Tag Archives: pavillion

2013 Serpentine Gallery Pavillion by Sou Fujimoto

2013年度のサーペンタイン・ギャラリー夏季限定パビリオン(10月20日まで)をデザインしたのは、トータルで13人目、日本人3人目となる、建築家の藤本壮介氏。過去世界に名だたる建築家が手がけてきたこの栄誉ある建築プロジェクトに、41歳の最年少で抜擢された(過去ブログ参照:2009年 & 2010年)。

ジャングルジムを連想させる、直径20mmの鉄製の白い棒を格子状に組み合わせた軽量の建物は、期間中多目的スペースとして使用されている。訪れた人たちは、色々な高さに取付けられた透明なアクリル板の上に座って、読書したりお喋りしたり考えにふけったり、中にあるフォートナム&メイソンのカフェでお茶したり、思い思いに時を過ごしている。建築家のせいではないのだけれど、日が経ちアクリル板が少し汚れていて、近くで見るより外から、しかも全体が見渡せる少し離れた場所から見る方がベター。違う角度から見ると、違った印象になるので、訪れた際は是非、ぐるりと一回りしてみて。

The annual Serpentine Gallery Pavillion 2013 (until October 20) is designed by Japanese architect Sou Fujimoto. He is the 13th in total and the 3rd Japanese architect to design this prestigious temporary architecture, and is the youngest of all at the age of 41 (reference: 2009 & 2010 articles).

This lightweight and semi-transparent latticed structure of 20mm steel poles is utilized as a multi-purpose social space. Visitors can sit down on acrylic discs of any level and enjoy reading, chatting or meditating. Or you can relax with a cup of tea or coffee at Fortnum & Mason café inside the pavillion. It’s not architect’s fault, but acrylic discs got dirty a little bit over time, and to me it looks better from outside, further enough to see the whole view. Also looking at the pavillion from different angles give you a different impression – not only see inside or from one point, but also go around (and around) when you visit.

ネクタイとベストをプリンとした、カフェスタッフのTシャツはイマイチ。

I don’t like café staff’s T-shirt designed with fake tie & vest!

Heatherwick Studio: Designing the Extraordinary @ V&A

ヴィクトリア&アルバート博物館(V&A)で開催中の「Heatherwick Studio: Designing the Extraordinary」展(5月31日〜9月30日)は、ロンドンを拠点とするデザイン&建築事務所Heatherwick Studio(ヘザーウィック・スタジオ)の初の大規模展。V&AのBritish design展の関連イベントで、オリンピック前後に開催される文化イベント・London 2012 Festivalの一環でもある。

Heatherwick Studioは、革新的技術と素材を用いた公共記念建造物や3次元作品で有名なイギリス人インダストリアル・デザイナー、Thomas Heatherwickトーマス・ヘザーウィック)が1994年に設立した。かのサー・テレンス・コンランがヘザーウィックを「Leonardo da Vinci of our times(現代のレオナルド・ダ・ビンチ)」呼んだそうだが、ちょっとそれは大げさとしても、彼の作品は創造性に富み、見ていて楽しい。ただ展示室であるporter gallery(ポーター・ギャラリー)は狭すぎて、展示品は模型や写真が多いにしても、彼の作品の型破りなスケールが表現しきれていない気がする。

→ 写真参考サイト: BBC news

V&A’s “Heatherwick Studio: Designing the Extraordinary” (May 31 – September 30) is the first major solo exhibition of the work of Heatherwick Studio. It is a part of a season of events celebrating British design at the V&A and also the London 2012 Festival, a series of cultural events taken place around London Olympic 2012.

Heatherwick Studio is a London-based design and architecture studio, founded in 1994 by Thomas Heatherwick, who is an English industrial designer known for innovative use of engineering and materials in public monuments and sculptures. It is said that Sir Terence Conran called Heatherwick as the “Leonardo da Vinci of our times”. It is a bit of an exaggeration, but his works are creative and fun. The  porter gallery where the exhibition is taken place, is too small for his large scale works, even for its prototype and photos, and a bit claustrophobic.

→ more photos: BBC news

Cromwell Roadに面した博物館の入口に設置された、白く塗られ逆さまに吊り下げられたロード・コーンのインスタレーション / Traffic Cone Installation with upside-down traffic cones painted white at V&A entrance on Cromwell Road

ロンドン名物として親しまれたRoutemasterルートマスター)の特徴である、開放式後部プラットフォームを備えた新しい二階建てバス、「ニュー・バス・フォー・ロンドン」。現在数台が38番ルートを運行中。

New Bus for London‘, incorporating an open platform which is a feature of the iconic Routemaster. Currently it is operating only on No.38 route (not all of them).

先端に種子が入った6万本のアクリル樹脂の針が突き出た、上海国際博覧会のイギリス館「Seed Cathedral(種の大聖堂)」/ British national pavilion “Seed Cathedral” at the 2010 Shanghai World Expo

「Spun(スパン)」チェアー(2012)。博物館の中庭でトライできる。バランスを保つのがなかなか難しい / ‘Spun’ chairs  (2012). Public can try them in V&A’s courtyard. It is quite difficult to keep a balance