Tag Archives: Queen Elizabeth

Diana, Princess of Wales Memorial Fountain @ Hyde Park

前々回の続き。ハイドバークの南西でサーペンタイン・レイクの南に位置する、ダイアナ妃記念噴水(Diana, Princess of Wales Memorial Fountain)。先日書いたLido Café Barの隣で、サーペンタイン・ギャラリーにもほど近い。故ダイアナ妃の精神と子供たちへの愛を表現したというこの噴水は、アメリカ人ランドスケープ・アーティスト、Kathryn Gustafson(キャスリン・グスタフソン)がデザイン、3600万ポンドをかけて建設され、2004年7月6日にエリザベス女王によってオープンした。50m x 80mの大きな楕円形のこの記念噴水、噴水というより、小川という趣。片側はさざ波をたてて穏やかに流れ、もう片側は段差やカーブをつけることでよりダイナミックな流れになっており、両側で、故ダイアナ妃の幸せな日々と後年の激動の日々を、それぞれ表しているという。

記念噴水は、オープン直後に水の中で滑って怪我人が出たことで、しばらく閉鎖。安全対策が加えられ、2004年8月に再オープンした。現在は、子供たちが噴水の中に入ることが許されており、私たちが訪れた曇って肌寒い日でも、親子連れで賑わい、子供たちが元気に水遊びをしていた。

Continuation to Lido Café Bar and Serpentine Gallery Pavilion. Located in the southwest corner of Hyde Park and south of the Serpentine Lake, next to Lido Café Bar and a stone away from Serpentine Gallery Pavilion, the Diana, Princess of Wales Memorial Fountain is a memorial to Diana, Princess of Wales. It was designed to express Diana’s spirit and love of children by Kathryn Gustafson, an American landscape artist, and cost £3.6 million, and was officially opened on 6 July 2004 by Queen Elizabeth II. The fountain with the form of a large, oval stream bed about 50 by 80 m (165 by 260 feet),  is more like a creek, rather than a fountain. The two sides, one with smooth stream bed and gentle ripples, and the other with more dynamic water flow through a variety of steps, rills, curves, and other shapes, were intended to show the two sides of Diana’s life; happy times and turmoil.

The fountain was closed, shortly after its opening and three injuries caused by slipping in the water, and it reopened in August 2004 after adding some safety measures. Now children can play in the flowing water again, and many kids enjoyed the fountain, even on the cloudy and chilly day we visited.

記念噴水とサーペンタイン・ギャラリーの間にあるキオスク/A wooden Kiosk in between the fountain and the Serpentine Gallery

Enhanced by Zemanta
Advertisements

World Cup Football Fans VS Royal Ascot Attendees

サッカーファンがワールドカップで盛り上がる中、中・上流階級のお方々が熱狂するのが、昨日15日から始まったRoyal Ascotロイヤル・アスコット)。バークシャーにあるアスコット競馬場でイギリス王室が主催する、1711年から続く歴史ある競馬レースで、The Royal Meeting(ロイヤル・ミーティング)とも呼ばれる。世界で最も有名な競馬レースの一つで、毎年30万人以上がロイヤル・アスコット・ウィークに訪れる。ウィンザー城に程近く、5日間の会期中、エリザベス女王や王室メンバーが城から馬車でレース観戦にいらっしゃる(噂によると女王は競馬が非常にお好きだそうだ)。

このレースがイギリス社交界のメインイベントで、毎年メディアがレース自体よりも注目するのが、観戦する王室メンバーや有名人たち、そして観戦者たちのファッション。王室関連の伝統あるレースだけあって、ドレスコード服装規定)があり、Grandstandと呼ばれる高級席では、男性は正装が求められる。きちんとしたシャツとネクタイは必須、スーツやジャケットがあればなお可。気合いの入った英国紳士たちは黒またはグレーのモーニングにベストとシルクハットできめている。スポーツ着やジーンズ、短パンは厳禁。女性はスマートな装いに、強制ではないけれども帽子があればなお良い。特に木曜日のレディースデー(Ladies Day)では、色とりどりに華やかに着飾った女性たちが、こぞってユニークで変わったデザインの帽子を披露する(写真はこちらから:Daily MailThe Guardian)。

While foootball fans are crazy about the England games during this World Cup, another group of people are fascinated by Royal Ascot, started yesterday on June 15. Also known as the Royal Meeting, Royal Ascot is one of the world’s most famous race meetings dating back to 1711, and is held at the Ascot Racecourse in AscotBerkshire. Every year over 300,000 people visit to the racecourse during Royal Ascot week. It is only six miles from Windsor Castle, and Queen Elizabeth II and various members of the British Royal Family attend the race, arriving each day in a horse-drawn carriage (it is known that the Queen loves a horse race).

It is a major event in the British social calendar, and usually press coverage of the celebs and rich and famous attendees and their fashions exceed actual racing. Dress code of this prestigious races sounds a bit old fashioned. ‘Gentlemen’ in the more expensive Grandstand Admission area must wear a shirt and tie, preferably with a suit or jacket. Sports attire, jeans and shorts are strictly forbidden. True British gentlemen wear more formal, a black or grey morning dress with top hat. ‘Ladies’ are required to dress in a manner appropriate to a smart occasion, and many wear hats although this is not compulsory. Especially on Ladies Day usually held on Thursdays, smartly dressed women compete each other with their unique, or eccentric sometimes, hats with all sorts of design and colors (see more photos: Daily MailThe Guardian

同じ時期に開催中といえど、ワールドカップのイングランド・ファンたちとは、まるで別世界。イギリスでは、一般的に、サッカーは労働者階級、ラグビーやクリケットが中・上流階級のスポーツとされているけれど、2つのイベントの写真が共にスポーツ欄を埋め尽くすあたり、イギリスの階級社会がまだ明らかに存在していることを感じさせる。

Though happening at the same time, Royal Ascot is totally different planet from Word Cup 2010. Generally football (soccer) is considered as a sport for working class, while rugby and cricket are for middle class and upper class. These two completely different worlds covering sports section of the news make me realize that UK is still a firm class society at large.


Enhanced by Zemanta

Remembrance Sunday: National Commemoration @ Whitehall

CenotaphPoppy Appeal @ Oxford Circus

今日11月8日はRemembrance Sunday(休戦記念日曜日)、Remembrance Day(リメンバランス・デー/戦没者追悼記念日)の記念式典が行われた。Poppy Day(ポピーの日)、Armistice Day(第一次大戦の休戦記念日)、Veterans Day(退役軍人の日)とも呼ばれるRemembrance Dayは、第一次世界大戦とその後の戦争の死者を追悼する日で、1918年11月11日に連合国ドイツ帝国の間で休戦協定が締結されたことに因み、11月11日と定められている。当日11月11日にも2分間の黙祷が捧げられるが、通常、Remembrance Sundayと呼ばれる11月の第2週目の日曜日に、ロンドンのWhitehallホワイトホール)にあるCenotaph(慰霊碑)前で、王室関係者や政府要人が参加して行われる国の追悼式典のほか、各地の戦争記念碑(war memorials)で慰霊祭が行われる。

今日の追悼式典では、小雨まじりの曇り空の中、20分の宗教儀式の始めに、コモンウェルス(イギリス連邦)高官、首相、世界の宗教代表、軍隊のリーダーたちが見守る中、エリザベス女王を筆頭にポピーの花輪が次々と捧げられた。そして午前11時に2分間の黙祷。その後7500人もの退役軍人と1600人の一般人が、慰霊碑前でパレードを行った。→BBCニュース

この時期、イギリスでは、胸に紙製の赤いポピーの花をつけている人を多く見かける。これは、1921年にRoyal British Legion(英国在郷軍人会)が、戦没者への募金を集めるために赤いポピーを売ったのが始まりで、第一次世界大戦の激戦地・西部戦線(フランドル戦線)のあった、フランダース地方に多く生えている赤い芥子の花(フランダース・ポピー)に由来しており、赤い色は戦争で流された血を意味する。この紙製のポピーは、退役軍人によって作られており、英国在郷軍人会の名の下で、街角での募金活動やスーパーなどの店頭で販売され、収益は退役軍人のサポートに当てられる。上の写真はオックスフォード・サーカスの街角での募金活動。下の写真は、Angel(エンジェル)の街角で、赤いタータンチェックのキルトに身を包んで、道行く人と楽しそうに話しながら募金活動していたおじいさんをスーパーで発見、こっそり撮影させていただきました。

Today is Remembrance Sunday and the Remembrance Day national commemoration was held in London’s Whitehall. The remembrance day, also known as Poppy Day, Armistice Day (the event it commemorates) or Veterans Day, is a day to commemorate the sacrifices of members of the armed forces and of civilians in times of wars since the First World War. It is observed on 11 November to recall the end of World War I on that date in 1918, when German signed the Armistice. Although two minutes of silence are observed on 11 November itself, but on Remembrance Sunday (the second Sunday of November), ceremonies are held at local war memorials nationwide, and the national commemoration is held at Cenotaph in Whitehall to remember those men and women who have died in action serving their country.

Under the gray sky at the this year’s national commemoration in Whitehall, the Queen Elizabeth laid the first wreath of poppy flowers at the start of a 20-minute religious service, in front of the prime minister, military leaders, representatives of the world’s religions, and Commonwealth representatives. After two-minute silence at 11 am, 7,500 ex-service personnel and 1,600 civilians marched past the Cenotaph. →BBC news

Around the Remembrance Day, you see many people wearing red poppy flower made of paper, as a sign of remembrance. The poppy emblem was chosen because of the poppies (Flanders poppy) that bloomed across one of the worst battlefields of Flanders in World War I, with their red color which is an appropriate symbol for the bloodshed of trench warfare. This artificial poppies are made by veterans and are sold on behalf of the Royal British Legion on the street by volunteers or at the stores. The sale go towards supporting former soldiers. The photo above is the fund raising at the junction of Oxford Circus. The photo below is the old gentleman in red tartan kilt, who sold the poppies at the street corner of Angel and enjoyed chatting with a passerby. I happened to have a chance to take a picture of him (secretly) at the Waitrose supermarket.

Poppy Appeal


Reblog this post [with Zemanta]