Tag Archives: portrait

National Trust: The Vyne @ Basingstoke, Hampshire

今回のNational Trust第一弾は、ハンプシャー州 BasingstokeにあるThe Vyne。このお屋敷は、ヘンリー八世の宮内長官であったWilliam Sandys、後のサンズ卿(Lord Sandys)によって、16世紀初頭に建てられた。ヘンリー八世も何度か訪れ、エリザベス1世も賓客の一人であったという由緒あるお屋敷(歴史)。

The National Trust No.1 of this trip: The Vyne in Basingstoke, Hampshire. The Vyne was built in the early 16th century by William Sandys, later Lord Sandys of the Vyne, who was Henry VIII’s Lord Chamberlain. Henry VIII visited the house several times and Elizabeth I was also a visitor (history).

ルネッサンス時代のステンドグラスが美しいテューダー朝のチャペルは、イングランドで最も完璧な私有チャペルの一つだそう。

The Tudor Chapel, with its Renaissance glass, is one of the most perfect private chapels in England.

チャペル内のマヨリカ焼きのタイルは、フランドル地方産(National Trust

Early 16th century Flemish Majolica tiles in The Chapel (National Trust)

1770年頃、館主のJohn Chuteが、裕福な弁護士で後に庶民院議長を務めた彼の先祖で、1653年に屋敷を購入した、Chaloner Chuteを記念して作った墓所。

In around 1770, John Chute built the tomb chamber as a memorial to his ancestor Chaloner Chute, a wealthy barrister who later became a Member of Parliament and Speaker of the House, who purchased the house in 1653

Oak Galleryに飾られた、イギリスの大法官で科学者、哲学者でもあった、フランシス・ベーコンの肖像画(左。National Trust

Portrait of a Lord Chancellor, scientist, and philosopher Francis Bacon (left) in the Oak Gallery (National Trust).

Tapestry Room内の、リッチモンド&レノックス公爵夫人・Lady Frances Howardの肖像画。ハンカチにあるイニシャル「F.R.L」で、公爵夫人の肖像画だと分かったという

Portrait of Lady Frances Howard, Duchess of Richmond and Lennox in the Tapestry Room (National Trust). You can see initials of F.R.L on her handkerchief

ヘンリー八世の使ったバスルーム

Henry VIII’s bathroom

18世紀に流行した「Print room」と呼ばれる部屋。Vyneのものは、当時のprint room中でも最大級。印刷した絵画を切り抜いて、壁に糊付けしてある。

Print room, an 18th century fashion, at the Vyne. One of the largest, though atypically the prints are cut out around shapes, that are pasted well spaced apart (Wikipedia)

Advertisements

The Sky Arts Street Galleries: Rankin

芸術・アート専門チャンネルSky Artsが、イギリス人の人気写真家・Rankinと組み、イギリスの6都市(ロンドン、マンチェスター、バーミンガム、エジンバラ、ニューキャッスル、リバプール)の街角を屋外アートギャラリーに変えるというプロジェクト「Sky Arts Street Galleries」が8月16日から始まった。

Rankinは、ファッションやポートレートを手がける写真家で、ケイト・モスやマドンナなどのセレブから、エリザベス女王やブレア元首相など著名人を撮影したポートレート写真で有名。また彼の写真は、ナイキやコカ・コーラ、ロレアルなど大手企業の広告にも使われている。慈善活動も行っており、女性の地位向上を目指す「Women’s Aid」の広報キャンペーンに参加したり、昨年開催した「Rankin Liveランキン・ライブ)」では、22年間の活動をまとめた回顧展とともに、1000人の一般人を撮影したポートレート写真を展示、その被写体は£50でそのポートレートを受け取り、その収益は全てOxfamオックスファム)に寄贈された。

Sky ArtsはRankinにStreet Galleriesプロジェクトの作品づくりを委託。モダン・アート(写真最上)クラシック音楽(写真上から2枚目)、デザイン(写真3枚目左)、文学など様々なアートの形を表現した、Rankinの16枚の作品は、ロンドンでは、Tottenham Court Road(トッテナムコートロード)沿いのビルボード、ポスター、バス停、電話ボックスなど様々な場所で、目にする事ができる。

Art-oriented television channels, Sky Arts has launched the “Sky Arts Street Galleries” on August 16th, a new project that will transform the streets of the six UK cities (London, Manchester, Birmingham, Edinburgh, Newcastle and Liverpool) to an outdoor art gallery, in association with popular British portrait and fashion photographer, Rankin.

Rankin is world famous for his iconic images from A-list celebrities such as Kate Moss and Madonna to Queen Elizabeth and former prime minister Tony Blair. He also has shot some world-renowned campaigns including Nike, Coca Cola and L’Oreal. He also involves in some charity activities. He has donated his services to publicity campaigns for the charitable organization “Women’s Aid“. Last year, he produced “Rankin Live“, where he brought the retrospective of the last 22 years of his photographic work, together with the portraits of 1,000 British public. Each person who took part received a print of their portrait for £50, and all the profits were donated to Oxfam.

Sky Arts commissioned Rankin to produce sixteen images, each representing a different form of art such as modern art (the top photo), classical music (the second photo), design (left on the third photo), literature and so on. You can see his works at billboard, poster, bus stop, phone box and advertising space, all on Tottenham Court Road.

Enhanced by Zemanta

Max Mara Art Prize for Women @ Whitechapel Gallery

Max Mara Art Prize for Women @ Whitechapel Gallery

ホワイトチャペル・ギャラリーで行われた、「Max Mara Art Prize for Women」展のプレビューに行った。「Max Mara Art Prize for Women」は、イギリスで活動する、まだ大規模な個展を開いたことのない女性アーティストに贈られる賞で、2年毎に開催される。2007〜09年の受賞者であるHannah Rickardの作品、「No, there was no red.」は、2つのスクリーンで構成された映像作品で、まれな気温逆転による蜃気楼の結果、ミシガン湖の上に街が投影された現象が口頭で語られる。私は気が短いので、ビジュアル面であまり動きのない、語りを主とした映像作品は少し苦手だ。1分程見た後、飽きてすぐに立ち去ったので、残念ながら作品の出来はよくわからない。

それより面白いと思ったのが、7月9日〜9月20日まで、同じくホワイトチャペル・ギャラリーで開催中の、アメリカ人アーティスト、エリザベス・ペイトン(Elizabeth Peyton)の「Live Forever」展。ペイトンはリアム・ギャラガーマシュー・バーニージェイク・チャップマンジャービス・コッカー等、、彼女と同世代のアーティストやミュージシャン、そして若かりし時のエリザベス女王ジョージア・オキーフフリーダ・カーロ等、彼女に影響を与えた人々等を描いたポートレート作品を展示している。小さいキャンバスに油絵で描かれたポートレートは、カラフルでちょっと雑にも見える彼女独特のタッチで、その人物を生き生きと描き出している。

We sent to a preview of  “Max Mara Art Prize for Women” at Whitechapel Gallery. The “Max Mara Art Prize for Women” is a biannual award recognising the achievements of a UK-based artist who has not yet had a major solo exhibition.2007–09 award winner Hannah Rickards‘ two-screen film “No, there was no red.” is based on spoken accounts of a displaced image of a city seen over Lake Michigan as the result of rare temperature inversion mirages. I am a pretty impatient person, and I left the room after 1 minute of looking at this film work with mainly narration and not much movements. Therefore, I am afraid that I cannot talk if the work deserves to the award.

I was more excited to look around another exhibition at Whitechapel Gallery, “Live Forever” by the American artist Elizabeth Peyton. She portrays artists and musicians of her own generation including Matthew Barney, Jake Chapman, Jarvis Cocker, and Liam Gallagher, as well as iconic figures who have inspired her, including the young Elizabeth II, Georgia O’Keefe and Frida Kahlo. Her paintings on small canvases, portraying the subjects in her own unique style of colorful and rough touch, were pretty captivating.

Live Forever: Elizabeth Peyton

Reblog this post [with Zemanta]