Tag Archives: Rem Koolhaas

‘Driftwood’ AA Summer Pavilion @ Bedford Square

driftwooddriftwood AA Summer Pavilion

今日偶然通りかかって発見した、AAスクールArchitectural Association School of Architecture)の第4回サマー・パビリオンの「Driftwood(流木)」。トッテナムコートロード(Tottenham Court Road)から少し入ったところにあるBedford Squareに、7月3日から設置されている。AAスクールは、ザハ・ハディッドレム・コールハースを輩出した名門建築学校。28層のplywood(合板)からなる「Driftwood」は、AAスクールの生徒、Danecia Sibingoと3人のチームメンバー(Lyn Hayek、Yoojin Kim、Taeyoung Lee)が、ヨルダンの世界遺産遺跡ペトラに影響を受けて、7週間かけて作り上げた力作だ。「流木」という名の通り、流れるようなラインがとても美しく、見ていて何だか癒される。ジョージアン様式の建築に囲まれた静かな空間、Bedford Squareにもよくマッチしているいい作品だ。

Driftwood‘ is the AA school (Architectural Association School of Architecture)’s the fourth annual summer pavilion series and has been placed in Bedford Square, off Tottenham Court Road, from July 3rd. AA school is one of the world’s most renowned and influential schools of architecture, and its alumni include world renown architects such as Zaha Hadid and Rem Koolhaas. ‘Driftwood’ was designed by AA school students, Danecia Sibingo and her three team members (Lyn Hayek, Yoojin Kim, and Taeyoung Lee), inspired by images of Jordan’s UNESCO world heritage archaeological site Petra. The work consists of 28 layers of plywood and its fabrication took seven weeks. As its name, ‘driftwood’, it is a beautiful work with its streamline, and match with the quiet space of Bedford Square surrounded by preserved Georgian architectures.

Reblog this post [with Zemanta]

2009 Serpentine Gallery Pavillion by SANAA

SANAA Serpentine Pavillion 2009SANAA Serpentine Pavillion

2000年から始まったThe Serpentine Galleryの2009年夏季限定パビリオンが7月12日から始まった。モダンアート/現代美術の展示を行うハイドパークの小さな美術館、サーペンタイン・ギャラリーに隣接した場所に設置されたこのパビリオンは、毎年、ザハ・ハディッドダニエル・リベスキンド伊東豊雄オスカー・ニーマイヤーレム・コールハースフランク・ゲーリー等、世界に名だたる建築家にデザインを依頼。夏の間の3ヶ月のみ設置され、期間が過ぎると撤収されるという、何とももったいない企画だ。期間中、カフェを併設し公園やギャラリーを訪れる人々の憩いの場となる他、特別プログラムやトーク、BBC proms(毎夏開催されるクラシック音楽コンサートシリーズ)等の会場としても使われる。

今年は、日本のSANAA(建築家の妹島和世西沢立衛による建築ユニット)がデザインした。SANAAいわく、このパビリオンのコンセプトは「floating aluminium, drifting freely between the trees like smoke.(煙のように木々の間を自由に漂う、空に浮かぶアルミニウム)」。ピカピカした表面が鏡のように、下にいる人やオブジェクトを反射させる。上空から見ると公園内にある池に見えるが、地上からはパビリオンの全容がよく見えないので、インパクトが薄い。アルミニウムやプレキシグラス(アクリル樹脂)という人工素材が、緑多いハイドパークに溶け込んでいないかな、と思った。

The annual Serpentine Gallery pavilion opened on July 12 this year. The Serpentine Gallery is an small modern/contemporary art gallery in Hyde Park. Since 2000 each summer, the gallery has commissioned a temporary pavilion on its lawn by world leading architects including Zaha Hadid, Daniel Libeskind, Toyo Ito, Oscar Niemeyer, Rem Koolhaas, and Frank Gehry. The pavilion stays on 3 months in the summer – what a waste of talent! During the period, the pavilion hosts a special programme of film screenings, talks, the BBC proms and café.

Japanese architect unit SANAA (Kazuyo Sejima+Ryue Nishizawa) designed this year’s pavilion. The concept of design is “floating aluminium, drifting freely between the trees like smoke”. Shiny surface reflects people or objects underneath. It looks a water pond from above, but I couldn’t see a concept and whole view on the ground, unless you fly. Also the materials like aluminium and Plexiglas don’t really fit in with the green Hyde park.

Reblog this post [with Zemanta]