Tag Archives: performance

The Tanks at Tate Modern: Fifteen Weeks of Art in Action

オリンピックを記念して行われた文化イベント・London 2012 Festivalの一環、そしてテート・モダンの拡大プロジェクトの第一段階として、7月18日に新しくオープンしたTHE TANKSは、ライブアート、パフォーマンス、インスタレーション、映像作品に特化した、初めてのギャラリー。旧Bankside発電所がテート・モダンに生まれ変わって以来使用されていなかった、幅30m・高さ7mのオイルタンクが、このユニークなアートスペースに生まれ変わった。

The Tanksでは、7月28日〜10月28日の15週間、様々なパフォーマンス、映像、トーク、ライブイベントが盛りだくさんの特別イベントを開催中。期間限定イベントの他、政治的パフォーマンスで有名なSuzanne Lacyスザンヌ・レイシー)の作品「The Christal Quilt」(写真上から3番目)や、Lis Rhodesリズ・ローズ)の実験的映像作品「Live Music」(写真上から4番目)など、過去のパイオニア的アーティストたちの作品と共に、ソウル、アムステルダム、ニューヨークで撮影したイメージを使ったビデオ作品やパフォーマンス・アートを制作している韓国人アーティスト、Sung Hwan Kim(キム・ソンファン)のコミッション作品(写真下1番目)が見られる。→プログラム

The Tanksの中は窓もなく薄暗く、防空壕にいる気分。ライブアートや映像作品は、なかなかタイミング良くスタートから見られないし、作品によっては事前にスケジュールをチェックしないといけないので、短気な私の好みではない。実際、バービカンセンターで公演を見て気に入った、ベルギー人振付師アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケルスティーブ・ライヒの曲にあわせて制作した「Fase: Four Movements to the Music of Steve Reich」を、満席のため見逃した。でも映像やライブアートに特化した、このギャラリーのコンセプトは面白い。私が見た中では、リズ・ローズの「Live Music」の、前を通る人のシルエットとスクリーンに写し出された随時変化するストライプのパターンのインタラクションは、見ていてとても楽しかった。

Tate Modern‘s THE TANKS is new and first museum galleries dedicated to live art, performance, installation and film, opened on July 18 this year as a part of the London 2012 Festival and the museum’s expansion project phase I launched this summer. The 30-metre width & 7-metre height circular oil tanks, unused since the former Bankside Power station was turned into the art gallery, were transformed into this unique art space.

From July 28 to October 28, The Tanks is hosting 15-week festival programme of international performance, film, talks and live events, alongside works from the collection by pioneers of social performance (The Christal Quilt by Suzanne Lacy: 3rd photo from the top) and expanded cinema (Live Music by Lis Rhodes: 4th photo), as well as a major new commission from South Korean artist Sung Hwan Kim (1st photo below), who combines video and performance art, collecting images from Seoul, Amsterdam and New York. →full program

Inside was dark with no windows, and I felt like I was in a bunker. I am not a big fan of live art and film, as you usually can’t watch an artwork from the start unless you are lucky, and I have to check the schedule in advance for some works. On the day, we missed the performance of “Fase: Four Movements to the Music of Steve Reich” by Anne Teresa de Keersmaeker, because it was full. It was a big disappointment, because we saw the performance Barbican Centre in the past and I loved it. But the concept of The Tanks is interesting, and I like Live Music by Lis Rhodes – it’s fun to see an interaction of constantly changing stripes projected on the screen and silhouettes of a person passing or standing in front of it.

Advertisements

BBC Concert Orchestra – Discovering Music: The Rise of Minimalism

BBCのTVやラジオの番組の無料観覧に申し込む、なんて今まで全く思いつかなかったのだが、以前友人が誘ってくれた、BBCラジオ収録用クラシック音楽のコンサートに同行させてもらい、無料でこんなにちゃんとした音楽を楽しめるなんて、なかなか使えるなと感心したのだった。チケットの申し込みは、ウェブサイト、電話、ファックス、テキストメッセージ、そして郵送で受け付けている。でも同じことを考える人はたくさんいるもので、すでに定員に達してる番組も多い。メーリングリストに登録すれば、興味のある番組やイベント情報がメールで送られてくるので、お目当ての番組には速攻申し込むのが大事。BBCは定員以上の数を受け付けるので、必ずしも席が確保されているわけではなく早い者勝ち、当日は1時間以上前に到着して、並ばなければならない。

昨日も、その友人に譲ってもらったチケットで、サウスバンク・センター内のQueen Elizabeth Hall(クイーン・エリザベス・ホール)で行われた、BBC Radio 3の「Discovering Music」シリーズの「The Rise of Minimalism」収録に行ってきた。Discovering Musicシリーズは、毎回違ったテーマの音楽を解説する番組で、この日も約2時間半に渡り、指揮者のCharles Hazlewoodが、BBC Concert Orchestraの生演奏や録音した曲を交えながら、ミニマル・ミュージックの歴史やその代表的な作曲家と曲目を詳しく解説。Mがフィリップ・グラススティーヴ・ライヒのファンで、コンサートには何度か行っているのだけれど、この日までミニマル・ミュージックについては基本的な知識しかなかった。ミニマル・ミュージックの特徴である、微妙な変化を加えながら延々と続くリズムの反復に、時にふっと意識がなくなったりした瞬間もあったけれど、解説付きだと、そのジャンルや曲に対する関心も増すもので、とても興味深く聞いた。またこの収録に際して作られた、代表的な作曲家を詳しく解説した20ページに及ぶパンフレットも、ミニマリズムのスタイルでかっこよくデザインされている。

BBC Concert Orchestraによる演奏曲目は、フィリップ・グラスの「The Hours(めぐりあう時間たち)」のサウンドトラック(抜粋)や「Two Pages」、エリック・サティの「ヴェクサシオン(嫌がらせ)」(抜粋)、モートン・フェルドマンの「Structures’ for string quartet」、スティーヴ・ライヒの「ヴァイオリン・フェイズ」など。そしてトリは、この日のメインである、約40分に渡るテリー・ライリーの「In C」。まだオンエアの日程は決まっていなそうだが、放送日が分かったら、是非もう一度聞きたいと思っている。

I had never thought and had no clue about participating a BBC TV or radio program as an audience. But my friend took me to one of the classical music concert recording for BBC radio a while ago, and I was kind of impressed that we could enjoy such a decent live music concert for free. Application of free tickets can be done via online, by phone, fax, text, or mail. Tickets for popular programs can be sold out quickly, so it is a good idea to join their mailing list that send you program and event information via e-mail, and apply the ticket of your choice right away. BBC issues tickets more than its capacity, so you have to come to a venue more than 1 hour earlier of the start and be on the queue to secure your seat on the day of the recording.

I went to another recording of BBC Radio 3’s “Discovering Music: The Rise of Minimalism” program yesterday at Queen Elizabeth Hall in Southbank Centre, since my friend couldn’t make it and gave me the ticket. “Discovering Music” series explores pieces of music in detail. During the 2.5-hour recording, conductor Charles Hazlewood explored the history of Minimalist music and main composers and their works, with performance by the BBC Concert Orchestra and recorded music in between. I went to Philip Glass and Steve Reich concerts sometimes, since M is a big fun of these two minimalist composers, but I had very basic knowledge about minimalist music before this recording. The repetition-based minimalist music with slow transformation sometime made me loose consciousness few times, but it was quite intriguing with detailed explanation of the music and live performance followed. Also the 20-pages program brochure made for the recording with detailed information about minimalist composers, is well designed with the minimalist style.

The list of music in the recording includes; Philip Glass‘s Suite from the movie ‘The Hours‘ (excerpt) and ‘Two Pages’; Erik Satie‘s ‘Vexations‘ (excerpt); Morton Feldman‘s ‘Structures’ for string quartet; Steve Reich‘s ‘Violin Phase’; and ended with the day’s main music, Terry Riley‘s ‘In C‘. The broadcast of the program is not decided yet, but I would love to listen again if I can get the date.

コンサート前の様子。演奏中は撮影禁止。席は選べないけれど、運良く前から4列目のど真ん中に座れ、迫力満点。

A photo before the concert. Photo is prohibited during the performance. I couldn’t chose the seat but we were lucky enough to get the seats in the middle of 4th row.

テリー・ライリーの格好は(写真上)、ミニマリズムと言うより、アメリカ西海岸ヒッピー。。。

Terry Riley (the photo above) looks more like an American west coast hippie than a minimalist…

Reblog this post [with Zemanta]

Confluence: Akram Khan & Nitin Sawhney @ Sadler’s Wells

Vodpod videos no longer available.

 

ダンスがメインの劇場、Sadler’s Wells Theatre(サドラーズ・ウェルズ劇場)で開催中のSvapnagata Festivalの演目、「Akram Khan & Nitin Sawhney: Confluence」を見た。友人が、一緒に見る予定だった人が突然来れなくなったというので、講演の前日に誘ってくれたのだ。前から数列目と言うとても良い席で、パフォーマンスを目の当たりにできた。

Svapnagata(サンスクリット語で「Dreaming(夢見ている)」の意) Festivalは、2週間に及ぶインド音楽とダンスのフェスティバル。Confluence(26〜28日)はそのトリを務める公演で、世界初演となる。Confluence(合流、群衆、集合)は、Zero Degreesゼロ度・2005年)やBahok(バホーク・2008年)でも共作した、バングラデシュ系イギリス人のダンサー/振付師であるAkram Khanアクラム・カーン)とインド系イギリス人の作曲家・Nitin Sawhneyニティン・ソーニー)がコラボ。彼らのルーツである南アジアの文化的・精神的影響を探る作品だ。

ゼロ度は、私たちの好きなイギリス人アーティスト・アントニー・ゴームリーが製作した人形を舞台で使っているというので、同じくサドラーズ・ウェルズで見たのだが、その時に、カーンのダンスに初めて出会った。Confluenceでも彼の魅力は充分生かされ、北インドの古典舞踊カタック(Kathak)の踊り手でもあるカーンの、しなやかで力強いダンス、流れるような手の動き、ぶれない高速旋回、そして足に鈴をつけて踊るカタックの見事なステップが、半透明のスクリーンに幽玄的にぼんやりと浮かび上がる、スクリーンの後ろで演奏するミュージシャンたちの奏でるソーニーの美しい音楽と見事にマッチしていて、観客を魅惑・熱狂させた。古典舞踊とコンテンポラリー・ダンス、そして伝統的音楽と現代音楽を融合させた、素晴らしいパフォーマンスだった。残念だったのは、1時間ちょっとという短い公演時間。もっと見たかった!

I went to see “Akram Khan & Nitin Sawhney: Confluence“, a part of Svapnagata (meaning ‘dreaming’ in Sanskrit) Festival, two-week festival of Indian music and dance, at the Sadler’s Wells Theatre which specialises in dance. My friend asked me to join her the day before, as she got a spare ticket because her friend couldn’t make it. She got great seats which were only few rows away from the stage and we could see the performance up close.

Confluence (Nov 26 to 28), which was the festival’s climaxes and its world premiere, is a joint creation by Bangladeshi-British dancer/choreographer Akram Khan and Indian British composer Nitin Sawhney, who also previously collaborated in Zero Degrees and Bahok. In Confluence, Khan and Sawhney explore their cultural and psychological mix of influences.

I went to see Zero Degrees at the Sadler’s Wells because British Artist Antony Gormley was also involved in the creation, and it was my first experience with Khan’s mesmerizing dance. Khan, also a dancer of Northern Indian classical dance Kathak, showed us his elastic but powerful dance, streaming hand movements, stable high-speed turns, and beautiful steps of Kathak and the sound of the bells worn around his ankles, and these perfectly matched with Sawhney’s beautiful music on its simple stage. The scenes that silhouettes of musicians who were playing behind the screen came to dimly appear through the thin screen was pretty mysterious. It was a stunning performance which mixed classical Indian dance / contemporary dance and traditional music / modern music, and excited the audiences. I wish the performance was a bit longer (it was only 1 hour and 15 min)!

photo: Morley von Sternburg

photo: Morley von Sternburg

Reblog this post [with Zemanta]

The Forth Plinth Art “One & Other” @ Trafalgar Square Ended

Vodpod videos no longer available.

今日14日午前9時3分をもって、トラファルガー広場で7月6日から100日間行われていた「One & Other」が終わった。イギリス人アーティスト、アントニー・ゴームリーが企画した「One & Others」は、3万5千の応募者の中から抽選で選ばれた、16歳から84歳まで2千4百人が、毎日24時間入れ替わり立ち替わり、広場の「第4の台座」の上で、1人60分ずつ自由にパフォーマンスを行うという試み。この3ヶ月余りの間、ダンスや歌等の正統派パフォーマンスをはじめ、アート系、ゴジラ等の被り物系、裸になる人たちや奇声を上げる目立ちたい?系、また、う○この被り物のWaterAid児童虐待防止を訴えるNSPCC等の慈善団体や、在米イギリス人死刑囚の刑執行停止の嘆願キアリ奇形症という難病の啓蒙女子割礼廃止気候変動や環境問題等の社会問題や政治的声明等、多様多彩なパフォーマンスで、訪れる人の目を楽しませ、最後は、ヒルズボロの悲劇追悼の訴えで幕を引いた。この様子は、SKY ARTSチャンネルで生放送で放映され、終了後は、大英図書館のオンライン・アーカイブに永久保存される。

トラファルガー広場の四隅にある台座のうち三つには、英雄や王の像が置かれている。北西に位置する「The Fourth Plinth(第4の台座)」は、建設された1841年から1999年まで何も置かれていなかったのだが、1999年以降は、現代アート作品が展示されるようになった(各作品1〜2年の期間限定)。

「One & Others」の評判は賛否両論。人々の好奇心をあおるだけの下世話な「Big Brother」だ、こんなんはアートじゃないとか言う意見もあるけれど、これを「正統派」のアートと呼ぶかは別にして、アートって、人を楽しませたり考えさせたりして、なんぼのものだと思う。一般人が自分を主張できる機会って滅多にない。真面目なものから奇妙なものまで、バラエティーに富んだパフォーマンスは、イギリス人やイギリス文化・社会、そして社会が抱える問題を垣間見るのに役立つ。1人60分はちょっと長過ぎるし玉石混淆だけれど、全体としては、アーティスト本人と高尚な芸術批評家にしか理解できない不可解な「現代アート」に比べたら全然、いいんじゃないか。

At 9.03am today on October 14th, the Trafalgar Square‘s the fourth plinth art project, ‘One & Other,’ ended 100 days after it tarted on July 6. One & Other, planned by British sculptor Antony Gormley, offered 2,400 people chosen randomly out of 35,000 applications, a 60 minutes to do whatever they want on the top of the plinth, for 24 hours a day without a break. Over the three months period, a variety of performances took place and entertained the spectacles – from singing & dancing, costume plays including Godzilla, and exhibitionistic acts like stripping and squealing, to more serious appeals to social issues and political activities: to save a British on death row in Texas;  to raise an awareness of Chiari Malformation; to stop female genital mutilation; and to stop climate change, as well as charities such as NSPCC and WaterAid (with impressive big ‘poo’ and toilet bowl costumes). One & Other‘s finale was the tribute to Hillsborough disaster. The Fourth Plinth project had been broadcasted on SKY ARTS and is to be saved forever in an online archive at the British Library.

From 1841 until 1999, there was nothing on the Fourth Plinth in the north-west of Trafalgar Square, and it was sometimes referred to as the ’empty plinth’. It is now the location for contemporary art works, commissioned specially from leading artists, which are housed on the plinth for a year or two each.

The opinions about One & Others are good and bad, as any other controversial contemporary art works. Some say that this was not art, or it was just another ‘Big Brother‘ to satisfy people’s curiosity. I am not sure myself if it is an ‘art’ in definition, but art is an entertainment in nature, and I believe that’s what counts. Yes some performance are silly but One & Others gave the invisible common people a face and voice. The diversity of performances, from serious to silly, gave me a little more understanding of British people, culture, society, and the problems within. Though 60 min per performance was too long and the project were a mixture of good and bad, but I think One & Others (as a whole, I don’t comment on each performance) is more enjoyable than a peculiar “contemporary art” that only the artist and art critiques can understand.

Vodpod videos no longer available.
9月18日に通りかかった際に撮影したMartin_Tのパントマイムのパフォーマンス。
Pantomime performance by Martin_T, that I saw and filmed on September 18.

Reblog this post [with Zemanta]