Tag Archives: pop culture

Wilhelm Sasnal @ Whitechapel Gallery

Vodpod videos no longer available.

ホワイトチャペル・ギャラリーで開催中の、Wilhelm Sasnal展(10月14日〜翌年1月1日)が、なかなか面白い。この展覧会では、ポーランド人アーティスト・Wilhelm Sasnalヴィルヘルム・サスナル)の、1999年以降の過去10年間に制作された70以上の作品が展示されている。

サスナルが自身の作品に「ルール」はないと言っているように、母国ポーランドの歴史や現代の歴史的事件(東北大震災を主題とした作品も→インディペンデント紙記事 photo gallery 6/18)から、家族や平凡な日常の光景の他、アート・スピーゲルマンの漫画作品「Maus」(ポーランド人は豚として描かれている。インディペンデント紙記事 photo gallery 9/18)やジョルジュ・スーラの名作アニエールの水浴からもアイデアを得るなど、そのテーマは多岐に渡る。サスナルは、インターネットやメディアの写真・画像やポップ・カルチャーのアイコンを元に、ポップアート、自然主義アート、抽象画が混在する、独自の世界を創り出す。 ガーディアン紙インデペンデント紙の批評家が指摘するように、現在テート・モダンで回顧展が開催中のGerhard Richter(ゲルハルト・リヒター)の作品とも相似点が多い(過去のエントリー参照)。

彼の作品のトーンは、控えめで透明感がある。登場人物など、その対象のディテールは、時に省かれる。落ち着きがあって静謐な、ソフトな印象だが、その裏に、非情で悲惨な出来事が隠されている作品もある。控えめだが、力強い、心に残る展覧会だと思う。

Whitechapel Gallery‘s autumn exhibition, Wilhelm Sasnal (Oct 14 – Jan 1, 2012) is quite exciting and worth to see. This exhibition displays Polish artist Wilhelm Sasnal‘s  over 70 works of past 10-year after 1999.

Sasnal’s subjects varies from history of his native Poland and 21st-century world historic events including this years’s Japan tsunami (Independent article photo gallery 6/18) to his family (photo below: “Kacper and Anka”) and banal everyday life, as well as a comic character of “Maus” (Polish is depicted as pig in it) by Art Spiegelman (Independent article photo gallery 9/18)  and Seurat’s Bathers at Asnières – there is no ‘rule’ to his art, as the artist himself claims. He uses photographic images taken from internet and media as well as icons of pop culture, and creates his own world of art – a mixture of pop, naturalistic and abstract paintings. As the articles of the Guardian and the Independent art critiques mention, his works share some similarities with Gerhard Richter, currently shown at Tate Modern (see my past entry).

Tone of his paintings is subtle and transparent, and subjects are often impersonal without details. Its soft appearance is pleasant and relaxing, however, tragic events and meanings are depicted behind it in some of his paintings. Understated, but very powerful works.

Kacper and Anka, 2009

Postmodernism: Style and Subversion 1970-1990 @ V&A

Vodpod videos no longer available.

9月24日から始まったヴィクトリア&アルバート博物館の「Postmodernism: Style and Subversion 1970-1990ポストモダニズム:スタイルと破壊)」(9月24日〜翌年1月15日)を観た。ポストモダニズムとは何か、それはどのように発生したかを探求するこの大規模展覧会では、「Less is more(より少ないことは、より豊かなこと)」をモットーに、機能第一で装飾や無駄を一切排したモダニズム建築への反発から始まり、建築のみならずアート、グラフィックス、音楽、ファッションの分野で70〜90年代のポップカルチャーを席巻したポストモダニズムの代表作品250点以上が、一堂に会している。

ポストモダニズム絶頂期に青春を過ごした身、展示物一つ一つに懐かしさを感じる反面、なんて悪趣味な時代だったんだろうと思う。最悪だったのはポストモダニズム絶頂期の80年代半ばか。装飾過多かつ原色多用、奇抜。バブル経済と相まって、いい意味でも悪い意味でも自由闊達、何でもありのイケイケの時代だった。でも経済停滞で元気のない今を思うと、希望と欲望に溢れた、いい時代だったんだなあ。

We went to see the V&A‘s new exhibition “Postmodernism: Style and Subversion 1970-1990” (September 24 – January 15, 2012), exploring what postmodernism means and where it came from. Started as a counter reaction against “less is more” stoic modernism architecture, postmodernism idea soon spread to the realm of pop culture such as art, graphics, music and fashions. The exhibition showcases more than 250 objects in a variety of genres to show us what is postmodernism all about.

I lived through the postmodernism era, and the show made me feel a bit nostalgic and sentimental, but at the same time made me realize how terrible the style of the period was! May be the worst time was the mid 1980s, when was the hype of postmodernism. Exaggerated, gaudy, and eccentric. So much freedom and no-holds-barred, in a good way and a bad way, together with an economic boom. But when I look back, in compare to now in deep recession, it was a very good time – full of desires, enthusiasm and hopes.

Andy Warhol, Dollar Sign (1981)