Tag Archives: Ray Davies

Black Dog Campaign by SANE @ One New Change

One New Changeの1階で見かけた、頭やお尻、そして着ているコートにたくさんのキスマークのついた黒犬の像。これは、メンタルヘルスのチャリティ団体・SANEが、うつ病やメンタルヘルスへの認識を高めるため、「Black Dog Campaign(黒犬キャンペーン)」の一環としてロンドン各地に設置した40体の黒犬の一つ。団体の設立25周年の年に合わせ、昨年7月から今年7月まで行われるこのキャンペーンは、精神疾患の持つネガティブなイメージを払拭し、身体疾患のように誰でもかかる可能性のある病気として一般に認知されることを目的とし、スティーヴン・フライレイ・デイヴィスなど、自らも精神疾患に悩むセレブなどもサポートしている。

ローマ時代の詩人・ホラティウスによって最初に記されてから、古代から現代に至るまで、黒犬はうつの隠喩として使われており、第二次大戦時の首相・ウィンストン・チャーチルも自らの陰鬱な気分を「黒犬」で表したという。これらの黒犬像は、セレブやアーティスト、一般人がデザインした各々違ったデザインのコートをまとい、首には「collar of hope(希望の首輪)」と呼ばれるSANEのメンタルヘルス・ヘルプラインの情報が記された首輪を着けている。上の写真のキスマーク入りコートは、昔ボンドガールを演じた女優で、最近ではグルカ兵の権利保護を目指したGurkha Justice Campaignで有名な人権運動家・Joanna Lumleyジョアンナ・ラムレイ)がデザインしたもの。

キャンペーンは「black dog parade(黒犬パレード)」で幕を閉じ、その後犬たちは、メンタルヘルスへの資金集めのためにオークションにかけられる予定。

I spotted this black dog statue, wearing coat with lots of ‘kisses’ (also on his head and buttock), on the ground floor in the One New Change shopping mall. This is one of the 40 black dog sculptures placed across London by mental health charity SANE, as a part of a “Black Dog Campaign” to raise awareness of depression and mental health, running throughout the organisation’s 25th anniversary year from July 2011-July 2012.  The goal of the campaign is to reduce the stigma surrounding mental illness and to normalise it to be perceived like any physical condition. The campaign is backed by celebrities including Stephen Fry, Ray Davies, Clive Anderson and Rory Bremner.

First coined by the Roman poet Horace, the metaphor of the “black dog” for depression has been used from ancient time to the present day, and is adopted by Winston Churchill to describe his darker mood. Each black dog wears a ‘coat’ designed by celebrities, artists and members of the public, along with a ‘collar of hope’ that gives details of SANE’s mental health helpline. The coat in the photo above is designed by Joanna Lumley, British actress and also known as human rights activist who recently involved in the Gurkha Justice Campaign.

The campaign will culminate in a ‘black dog parade’ this year before the dogs are put on auction to raise funds for mental health.

.

Advertisements

Festival of Britain @ Southbank

ロンドンはこのところ晴れ続き、最高気温26度と、ロンドンとしては真夏並みの毎日。明日からのイースターホリデーもお天気だそうで、サウスバンクで明日から始まるFestival of Britainにはもってこいの良い陽気になりそう。

イギリスの文化と創造力を祝うFestival of Britainは、今年で60周年を迎える。フェスティバルが始まった1951年のロンドンは、第二次世界大戦の傷跡もまだ生々しく、再開発が必要だった。そんな中、フェスティバルはイギリス人に戦争からの復興と、破壊された都市の再構築における、より品質の高いデザインの発展と促進のために企画された。

主催するサウス・バンク・センターでは、9月4日の終了まで4ヶ月に渡り、ミュージシャンのレイ・デイヴィスの「Melt Down」やYBAアーティスト、トレイシー・エミンの「Tracey Emin: Love is What You Want」展など、
著名アーティストや思想家たちのパフォーマンスやトーク、イベントなどが開催される予定。

It’s been incredibly nice in London these days with a year-worth of sunshine and maximum temperature of 26° like a summer time. The weather is supposed to remain good and dry during upcoming Easter weekend, which is perfect for the opening of Festival of Britain from Good Friday tomorrow in Southbank.

The Festival of Britain, celebrating  British culture and creativity, marks its 60th anniversary this year. The first festival was held in 1951 just after Word War II, when much of London was still in ruins and redevelopment was badly needed. The Festival was an attempt to give Britons a feeling of recovery and progress and to promote better-quality design in rebuilding of British towns and cities following the war.

This year, Southbank Centre hosts a variety of performances, new outdoor environments, talks and events by some of Britain’s leading artists and thinkers, including rock musician Ray Davies‘s ‘Melt Down‘ and  “Tracey Emin: Love is What You Want“, for four months until September 4.

川の側のQueens Walkでは、ヴィンテージ水着の展示や貝で出来た洞窟など、アーティストたちによってカスタマイズされた、イギリスのビーチにつきもののカラフルなBeach Hut(ビーチ小屋)が並ぶ(写真はオープニング前)。海鳥の保存協会が啓蒙活動を行う、Mark Dion製作のMobile Gull Appreciation Unit(カモメへの理解のための移動式ユニット)も、ご愛嬌(写真)。

On the Queens Walk next to the Thames, colourful Beach Hut, typical on British beaches, customised by artists to contains something different, such as n exhibition of vintage beachwear and a shell grotto. Mark Dion’s Mobile Gull Appreciation Unit, which plays host to different seabird preservation societies, is a bit freaky but cute, and guaranteed to catch people’s attention (photo).

同じくQueen’s Walkに作られた、70mの長さのURBAN BEACH。水着姿で日焼けに勤しむ人々で一杯のパリ・プラージュと違い、子供の砂場と化している。

70-metre beach “URBAN BEACH” on the Queen’s Walk. The beach becomes a kids playground, in compare to French counterpart of Paris Plage, which is more like an outdoor tanning salon.

きつねはペット、それとも害獣?わらブロックで出来た作品「Urban Fox」は、そんな問題を提起。すごく悲しそうな表情にキュンとくる(写真)。この作品メイキングのビデオはここをクリック。

Is fox pet or pest? “Urban Fox” created out of straw bales brings up such a debate. The fox looks very, very sad (photo). Click here to see it being build.

レベル2の外のテラスに展示された、アート・インスタレーション(アーティスト、作品名は不明)。詩?が書かれたたくさんの紙が天井から吊るされ、その天井に貼られた何本のワイヤーには、紙飛行機が。

Art installation outside Level 2 on the Riverside Terrace (I can’t find who made this and what is the title). Strings of papers with poetry? are attached from the ceiling, and paper aeroplanes are on the wires coming out of the ceiling.

*****

↓ 東日本巨大地震チャリティ情報 / Japan Earthquake & Tsunami Charity Information

*情報がほとんどなくなってきたので、残念ですが、今回で最後とします。また情報がありましたら、不定期でお知らせします。

* Due to less and less number of charity information available recently, I stop this as of today. However, I will put up any information when I find.