフェイン中毒のMは、通常、カフェブログやら新聞やら雑誌やら、色んなところから新しいカフェ情報を入手してくる。でもこのAssociationは、滅多に訪れないシティで偶然見つけた。オフィス街のシティより、ヒップなイーストロンドンの方が似合うこの洒落たカフェ、ビジネスピープルたちにも大人気のようだ。

ウェブサイトによると、Associationはコーヒーに情熱を注いでおり、通常のエスプレッソブレンドの他、ほぼ週変わりの季節に応じたブレンドが楽しめる。また、Stove Top(イタリアのマキネッタのように、直火で抽出するコーヒーメーカー)、French Press、Filter Coffeeなど抽出法に応じたコーヒー豆や、家庭用コーヒー抽出用器具も販売している。コーヒー以外にも、紅茶、見た目はぱっとしないが(失礼)良質の材料で作ったペイストリーやケーキ、サンドイッチなどもある(menu / 仕入れ先リスト)。コーヒーへの並々ならぬこだわりは感じられるが、残念ながら私たちのエスプレッソとフラット・ホワイトは平均並み。フラット・ホワイトは、ラテかと思うほどコーヒーが薄く、しかも少しぬるかい。ただ今時のインテリアの店内は広々としていて、木製ボードにのせて食べ物をサーブするなど、プレゼンテーションも気が利いている。シティはチェーンのコーヒー店ばかりで、美味しいコーヒーが飲める独立系のカフェがほとんどないので、Associationは貴重な存在。シティに行く際は、再挑戦してみたい。

Normally caffeine junkie M finds a new cafe from all kinds of sources such as cafe blogs, newspapers & magazines etc, but we found the Association by chance, when we walked through the City, where we rarely visit. This good looking cafe looks more fitting in hip East London, rather than corporate City of London, but was very popular among business people.

According to their website, the Association is all about coffee, and offer a range of seasonal coffees as well as their regular espresso. They also sell bags of coffee for for a Stove Top, a French Press or a Filter Coffee, as well as a range of home brewing equipment. Aside from coffee, they also offer teas, simple pastries and cakes, and sandwiches (menu), using the best of ingredients (suppliers list), although they don’t have big variety. Sounds great, and I feel a lot of passion from them. However, we found their coffee (espresso & flat white) were average. My flat white was not strong enough but more like latte, and was not hot enough… But the place is chic & spacious, and their presentation of food on a wood board is very cute. We will try again when we go to the City, where there are very few great independent coffee shops other than chains.

New Row Coffee @ Covent Garden

New Row Coffeeは、中にテーブルが2つ、外にベンチが1つあるだけの小さなカフェ。観光客で混雑するコヴェントガーデンに程近い、New Rowという小さな通りに面している。コヴェントガーデンエリアで美味しいコーヒーが味わえる数少ない店で、コーヒー好きに必須のカフェガイド「London Coffee Guide 2012」にも、ロンドンのベストコーヒー100店の一つとして掲載されている。

良質のコーヒー豆を提供するUnion Hand-Roasted Coffeeから仕入れた豆で淹れたコーヒーの他、カウンターに並んだケーキやクロワッサン等のペイストリー類、サンドイッチなど、朝食&ランチがいただける。中にいたお客の一人に、「ここのケーキはとても美味しいから」と勧められたけれど、あいにくMeat Marketで食べたばかりでお腹いっぱい。残念!

New Row Coffee is a tiny café with two tables inside and one bench outside, on a small street of New Row, just a stone’s throw away from busy Covent Garden. This is one of the few places where you can have a decent cup of coffee in Covent Garden area. It is guaranteed by the London Coffee Guide 2012, London’s coffee lover’s bible, as one of the 100 best coffee venues in London.

The café serves breakfast and lunch as well as a cup of established Union Hand-Roasted Coffee – you can see pastries, cakes, and sandwiches on the counter. One customer told us that the cakes were excellent, and we really wanted to try, but unfortunately we were completely full after Meat Market

ダブルエスプレッソ(左)とシングルエスプレッソ(右)。私には少し酸っぱめの味/Double espresso (left) and single espresso (right). It was a bit sour for me.

Tibits Vegetarian Restaurant @ Heddon Street, Off Regent Street

Tibits(ティビッツ)は、Regent street(リージェント・ストリート)に隣接する小道、Heddon street(ヘドン・ストリート)にある、セルフサービスのベジタリアン・レストラン。創業1898年を誇るヨーロッパ最古のベジタリアン・レストラン「Hiltl」オーナーの協力のもと、1998年にスイスにオープンしたTibitsチェーンの唯一のイギリス支店だ。チューリッヒを旅行した時、Tibits、Hiltl両店で何回か食事したことがあったのだが、2008年にロンドン店が出来てすぐ行った時、同じビュッフェ式量り売りのシステムだなと思いながら、すぐにスイスの系列店だとわからず、後で店のパンフレットを読んで気づいたのだった。

場所は、リージェント・ストリートのすぐ西と絶好のロケーション。混んでる時には来たことがないけれど、1階・地下と2フロアある広い店なので、席を探すには困らないと思う。

Tibitsはビュッフェ形式ではあるけれど、街でよく見る「食べ放題で£5」といった類いのチープなアジア系ビュッフェとは違う。「food boat」と呼ぶビュッフェ・カウンターには遺伝子組み換えでない旬の食材を使い、逐一新しく調理・補充されたアジアやインド、地中海等の影響を受けたフュージョン料理約40皿以上が並ぶ。豊富なサラダ類や野菜料理の他、炭水化物系のパスタやライス、サモサもある。ここのシステムは、1)ビュッフェ・カウンターで、イートイン用のお皿か持ち帰り用の容器に好きなものを取り、2)バーカウンターで計量・支払い(持ち帰りは£1.5/100g、店内で食事の場合£2/100g。パンはサービス)、3)好きな席で飲食、という手順。サンドイッチや焼き菓子類、ドリンクはバーカウンターで注文する。お茶だけでもOKなので、カフェとしても使えるが、その際イタリアン・コーヒーは頼まないように!ここのflat white(フラット・ホワイト)は、エスプレッソじゃなくアメリカン・コーヒーに泡立てたミルクがのってる、フラット・ホワイトとは呼べないヒドい代物で、ロンドンで飲んだ中でも最悪の一杯の一つだったので。

新鮮な料理に便利なロケーション、それに手早く食事できると、文句はつけようがないのだが、問題が一つ。それは私が野菜嫌いで、世の中の半分の野菜が食べられないと言うこと。幸い種類が多いので、食べれるものはあるけれど、パスタやポテトと炭水化物に偏っている。店のコンセプトは理解できるが、私のような人々のために、肉料理もちょっとあるととても嬉しいのだが。これじゃ、肉好きの人への差別では?!

Tibits is a self-service vegetarian restaurant on Heddon street, off Regent street. Tibits is an only UK branch (so far?) of a Swiss chain founded in 1998, together with owners of the Hiltl Restaurant, which is Europe’s oldest vegetarian restaurant founded in 1898. Before its opening in 2008, we had dined few times at both Tibits and Hiltl on our trip to Zurich. When we saw Tibits here in London, we didn’t recognise it right away and just thought they used the same buffet pay-by-weight system, but finally we did when we read a bit of the history on their brochure.

The location is great, just few steps to west from Regent street. I’ve never been there in a peak time, but the place is quite big with two floors (ground floor + basement), so it is rather easy to find a table.

Tibits is not a cheap buffet style fast food, like “all you can eat for £5” kind of Oriental food buffet, but offers over 40 freshly cooked dishes using GM-free seasonal produce, with Asian, Indian and Mediterranean influence. They have good range of salads and cooked vegetables, and some carbo-loaded dishes such as pasta, rice, and samosas.  Their system is like this: 1) go to a “food boat” and put whatever you want on either ceramic plate for eat-in or take-away container, 2) go to the bar/counter and pay by weight (£1.5/100g for takeaway or £2/100g for eat-in. Bread is complimentary) and order a drink, 3) sit and eat wherever when you eat in. Sandwiches or pastries can be ordered at bar counter. You can also have only drink, so you can use it as a café as well. But don’t order Italian coffee – it was one of the worst flat white I’ve had in London. In fact, I don’t call it “flat white“, but American coffee, instead of espresso, with foam milk. Ugh!

Fresh food, convenient location, and quick service – everything is fine as a fancy quick-food restaurant (except coffee), but the problem for me is that I don’t like half of the vegetables. I can find something to eat there, but it tends to be carbohydrate such as potatoes and pasta. I understand their concept, but I really wish they can add a little strip of meat, for someone like me. It’s a discrimination against meat-lover!

Italian Deli in Clerkenwell Road 2: Veneticus

昨日書いたTerroni(テローニ)から東へ少し行くと、もう一軒の大きなイタリアン・デリ、Veneticus(ベネティクス。Google Translateで調べると、ラテン語で「ベネチアの/ベネチア人」の意)がある。100年以上の歴史を誇るTerroniに比べ、2010年の中頃にオープンした(と思う)Veneticusは、まだまだ赤ん坊だけれど、レベルは同等。

ここには、イタリア式ホスピタリティとともに、イタリアン・デリにお客が望む物は全てある。ラザーニャやアランチーニ(ライスコロッケ)、パニーニ、スウィーツ、ジェラートなど、フードは店内にあるキッチンで手作り。イタリアから輸入したワインや食料品も充実している。

Veneticusではランチしていないが、手作りケーキとコーヒーの「afternoon tea」セット(£3.50)を頂いた。ここのお菓子類はとても美味しそうで、実際美味しかった。サービスで出された焼きたてのカントゥッチも、コーヒーや紅茶に浸して柔らかくしなくても食べられるほどサクッとしていて(歯が折れそうになる位固いのも。新鮮なのは柔らかい?)、素朴なうまさ。シェフがトレーに山盛りにされた作りたてのスウィーツを次々と運んで来るのを見ていると、全部試してみたくなる。そしてエスプレッソも絶品。M曰くロンドンでトップクラスだとのこと。

TerroniとVeneticusを比べると、店のインテリアはTerroniの方が、明るく洗練されている。サービスと取り扱う商品はどっこいどっこいか。ランチに関しては、Veneticusで食べていないから何とも言えないが、お持ち帰りしたアランチーノは美味しかった。でもスウィーツ類は何と言ってもVeneticusが上だと思う。もう少し暖かくなったら、ジェラートも試してみたい。

Veneticus
97-99 Clerkenwell Road London EC1R 5BX
Tel: 0203 490 2218
 

Few steps towards west from Terroni, there is another large Italian delicatessen called Veneticus (=”Venetian” in Latin, if Google Translate works properly). In compare to over 100-year old Terroni, Veneticus is like a baby, just opened sometime in mid 2010 or so, but the quality is as equally high as Terroni.

The store offers everything people want from Italian deli, with Italian hospitality – food freshly made in the in-house kitchen such as lasagna, arancini (fried rice balls), made-to-order panini from charcuterie counter, dolci (sweets) and gelati, as well as imported packaged food and wines.

We didn’t have lunch but just had their homemade cake and coffee, together for £3.50 as an “afternoon tea” set. To be honest, their dolci look very good and tasted good as well, including sample cantucci just came out from the oven which is soft enough for a bite without dipping it in coffee or tea (some are very hard and can break your teeth! Maybe fresh one is softer). I couldn’t keep my eyes off from a chef going back and forth, bringing plateful of his beautiful creations. And their espresso was perfect – M thinks it is one of the best in town.

If I have to compare Terroni and Veneticus, the products they sell as well as friendliness of the staffs are neck-and-neck. I like Terroni’s interior as it is more cheerful and chic. I can’t talk about food much, as I didn’t try Veneticus for lunch, to be fair, but their arancino we had for take away was yummy. For pastries, I definitely prefer Veneticus to Terroni! I should try their gelato when gets hot.

Esoteria Espresso Bar @ Hackney Road

オールド・ストリートの東、鞄や靴の卸売り店が並ぶHackney Road(ハックニー・ロード)にあるカフェ、Esoteria Espresso Bar。もとはTaste of Bitter Loveというカフェがあった場所に、最近オープンした。

小さなテーブルが中に4つ、外に2つあるだけの小さなカフェだけれど、カウンターと回転式ショーケースに並ぶ「homemade(自家製)」フード&スウィーツは、なかなか本格的。 メニューにはサンドイッチやパイ類、ソーセージロール、サラダ、パンピザなどが並び、pastries(オーブンで焼いた食べ物=ここではパイ類やソーセージロール、スコッチエッグなどを指す)にサラダを加えたセット(£6.50)もある。スウィーツ類も、ケーキ3種類にマフィン、エッグタルト、デニッシュなどもあって、選択に迷うほど。この狭い店内のどこで作ってるんだろう??と思っていたら、近くのMarksman Pubのシェフが作っているのだとか。コーヒー豆はNude Espresso、エスプレッソ・マシンはあのLa Marzoccoと、コーヒーのお味も間違いなし。

近くにHackney City Farm(ハックニー・シティ・ファーム)があるぐらいで、フラワー・マーケットで有名な、1本南のColumbia Road(コロンビア・ロード)に比べると、冴えないHackney Roadだけれど、近くに来た時は立ち寄る価値あり。

Esoteria Espresso Bar is located on Hackney Road, east of Old street, among wholesale bags and shoes stores. It is the location, previously occupied by Taste of Bitter Love café until recently.

This teeny-tiny café with only four tables inside and two outside, surprisingly has a good variety of ‘homemade’ food and sweets, displayed in a rotating cabinet and a counter. Sandwiches, bread pizza, salads, and pastries such as pies, sausage rolls and scotch eggs are on its menu, and you can have pastry + salad set for £6.50 if you are hungry . Several kinds of cakes, muffins, egg tart, and Danish pastries are available for deserts, and it’s hard to pick one out of those good-looking stuffs. We wondered where they make all of them in such a small space, and later found out that the food is made & brought from nearby Marksman Pub. You also won’t get a bad coffee there – the golden formula of Nude Espresso‘s coffee beans + La Marzocco espresso machine cannot go wrong.

Hackney Road is rather dull and boring, with nothing around other than Hackney City Farm in compare to nearby chic Columbia Road, famous for its flower market, but it’s worth visiting Esoteria when you are around the area by chance.

ソーセージロール+松の実、かりかりベーコン、ロケットの入ったパスタサラダのセット(£6.50)。シンプルな味付けのパスタも、さくさくの皮にホックリしたソーセージが包まれたソーセージロールも、自家製だけあって、フレッシュで美味しい。イチゴとホワイトチョコのマフィンも、しっとり&甘さ控えめで美味。

Sausage roll + pasta salad with crispy bacon, pine nuts and rocket (£6.50). The unpretentious pasta and sausage roll were fresh and very nice, as well as strawberry and white chocolate muffin.

Delicious Gelato @ Sardo Cucina, Fitzrovia

サルデーニャ料理専門レストラン・Sardoの隣にあるイタリアンデリ&カフェ、Sardo Cucina(サルド・クッチーナ)。2010年12月に、トッテナムコートロードと平行するWhitfield Street(ウィットフィールド・ストリート)とGrafton Way(グラフトン・ウェイ)の交差点にオープンした。

カウンターには出来合いのパスタやピザ、サンドイッチ、ケーキなどが並ぶ。初めて行った今日はロンドンには珍しく最高気温30度近くとなり、涼を求めてジェラートを注文。8種類のチョイスの中からバニラとピスタチオを選ぶ。小さいカップで£2.90は高いなあと思ったけど、これが大当たり。バニラビーンズをたっぷり使ったバニラは滑らかで、甘過ぎない上品なお味。ピスタチオも、ありがちなしつこさがなく、口当たりが良くて美味しい。これまでロンドンで食べたジェラートの中で、一番美味しかった。

Italian deli & café Sardo Cucina stands side by side with Sardinian restaurant Sardo, the owner of the café, opened in December 2010 at the corner of Whitfield Street, pararel to Tottenham Court Road, and Grafton Way.

Ready-made pasta, pizza slices, sandwiches, and pastries are on display at the counter. But today was quite hot with its highest temperature around 30° (which is rare in London), and we jumped on gelato for cool. We got vanilla and pistacchio among 8 choices. I thought £2.9 for a small cup with one gelato was a bit overpriced, but it worth the price. Creamy vanilla made with rich vanilla beans is perfect sweetness and taste. Pistacchio tastes nice as well, without heaviness that cheaper version tends to have. Best gelato I’ve had in London so far.