Tag Archives: project

“Diver” by Ron Haselden @ Diespeker Wharf, Regent’s Canal

エンジェルからの帰り、Regent’s Canal(リージェンツ・カナル)を歩いていた時見た光景。調べてみると、子供たちの描いた絵を元にして、アーティスト・Ron Haselden(ロン・ハーセルデン)が制作された「Diver(ダイバー)」だそうだ。これは、600人のロンドンの小学生とハーセルデンのコラボレーションで、Paddington Basin(パディントン船着き場)からオリンピック開催地まで、リージェンツ・カナル沿いのの9マイルの遊歩道を、8つのanimated light sculptures(動く光の彫刻)で飾ろうという、オリンピック・アート・プロジェクト「GAMES」の一環。ロンドンの様々な場所を、著名アーティストによる光のインスタレーションで飾ろうというプロジェクト「Art Lights London」によって制作された。残り7つのインスタレーションも随時設置される予定で、運河沿いを行き交う人々の目を楽しませてくれそう。

Diver」は2月2日夜、飛び込みのオリンピック銀メダリストであるPeter Waterfield(ピーター・ウォーターフィールド)によって点灯、お披露目された。改装されたビクトリア時代の製材所・Diespeker Wharf横にクレーンで吊り下げられたこの作品は、今年度末まで見ることができる。暗くなってライトアップされた方が綺麗だと思うが、薄暗い運河沿いを歩くのはちょっと怖いので、夜見に行かれる方は気をつけて。

This is what I found when I was walking back on Regent’s Canal from Angel. Later I found out by googling, that it is called “Diver“, created by artist Ron Haselden from drawings by local schoolchildren. This is the first of eight animated light sculptures of an Olympic art project “GAMES”, which is an collaboration between 600 London primary school children and Haselden, and is produced by “Art Lights London“, a cultural initiative to creating a series of light installations by renowned artists. The rest of seven sculptures will be placed along 9-mile trail of Regent’s Canal from Paddington Basin to the Olympic site, and will entertain pedestrians and cyclists passing through the canal , together with “Diver“.

This light sculpture was unveiled and switched on by British Olympic silver medallist diver Peter Waterfield on February 2. You can see this work suspended from a crane at the Victorian timber mill Diespeker Wharf, until the end of this year. It must look better after dark with lights, but be careful when you walk along the dim-lighted canal at night!

Concrete and Glass Exhibition @ 20 Hoxton Square Projects Gallery

今日、通りがかりに、ホクストン・スクエアの北側にある20 Hoxton Square Projectsに立ち寄った。20 Hoxton Square Projectsは、2007年に新進気鋭の現代アーティストに活動の場を提供する目的でオープンした、共同プロジェクト用スペース。今日が最終日だったConcrete and Glass(5月13日〜27日)は、音楽と現代アートを融合したイベントで、最初、その展示スペースにはう〜ん。。。という感じの作品ばかりが目についたが、実は奥の部屋に秀作が隠れていた。

We passed by Hoxton Square today and dropped in 20 Hoxton Square Projects on the north of the square. Launched in 2007, 20 Hoxton Square Projects is a collaborative project space, operating as a platform for emerging contemporary artists. We saw the music and art event Concrete and Glass on its last day (May 13 to 27),  and at first, I thought it was another weird but dull ‘contemporary’ art exhibition, but the hidden gems were literally hided in the small rooms on the back of the gallery.

Clarisse d’Arcimolesの作品「The Good Old Days」。今年3月に取り壊されたHollowayにある計571室の公共住宅「Market estate」で、76人のアーティストが取り壊し前日の3月6日に、60年代に「ユートピア」のビジョンを体現して建設されたこの住宅へのオマージュとして、建物全体を使って行ったアート・イベント、Market Estate Projectの参加作品。1967年に最初の住人の一人として移り住み、そこで40年以上の歳月を過ごしたJimmy Watts(ジミー・ワッツ)氏のポートレートとして、Market estateに詰まった彼の「古き良き日々」を再現している。70年代のキッチュな家具に古い写真等が飾られた、今にも元住人のWatts氏がひょっこり帰ってきそうなこの部屋には(帽子やコートがかけられた玄関まで忠実に再現)、彼の人生とその思い出に溢れていて、彼のことを全く知らないにも関わらず、見ているだけで何だか胸が熱くなる。

The Good Old Days” by Clarisse d’Arcimoles is a part of Market Estate Project, taken placed at Market estate, a 571-flats council estate has just been destroyed in Holloway, North London, on the day before its demolition. On March 6, right before the bulldozers moved in, 76 artists transformed the entire estate into a creative playground, and made of the formerly public and private living spaces a rich final memory of the estate, once represented a Utopian vision of modern urban planning in the 1960’s. In this work, d’Arcimoles has taken a portrait of Mr Jimmy Watts, one of the first resident to have moved into the Market estate in 1967 and spent most of his life in the estate until the demolition. Reconstructing memories and his “good old days”, the old man’s former residence filled with 60–70’s kitsch furniture and old photographs (she also made detailed entrance with his hat and coat hanging as well), was so real and touching and made me feel sentimental, though I don’t know anything about him.

Vodpod videos no longer available.
SUKI CHANのビデオ・インスタレーション「Sleep Walk Sleep Talk (2009)」。現代社会における「freedom(自由)」を探求するロンドンのアート・プロジェクト、Free to Airの最初の委託作品で、「freedom of speech(発言の自由)と「freedom of expression(表現の自由)」を探求している。2つのスクリーンに同時に映し出される、無機質な夜のロンドンのオフィス街の光景と、仕事の後、大都会で束の間の自由時間を満喫する人々の姿を対比させた映像は、「自由」という概念を強く表現できていない気はするけれども、スタイリッシュで魅惑的で、目が離せない。上映時間は結構長かったけれど(15分くらい?ネットで探してもどこにも上映時間が書かれていないので正確なところは不明)、通常ビデオ作品は最後まで見る忍耐力がない私が、退屈することなく最後まで観た。

SUKI CHAN‘s two-screen video installation, “Sleep Walk Sleep Talk (2009)” is the first commissioned project of Free to Air, a series of exhibitions and events that will extend across London over a four-year period, exploring ideas of freedom of speech and expression in contemporary society. I didn’t see a strong correlation between her work and “freedom of speech and expression”, but London’s office block and fast-blinking lights and speeding commuters at night and the transitory freedoms people find in an urban metropolis after work, projected on two screens, was so stylish and mesmerizing, and I couldn’t take my eyes off the screens. Usually my patience doesn’t last with long video installations, but I saw all of this work without being bored (I am not sure how long, probably 15 min or so – I couldn’t find anywhere how long it is).

上記の展覧会とは関係ないけれど、ホクストン・スクエアに設置された、現代アーティスト・Marc Quinn(マーク・クイン)の作品。向かいにあるホワイト・キューブ・ギャラリーで開催中の「Marc Quinn: Allanah, Buck, Catman, Chelsea, Michael, Pamela and Thomas」展の一環。マーク・クインは、エレファント・パレードにも参加している。

Sculptor Marc Quinn‘s works, sitting in the middle of Hoxton Square (though nothing to do with 20 Hoxton Square Projects). These giant orchids are a part of “Marc Quinn: Allanah, Buck, Catman, Chelsea, Michael, Pamela and Thomas” at White Cube Gallery across the street. Marc Quinn also participates in Elephant Parade London 2010.

Reblog this post [with Zemanta]

London Eye: Happy 10th Anniversary!

今日3月9日はLondon Eye(ロンドン・アイ)の10回目の誕生日。ミレニアム記念事業として2000年に一般客に開放された、直径135mの世界最大規模の観覧車のロンドン・アイは、年間380万人が訪れるロンドンの新しいシンボルとなった。この10年間の間に3600万人もの人々がここからロンドンの眺めを楽しみ、計433組のカップルがここで結婚式を挙げた。今年のバレンタイン・デーには、34ものプロポーズがなされたという。

10周年を記念し、今日7時以降にロンドン・アイを利用すると、Pommery(ポメリー)のシャンパン1杯が無料で振る舞われ、ロンドン・アイがライトアップされるなどの記念イベントが行われる。また、3月8日から17日までの10日間、lastminutes.comでは通常£18するチケットが£10(大人料金。5〜15歳の子供は10%の£8.55)で買えるほか、ロンドン・アイを経営するMerlin Entertainmentも、3月中は朝10時の搭乗に限り、大人£10・子供£5の10周年記念チケットを販売している。

ロンドン・アイの上からの眺めはまあまあ綺麗でも、£18という値段を考えると、これまで2度乗ったことあるし、30分のFlight(以前はブリティッシュ・エアウェイズがオーナーだったせいか、「フライト」と呼ぶ)はちょっと長すぎるので、今は外から見ているだけで充分かな。特に夜のライトアップされた様子や新年の花火は、とてもきれいで幻想的です。

Today on March 9th is the 10th birthday for London Eye. Built as a part of Tony Blair’s millenium projects, London Eye is one of the largest Ferris wheel at height of 135m (443 ft) , and has been a new symbol of London that welcomes 3.8 million visitors a year. During the 10 years, total of more than 36 million people have visited the site, and 433 weddings have taken place. On this Valentine’s Day, 34 proposals had been made in the capsules.

To celebrate the 10-year anniversary, the visitors are treated to a free glass of Pommery champagne from 7pm and onwwards today, as well as a light show and onsite entertainment. The lastminutes.com offers an adult ticket for a bargain price of £10 (normally £18 per adult. 10% discounted price of £8.55 for a child from 5 to 15 years), between March 8th and 17th. Merlin Entertainment, the owner of London Eye, also has the 10th Birthday offer for the 10am Standard Flight for £10 for an adult and £5 for a child, during this March.

I took the London Eye twice so far: the view from the wheel is nice (but not breathtaking), but considering usual adult fare of £18 and lengthy 30 minutes ‘flight’ (it is called probably because British Airways was the previous owner?), I can enjoy just looking at it from the ground or from the boat on the Thames river. Especially London Eye looks spectacular at night when it is lighten up, and on the new year’s celebration with fireworks.

Reblog this post [with Zemanta]