Tag Archives: Paul Smith

London Fashion Week Spring/Summer 2011

2011年春秋コレクションを披露するロンドン・ファッション・ウィーク(年2回開催)が、9月17日から21日まで開催中。British Fashion Council (BFC/ブリティッシュ・ファッション・カウンシル)が企画、2月と9月の年2回行われるロンドン・ファッション・ウィークは、1984年に始まり、現在ニューヨーク、パリ、ミラノと並んで「Big Four」ファッション・ウィークに数えられる。ポール・スミスやヴィヴィアン・ウェストウッドをはじめとするイギリスのトップ・デザイナーの作品発表の場である他、1993年よりNEWGEN(New Generation)と銘打った若手デザイナーのサポートにも力を入れている。メインの会場はサマセット・ハウスだけれど、ロンドンの他の場所でもショーが行われている。ファッション・ウィークは、ファッション関係者のためのものだけれど、その直後にあるLondon Fashion Weekend(ロンドン・ファッション・ウィークエンド)は、一般にも開放される。

ファッション情報にはあんまり通じていないんだけれど、今日偶然、ショーが終わった後の場面に出くわした。「Grazia」「Vogue」等のファッション誌や、大手モデル事務所の「elite」等のロゴが側面に画かれたベンツ(ファッション・ウィークのスポンサー)が近辺に溢れ、ショーがあった建物の裏口で、モデルらしき人たちがポーズをとり、カメラマンたちが群がっている。黒いフェザーのついたジャケットを着ているモデルさん、見たことある気がするけれど、名前が分からない。それに、モデルさんって、洋服を引き立てないといけないからか、皆、綺麗だけれど特徴のない同じような顔だし。

でも年に二回もこんな大掛かりショーをこなすだなんて、新しいデザインを常に考えないといけないデザイナーはもちろん、体型を維持しないといけないモデル、世界中のファッション・ウィークを飛び回るファッション関係者たちもご苦労様だなあと思う。本当に好きじゃないと無理だな。

2011 Spring/Summer London Fashion Week is taking place from September 17 to 21. Organised by the British Fashion Council (BFC), London Fashion Week which is held twice a year in February and September, first took place in 1984, and now is one of the ‘Big Four’ fashion weeks together with New York, Paris and Milan. The main venue for events is Somerset House, but many shows take place at other venues in London. A list of participating designers includes leading British designers such as Paul Smith and Vivienne Westwood, but London Fashion Week also supports young emerging designers with NEWGEN (New Generation) scheme since 1993. London Fashion Week is a trade show, but a retail-focused event London Fashion Weekend which takes place immediately afterwards is open to the public.

I am not a big fashionista, but today we just happened to pass through the after-show scene nearby. We saw many Mercedez (show sponsor) with logos of fashion magazines such as ‘Vogue’ and ‘Grazia‘ as well as large model agency ‘elite‘ stuck in a small street, then some models striking a pose in front of  photographers. The model in black feather jacket looked familiar but I don’t know her name. Fashion models are all beautiful but more or less all look similar  – dresses they wear should be the object of attention and probably they shouldn’t stand out on a catwalk.

I really think fashion is a very tough job: designers always dare to come up with a new idea twice a year; models have to eat tiny apple a day to keep their skin & bones figures; and fashion journalists fly all over the world chasing the fashion trend. Only fanatics about fashion can work in the fashion industry, I guess.

Enhanced by Zemanta

Elephant Parade London 2010

May Day Bank Holiday(メーデー明けの月曜日。イギリスの祝日)の5月3日から始まった、Elephant Parade London 2010(エレファント・パレード・ロンドン2010)。アーティストやデザイナー、セレブたちによってペインティングを施された、実物大の赤ちゃん象260体がロンドンのあちこちに設置されている。

ロンドンの屋外でのアート・イベントとして過去最大となるエレファント・パレードは、絶滅の危機に瀕しているアジアゾウを救うためのチャリティ・イベント。ロンドンの前はオランダでも開催された。同様の慈善アート・イベントとしては、東京でも何度か行われた、2002年のCow Parade Londonカウ・パレード)がある。

参加者は、デザイナーのTommy Hilfiger(トミー・ヒルフィガー)、Paul Smith(ポール・スミス)、Diane von Furstenberg(ダイアン・フォン・ファステンバーグ)、Julien MacDonald(ジュリアン・マクドナルド)、Matthew Williamson(マシュー・ウィリアムソン)、Lulu Guinness(ルル・ギネス)、アーティストのMarc Quinn(マーク・クイン)そしてSir Terence Conran(テレンス・コンラン)など。またイギリス王室の一員である、マイケル・オブ・ケント王子ご夫妻も参加されている。時には、歩き疲れた観光客や飲食の椅子代わりになったりしているけれど、これらのカラフルな子象たちは、愛嬌のある表情に可愛いポーズで、道行く人々の目を楽しませている。→もっと写真を見たい方はこちらをクリック。

6月22日までは、バッキンガム宮殿、国会議事堂前のパーラメント・スクエア、コヴェント・ガーデン、サウスバンク等、ロンドンの主な観光地の周辺に置かれるが、その後チェルシーにあるChelsea Royal Hospital(チェルシー王立病院:イギリス兵のための老人ホーム。RHSチェルシー・フラワー・ショーの会場にもなっている)に集められ、6月23日から7月2日まで一般公開。7月3日にはSotheby’s(サザビーズ)でオークションにかけられる。主催者は200万ポンドの売上を見込んでおり、その売上金は主催者のElephant Familyとアジアで活動する20のイギリスの保護団体に分配される予定。

ミニチュアの象は、デパートのSelfridgesや80 Regent St、36 Carnaby Street, and Greenwich Central Marketのお店の他、エレファント・パレードのオンラインショップで買える。

Elephant Parade London 2010 started on May 3, a May Day Bank Holiday, and 260 colorful life-size baby elephants, painted by artists, designers and celebrities, are located over central London during the event period.

Elephant Parade is a conservation campaign, similar to Cow Parade London in 2002, and aims at raising awareness of the urgent crisis faced by the endangered Asian elephant. This is London’s biggest outdoor art event on record, and the elephants have ‘paraded’ in Netherlands before London.

The participating artists include designer Tommy Hilfiger, Sir Paul SmithDiane von FurstenbergJulien MacDonaldMatthew WilliamsonLulu Guinness, Sir Terence Conran, and artist Marc Quinn, as well as HRH Prince and Princess Michael of Kent. Though sculptures are sometimes used as a resting point for exhausted tourists or a place to have a snack, but generally passersby appreciate these work of art, adore its cute face or gesture, or enjoy taking a picture. → For more picture, click here.

The elephants will stay at around major London landmarks including Buckingham Palace, Parliament Square, Covent Garden and the South Bank until June 22, and will be put all together in Chelsea Royal Hospital (retirement home and nursing home for British soldiers and the site of the annual Chelsea Flower Show) for public viewing from June 23 to July 2. On July 3, all of the elephants will be auctioned at Sotherby’s, aiming to raise £2 million to help the Elephant Family charity and 20 UK conservation charities working in Asia.

Mini elephants are available at Selfridges, 80 Regent St, 36 Carnaby St and Greenwich Central Market or at the elephant parade online shop.

私が見た中でのお気に入り。My favorite one among what I have seen so far.

Reblog this post [with Zemanta]

My First Time at Heathrow Terminal 5

2008年3月にオープンした、ヒースロー空港のターミナル5(T5)。オープンから2年近く経つのに、今回がT5初体験。ヒースロー自体久しぶりだった。というのは、ロンドンに5つある空港のうち、ヒースローが一番うちから遠いので、利用はできるだけ避けていたのだ。

リチャード・ロジャース卿の主催するリチャード・ロジャース・パートナーシップ社(Richard Rogers Partnership)が設計し、生産設計はAviation Architects(航空建築家?)であるPascall + Watsonが担当したT5は、モダンなデザインで、広々していて、空港を覆っているガラスからは太陽光が気持ち良く降り注ぐ。このターミナルの計画は1989年に始まったのだけれど、政府の許可が下りたのは12年後の2001年。2002年9月に着工、総工費43億ポンドをかけて作られ、最先端技術が導入されたという、鳴り物入りのT5だったけれど、オープン初日から、手荷物処理システムに発生した不具合などにより手荷物取り扱いが麻痺、10日間で500以上の便が欠航になるなどのトラブルに見舞われ、出ばなをくじかれた。

T5は、ブリティッシュ・エアウェイズのみが利用するターミナルで、毎日250便以上が発着する。ターミナルには、ハロッズ、コーチ、プラダなどの高級ブランドやポール・スミス、テッド・ベイカー(Ted Baker)などのイギリスのブランド店や、手軽なチェーン系カフェから、セレブ・シェフのゴードン・ラムゼイ(最近、経営悪化が報道された)の「Plane Food」等ちゃんとした食事ができるレストランまで、ショップ飲食店100店以上がテナントとして入っており、時間つぶしにも事欠かない。

オンライン・チェックインを利用すると、待ち時間が短縮されるはずなのだが、行きは年末で利用客が多かったせいか、前日に米旅客機爆破テロ未遂事件があったせいか、理由は不明だが、「Fast Bag Drop」で荷物を預ける際、長い行列ができており、20分ほど待たされた。フライトの時間が迫って来たので、係員の誘導で半分ほど進んだ列を抜け出し、受付カウンターに連れて行ってもらったが、そうでなければ、倍の時間待たされただろう。おかげで、空港の店を見て回る時間もなく、Iris Recognition Immigration System(IRIS/虹彩認識入国システム。アイリス(虹彩)を利用した入国審査の自動化。現在、ヒースローとガトウィックで登録可)の登録もできなかった。

帰りは、イミグレーションで長い列ができていたけれど、幸いすぐ横のカウンターが開いたのですぐさまそちらに移動、スムーズに入国できた。でもヒースローのイミグレは時間がかかると悪名高いから(日本人の知人は1時間半かかったと言っていた)、次回ヒースローかガトウィック利用の際はIRISに登録しようと思っている。

After almost 2 years since the opening of Heathrow Terminal 5 (T5) in March 2008, I experienced T5 for the first time few weeks ago. I tried to avoid Heatrow Airport because it is furthest from my flat among five London airports.

T5, designed by architects from the Richard Rogers Partnership and its production design was completed by aviation architects Pascall + Watson, is modern and spacious, with abundant of light coming through the glass surfaces. The design of the terminal began in 1989, but government planning permission was only granted in 2001. The construction started in September 2002, and the building cost £4.3 billion to complete. T3 equips with the latest technologies, but its opening was tainted by malfunctioning baggage system which caused a huge disruption in baggage handling and cancellations of over 500 flights over the following 10 days of its opening.

Terminal 5 is used exclusively by British Airways, and more than 250 flights leave everyday. T5 contains more than 100 shops, ranging from top brands such as Harrods, Tiffany & Co, Mulberry and Prada to British cutting edge shops like Paul Smith and Ted Baker, and restaurants, casual fast food and cafes as well as stylish dinings such as celeb chef Gordon Ramsay’s “Plane Food” (recently reported that Ramsay’s business is in crisis, including this restaurant) – so you will never get bored if you arrive at T5 early.

Online check-in is supposed to reduce waiting time, but we had to wait about 20 minutes at “Fast Bag Drop”, until someone in charge of the queue saved us and took us to the counter when the departure time was approaching – we would have had to wait even longer if we would have arrived earlier. I don’t know if it is always like that, or because it was busy time at the end of the year, or it was just the day after a Nigerian man was arrested on suspicion of terrorism. No matter what the reason is, we didn’t have any time left to look around the shops or to register with Iris Recognition Immigration System (IRIS), which is available at Heathrow and Gatwick airports.

On the way back, there was a long queue at the immigration counters, but luckily a counter next to our line opened and we jumped on the new short queue, so we didn’t have to wait much. Heathrow is infamous for its waiting time at Immigration (my Japanese friend had to wait for 1 hour and a half!). Next time I go to Heathrow or Gatwick, I will definitely register with IRIS.

Reblog this post [with Zemanta]